297件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2020年03月02日

また一方で、この要請には幼稚園保育所学童保育は含まれていないことを受け、市では翌日、2月28日の金曜日に栗原市学校についても3月2日の月曜日から24日の火曜日までの23日間、臨時休業とするとともに、卒業式、卒園式及び修了式については、規模を大幅に縮小して開催すること、放課後児童クラブについては休業期間中の午前7時30分から午後6時30分まで、市内12カ所全てを開所することといたしまして、保育所

大河原町議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

(3)学童保育は、保護者へのアンケート調査を実施して児童への対応をしているようでありますが、保護者の要望に応えられているのか。  (4)妊婦や、それから人工透析患者等へのマスク配布状況は。  (5)学校給食センターでは、食材の中止などで問題は起きていないのか。  (6)福祉施設介護や障害児施設でありますけれども、この施設へのマスク配布等への支援はどうなのか。  

大河原町議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

それまでは週5日以上放課後児童クラブで勤務しても半数近くが年収150万円未満、8割弱の職員が非常勤、臨時、嘱託、パートなどの非正規職員、勤務年数がふえても賃金は上がらない場合が51.9%と過半数といった状況、これは全国学童保育連絡協議会2014年度実施調査を参照にしました、があったようだ。本町はどのような処遇改善を行い、今後どのようにさらなる改善を行うと考えているか伺います。  

気仙沼市議会 2020-02-13 令和2年第107回定例会(第2日) 本文 開催日:2020年02月13日

本案は、国が示す基準の改正に伴い、学童保育に従事する放課後児童支援員の研修実施者拡大について規定するため、所要の改正を行うものであります。  74ページをお開き願います。  改正文であります。  75ページをごらん願います。  新旧対照表により御説明申し上げます。下線部分が改正点であります。  

気仙沼市議会 2019-09-25 令和元年第104回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月25日

余裕教室などを活用して放課後の居場所を提供する取り組みですが、学童保育と異なって誰でも利用でき、コーディネーターや地域ボランティアによってさまざまな体験やスポーツを楽しめることから、子供の可能性を伸ばす場としても期待されています。学校統合後に運行されているスクールバスの待ち時間を過ごす場所にもなるなど、さまざまな効果が期待されることから、導入を期待して次の3点について質問します。  

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

また、現在、学童保育委託料は児童数、それから開所日数、開所時間で決められています。今後、少子化の影響で児童数や開所日数、時間が減ることにより、委託料は減る可能性があります。また、障害のある子は、現在学童指導員1人分の加配がありますが、個性のある児童には加配はありません。近年、このような個性のある児童の通所がふえてきています。

角田市議会 2019-08-29 令和元年第398回定例会(第4号) 本文 2019-08-29

学童保育職員基準緩和問題についてでありまして、「これで子どもの命は守れるか」であります。  学童保育(放課後児童クラブ)の職員基準を緩和する児童福祉法改正案が成立しました。これまで「従うべき基準」だった学童の1クラス2人以上(うち1人は都道府県の研修を修了した放課後児童支援員)の職員配置基準は、拘束力のない「参酌基準」となり、自治体の判断で無資格者1人での運営も可能になります。

東松島市議会 2019-06-13 06月13日-議案説明、質疑、討論、採決-01号

教育費については、学校教育施設管理費に昨年度計上しておりました前払い金が不要となったことに伴う赤井小学校冷房機設置工事費1,050余万円を追加計上するとともに、学校教育施設整備費に矢本東小学校学童保育仮設施設解体に伴う遊具復旧工事費、学校教育施設管理費に鳴瀬未来中学校に係る屋根の雪どめ工事費500万円、体育施設管理費に矢本運動公園野球場改修工事費900万円、体育振興費にオリンピック・パラリンピックホストタウン

角田市議会 2019-03-15 平成31年第396回定例会(第6号) 本文 2019-03-15

今後、角田児童センターのみになってしまえば、そこは学童保育も行っておりますので、自由来館機能としてはその折はほとんど使えず、遊び場としての機能はなくなってしまいます。検討していただいて、角田市以外に2カ所ぐらいでもいいですから、自由来館は残していただきたいと思います。  

仙台市議会 2019-02-26 平成31年度 予算等審査特別委員会(第4日目) 本文 2019-02-26

2015年の児童福祉法改定により、学童保育の対象事業は、小学校に就学している児童とされ、本市においても平成29年度に4年生、平成30年度に5年生、そして新年度に小学校6年生まで拡充されることで、いよいよ本市内の小学生全てが対象に拡大されることになります。そこで、市内児童クラブを利用する児童数は本年度何人になるのでしょうか。

東松島市議会 2019-02-22 02月22日-代表質問-05号

それを私はできるだけ先取りしながら、政策にしっかりと生かしていきたいなということで、例えば待機児童対策保育園、民間を入れて、要するに延長保育夜8時までとか、今後は学童保育についても夜6時から7時くらいまで延ばしていけるような体制とか、民間活力の導入できるものは導入して、サービスを柔軟に行えるような体制をしっかりと市としては行っていくというのが大事でないかなと思っているところでございます。  

気仙沼市議会 2018-12-21 平成30年第99回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日

それから、もう一つは、学童保育の利用者、これのニーズを満たす改善策が示されたのかどうか。この点についてどうだったのか、ひとつお伺いしたいと思います。  それから、2点目は、地域づくりの核として学校が果たす役割、こういう問題についてどのような御審議をされたのかお示しください。  

仙台市議会 2018-12-19 健康福祉委員会 本文 2018-12-19

かつて学童保育と呼んでいたころ、私の息子なんかも行っていたんですけれども、保護者が自主的に自分たちの子供たちを集めて遊ばせていたという、ボランティアの手弁当の時代がありました。そこから大きく今変わっています。その役割と位置づけも明確になって、質の高い専門家による保育が提供されてきています。職員の専門性を高めるためには、研修の保障と処遇改善のための財政支援というのは欠かせない。

気仙沼市議会 2018-12-17 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日

4つ目は、学童保育分館と地域保育の実現についてです。  小原木住民の悩みは保育にも存在しています。まず、学童保育の現状は小原木公民館近くにあるだけなので、小原木地区の子供たちは利用できる状況にはならないそうです。仕事が終わって迎えに行く負担のほうが大きいからだそうです。結果的に、小原木地区の子供たちはスクールバスで帰宅し、放課後は友達と過ごす時間がなくなります。

美里町議会 2018-11-01 平成30年度11月会議(第1号) 本文

これから認定保育園、それから学童保育所ですか、そういったものを考えている業者もいると。  取得する目的に、「保育施設用地として活用するため」とあります。これが基本だと思うんですね。学童保育保育施設ですか、そうなると。違いますよね。だから、勝手にそのように、業者がこのように言うから、このように進んでいくこともあるだろうという、そんな安易な答弁は、私はすべきではないと思います。  

仙台市議会 2018-09-20 平成29年度 決算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2018-09-20

これは学童保育あるいは児童クラブにとっては大変大きな問題です。子供たちが1人で家で生活できるようになることが成長なんでしょうか。そんなことを求めて、我々は放課後の子供たちの成長、これを見ているわけではありません。実際に集団の中で、地域の中で過ごしていける、そして、自分自身も成長していける、そういう子供たちを目指して放課後を見ているのではないでしょうか。伺います。

角田市議会 2018-06-26 平成30年第393回定例会(第3号) 本文 2018-06-26

学童保育ネットワークの調べによると、「県内の学童保育は647施設にあり、2万4,560人(2017年)が利用する。ニーズが高まる一方、施設によって保育の質にばらつきがあった。支援員の研修機会が少なく、人材育成が課題」(記事、河北新報平成30年4月19日付)とありました。このように、保育の質、人材育成等に焦点を当てて、角田市における学童保育の課題等について市長に質問いたします。  

仙台市議会 2018-06-20 健康福祉委員会 本文 2018-06-20

支援の必要な児童の増加であったり、対象学年が拡大されていることに伴って、異年齢での学童保育のよさを生かしていくということですとか、高学年の遊びや多感な時期の子供への接し方であったり、いじめ問題への対応として子供に寄り添った対応ですとか、子供の居場所としての学童保育の役割などもあるというふうに思っております。