115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-03-05 令和2年度 予算等審査特別委員会(第9日目) 本文 2020-03-05

278: ◯健康教育課長  学校給食に要する経費につきましては、学校給食及び施行令において、施設整備費や修繕費、人件費は学校設置者の負担とされ、それ以外の経費は保護者の負担とされております。本市では、法令の負担に加え、光熱水費や消耗品費なども公費負担し、食材費を保護者負担としているところでございまして、負担軽減を図ってきたところでございます。  

仙台市議会 2020-02-17 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020-02-17

御当局は、口を開けば、学校給食では、施設設備費と修繕費、人件費は公費負担、それ以外は保護者負担としている。本市では、法令による区分に加えて光熱水費や備品費なども負担し、保護者には食材費のみを負担してもらっていると言って、保護者向けのお便りにも掲載されていました。食材費は保護者負担が当然としていますが、法令の区分を超えることは何ら問題ではありません。

仙台市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 2019-12-12

学校給食及び同法施行令では、施設設備の整備費と修繕費、人件費を公費負担とし、それ以外の経費は保護者負担とされております。  本市では、保護者負担とされる光熱水費や備品、消耗品費等に係る経費につきましても公費で負担し、保護者の皆様には食材費のみを給食費として御負担いただいているところでございます。  

仙台市議会 2019-11-21 市民教育協議会 本文 2019-11-21

44: ◯ふるくぼ和子委員  摂取基準の充足分として、ぎりぎり35円、45円ではなくて、食育とか、地場産物の利用だとか、あるいは彩りであるとか、そういうものもプラスして、金額としても5円プラスをしたということですけれども、地場産物の利用については、もともと学校給食の中に入っているのですよね。改めてそれを上乗せするという性格のものではないと私は思います。

栗原市議会 2019-06-24 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年06月24日

給食費というのはそもそもは材料費が給食費だという学校給食の中で決まっていますから、今課長が言ったとおりだと思うんですが、それ以上に2,100万円を超える金額が収入の部で落ちているというのは当然賄材料費の分とそれからそれを約倍になっている金額があるんですが、それは滞納繰越分も当初は予算に計上していますよね。

角田市議会 2019-03-14 平成31年第396回定例会(第5号) 本文 2019-03-14

しかし、学校給食を単純に読むと、第6条ですけれども経費の負担ということで、学校給食の実施に必要な施設及び設備に要する経費並びに学校給食の運営に要する経費のうち政令で定めるものは、義務教育学校の設置者の負担とする。2、前項に規定する経費以外の学校給食に要する経費(以下「学校給食費」という。)は、学校給食を受ける児童又は生徒の学校教育法第22条第1項に規定する保護者の負担とすると。

仙台市議会 2019-03-04 平成31年度 予算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2019-03-04

昭和29年の学校給食の制定を経て、当時は余り栄養状態がよくなかったということもあって、栄養不足を補うためのものであったわけです。それが徐々に広がっていたという、そういう背景でございます。  その後、中学校の給食の開始、それから米飯給食の導入、近年では食物アレルギーのお子さんへの対応、そしてまた多様化するニーズに応えて学校教育の一端を担ってきたのだろうというふうに思います。  

仙台市議会 2019-02-19 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 2019-02-19

学校給食については、学校給食で、健康の保持増進や望ましい食習慣、学校生活を豊かにし社交性や協同の精神を養うことを初め、食生活が自然の恩恵の上に成り立っていることや、食にかかわる人たちのさまざまな活動に支えられていることについての理解を深めることなど、七項目にわたって目標が示されています。

気仙沼市議会 2018-12-18 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日

学校給食では、給食センターなどの施設設備の維持管理費と運営に伴う調理などの人件費は自治体負担、それ以外の食材費は保護者が負担することと定められており、平成29年度の本市1人当たりの年間負担額は、完全給食で、小学校4万8,200円、中学校5万9,000円、補食給食では、小学校3万9,600円、中学校4万7,500円となっており、その総額は約2億1,493万円となっております。  

仙台市議会 2018-11-21 市民教育協議会 本文 2018-11-21

ただ、基本的に学校給食、それに基づきましてある一定の負担の部分というところが明示されておりまして、それに関してやはり最低限、仙台市、今、委員のおっしゃったとおり食材費相当しかいただいていませんけれども、そこはやはり財政負担という部分を除いては議論できませんので、先ほどの答弁のような、ああいう形になりましたけれども、以上でございます。

美里町議会 2018-03-01 平成30年度3月会議(第2号) 本文

学校の設置者がするのか、あるいは保護者がするのかという部分につきましては学校給食、それから学校給食施行令の定めがございまして、設置者が負担するものは何々です。この中には施設設備費、修繕費、それから人件費、そういったものは設置者が負担しますが、それ以外の部分については保護者負担ですという決まりがございまして、賄い材料についてはそれをもとに一応保護者負担とさせていただいているところです。

仙台市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第3日目) 本文 2017-06-15

本市では、現在、学校給食の実施に関する条例はございませんが、学校給食を初めとする関係法令に基づいて学校給食を実施しているところでございます。  御指摘の条例につきましては、既に公会計化を実施している政令市においては、その実施に合わせ条例を制定しておりますことから、今後、他都市の状況等、情報収集を行いながら検討してまいりたいと存じます。  以上でございます。

角田市議会 2017-03-16 平成29年第386回定例会(第5号) 本文 2017-03-16

一方、学校給食第11条(経費の負担)で、調理施設や人件費は自治体などの学校設置者が負担し、食材費は保護者が負担すると決めています。ただし、学校給食施行されたときの事務次官通達では、自治体が食材費を負担することは禁じない旨を明記しており、無償化しても問題はないという見解です。別紙資料2を添付しておきましたけれども、そこで、市長及び教育長に伺いたいと思います。  

大河原町議会 2017-03-01 平成29年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

(2)学校給食第11条「経費の負担」をもとに、当町では給食費を徴収しておりますが、憲法の理念を優先すべきと思いますが、どうなんでしょうか。  (3)これまで給食費の助成について検討したことはあったのでしょうか。学校給食を無償にしている自治体は、全国55市町村宮城県は七ヶ宿町にも広がっています。免除または補助の内容も全児童・生徒を無料や、半額、第2子、第3子から対象にするなどさまざまであります。

岩沼市議会 2016-09-12 平成28年第4回定例会(2日目) 本文 2016.09.12

学校給食第6条では、学校給食の実施に必要な施設や整備に要する経費は、義務教育学校の設置者の負担とし、それ以外の経費、つまり学校給食費は保護者の負担とすることが定められています。  平成28年1月に発表された平成26年度の文部科学省学校給食費の未納状況によりますと、学校給食を提供した児童生徒のうち、未納者の割合は約0.9%で、未納額の割合は約0.5%となっております。  

美里町議会 2016-09-01 平成28年度9月会議(第4号) 本文

学校給食に基づき、平成27年度におきましても、町内の小中学校幼稚園に安心安全な給食を提供してまいりました。支出の内容は、主に職員人件費と賄材料費、各給食施設の維持管理に伴う経費でございます。事故繰越しとなりました金額につきましては、電気事業者に対する支払いが電気供給事業者の都合により支払いができなかった部分でございます。