15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

気仙沼市議会 2020-02-28 令和2年第107回定例会(第7日) 本文 開催日:2020年02月28日

市には、子育て支援の一環として、こうした施設の継続を応援していく役割が求められています。  そこで、子育て応援施設登録制度を創設し、登録施設ファミリーサポートセンター有料サービスなどに利用できる子育て応援クーポンを発行して、子育て世帯に配ることを提案します。

角田市議会 2019-03-14 平成31年第396回定例会(第5号) 本文 2019-03-14

子育て世代にしっかり応援しようと18歳以下の均等割を全額免除することにしました」。これは市長の言葉ですね。「市議会での共産党議員の指摘を受けて、市として国保協会けんぽとの保険料を比べてみました。同じ所得なのに、国保協会けんぽの1.5倍から1.8倍の保険料になっています。国保加入者子育てするときに負担が大きいことは明らかです。

石巻市議会 2018-09-20 09月20日-一般質問-03号

◆4番(阿部和芳議員) この関係者の一人は、震災復興のために大分からの派遣職員でした。派遣職員についてどのように受けとめているのか、伺いたいと思います。 ◎和泉博章総務部長 お答えいたします。 多くの自治体から派遣をいただきました。それで何とか期間内に復旧、復興、まだ道半ばですけれども、進めることができました。

石巻市議会 2016-06-24 06月24日-一般質問-06号

その際に笹野前副市長ほか職員2名が大分県の大分のほうに訪問中でございまして、その翌日、4月15日の朝、市長からの指示を受けまして笹野市長に熊本県八代市のほうにお見舞いに訪問するようにということでお話をさせていただきまして、当日、4月15日の4時に笹野市長ほか職員2名は八代市役所に到着したということでございます。

大崎市議会 2016-02-18 02月18日-01号

ですから、子育て支援課平面図だけで追っていたというのは、ある意味では大変ハンディがあって気の毒だなあと思うのですが。 そこで、お伺いしたいのですが、基本設計、さっき出たわけでしょう、設計事務所から。それから、実績設計までの間にどのような検討をし、それを子育て支援課にどのようにそれをフィードバックしたのか、それから子育て支援課もその中に入って議論を進めていたのか、まずこれを聞きたいです。

白石市議会 2013-06-19 平成25年第404回定例会(第3号) 本文 開催日:2013-06-19

震災後は新たに水戸市や甲府市が導入の意向を固め、制度がある横浜市、京都市、大分でも住民から井戸の提供や活用の仕方などについて問い合わせがふえたとのことであります。  ある新聞社の調べによると、少なくても主要36市区で約1万2,000カ所の井戸が断水時には無料で開放されるとのことです。国では、東日本大震災被災地活用事例を踏まえ、各地の地域防災計画に反映するよう呼びかけているとのことです。  

大崎市議会 2012-09-28 09月28日-05号

あと、特にこういった人材育成、今後の産業振興という部分で、たまたまこの間テレビを拝見しましたらば、大分とかいろいろな、島根県とか宮城県でも職員提案制度ということはやっていらっしゃるわけなのですけれども、特にアントレプレナーシップという起業家精神です。企業、企画力を持つというふうなことで、北九州市のほうではフィルムコミッションが大変成功していらっしゃるようです。 

栗原市議会 2012-09-21 平成24年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2012年09月21日

先ほど申しましたように、これは私だけで3回目の質問になりますけれども、大分の対策も進んできておるようでありますが、耐震改修と同時にリフォームした場合10万円を助成どうのこうのという答弁ございましたけれども、それは初めて私も知ったわけであります。  しかしながら、耐震診断をされて改修が必要だとなった場合、今の日本家屋、大体は南側に雨戸、障子、北側は壁、こうなっております。

大崎市議会 2009-12-21 12月21日-07号

また、2項目め横浜市や大分での取り組みも注目されておりますアントレプレナーシップ事業でございます。 この事業は、職員みずから提案した市民のための事業を、企画から事業化まで責任を持って推進する仕組みとして、また事業化に向けて職員同士関係部課との議論などのプロセスを通じ、庁内での政策議論意識改革、ひいては組織の活性化に有効かと思いますが、所見を伺います。 

石巻市議会 2009-06-16 06月16日-一般質問-03号

次に、市民利活用活性化するための方策と今後の働きかけについてでありますが、現在庁内の各部署におきましてもNPOや子育てサークルなどの団体から要望をお聞きしたり、活用方法などの協議を行っているところでございます。今後も市民との協働型社会の形成のため、関係団体方々協議させていただきたいと考えておりますので、御理解を賜りたいと存じます。 

東松島市議会 2008-12-17 12月17日-一般質問-04号

そういったことで、市の企画中心となりまして、商工観光課含みまして、みずから駐車場台数を把握することによって、いろんなアプローチできるのではなかろうかという希望もありましたので、その調査したことそのものが国土交通省を動かしたというか、自分たちでも調査したということで、大分説明に理解できる部分があるということで、キャッチボールができるようになりました。  

栗原市議会 2005-12-16 平成17年第5回定例会(第6号) 本文 開催日:2005年12月16日

こういったものを、ぜひ教育課題学校環境課題検討委員会ですか、こっちの方で話題に、議題に出していただいてですね、ややもすると教育の問題というものは一過性のもので、我が家で子育てが終わると普通は余り興味を持たない人が多いんじゃないかと思うんですね。まして今いろんな事件のこともありますから、これは十分ですね、それこそ検討していただいて、常にいい結果を出さなければ教育はうまくないんじゃないかと。

  • 1