12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

気仙沼市議会 2016-12-13 平成28年第87回定例会(第4日) 本文 開催日:2016年12月13日

三陸鉄道仙石線の全線開通、仙台駅から女川までの直接乗り入れ、常磐線の全線開通見通しが立つなど、よそでは鉄路の復旧が相次いでいます。一方、気仙沼線大船渡線、被災箇所についてはBRTでの復旧が進められていますが、地域公共交通機関としての使命を担っていただくことが重要です。利用者の利便性を考えた方向性をしっかりと示していただくことが求められます。  

石巻市議会 2016-02-16 02月16日-施政方針演説-01号

また、公共交通の充実につきましては、JR東日本が実施する仙石東北ライン女川直通工事を支援し、新たなまちづくりが進む渡波地区を中心とした東部地区からの通勤・通学等、市民の日常生活における利便性の向上を図ります。 さらに、路線バス等のバス交通につきましても、「石巻市総合交通戦略」に基づき、今後のまちづくりを考慮した路線再編を進めてまいります。 

石巻市議会 2014-07-04 07月04日-一般質問-06号

JR仙石線女川への乗り入れにつきましては、乗り継ぎの解消により利用者の利便性向上が図られるとともに、通勤や通学者の増加、あるいは観光客の利用も期待されますことから、沿線の市町などで構成する仙石線整備促進期成同盟会において、これまでも要望を行ってきたところであります。 

美里町議会 2010-09-08 平成22年第6回定例会(第2号) 本文 2010-09-08

仙台・宮城伊達な旅キャンペーンの目玉事業といたしまして、本年、来月10月9日から11日までの3日間、石巻線の小牛田女川間で蒸気機関車SLホエール号が運行されます。これは4年連続ということでございます。また、12月には蒸気機関車のゆけむり号も計画されていると聞いております。  小牛田駅につきましては、東北本線と石巻線、陸羽東線を抱え、古くから鉄道の要衝としての役割を果たしてきました。

石巻市議会 1981-06-28 06月28日-一般質問-06号

◎勝又至牡鹿総合支所長 私から、震災前まで運行していた前網、寄磯から女川間バスの再運行についてでありますが、寄磯前網地区乗合タクシーの運行事業につきましては、前網、寄磯からJR女川までの区間を1日1往復の定時定路線で運行しておりましたが、震災による道路漁港工事など、復旧工事等の影響により現在まで運行休止の状態が続いております。 

東松島市議会 1963-02-17 02月17日-一般質問、代表質問-05号

◎市長(阿部秀保) 例えば明るい話題で、先日、ことしの夏に予定されている仙石東北ライン女川乗り入れということですが、これも同盟会で要望活動した成果だと、1往復ですけれども、そういうことでJRさんの考え方は、まず昨年の5月30日に全線運行を再開しまして、1年間ある程度の乗客の実数等々を把握したいという、それはごもっともだと思いますので、それらについては当然対応、また同じようにとまらなくなったところができて

石巻市議会 1956-09-02 09月02日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

平成27年におきましては、JR東日本が実施した鉄道の復旧も大いに進められ、平成27年3月21日には石巻線女川まで全線復旧したのに続き、5月30日には仙石線も全線で運行が再開されました。これにあわせ、松島海岸と高城町との間に東北本線への連絡線が整備され、仙台石巻間のアクセスは格段に向上したほか、石巻あゆみ野駅も開業されました。

石巻市議会 1951-03-16 03月16日-一般質問-09号

鉄道のない雄勝ですけれども、風向きによっては女川を発着するSLの汽笛が聞こえるというような地域でもあります。 私が生まれる70年も前、まだ雄勝と呼ばれていなかった1886年、明治19年、十五浜村名振浜で生まれた藤野常三郎氏は、大志を抱いて函館に渡り、函館商業学校学び、卒業後は税務署に入って函館、そして札幌に勤務したということでございます。

石巻市議会 1928-03-19 03月19日-一般質問-07号

石巻線につきましては、今月16日から浦宿駅まで運行が再開されており、残る女川までは平成27年度中に移設完了を目指している女川の完成に合わせて全線運行再開する計画と伺っております。今後とも両同盟会の設立目的を達成するため、構成市町と連携を図り、引き続き要望活動を行ってまいりますので、御理解を賜りたいと存じます。

  • 1