22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

白石市議会 2015-03-02 平成27年第414回定例会(第3号) 本文 開催日:2015-03-02

その中で、先駆的にその介護予防事業を展開している、例えば大阪府大東市など、高齢者が歩いて参加できるところで高齢者を状態で分けずに自分たちがやりたいと思うことを実施する「つどいの場」を立ち上げていると聞いております。そんなようなことを参考にしながら、そしてあと高齢者同士の横のつながりをつけていけるようなものにしていきたいというふうに考えております。  

気仙沼市議会 2014-09-25 平成26年第64回定例会(第3日) 本文 開催日:2014年09月25日

それは奥州市から約2キロメートルの幅で、一関市大東を通って徳仙丈山を越えて本吉町の津谷のほうに向かっていたんです、法線が。これまでの法線は、私たちが見ていたのは、馬籠・山田方面だったということでありますけれども、今回法線が変わったのはなぜかという部分であります。知っていたらお聞かせください。時間ありませんが。  それから、看板が本吉総合体育館に立ちました、確かに。

仙台市議会 2014-02-25 平成26年第1回定例会(第6日目) 本文 2014-02-25

亘理町には株式会社大東精密が、プラスチック樹脂成型を基本として超精密加工を得意とし、既に数社の海外工場を持っています。なぜ仙台にこのような企業が根づかないのか、何か理由がありそうに思えます。  市では、そうした進出情報に本気で取り組もうとしないのだろうか。県では、トヨタ系の企業誘致に何年も頻繁に誘致活動を行い、本県立地の有用性を企業に認めさせ、大工業団地を複数準備して待ち受けた実績があります。

気仙沼市議会 2013-12-16 平成25年第57回定例会(第3日) 本文 開催日:2013年12月16日

ぼろぼろなったものでありますが、これは前の本吉町の文化財保護委員の大内さんの解読によって57代、8代にわたって書き継がれているわけですが、その系図書の内容は私たちには古文書が読めませんので、大内さんに解読してもらったんですが、各代、何をそういうふうにやったか、信継は馬籠合戦に参戦、あるいは佐藤佐渡は製鉄を興した、そして波路上の製塩は30何代目か40何代目の信郷の弟が大東に分かれて、その大東から出た佐藤三右衛門

気仙沼市議会 2013-09-26 平成25年第55回定例会(第3日) 本文 開催日:2013年09月26日

そして、あくまでも中心地が大東町の大原地区、これは平たんな丘陵地でありますが、この大原地点が30キロでも50キロでも中心地点になるわけです。だから一関が一生懸命やるのは、その理由はわかるんですが、それならば30キロ地点のB地点はどこかといいますと、この地図でいいますと、教育長さんは気仙沼の落合に近くなるんでないかというような話がありましたが、そうではないんですね。

栗原市議会 2010-06-22 平成22年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2010年06月22日

大東、一関第二、千厩の各高校が続いて市全体では実に200名を超える国公立大学の合格者が出ております。  翻って本市でありますが、岩ヶ崎、築館、迫桜の3校で31名、うち東北大学合格者が2名という状況でありました。  このように、周辺に比して決して芳しい状態ではないばかりでなく、往時と比べ合格者の減少傾向があると、このように考えられます。

栗原市議会 2008-03-10 平成20年予算特別委員会第2分科会 本文 開催日:2008年03月10日

今までは最終処分場まで持っていって約トン当たり2万数千円かかっておったんですけれども、大体トン当たりでこの方法でやりますと七千数百円安く上がるということですので、一関の大東町ですか、三菱金属でセメント材として再利用することで、かなり経費的にも昨年から比較しますとかなり経費の削減を図られるわけでございます。  次に、浄化槽の管理業務委託としまして、浄化槽の管理清掃等でございます。

栗原市議会 2008-03-04 平成20年建設常任委員会 本文 開催日:2008年03月04日

これについては汚泥を再利用するということで、当初中間処理もしくは最終処分場でしたけれども、岩手県と協議しまして大東町でセメントの原料に再生できるということでございましたので、その単価の減による補正でございます。  次に動力費でございますけれども 1,832万 5,000円の減になっております。

仙台市議会 2008-02-21 平成20年第1回定例会(第3日目) 本文 2008-02-21

大阪府大東市では、子供との信頼関係、保護者からの意思、意見聴取の不足、不十分な引き継ぎ、継承する保育園の職員の経験年数の不十分さなどを理由にして賠償命令が出されております。  こういった事例を考えても、市が公的責任を投げ捨てるような保育所民営化は、市長が施政方針で述べているような未来への好転と言えるのでしょうか。

仙台市議会 2007-12-14 平成19年第4回定例会(第7日目) 本文 2007-12-14

という質疑があり、これに対しまして、「大阪の大東市、千葉県野田市東京都杉並区、大田区など、現時点では八館ほどで指定管理の業務を請け負っていることを把握している。」という答弁がありました。  また、「運営に当たって、実際に問題が生じているかどうか問い合わせをしたのか。」

仙台市議会 2007-12-10 平成19年第4回定例会(第5日目) 本文 2007-12-10

この先には二口渓谷や二口キャンプ場があり、大東岳などへの登山者や天然の水を求めにくる人など、定住人口の何十倍もの人が行き来する地域であります。現在、電波を送受信する基地局の設置は携帯電話会社が設置してきているわけでありますが、そのため加入者の少ない地域は圏外とならざるを得ません。  

仙台市議会 2006-11-21 総務財政委員会 本文 2006-11-21

最後になりますが、先月30日太白区大東岳において行いました、山岳における人命救助訓練の状況を2号機「けやき」の機外カメラで撮影しましたのでごらんください。ただいま、航空救助隊員がヘリコプターからホイストという救助用ウインチによりまして、降下を始めたところでございます。このホイストは、ケーブルの長さが約76メートルでつり上げ能力は約270キログラムとなっております。

栗原市議会 2005-09-21 平成17年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2005年09月21日

あるいはまた大東町に行きますと大東町の、あれは今度市になるようでございますけれども、町道の一角に道の駅をつくり、地域住民の手でしっかりした経営をなさっているところも視察をしてまいったわけでございますけれども、そういう点では財政投資を少なくして最大の効果を上げる工夫をすれば、この国土交通省平成5年にメニューとしてつくり上げたこの道の駅事業というのは、大いに栗原市の発展、そして50年、 100年の将来

仙台市議会 2002-09-30 平成13年度 決算等審査特別委員会(第9日目) 本文 2002-09-30

秋保は温泉とか大滝、植物園、工芸の里、芸術家の森、二口渓谷、磐司岩とか、大東岳とか磊々峡、本当に数えてみますとさまざまな観光資源があります。これは人的に手を入れるものではなくて、本当に自然が残された観光地であります。ここはかなり道路のアクセスもよくなっております。本市にとって大変重要な観光地として、これからまた市長としてもどのようにお考えか、ぜひ一言お伺いして終わりにしたいと思います。

仙台市議会 1996-09-26 平成7年度 決算等審査特別委員会(第7日目) 本文 1996-09-26

聞くところによりますと、例えば西の方に大東市というところがありますが、ここでは本市の保健福祉センターに当たるところにリハビリ課という課を設けまして、そこに相当数の理学療法士の方々がいらっしゃって、その方々が、もちろんドクターやあるいは保健婦さん等と手分けをして市内、区内くまなくこの訪問リハビリに取り組んでいるという状況があるということを伺いましたけれども、この辺あたりを踏まえまして、本市としてもう少

仙台市議会 1995-06-19 平成7年第2回定例会(第4日目) 本文 1995-06-19

秋保町は、経済の中心地が湯元地区であり、政治教育の中心地が長袋地区であり、馬場地区は、仙南の材木岩をはるかにしのぐスケールの磐司岩、大東岳、秋保大滝等、自然に大変恵まれたところであります。しかしながら、馬場地区ではいまだにテレビの映らない地区もあり、去る六月七日には、地区内の四十四世帯署名を添えて、テレビ難視聴解消のための共同アンテナ設置についての陳情書が秋保支所に提出されたのであります。  

仙台市議会 1994-10-21 総務財政協議会 本文 1994-10-21

今回の選定結果の3カ所の計画でありますけれども、大東グリーン開発が計画している青葉区の仮称大倉カントリークラブ、それから三宅開発が計画している同じく青葉区の仮称奥武士カントリークラブ、それに太白区青葉区の道半地区にまたがっております仮称広瀬カントリークラブというような3カ所であることは、これはゾーニング等が示されておりますから、誰が見てもこの三つだということはわかるような状況であります。  

仙台市議会 1994-03-03 平成6年第1回定例会(第3日目) 本文 1994-03-03

奥羽山系から青葉山に至る名取川広瀬川水系に挟まれたグリーンベルト地帯、大東岳から太白山、蕃山、青葉山まで約二十五キロメートル、最小幅が三・五キロメートルの丘陵里山地帯が、ゴルフ場やリゾート団地開発、産廃処理場、横断する県道や林道でずたずたにされつつある実態を目の当たりにしてまいりました。希少野生動植物種保存法に指定されている希少あるいは絶滅危機にある貴重な動植物との共存をどう図っていくのか。

  • 1
  • 2