181件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 子供たちの学力向上の一つの手だてとして、学力・学習状況調査を埼玉と共同して平成31年4月に行うとしています。児童・生徒の学力や学習に関する事項等を把握することで、教育施策や指導の工夫の改善を図り、児童・生徒一人一人の学力を確実に伸ばすことを目的にしています。   もっと読む
2018-12-13 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月13日 震災後の、亡くなったとはいえ被災された方が、こういった身内の方を含め、事件というかこういったことになるというのは、非常に悲しいことだなと思って、この議案を見ておりましたが、1つだけお尋ねしておきたいのは、この御本人、相手方住所、埼玉の何がしというところで住所がはっきりしてございます。 もっと読む
2018-12-12 白石市議会 平成30年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.12.12 持ち帰り、うちに帰ってから、この埼玉のチーム埼玉に関しての中身をいろいろ調べさせていただきました。 もっと読む
2018-12-11 白石市議会 平成30年第433回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.12.11 もう一つ、今回、学力向上の一つの手だてとして、学力・学習状況調査をなぜ埼玉と共同で実施することになったのかと。近隣自治体で、はっきり言いますけれども、この学力・学習状況調査に関しては、隣の大河原町さんですとか、東北においては秋田県、全国的には福井県ですとかその辺あるかと思うんですが、なぜ埼玉のほうとやるようになったのか、その辺の理由をお尋ねしたいと思います。 もっと読む
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第1号) 本文 また、埼玉ふじみ野市や富士見市では、均等割軽減に踏み出し、第3子からの全額免除を実施しています。子育て世帯の経済的な負担軽減に取り組むべきと考えますが伺います。  4)均等割は家族の人数がふえるほど税額は大きくなります。均等割について引き下げるべきと考えますが伺います。  大きな3点目は、中学校再編問題についてでございます。   もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文 町ではないんですが、県レベルであれば、埼玉とか何千平米、1万平米ですかね、たしか、そのレベルでは絶対調整池をつくんなきゃなんないとか、そういった縛りはできるみたいなんですが、もしそういったので、町単位としてできるんであれば、そういった対策を前もってやっておいて、もしくは、もう冠水してる地域わかってるんでしょうから、土地を持ってらっしゃる方に事前にお話をしておいたほうがいいのではないかと思いますが、 もっと読む
2018-03-01 美里町議会 平成30年度3月会議(第3号) 本文 今、議員おっしゃるとおり、東京23区にお住まいの方、5年以上お住まいの方、それから東京圏と言われます東京都、埼玉、千葉県、神奈川県に在住している方で、東京23区に在勤5年以上の方が対象になりますので、全ての方が対象になるというわけではございません。  以上です。 ◯議長(大橋昭太郎君) 鈴木議員。 もっと読む
2017-12-21 角田市議会 平成29年第391回定例会(第3号) 本文 2017-12-21 ◎3番(八島定雄) 私は、ことし、教育厚生常任委員会で、5月16日火曜日、埼玉の三郷市彦郷小学校へ行ってきました。日本一の読書のまち三郷ということで行政視察に行ってきたんですね。彦郷小学校は児童数425人で、学校の特色を「読書で育む親子の絆 感じる心」とし、全校で読書活動に取り組んでいました。 もっと読む
2017-12-19 大崎市議会 平成29年 第4回定例会(12月)-12月19日−05号 埼玉が示した市町村国保事業納付金標準保険税の第2回シミュレーションは、県内63市町村全てで上昇していました。当初は市町村間によって上がる自治体もあれば下がる自治体もあると言われてきましたが、実際に下がる自治体はなく、上昇幅の一番多い自治体は206.78%と倍以上にもなっています。この標準保険税だと納められない被保険者が急増することは容易に想像できます。 もっと読む
2017-10-03 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月03日−04号 骨髄移植の促進策につきましては、埼玉や山形県において助成金や支援金を交付している先例がございますが、さきの宮城県議会では、骨髄バンク事業に骨髄提供した方に対し休業補償として1日当たり2万円を給付し、最大7日間を上限として助成すること、先行自治体の仕組みを参考にすること、そして市町村にも助成制度の導入を働きかけることなどが県議会で議論されたとのことでございます。   もっと読む
2017-09-27 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月27日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 埼玉では、市町村が主体となり、糖尿病が悪化するおそれのある人に対し、医療機関を受診していない場合は受診を呼びかけ、通院中の人にはかかりつけ医と連携して食事や運動などの生活習慣の見直しを指導されています。その結果、受診者の増加や血糖の数値改善など効果が見られたそうです。その一方で、糖尿病の疑いが強くても約4人に1人が治療を受けていない現状もあるそうです。 もっと読む
2017-09-25 気仙沼市議会 平成29年第92回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年09月25日 そこで、この文科省の通知を受けて、ちょっと埼玉の事例なんですけれども、埼玉の市立小学校では、地震発生時に子供たちが素早く避難できるようにというもの、「地震がきたらどうすればいいの?」と題する「LLブック」を導入して、子供たちに積極的に読んでもらっているようにしていると。その上で、「LLブック」を通して子供たちが障害を理解するきっかけにもなってほしいと、校長の声もあります。   もっと読む
2017-09-21 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月21日−一般質問−03号 このほかにも、北海道南富良野町、北海道秩父別町、青森県板柳町、秋田県にかほ市、秋田県三種町、福島県西会津町、新潟県阿賀町、埼玉小鹿野町、山梨県身延町、静岡県川根本町、愛知県設楽町、和歌山県かつらぎ町などが出産祝金を支給しているそうでございます。   もっと読む
2017-09-11 岩沼市議会 平成29年第3回定例会(2日目) 本文 2017.09.11 そして、大手の3つあります3つ目のコンビニに関しましては、具体的に2017年3月9日に埼玉の行田市とAED設置・受け渡しに係る協定を締結し、4月1日段階では行田市内の全13店舗にAEDを設置したというふうに、大手3社がこのAEDの設置の部分で前向きに社会貢献の部分で設置しております。   もっと読む
2017-09-01 大崎市議会 平成29年  民生常任委員会-09月01日−01号 実は、先日26日に、新潟でちょっとセミナーがあって、参加していろいろ情報交換したのですが、その中で、埼玉が過去2回にわたって、全市町村の試算した結果を過去2回やっているの。2回とも、その結果を見ると、ほぼ軒並み上がっている。最高だと2倍以上になっているという試算が示されたと。   もっと読む
2017-06-27 角田市議会 平成29年第388回定例会(第3号) 本文 2017-06-27 先月、教育厚生常任委員会行政視察で埼玉和光市を視察させていただきましたが、全国一と言われる地域包括ケアシステムの中で地域ごとに配置されました地域密着型サービス施設が非常に大切な役割を担っている状況を見てまいりました。当市においてもしっかりとしたグランドデザインの上に、当事業がさらに活用されて包括ケア環境が整備されることを望むものであります。   もっと読む
2017-06-20 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月20日−02号 埼玉の場合は、全市町村の平均は1.5倍。54市町村の試算結果が公表されている愛知県では、39市町村が引き上げ、一番引き上げ率の高いところは2.26倍。大阪でも、43のうち、引き上げ37自治体、一番高いところで1.55倍。   もっと読む
2017-06-01 大河原町議会 平成29年第3回定例会(6月会議)(第3号) 本文 3)以前ときがわ体操を参考に一般質問したことがあるが、埼玉ときがわ町でも健康増進のためにポイントをTシャツに交換しておりました。この事例からもパトランに参加せずとも町主体として進めることが可能と考えるがいかがか伺います。  以上、答弁により再質問させていただきます。 329:◯議長(佐藤貴久君) ◯議長(佐藤貴久君) 町長。 もっと読む
2017-03-16 角田市議会 平成29年第386回定例会(第5号) 本文 2017-03-16 ◎3番(八島定雄) この問題を調べておりましたら、実は埼玉の北本市というところがあるそうですけれども、公立中学校で給食費未納が3カ月続いた場合に給食提供をしないと決定したそうです。未納家庭に対して通知して、大きく報道されたということがあります。 もっと読む
2017-03-07 白石市議会 平成29年第424回定例会(第3号) 本文 開催日:2017.03.07 さらに、委員の皆さんとともに、2014年に「和紙:日本の手漉和紙技術」としてユネスコ無形文化遺産に登録された細川紙の産地である埼玉小川町を訪ね、和紙工房や後継者育成事業などの調査をしております。3月下旬には、これまでの調査を踏まえたビジョンの提案が委員会に提案され、その方向性が示される予定となってございます。 ◯佐久間儀郎議長 7番管野恭子議員。 もっと読む