580件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-12-18 経済環境委員会 本文 2019-12-18

というのは、例えば地理的に言えば、放射能汚染というのはホットスポットというのがあるわけです。つまり、ある学校のグラウンドを掘っても、その土は安全であっても、別のところにホットスポットがあって、そこに放射能がたまっている可能性もあるわけです。同じように災害ごみの中でも、一部の災害ごみを焼却して、そこで仮に放射能がなかったとしても、全体に放射能がないということは必ずしも言い切れないと。

角田市議会 2019-12-17 令和元年第400回定例会(第3号) 本文 2019-12-17

しかし、県境の狭窄部の猿ぱね岩が崩れ落ちたことや、台風の進路が阿武隈川の上流から下流に北上と大洪水の流下方向が重なり、上部から下流まで最大流量がほぼ同時刻になっているために、大洪水となる台風第19号が、阿武隈川流路延長239キロメートル洪水流下とともに北上する地理的、気象的に重なることを国土交通省東北地方整備局は十分配慮し、さらに下流の住民の生命財産を守る河川管理を国に求めることを市長に要請します

栗原市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月12日

市長(千葉健司) 小野議員景観的なものとか、地理的な観点から相当問題になるという御指摘だと思います。現在、なかなか1ヘクタールを超えるような開発行為を伴うものに関しての事業行為に対しての合法的な対応をされた場合の規制措置というのは、なかなか難しいものがございます。どこまで条例でそういったことを規制できるのかということであります。

仙台市議会 2019-10-18 平成30年度 決算・一般会計補正予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-10-18

地形的に地下に雨水が流れ込むという構造となっておりますのは主に宮城野区役所でございまして、他の区役所地理的な条件が異なっているところでございます。止水板というのは当区が独自に昨年度設置したものでございまして、地下に受電設備やその他ポンプ設備などを有するという点におきましては、他の4区役所も同様ということでございます。

気仙沼市議会 2019-09-26 令和元年第104回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年09月26日

令和5年度までの間に方向性は検討してお示しできるようにしてまいりたいと考えてございますし、あわせて新しい場所での整備が望ましいんではないかという御提案でございますけれども、それも当然選択肢の一つとして、今の地理的な事情もございますので、選択肢の一つの中にはあろうかなと考えてございます。

栗原市議会 2019-09-26 令和元年産業建設常任委員会 本文 開催日:2019年09月26日

ここが本当に私たちの重要なところだなと思いましたので、第35条、国は山間地及びその周辺の地域、その他の地勢等の地理条件が悪く、農業の生産条件が不利な地域中山間地域等と呼ぶと。この地域の特性に応じて新規の作物の導入、地域特産物の生産及び販売等を通じた農業、その他の産業の振興による就業機会の増大、生活環境の整備による定住の促進、その他必要な施策を講ずるものとする。

気仙沼市議会 2019-09-25 令和元年第104回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月25日

という方にも行きましたし、実は今、病院審議会の会長さんも東北大学から来ていただいておりますので、別な先生、藤森先生という方に来てもらっていますので、そこにもお邪魔して、本市が地理的なハンデはあるにせよ、新しい病院をつくったということで、多くの先生方、特に先ほど答弁もしましたけれども、抜けている大切な診療科目もございますので、お願いをしてきているところでございます。

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

いずれにしましても、地理的不利の中で水源開発もやりながら、かつ老朽化というものも高まってきていますので、一旦水道料金の改定によって見通しが立てられる形にするということは必要だと思いますので、御理解を願いたいと思います。その上で、どこまで我慢しても、水を流してしまうことと、土の中に流してしまうこととつじつまが合うのかということ、それと我々がやろうとしている設備が不合理なものがあるのかどうか。

栗原市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年09月10日

宮城氏の専門分野は自然地理学で、地形学研究を重ね、平成20年岩手・宮城内陸地震の発生から栗原市と深くかかわっていただき、震災からの復旧・復興や斜面防災等においてさまざまな御指導をいただいております。  栗原市エグゼクティブアドバイザーは佐藤氏と宮城氏が加わり9人となりました。

気仙沼市議会 2019-06-25 令和元年第102回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月25日

みちのく潮風トレイル、三陸ジオパーク、みちのくGOLD浪漫、唐桑オルレコースの複合的な利点活用策については、観光客の市内周遊及び滞在時間の延長促進による経済効果を創出していくために、歴史文化地理にまつわる観光地をめぐるモデルコースの設定など、各コンテンツの連携を図り、周遊を促していきたいと考えております。  

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  防災・減災推進調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

静     岡県の統合基盤地理情報システム(GIS)を活用し、インターネッ     トによる公表を行ったが、住宅、事業所、公共施設等への影響が大き     く、非常に大きな反響があった。津波対策においては、住宅やなりわ     いの場を守るため、堤防を選択する地域もあれば津波避難タワーを設     置する地域もあるというように、地域の意見を取り入れ、市町との協     働で推進している。    

気仙沼市議会 2019-06-24 令和元年第102回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月24日

ICTというものは、首都圏にいる都会の子供たち、あとはそのほかの地域といった、地理的要因というものを全く関係なく子供の才能を伸ばせる、あるいは東京子供たちとかと全く同等の学びができる。それがICTだと思っております。  この地域の美しい自然とかを教材としまして、ICT、タブレット端末というものをツールとして学ぶということは、ほかの地域にないアドバンテージになると思います。  

仙台市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第6日目) 本文 2019-06-19

地理空間情報科学、聞きなれない情報科学ではありますが、G空間社会の仕組みを知ることは、日本の未来を知ることにつながります。現在策定が進められている次期総合計画でも、郡市長は、三十年後、二〇五〇年の仙台を目指す今後の十年間の計画と明言されています。このG空間社会を知ることは、未来の仙台市の姿をイメージするためにも有効であると思われます。  

仙台市議会 2019-05-21 経済環境協議会 本文 2019-05-21

それから、もっと言えば、この三つの小学校というのは非常に広範囲で、地理条件も悪い地域なわけで、今まで仙台市で3カ所ぐらい統廃合ありましたけど、そことまた違う状況が今回生まれてくるということで、こういうことだと非常にやはり地域にとっても大変な状況が生まれてくるのではないかなというふうに懸念の声が上がっているのですが、この辺いかがお考えでしょうか。