406件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2020-03-16 令和2年第401回定例会(第6号) 本文 2020-03-16

によるまちづくりの基本となる住民の自助、行政による公助という体制の構築を強く打ち出し、この厳しい現状の克服に向け、地区振興協議会主体とする話し合いの場づくりは引き続き評価できるものと理解しておりますし、持続可能な地域づくり実現に向け、自治センターのあり方と称し、センター業務の整理の必要性初め、職員の処遇改善、区長業務の負担の見直し、特に行政区長が果たす役割の重要性に鑑み、角田市行政区運営協議会を設置、地方公務員

角田市議会 2020-03-11 令和2年第401回定例会(第4号) 本文 2020-03-11

勤務時間中のかような行動は、地方公務員第35条に反して職務専念義務違反に当たる可能性も否定できないこと。また、誤った情報の投稿については、角田市の名誉を傷つけるおそれもあり、職員の服務規律に危惧の念を抱くものです。  職員に対して、SNSの取り扱い等についてどのような教育ないしは研修等を行っているのかを問います。

角田市議会 2020-03-05 令和2年第401回定例会(第3号) 本文 2020-03-05

冒頭の「今回の改正」というのは地方公務員でありますので、説明させていただきます。  改めて、角田市議会第398回定例会議案、第51号関係、会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定に関する参考資料によると、地方公務員(令和2年4月1日施行)第3条第3項第3号「臨時又は非常勤の顧問参与調査員、嘱託員及びこれらの者に準ずる者の職」と。改正になったのが、今から読むところです。

大河原町議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

〔1番高橋 豊君 入室〕 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━      日程第3 議案第4号 地方公務員及び地方自治法の一部を改正する法律施行に                 伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 16:◯議長(佐藤貴久君) ◯議長(佐藤貴久君) 日程第

大河原町議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会(3月会議)(第3号) 名簿

            佐 藤 秀 悦      局 長 補 佐            齋     修 ───────────────────────────────────────────       議 事 日 程 (第3号)   令和2年3月11日(水) 午前10時 開 議  第 1 会議録署名議員の指名  第 2 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて  第 3 議案第 4号 地方公務員

大河原町議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会(3月会議)(第1号) 名簿

────────────────────────────────       議 事 日 程 (第1号)   令和2年3月4日(水) 午前10時00分 開 会  第 1 会議録署名議員の指名      諸般の報告      行政報告  第 2 会期決定の件  第 3 施政方針及び提案理由の説明      諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて      議案第 4号 地方公務員

角田市議会 2020-02-28 令和2年第401回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

今般の地方公務員改正によりまして、地方公務員第3条第3項第3号に定める特別職の範囲が専門的な知識に基づき、助言、調査を行う者というところに厳格化されたところによりまして、現在の行政区長のままでの任用が難しくなったことから、法律改正の趣旨に基づきまして、市に意見を述べる職、それから、市からの依頼業務を行う職に身分を整理いたしました。

気仙沼市議会 2020-02-27 令和2年第107回定例会(第6日) 本文 開催日:2020年02月27日

会計年度任用職員制度の説明のため、総務省自治行政公務員部長平成30年10月18日に各都道府県知事等に通知しております「会計年度任用職員制度の導入等に向けた事務処理マニュアルの改定について」の中で、地方公務員及び地方自治法の改正によって一般職会計年度任用職員制度を創設し、特別職非常勤職員と臨時的任用職員の任用の厳格化を行うこととなったことから、「一般職特別職概念図」のパネルをきょう準備してきましたので

栗原市議会 2020-02-27 令和2年総務常任委員会 本文 開催日:2020年02月27日

本案は、地方公務員及び地方自治法の一部改正により、会計年度任用職員制度が創設され、改正後の地方公務員第22条の2第1項第2号に掲げるフルタイム会計年度任用職員が給料の支給対象でありますことから、給料を支給される職員公務災害補償等における補償基礎額を定めるため、条例の一部を改正するものでございます。  ここで参考資料の7、新旧対照表の2ページをごらんいただきたいと思います。  

気仙沼市議会 2020-02-21 令和2年第107回定例会(第5日) 本文 開催日:2020年02月21日

本案は、地方公務員の改正による特別職非常勤職員の任用厳格化に伴い、林野看守人を廃止するため、所要の改正を行うものであります。  なお、これまで林野看守人が担ってまいりました任務につきましては、今後は業務委託により対応する予定でございます。  13ページをごらん願います。あわせまして、別紙議案第88・93・100号参考資料を御参照願えればと思います。  

栗原市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年02月21日

次に、副業の許可基準と活動の後押しについてでありますが、職員地方公務員により営利団体役員等を兼ねること、みずから営利企業を営むこと及び報酬を得て事業または事務に従事する場合には、事前に任免権者の許可を受ける必要があり、その許可は職務の能力の確保、職務の公平性、職員の品位の保持といった観点から行われるものであります。  

気仙沼市議会 2020-02-20 令和2年第107回定例会(第4日) 本文 開催日:2020年02月20日

一方、地方公務員の改正による特別職非常勤職員の任用厳格化に伴い、行政委員及び行政協力員をこれまでと同様に任用することができなくなったことから、次年度以降の広報配布について、昨年末から各地区で説明会を開催し、自治会長・振興会長の皆様に御相談申し上げてまいりました。  

角田市議会 2020-02-19 令和2年第401回定例会(第1号) 本文 2020-02-19

次に、「地方公務員の改正に伴う行政区長の身分について」でありますが、行政区長の身分につきましては、地方公務員第3条第3項第3号の特別職に属する地方公務員の任用要件が限定されたことに伴い、角田市議会第398回定例会において、議案第51号 会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についてを御可決いただきました折には、私人として整理させていだいているところであります。  

白石市議会 2020-02-19 令和2年第439回定例会(第1号) 本文 開催日:2020-02-19

本案は、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が平成30年7月に公布され、平成31年4月より時間外勤務の上限が設けられたことにより、地方公務員に規定する均衡の原則や働き方改革を推進する観点から、本市においても時間外勤務に上限を設けるよう条例の一部を改正するものです。  

気仙沼市議会 2020-02-13 令和2年第107回定例会(第2日) 本文 開催日:2020年02月13日

本案は、閉校した学校施設教育財産から普通財産に切りかえ、民間企業等による活用を含め、多様な利用に供することができるよう、学校施設に置いております4つの公民館分館につきまして、その位置を区域内の別の市有施設に変更するとともに、改正地方公務員施行により要件が厳格化され、令和2年度から特別職非常勤職員として任用できなくなる公民館長、公民館職員及び分館主事の任用に係る規定について、所要の改正を行うものであります

栗原市議会 2020-02-12 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年02月12日

地方公務員及び地方自治法の一部を改正する法律において、特別職の非常勤職員の要件が厳格化されたことに伴い、交通安全指導員を市長からの委嘱に移行するため、条例を廃止するものであります。  次に、議案第34号 栗原市郷土資料館条例を廃止する条例についてであります。  

気仙沼市議会 2020-02-07 令和2年第107回定例会(第1日) 本文 開催日:2020年02月07日

議案第71号の気仙沼市公民館条例の一部を改正する条例制定については、学校施設に置いている公民館分館の位置を変更するとともに、地方公務員の改正及び特別職非常勤職員の任用厳格化に伴い、館長及び職員を非常勤とすることができる規定を削除するなど、所要の改正を行うものであります。  

仙台市議会 2020-01-21 市民教育協議会 本文 2020-01-21

2018年6月に消費者庁から消費行政担当課に地方公務員及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う消費生活相談員の任用について、こういう文書が出されております。この中に、各地方公共団体におかれましては、引き続き研修への積極的な参加により、その専門性の確保、向上に努めていただきますようお願いいたしますとあります。職員に対する研修についての考え方についてお伺いいたします。