922件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  地域経済活性化調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

○ 各地域には商工がある。これはクリーニング屋など本当にまちの小さな  商店の人たちの集まりであり、ここへの支援をしないとトータルのアップは  ないと思う。 ○ 事業承継の意識のない経営者や事業承継を望まない経営者もいる。引き継  ぎには5年程度かかるとのことなので、まず今の経営者に意識していただく  ように広めていかなければいけない。

栗原市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月18日

通告も、あと6分だから、ちょっとこれ、次に、デマンドタクシーのほうで、この一迫の例は、私が商工の会員だということで、いろんな情報も入りやすいということで、一事例として一迫に入っただけですね。それで、その中で、平成29年度と平成30年度の実績を比べると、1年間で乗車人員は、実は713人減っています、つまり95.9%に。

大河原町議会 2019-06-01 令和元年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文

1)中部幹線、中部幹線は役場の横の通り、ツルハと役場の間の通りです、に約200本、駅前大通り線、これは郵便局、商工の通りです、に約80本、トウカエデが植栽されております。トウカエデは紅葉になればきれいな葉となりますが、今現在ではかなりの高さとなっており、管理が大変であると考えます。今回、枝の剪定をかなり大胆に行っていたようでありますが、その理由と今回の剪定委託料及び剪定の頻度を伺います。  

角田市議会 2019-03-15 平成31年第396回定例会(第6号) 本文 2019-03-15

その一方で、地域振興公社、シルバー人材センター農業振興公社、角田市商工団体への補助金の支出は継続されております。シルバー人材センターには若干減額になったものの1,300万円、農業振興公社には1,000万円、角田市商工には950万円、地域振興公社には増額となる1億3,300万円と多額の補助金が支出されております。

角田市議会 2019-03-14 平成31年第396回定例会(第5号) 本文 2019-03-14

そういうことに対して、行政が適切な支援ができればと思っておりますが、お金だけの問題ではないわけでありまして、やはり例えば商工においてはその道のプロがいらっしゃるということもありますし、あるいは外部に委託しながら、コンサルティングしていただきながら、一番角田市が元気が出る商店街づくりをどうすればいいのか、そのことも一緒に考えていかなければならないと思っております。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文

現在、これ始まるの10月からですので、ちょっと時間ありますんで、落ちついたところで商工さんなんかと話し合いを進めたいと考えているところでございます。14節使用料及び賃借料につきましては、コピー及びパソコンの賃借、リース等を計上しているものでございます。  続きまして、3款民生費2項6目桜保育所費の桜保育所建設の実施設計業務の委託料の増額補正を計上してございます。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

国が示す住民税非課税世帯及び3歳未満対象者への割増商品券の交付を初めとする増税への対応策を進めるとともに、町内事業所対応等につきましては、中小企業振興資金融資制度などの活用金融機関商工等々とさらに連携を密にしながら対応してまいりたいと考えているところでございます。  次に、町民の心に寄り添うきめ細やかな対応についてのご質疑でございます。  

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

また、町内中小企業等の課題やニーズに合わせて活用できる補助金でありますことから、町といたしましても商工銀行等関係機関との情報共有を行いながら、ホームページ等により制度内容の周知を行い、中小企業や小規模事業者への支援を推進してまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

資料によりますと、合併校の地域連携機関として地元自治体大河原町商工との記述も見られることから、密な連携を図るべきと考えます。  こたびの2つの高校合併は、少子化という世の流れに起因するところではありますが、本町内で6次産業化を一体的に学び人材育成につながる教育観ができるということは絶好のチャンスと捉えるべきであると考えます。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第1号) 本文

起業・創業支援につきましては、「にぎわいプラザ」を拠点として、商工や地元金融機関などと連携を密にし、創業支援セミナーや相談会などにより新規起業と第二創業等の促進を図ります。  次に、工業の振興につきましては、川根工業団地では、企業の工場拡張、建てかえが進んでおり、今後、ますます雇用創出や税収増加などの期待が高まっております。

栗原市議会 2019-02-27 平成31年産業建設常任委員会 本文 開催日:2019年02月27日

それから、話し合いについては、昨年の12月だったんですが、地元の商業者、あるいは商工、それから区長さん方と1回話を持ちましたが、なかなか具体的な提案というか、案がまだでなかったということで、今後ともよりよい風土館、あり方についていろいろと検討してまいりたいと考えてございます。

栗原市議会 2019-02-26 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年02月26日

7款1項2目商工振興費については、中小企業者に対する振興資金保証料の補給などのほか、商工の経営指導を受けることによって無担保・無保証で利用することができる小規模事業者経営改善資金、いわゆるマル経融資に対する利子補給を計上しているものでございます。  次に、73ページから74ページをごらんいただきたいと思います。  

栗原市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年02月21日

あれから1年が過ぎましたが、公約した農協と商工が連携した産業効果と中央病院の小児科医療充実、産婦人科の開設の進捗状況と、道の駅について市長の考えを伺うものであります。  細目の1点目、栗原中央病院の全科診療の受け入れをすると明言していますが、整形外科・眼科の受け入れが実現しているのか、していないのか伺います。