21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

栗原市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年09月21日

形態については牛の仲間でありまして、日本では大型の哺乳に属しております。イノシシの体長は雄で110センチから170センチ、雌では100センチから150センチ、体高は、高さですね、60センチから80センチ、やぶや茂みに隠れています。体重は50キロから大きなものでは150キロにもなると言われています。雌は雄よりも小さくて、体重にして雄の20%から40%ほどは軽いとされております。

栗原市議会 2015-09-16 平成27年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2015年09月16日

また、全国的な傾向でありますが、有害な鳥獣の、ここでは余り見られませんが、出たという情報もございますシカ、あるいはイノシシを中心とするサルハクビシン等、大型哺乳の分布拡大と生息数の増加により、また、農林業の被害のみならず、自然植生への食害、土壌流出などの生態系被害、列車事故交通事故の増加、市内域への侵入など、野生動物と人とのあつれきが過去最大規模に高まってきております。  

岩沼市議会 2015-09-08 平成27年第3回定例会(3日目) 本文 2015.09.08

1つはね、日本自然保護協会から言わせると、捕獲を専門に行う民間業者の認定は必要だとかという見方もあるし、日本哺乳学会においても、積極的な捕獲が必要だが、ツキノワグマとかニホンザルなどとってはだめなものもあるから、必要な程度に制限も加える必要があるという見方もあるし、また一方では、大日本猟友会においては、やはり許可要件を緩和し過ぎると、1つには夜間の狩猟をしてもいいのではないかとあるんですよ、これね

大河原町議会 2012-09-12 2012年9月12日 平成24年第3回定例会(第3号) 本文

大河原町には自然にすむ生物、哺乳鳥類爬虫類両生類魚類昆虫類など、さまざまな生き物が多種多様生息しています。その中には、太古の昔よりこの地に生息している種、自然の力により移動してきた種、人間の生活活動の中でこの地に生息するようになった種と、さまざまな事情により大河原町に生息している生き物がおります。  

白石市議会 2011-03-03 平成23年第391回定例会(第4号) 本文 開催日:2011-03-03

狂犬病狂犬病ウイルスによる人と動物の共通感染症で、すべての哺乳が感染します。国内では1956年を最後に確認されておりませんでしたが、2006年11月、フィリピン狂犬病ウイルスに感染し帰国した男性が国内で発症し、死亡する事例が2例続けて発生しました。  現在のところ、発症すれば治療法がなく、100%死亡すると言われております。

仙台市議会 2010-10-18 子育て支援調査特別委員会 本文 2010-10-18

御存じのように、人は、哺乳の中でも人以外の哺乳は妊娠からすぐ母離れ、子離れという意味での個体化、個人として生まれた直後から機能しているわけですけれども、人は乳児期という時期が実に12カ月も続くという意味で、スイス動物学者のポルトマンはこの時期を合わせて、いわゆる本当の妊娠期間9カ月と、それからその後の12カ月間、合わせて21カ月が人の胎生期であるというふうに定義したわけです。  

仙台市議会 2010-08-20 市民教育委員会 本文 2010-08-20

現在行われております特別展は、恐竜が絶滅した後の哺乳の進化にスポットを当て、当館の常設展示、古象の大行進につながる工夫をしております。東北初公開の化石やタールの沼に飲み込まれたサーベルタイガーなどの保存状態のよい化石を展示しております。また、仙台は新生代の一大化石産地として古くから研究が進められてきており、地質学者から化石を比較対比する際、東北日本のスタンダードとして認められております。

仙台市議会 2009-12-14 平成21年第4回定例会(第5日目) 本文 2009-12-14

さらに、身近な自然を五感を使って実感、体験して自然保護保全について考え、将来に向かって巨木にならないイヌブナ、コナラ、ヤマハンノキ、クヌギ、ヤマザクラ、ヤマツツジ等の植生と特別天然記念物であるニホンカモシカ本州最大の哺乳であるツキノワグマ等の生態系をできるだけ減少させない、自然への思いやり活動を展開しているNPO団体の活動が活発であります。  

仙台市議会 2008-03-04 平成20年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2008-03-04

この中で、ウサギ等の哺乳のほかに、また鳥類魚類など、こういったものと触れ合う機会を設けているわけでございますけれども、こういった哺乳鳥類魚類などを含めましたら、ほとんどすべての小学校におきまして生き物を飼育しているという状況にございまして、生き物に親しみを持ち、大切にするような教育を行っているところでございます。  

仙台市議会 2006-09-29 平成17年度 決算等審査特別委員会(第9日目) 本文 2006-09-29

これを受けて、八木山動物公園では、希少動物の中から4種類、哺乳のシシオザル、鳥類のシジュウカラガン、ニホンイヌワシ、フンボルトペンギンの保存事業を重点的に取り組んでおります。 262: ◯嵯峨サダ子委員  八木山動物公園ではその中で、日本国内で唯一、絶滅危機に瀕しているシジュウカラガンの野生に戻す羽数回復事業を11年前から行っています。

仙台市議会 2006-08-28 少子化・子育て調査特別委員会 本文 2006-08-28

このような広告が母子手帳に載っていた時代の母乳率というのは大体15%ぐらいで、哺乳類なのに15%しか人の乳で育たず、牛がいなくなるとあとの75%の赤ちゃんたちが困るというような状況でしたが、いろいろな活動によって今仙台市では大体70%ぐらいまではお乳で育つ子がふえてきました。

岩沼市議会 2005-06-14 平成17年第2回定例会(3日目) 本文 2005.06.14

狂犬病は、犬あるいは動物だけの病気ではなく、人を含めたすべての哺乳が感染し、発病すると、治療方法がなく、悲惨な神経状態を示して、ほぼ 100%死亡する極めて危険なウイルス性の人獣共通感染症です。本病は 4,000年前から人類に知られていましたが、高度な医療が確立した現在も、世界では毎年約5万人の人と十数万の動物が発病死していると推定されています。  

仙台市議会 2004-05-21 都市整備建設委員会 本文 2004-05-21

開園当初の飼育展示動物は、上段で示しておりますとおり哺乳50種146点、鳥類57種206点でございまして、合計展示数は、107種352点でございました。  平成16年4月30日現在の展示数でございますが、哺乳41種156点、鳥類65種293点、爬虫類33種103点、合計139種552点となってございます。  2ページをごらんいただきたいと思います。  

仙台市議会 2002-12-09 平成14年第4回定例会(第3日目) 本文 2002-12-09

すなわち、名取川水系においては、平成四年度、魚介類河川水辺の国勢調査、同じく平成五年度、陸上昆虫河川水辺の国勢調査、同じく平成十一年度、両生類哺乳爬虫類河川水辺の国勢調査、そして今年十一月七日には、平成十三年に行われた名取川水系における鳥類河川国勢調査の結果も公表されました。  今回の調査報告によれば、百十二種類の鳥類の生息が確認されたとのことであります。

仙台市議会 1998-11-20 民生衛生委員会 本文 1998-11-20

それと、同じような比率ですけれども、哺乳に来ますとミンク、カワウソも繁殖が激減しているということを言われています。それでこれはPCBの可能性が高いということが言われています。なお、PCBについては、今日本ではダイオキシンには入れていませんけれども、WHOの方ではダイオキシンと同じ作用をするんだということでダイオキシン類として入れようということが厚生省で検討されています。

仙台市議会 1996-09-26 平成7年度 決算等審査特別委員会(第7日目) 本文 1996-09-26

もう一つ、河北新報の社説の中に、月ノ輪グマは木の実のほかに日本カモシカなどの哺乳も捕食する雑食獣と書いてあるんです。だから日本カモシカも食うと書いてあるんですよね。カモシカ天然記念物ですから、でもこのごろそう言われれば少ないなと思うんですよ。クマに食われているんではないかというふうに思うこともある。これはどういうふうにお考えですか。

仙台市議会 1996-07-19 都市整備建設協議会 本文 1996-07-19

39: ◯加藤建設局次長  今申し上げたような方法で調査をいたしましたけれども、当時動植物をいろいろ調査いたしまして、植物につきましてはアカマツ、コナラなど839種の植物、それから動物のうち、哺乳はホンドタヌキとかニホンリスなど7種、それから鳥類につきましてはヤマガラとかシジュウカラなど59種、両生類はトウホクサンショウウオなど8種類、昆虫類はクロアゲハなど53種類の生息を確認しておりますが、オオタカ

仙台市議会 1995-10-03 平成6年度 決算等審査特別委員会(第10日目) 本文 1995-10-03

57: ◯公園課長  アセスメントの結果でございますが、植物は839種類、哺乳7種類、鳥類59種類、昆虫が536種類、そういうものがいるという調査が出ております。 58: ◯青野登喜子委員  そういう植生の動植物の確認の数が示されましたけれども、その中でも、特に特筆すべきということで、幾つか貴重な種類等も生息が確認されておりますので、そこの点も御紹介いただきたいと思います。

  • 1
  • 2