12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

美里町議会 2018-06-01 平成30年度6月会議(第2号) 本文

教育委員会としては、本町非核平和都市宣言にもうたわれているように、世界唯一の被爆国の住民として、核兵器の完全廃絶を世界に訴えるために、町内の子供たちが原子爆弾の投下による広島、長崎の悲劇の歴史を学ぶ必要があると考えておりますので、町が実施する平和行政事業と連携し、子供たちにその機会を提供してまいります。  

栗原市議会 2017-12-19 平成29年第6回定例会(第6号) 本文 開催日:2017年12月19日

日本は72年前の1945年(昭和20年)、第二次世界大戦太平洋戦争で8月6日広島市、8月9日長崎市原子爆弾が投下され、一瞬にして広島で14万人、長崎で7万人が死亡し、またその後放射能被爆による病死が続いてきました。町は全て焼き払われるなど地獄と化し、甚大な被害を受けております。

美里町議会 2012-08-23 平成24年第6回臨時会(第1号) 本文 2012-08-23

これにつきましては、これまで本町は「長崎に学ぶ中学生平和体験の旅」授業原爆写真、パネル展など、毎年非核平和授業に積極的に取り組んでまいりましたが、多くのとうとい命が失われた終戦から大分月日が経過した近年において、戦争の悲惨さや原子爆弾の恐ろしさといった国民平和意識の希薄化が進んでいると思われます。  

栗原市議会 2012-02-28 平成24年建設常任委員会 本文 開催日:2012年02月28日

第3号戦傷病者特別援護法でその障害の程度が規則で定める程度であるもの、第4号原子爆弾被爆者に関する援護に関する法律により厚生労働大臣の認定を受けているもの、第5号生活保護法に規定する被保護者または中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永久帰国後の自立の支援に関する法律に規定する支援給付を受けているもの、第6号海外からの引き上げ者、第7号ハンセン病療養所入所者等に対する保証金の支援等に関する法律に規定する

栗原市議会 2012-02-22 平成24年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2012年02月22日

我が国は、さきの大戦で原子爆弾による唯一の被爆国であり、放射能物質の怖さは何となく意識の中にありますが、セシウムヨウ素、ベクレルやシーベルトなど、物質やその量の単位などは全く無縁なものでございました。それが、今や日常用語になり、そして行政用語化するほどの勢いでございます。  

栗原市議会 2009-06-30 平成21年第5回定例会(第6号) 本文 開催日:2009年06月30日

原子爆弾、これは最も怖いものだと。大量殺りく兵器、こういったものを小さいときから聞かされながら育ってまいりました。私はぜひこの地球上からこうした兵器をなくす努力が今求められているのではないかと思います。ぜひ御理解いただきたいと思います。(「答弁になっていない」の声あり) 議長(加藤雄八郎) 答弁は答弁だと思います。  

栗原市議会 2007-12-13 平成19年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2007年12月13日

また、過般の建設常任委員会行政視察時に立ち寄った「広島市水道資料館」の中のビデオでは、原子爆弾が投下された直後のピカドンなるものの熱風と夏の暑さでたくさんの人が川に飛び込んでいかれた。そうしたときの無残な様子や、また被爆されたその日から給水機能を失った水道ライフラインの復活に向け、日中懸命の努力をされた職員が荒れ果てた町に水を送り続けた。そうしたことの実話もビデオで流されておりました。  

栗原市議会 2007-09-18 平成19年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2007年09月18日

次に、非核平和自治体都市宣言を実施すべきについてでありますが、昭和20年8月、広島、長崎原子爆弾が投下されて以来、我が国は唯一の被爆国として被爆の恐ろしさ、被爆者の苦しみを全世界に訴え核戦争の回避、核兵器の廃絶を求めてきました。非核平和自治体都市宣言につきましては、県内におきましては、宮城県を含め既に25の自治体が宣言をしてまいりました。

美里町議会 2006-06-22 平成18年第4回定例会(第3号) 本文 2006-06-22

多くの尊い命を奪った原子爆弾が広島と長崎に投下されてから60年以上が経過した。先達の努力により、あの惨状が夢だったかのように我が国は復興を遂げ、今私たちは平和を享受している。  しかし、世界に目を向けた時、内戦や地域紛争等、未だにこの世界中のどこかで戦争が行われ、多くの核兵器存在しているという事実がある。  

仙台市議会 2006-03-02 平成18年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2006-03-02

私はそのときその職員の方に、あんたたちに原子爆弾どうやってつくるんだっては聞かないよと。市の職員のあんたたちが毎日やっていることを聞くだけだから、何も見せることないんでないかと、そういうことで実は私、質問内容を、つまり原稿を提示しないで質問に12月議会立ったんです。

  • 1