6585件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第7日目) 本文 2019-12-20

また、「地方自治体の執行する行政事務が複雑多岐にわたることから、専門的知識を兼ね備えた常置機関として、昭和二十一年に設置された監査委員制度の創設時と現在の監査委員制度の趣旨の相違」について質疑があり、これに対しまして、「監査を実施し、その結果を議会と市長に報告する基本的な役割は、現在も変わっていないと思っている。」という答弁がありました。  

仙台市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第7日目) 名簿 2019-12-20

 添 英 展   主    事  表   綾 子         ─────────○─────────      議 事 日 程 第 七 号       令和元年十二月二十日(金曜日)午後一時開議 日程第 一 会議録署名議員の指名 日程第 二 第百十八号議案から第百四十五号議案まで及び議第二号(継続議) 日程第 三 第一号請願 日程第 四 閉会中継続審査の件 日程第 五 意見書案第二号 免税軽油制度

白石市議会 2019-12-19 令和元年第438回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-12-19

本案は、民間給与との格差を埋めるため、人事院勧告に基づく国家公務員給与改定のうち、民間給与との比較による給与改定等に係る部分において、同給与制度改定に準拠し、本条例で定める給料及び勤勉手当の引き上げなどについて条例の一部を改正いたそうとするものであります。  

角田市議会 2019-12-19 令和元年第400回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

5項1目災害救助費、補正額は1,216万7,000円の追加であります  災害救助事業では、国の住宅応急修理制度の要件を満たしている方で、既に住宅の修理代金の支払い済みにより国の補助対象外となった方を救うため、市単独事業として制度を確立し、被災者住宅応急修理補助金20件分1,190万円を追加するものであります。

仙台市議会 2019-12-18 経済環境委員会 本文 2019-12-18

、これは職員にも私申し上げておるのですが、職員に対しては、あなた方は仙台市職員として、公務員として入られたという意味では、ガス局だけにいるということが将来にわたって今までも保障されていたといいますか、そういうことで決め事としてあったわけではございませんので、職員にとりましては、いわゆる生活するための仕事という意味では、仙台市職員としての身分はガス局がなくなっても保障するというような形で、我々今後制度設計

仙台市議会 2019-12-18 総務財政委員会 名簿 2019-12-18

企画推進担当課長         平嶋 教義   ◎人事委員会事務局  震災復興・メモリアル事業担当課長 庄子 希恵    事務局長       石川 浩史  エネルギー政策担当課長      中道 由児    審査給与課長     柴田 敏延  政策調整課長           大森 武宏    任用課長       寺澤 裕介  政策企画課長           松田 智子  地方分権・大都市制度担当課長

仙台市議会 2019-12-18 都市整備建設委員会 本文 2019-12-18

その中で、河川の水位上昇を防ぐ工事への個別補助制度ということが報じられております。我々、東北地方整備局に問い合わせたところ、具体の内容、まだ本省から示されておりませんけれども、本市の管理河川においても、現在補助事業を進めている谷地堀であるとか、堀切川であるとか、あるいは高野川、後田川といったような河川に重点的に適用できるのかどうか。

角田市議会 2019-12-18 令和元年第400回定例会(第4号) 本文 2019-12-18

◎農林振興課長(堀米浩二) 令和2年度の作付ができないというようなことでありますけれども、県の工事の部分は別としまして、市で行います農地災害として工事を行う部分につきましては、その補償という形は現在の制度の中ではありませんので、そのように補償することはできないということの結果になってくると思います。

栗原市議会 2019-12-17 令和元年第5回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年12月17日

議会モニター制度の導入については、今後、他自治体議会の導入事例を注視し、導入した場合の効果や影響を十分に考慮しながら検討を続けていくべきであります。  栗原市議会議員の作業服等の被服については、市が貸与すべきとしており、9月補正予算予算措置がなされ、年内に納品される予定となっております。  

栗原市議会 2019-12-16 令和元年総務常任委員会 本文 開催日:2019年12月16日

それからあと各住民の皆さんへいろいろなチラシなり文書を配布していただきますが、そこの部分はやっぱり私人だろうということで、県内でも私どもと同じようにいわゆる身分特別職として、あとは配布物については私人としているところもございますし、あるいは都市部のほうですとこれを機にということで区長制度自体をもう廃止しているところもございます。

栗原市議会 2019-12-13 令和元年第5回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年12月13日

4つ目は、これはたまたまですけれども、来年の4月1日から会計年度任用職員制度がスタートいたします。今までですと、臨時職員ですと1月1日に、仮に引き上げになれば、その賃金でずっと令和2年度もいって、そして令和3年の、また引き上げになれば1月1日からという、こういったサイクルでずっとやられてきております。

角田市議会 2019-12-12 令和元年第400回定例会(第2号) 本文 2019-12-12

見舞金の支給を一部損壊まで拡大しなかった理由はとのことでありますが、今回、この見舞金の支給につきましては、国の制度である被災者生活再建支援制度において、全壊世帯、大規模半壊世帯の支給にとどまり、床上浸水された世帯でも半壊の判定を受けた世帯救済する支援制度がないことから、角田市の単独予算で実施することとなったものであります。

白石市議会 2019-12-11 令和元年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2019-12-11

これは、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるオンライン資格確認制度が令和3年3月から本格導入されることに対応するため、必要となるシステム改修に要する経費を追加いたしております。  これに充当する財源としては、8款予備費1項予備費を減額して、措置いたそうとするものであります。  以上が国民健康保険特別会計の主な補正予算でございます。  次に、39、40ページをお開き願います。  

栗原市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月11日

その半分の7割が交付税ですから、市町村としては3割の負担ということになりますので、そうなりますと約2億円ちょっとということで、全世帯に配布になるという計算にもなってきますが、いずれこれらの国の制度等もよく注視しながら今後のあり方について十分に検討していきたいと考えております。