6318件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2019-06-27 令和元年第397回定例会(第5号) 本文 2019-06-27

質疑の概要ですが、仙南中央森林組合との関係をどう構築していくのかの質疑に対し、角田市ではこの制度での大きな担い手と捉えておりますという答弁でした。  次に、森林所有者が不明や未相続があると思うが、どのようになるのかの質疑に、基本的には登記簿や戸籍等で所有者の探索を行い、それでも不明な場合は公告を行い、計画を作成することになりますという答弁でした。  

角田市議会 2019-06-26 令和元年第397回定例会(第4号) 本文 2019-06-26

◎3番(八島定雄) 皆様御存じのように、振り返ると、宮城県沖地震で角田市でも一本木地域で子どもがブロック塀の下敷きになって亡くなったという事例もありますので、その後大分改善されましたけれども、そういう中で今補助制度ということで、朝日新聞の記事によりますと、国はことし4月から塀を撤去する補助制度を拡充したと述べておりまして、補助制度がある、または本年度創設する自治体数は、宮城の場合は34市町村で最多ということで

栗原市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第6号) 名簿・日程 開催日:2019年06月25日

  栗原市奨学資金貸与条例の一部を改正する条例について  日程第36  議案第66号  監査委員の選任につき同意を求めることについて  日程第37  選挙第3号  宮城県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙  日程第38  発議第3号  (株)JR東日本による深夜の試験走行の中止を求める意                 見書について  日程第39  特別委員会の報告         栗原市議会入札制度

角田市議会 2019-06-25 令和元年第397回定例会(第3号) 本文 2019-06-25

運転免許証の自主返納制度は、加齢に伴う身体機能や判断力の低下により運転に不安を感じる方などが自主的に運転免許証の返納(全部または一部取り消し)を申請することができる制度で、平成10年の道路交通法の改正により開始されました。  全国の運転免許証保有者数は、平成29年度末で8,226万人、平成28年度末に比べ約5万人が増加しております。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  防災・減災推進調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

○ 防災訓練に対する支援制度についてPRし、町内会の負担軽減を図りなが  ら訓練ができるように仕向けていくことが必要である。 ○ 町内会防災訓練を行う際、町内会加入していない方々へどのようにア  プローチするのかが課題になっているため、町内会を所管する市民局とも連  携をして、町内会加入率や自主防災組織組織率を高めていくことが必要で  ある。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第7日目) 本文 2019-06-24

再度同様の要求があれば、丁寧にお話をお伺いした上で、事業の必要性、制度設計の熟度等を見きわめつつ、必要となる予算措置を検討してまいりたいと考えている。」という答弁がありました。  また、「効果ある綱紀粛正のあり方と今後の取り組み」について質疑があり、これに対しまして、「職員の綱紀粛正については、機会のあるごとに、職員に対して周知徹底を図ってきたところである。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  地域経済活性化調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

3 起業支援について  起業支援は、本市のほか国や県でも様々行われておりますが、調査の結果、どんな支援制度があり、その支援対象は何なのかがわかりにくいなどの声が多数ありました。  また、起業後の支援、特に販路拡大のための支援、売り上げを上げるための支援が会社継続、発展に大切であることも確認できました。  そのために、まずわかりやすい窓口、気軽に来られるような窓口の設置が必須です。  

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  子育て環境調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

○ 保育事業参入に係る事業者の意欲を大事にし、例えば増員保育士の加算部  分や、保育施設自体の充実に関するさまざまな加算補助制度など、課題とし  て挙げられているような部分に対しても、しっかりと耳を傾けていただきた  い。 ○ 配慮が必要な子供に対するアプローチに係る保護者の悩みは、大体未就学  児のころから顕在化してくるというのが現状である。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  交通政策調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

そうした中、平成30年4月に、地域の足の確保に取り組む団体に対する本市独自の支援制度である、みんなでつくろう地域交通スタート支援事業が開始となり、制度利用の第1号として、燕沢地区乗合交通のりあい・つばめの試験運行が行われるなど取り組みが進められていることは明るい材料であり、これが本格運行につながっていくことが期待される。  

栗原市議会 2019-06-24 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年06月24日

あとそれからやっぱり就学資金の金額、760万円でいいのかという議論もこれまで採算ご指摘いただいてきましたけれども、そもそもの設計宮城県の修学資金制度との併用といいますか、それらを踏まえての設計をしているわけで、結構やっぱり宮城県と連携を図ることで宮城県の修学資金制度の貸与者が県から栗原中央病院に行って、義務年限を勤務してこいというやりとりなども現状実際にありますし、やっぱりこの辺は単独だけでなくて

栗原市議会 2019-06-24 令和元年産業建設常任委員会 本文 開催日:2019年06月24日

補正の内容については、19節6,647万4,000円の減額は、企業立地促進制度に基づく企業立地促進奨励金等について、平成30年度の奨励金額が確定したことに伴い減額するものであります。企業立地促進奨励金については、7社の交付決定をしたところであり、固定資産税の課税免除額の確定等により3,250万2,000円を減額するものであります。

仙台市議会 2019-06-20 総務財政委員会 名簿 2019-06-20

       利 大作   企画推進担当課長     平嶋教義  ◎人事委員会事務局   震災復興・   メモリアル事業担当課長  庄子希恵    事務局長         石川浩史   エネルギー政策担当課長  中道由児    審査給与課長       柴田敏延   政策調整課長       大森武宏    任用課長         寺澤裕介   政策企画課長       松田智子   地方分権・大都市制度

仙台市議会 2019-06-20 経済環境委員会 本文 2019-06-20

これは本市の重要課題に関しまして、特に国に制度改正や財源措置を求めるものなどにつきまして、新年度の概算要求の時期に合わせて要望行動を行うものでございます。  要望項目は、市議会におけるさまざまな御議論などを踏まえ、取りまとめたものでございます。  資料の表紙をおめくり願います。  

仙台市議会 2019-06-20 健康福祉委員会 本文 2019-06-20

64: ◯児童クラブ事業推進室長  認定資格研修は、放課後児童支援員が職務を遂行する上で必要となる知識及び技能を習得し、あるいは再確認することを目的とした制度でございます。  現行の5年間の経過措置後の対応につきましては、こうした制度本来の趣旨を踏まえて検討していく必要があるというふうに認識しております。  

仙台市議会 2019-06-20 都市整備建設委員会 本文 2019-06-20

これは本市の重要課題に関して特に国に制度改正や財源措置を求めるものなどにつきまして、新年度の概算要求の時期に合わせて要望行動を行うものでございます。  要望項目は、市議会におけるさまざまな御議論などを踏まえ、取りまとめたものでございます。  

栗原市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月20日

ふるさと納税制度をさらに活用せよ。  2019年6月1日より改正地方税法施行されました。過度な返礼品の競争を防ぐため、寄附した人に贈る返礼品を寄附額の3割以下の地場産品に規制し、基準を満たす地方自治体のみを制度の対象に指定するという内容であります。  現在のふるさと納税の現況として、総務省データによれば、ふるさと納税はここ数年前年対比で増額であり、平成29年度では3,650億円を超えています。

栗原市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月19日

1、コミュニティ組織一括交付金については、第3次栗原市行政改革大綱においても現行のコミュニティ組織一括交付金の検証を行い、コミュニティの活動に合った交付金制度に見直すとあります。この内容に基づき、次の点について伺うものであります。  (1)現時点においてこの交付金についてどのような検証がなされ、どのように交付金制度を見直すのか、伺うものであります。