14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

角田市議会 2019-06-26 令和元年第397回定例会(第4号) 本文 2019-06-26

新時代の学びを支える先端技術活用推進方策というのを発表されておりまして、ここにはSINETと呼ばれる学術研究のための特殊なネット環境中等教育初等教育に開放されると。こういったところもあって、学校教育、そして地域教育に関するインフラが、これから物すごい勢いで変わろうとしているところだと思います。

仙台市議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第6日目) 本文 2016-12-15

かつてアメリカで著しい学力低下が問題になったとき、あるべき教育のモデルとしたのはそのころの日本初等教育であると言われております。これを基準にすれば、今の学力ベルをはかるには過去の問題を子供たちにやらせてみればよいのではと考えるのですが、いかがでしょうか、お伺いいたします。  

岩沼市議会 2015-02-23 平成27年第1回定例会(2日目) 本文 2015.02.23

小中一貫教育は、初等教育と前期中等教育課程を調整し、一貫性を持たせた教育方式のことで、校舎の設置状態や形態により幾つかの形に分類されております。本市の小中学校では、授業参観や研修会、情報交換会や小中引き継ぎ会などで教職員間の連携・協力が十分図られており、連携型の小中一貫教育と遜色がないと考えております。

仙台市議会 2012-10-02 平成23年度 決算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2012-10-02

国の第3次男女共同参画基本計画第11分野では、男女共同参画を推進し、多様な選択を可能にする教育学習の充実での成果目標として、初等教育機関教頭以上に占める女性の割合も2020年までに30%、202030というふうにしているんですけれども、現在の状態を見てみますと、本市ではこの期限までに目標に達成すると考えていらっしゃいますでしょうか、お伺いいたします。

仙台市議会 2008-10-03 平成19年度 決算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2008-10-03

実際、学習指導要領が改訂されまして、各自治体における初等教育中等教育における道徳教育へのさらなる取り組みの体制が少しずつできているというふうに思います。もとより道徳、広く一人の人間としての基本となる徳育というものは、ひとえに学校においてのみ教育されるものではなく、まずもって親御さん、家庭教育においてその基本が形成されるべきものと考えます。

栗原市議会 2008-02-28 平成20年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2008年02月28日

さらに、同じ姫松小学校6年生を担任する女性の先生でありますが、総合初等教育教育研究賞に宮城県でただ1人、研究奨励賞第1席に輝いておりますこと。そのことは、子供たちはもとより、保護者地域に住む我々にとっても大変うれしいことであることを御紹介をしておきます。  本題に入ります。通告しております文書の中で路線名に誤りがありましたので、訂正をお願いをいたします。

仙台市議会 2007-10-22 地域経済活性化調査特別委員会 本文 2007-10-22

県はやはり初等教育、初中等教育環境まで整えるのは非常に難しいでしょうけれども、よくないですよね。だから、その差だけを見てだと思います。  それで、子供さんがいなければ別に、税金はどっち高いんですか、仙台市と。安い方がいい。そういうことだと思います。やはりお子さんがあれば仙台市に住むと思います。

栗原市議会 2006-06-21 平成18年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2006年06月21日

それが物理に入っていくわけですので、この物理があることによって今まで騒いでいる金融部門、ゼロサム経済ですけれども、それはいつわりの経済発展でございまして、製造業が強ければ、この栗原市は、今佐藤市長が進めている日本一、これを目指すためには、その製造業のためにトヨタ自動車がここに進出するとなれば、そういう中で働ける人材教育職業能力大学もありますけれども、一般質問でやってきましたけれども、子供たちをまず初等教育

仙台市議会 2005-10-05 平成16年度 決算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2005-10-05

詳細には立ち入りませんけれども、文部科学省あるいは文部省が80年代から進めてきております教育課程の変更、全体として見れば小学校中学校初等教育における学習時間の削減という形で実際行われてきておりまして、その効果についてはいろいろな評価はございます。学習授業時間数の減少が明らかに学力の低下に結びついているというのが私個人の意見でございます。  

仙台市議会 2004-10-08 子育て健全育成調査特別委員会 本文 2004-10-08

学校移行といいますのは、要するに思春期、先ほど13歳前後というふうな話をいたしましたけれども、いわゆる子どもは初等教育から中等教育の方に移行する。もっと具体的に言うと、小学校から中学校にかわっていくということです。実は、小学校中学校あるいは高等学校というのは学校学校ですけれども、いろいろなところが違うんです。この違いが、子どもにとってはなかなか大変なことがあるんです。  

仙台市議会 2000-03-14 平成12年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2000-03-14

しかし、諸外国ではイギリスがこの初等教育から始めたのが一番早いんだということでありますけれども、アメリカそしてドイツドイツの例を言わせていただきますけれども、徹底したごみの分別教育環境問題が出てから真っ先に学校環境教育を取り入れてきたというのが、私からすれば本当にすばらしいことだなと思います。

仙台市議会 1996-03-14 平成8年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 1996-03-14

初等教育とか、中等まで入れてもいいけれども、人間のそういう環境を学ぶ時期ですよ。また自然とはどういうものかというのを学ぶ時期ですよ。ですから、そういった部分を十分考えてこの事業をぜひいい方向に進めてもらいたいと願うんですね。もちろん私は、コンピューターでなれ親しんで、多くの児童がこういったものに親しんでよくなっていくということに対して全然反対していないですよ。

  • 1