170件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東松島市議会 2020-06-11 06月11日-01号

また、午後は、宮城県庁建築宅地課を訪問し、柳の目工区について情報交換を行った後、私学公益法人課を訪問し、タイケン学園が申請している私立高校設置について情報交換をいたしました。  28日には、地域自治組織会長事務局長及び市民センター所長会議に出席し、8地区地域自治組織活動報告を受け、まちづくりについて意見交換を行いました。  

栗原市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月12日

平成17年4月1日の栗原市の誕生に伴い、本財団栗原市が事務局となり運営をしておりましたが、平成20年度からの公益法人制度改革により、公益財団法人もしくは一般財団法人への移行、または解散について検討を行っております。その結果、補償の事務河川管理者である宮城県が引き継ぎ、残余財産4,311万9,000円については県に寄附し、平成25年11月16日に財団解散となりました。  

東松島市議会 2019-09-05 09月05日-議案説明、質疑、討論、採決-01号

4日は、宮城県庁を訪問し、佐野副知事を表敬訪問した後、産業立地推進課私学公益法人課、水産林政部の部長、そして秘書課観光課漁港復興推進室等を訪問し、市政の課題について意見交換を行っております。  5日は、職員を自治法派遣いただいている富山県の小矢部市と富山市を訪問し、これまでの復興支援に感謝申し上げるとともに、職員派遣の継続をお願いしてまいりました。  

東松島市議会 2019-06-13 06月13日-議案説明、質疑、討論、採決-01号

4日には、タイケン学園が申請している私立高等学校設置について、担当する宮城私学公益法人課の現地確認が行われております。  5日には、亀岡新橋橋名板お披露目式宮野森小学校であり、その後野蒜地区体育館竣工式、午後からは矢本西小学校さくら放課後児童クラブ赤井小学校いちご放課後児童クラブお披露目式がそれぞれ関係者出席の中で行われております。  

仙台市議会 2019-02-22 平成31年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2019-02-22

その運営を担うさまざまな公益法人であったりNPOであったり、いろいろな方々にお願いをさせていただいているわけですけれども、私も市長に就任いたしましてから、その皆様方、限られた数でありますけれども、実際に出向いてお話を聞かせていただく機会も持たせていただいております。  

東松島市議会 2019-02-18 02月18日-一般質問-02号

そういう場合も、やはり対象になる自治体とか、そういうことになると、要するにまずつくる団体は都道府県かとか、あと市町村が3分の1以上出資している法人だとか、あと地域を代表して道の駅を設置することにふさわしい市町村が推薦する公益法人であるかとか、そういうこともありますし、補助率のこともあるのです。

大崎市議会 2018-09-18 09月18日-03号

◆9番(佐藤講英君) 公益法人あるいはNPO法人ということでありますが、それはそれで一定の理解をするものであります。 本市はさまざまな行政を進める中において、この協働ということを打ち出しております。それを旧古川以外の地域については、地域でしっかりその辺は運営している団体が育ってきて、十分にそれは効果が出ているという認識を持っております。 

角田市議会 2018-06-26 平成30年第393回定例会(第3号) 本文 2018-06-26

平成29年度決算、公益財団法人角田地域振興公社公益目的事業会計との比率で、収益事業会計が43%を占め、今後、公益財団法人角田地域振興公社組織存続のために、収益事業の引き上げとなれば、収益事業会計比率を50%以下にしておかないと、公益法人の取り消しになることから、公益事業会計拡大角田市の一般会計に対して拡大していく懸念があると思うのであります。  

東松島市議会 2018-06-07 06月07日-01号

4日には、宮城県庁私学公益法人課、震災援護室都市計画課を訪問し、当市の関連事業について意見交換等を行いました。  その後、東北防衛局を訪問し、新年度に当たって今後の防衛事業について東北防衛局長意見交換を行いました。  11日には、宮城県庁で開催された「ツール・ド・東北実行委員会」に出席しました。

角田市議会 2018-03-16 平成30年第392回定例会(第6号) 本文 2018-03-16

それ以外の組織形態としては、一般社団財団法人などが考えられるが、道の駅の管理運営を担う第三セクターは収益を上げることが経営の基本であることから、収益事業に制限が設けられている公益法人事業趣旨に合わないと言えよう。  次に、資本金額についてであるが、開業までの経費、これは備品購入費開業前に雇用する要員の人件費など、プラスおおむね3カ月間の運転資金が目安になる。

石巻市議会 2018-02-26 02月26日-議案説明・質疑・委員会付託-04号

初めに、第51条は市民税減免について規定したものでありますが、減免に該当するものとして、これまで第4号から第7号で該当する団体名をそれぞれ規定しておりましたが、これらを第4号に統合し、法第294条第7項に規定する公益法人等のうち収益事業を行わないものに改めるものであります。 次に、附則でありますが、本条例施行期日平成30年4月1日とするものであります。 以上でございます。

角田市議会 2017-12-25 平成29年第391回定例会(第5号) 本文 2017-12-25

角田市の外郭団体の廃止によって、角田観光物産協会角田コミュニティプラザ指定管理料で指定されていたのを、公益法人角田地域振興公社にしていくようになっております。全ての外郭団体を統合するというような基本的方針を既に発表していることによるようですけれども、全て公益法人角田地域振興公社指定管理するということになります。

栗原市議会 2017-02-27 平成29年総務常任委員会 本文 開催日:2017年02月27日

管財課長大槻博文) 公益法人については、私の認識不足で存じ上げておりませんが、掛け金の差額については平成28年度で全国自治協会、現在加入している協会でございますが、1,290万円ほどの掛け金でございます。このまま平成29年度も全国自治協会、現在の共済のところに契約しますと3,950万円ほどになります。

角田市議会 2016-12-22 平成28年第385回定例会(第5号) 本文 2016-12-22

次に、「規則で定める派遣先の4団体公益法人として認可を受けたのはいつか」という質疑があり、「農業振興公社平成25年4月1日、地域振興公社平成24年4月1日、シルバー人材センター平成24年3月19日」との回答でありました。補足なのですけれども、公益法人はこれらの3団体であり、社会福祉協議会公益法人ではなく、社会福祉法人であるので質疑中の答弁にはありませんでした。

角田市議会 2016-12-14 平成28年第385回定例会(第2号) 本文 2016-12-14

ほかの公益法人対象外のように受けとめていいのかな。こうなると。公社角田市に4つあります。社会福祉法人角田社会福祉協議会があります。そのほかには、公益社団法人角田シルバー人材センターというものがありますけれども、これが団体は、今の説明によると対象外ということで受けとめてよろしいのか、ということであります。  

岩沼市議会 2016-12-12 平成28年第5回定例会(2日目) 本文 2016.12.12

それは、やっぱり柔軟性のある運営とか、施設の維持の仕方を、もう少し民間の力をかりてほしいという国の思いもあるものですから、民間と組むことをまず考えておりまして、公益社団法人として立派に公益法人があるわけですから、今震災を機にいろいろやっておりますけれども、それらの実績を見ながら運営をさらに充実させていきたいと思ってございます。特別にその思いがあったわけでは決してございません。  

角田市議会 2016-12-05 平成28年第385回定例会(第1号) 本文 2016-12-05

初めに、議案第69号 公益的法人等への職員派遣等に関する条例制定についてでありますが、公益的法人等への一般職地方公務員派遣等に関する法律に基づき、市の事務事業等と密接な関連を有する公益的法人等職員派遣等を行う場合において、職員を派遣できる公益法人等を初め、派遣できる職員給与規定及び職務復帰後の処遇等を定めることにより、職員派遣による公益的法人等業務の円滑な実施に資するため、条例制定

大崎市議会 2015-06-24 06月24日-03号

平成20年度に公益法人制度改正があり、公益法人として存続が困難であったことから、平成25年度の維持管理を最後に社団法人荒雄湖整備協会解散しております。この関係で、平成26年、27年については、大崎市、鳴子総合支所のほうで直接業務委託等により維持管理を行っておりました。今後の維持管理については、今回の条例制定後、28年度から指定管理による管理運営を予定しているという現状であります。