運営者 Bitlet 姉妹サービス
1613件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 角田市議会 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21 育英会は任意団体として長年にわたり奨学金の無利子貸与を通じて地域の人材育成に対応してきましたが、特にここ数年来、育英会の理事及び代議員会においては育英会資金の経理に対する指摘、奨学生選考の際の経済的困窮度合いの判断基準、債権債務の適切な把握と将来の収支計画の見通しについて、その事務処理の説明責任に対する指摘が相次いでおり、任意団体として取り扱う資産総額が極めて大きく、今日的にはその透明性、公平性を一層高 もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 市長提出は、議案第75号 平成30年度角田市一般会計補正予算(第3号)は、事業の確定による過不足の補正、繰越明許費、債務負担行為の補正、地方債の補正となっております。  さて、第3表の債務負担行為補正の追加事項、道の駅かくだ指定管理料、期間が平成30年度から平成34年度までの限度額が4,800万円となっております。 もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 未収金対策についてでありますが、強制執行額の決定基準については、法令の規定及び債務者の生活状況などを踏まえて決定していくものであります。  市税における滞納処分による給与の差し押さえにつきましては、国税徴収法第76条により、生活保障費など差し押さえ禁止の範囲が定められており、これは滞納者の最低限の生活を保障するものであります。   もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 また、集中改革プランの改革項目についても適切に反映させ、歳出の抑制、債務の軽減、収入の確保などに取り組み、収支の均衡を目指すとともに、経常経費の削減、事務の効率化を進め、持続可能な財政構造の構築を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-13 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月13日 ◎震災復興・企画課長(小野寺憲一君) 5年間の指定管理をお願いするということは、そのとおりでありまして、それを債務負担行為で設定をさせていただくということになりますが、そこにおけます限度額については、市と指定管理者が毎年度締結する協定で定める額ということの限度額の設定になってございますので、そのとおり、毎年度協定で定めるという形になろうかと思っております。 もっと読む
2018-12-13 角田市議会 平成30年第395回定例会(第2号) 本文 2018-12-13 それでは、日下議員の2番目の質疑、議案第75号 平成30年度角田市一般会計補正予算(第3号)の債務負担行為の補正に関する質疑にお答えをいたします。   もっと読む
2018-12-12 白石市議会 平成30年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.12.12 それでは、5ページの債務負担行為補正の会計年度任用職員制度導入支援業務委託料に関連してお尋ねをいたします。  これは、従来、生活消費支援員という形の方々が、今回は2020年4月から会計年度任用職員としてそれらに当たると、募集をするという。 もっと読む
2018-12-11 白石市議会 平成30年第433回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.12.11 第2表債務負担行為の補正です。その中の第六次白石市総合計画・第三次白石市国土利用計画策定業務委託料、この件についての質疑をさせていただきます。   もっと読む
2018-12-04 角田市議会 平成30年第395回定例会(第1号) 本文 2018-12-04 次に、議案第75号 平成30年度角田市一般会計補正予算(第3号)でありますが、今回の補正は、職員人件費の年間所要額見込みに伴う措置を初め、事業執行に伴う所要額の補正、繰越明許費、債務負担行為及び地方債の補正をいたすものであります。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第1号) 本文 次に、総務費では財務会計システム改修委託料等につきまして、新元号対応に係るシステム改修作業が来年度にまたがるために、本年度予算を全額減額し、新たに債務負担行為を設定するものでございます。   もっと読む
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第2号) 本文 予算本文第3条債務負担行為の補正につきましては、議会だより印刷業務を初め31件について、それぞれ債務負担行為の期間及び限度額を追加するものであります。  予算本文第4条地方債の補正につきましては、臨時財政対策債を初め6件についてそれぞれ限度額を変更し、公共施設等適正管理推進事業債(公園改修事業)について廃止するものであります。  以上、補正予算について申し上げました。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文 財務会計システム改修委託料でございますけれども、こちらのほう2つ下の企画費の委託費の住民情報システム設定変更業務委託料と共通で、新元号対応につきまして来年度になったための減額ということで、債務負担を設定しまして今年度契約、来年度支払いという形になるものでございます。  続きまして、6目財産管理費の需用費でございます。 もっと読む
2018-11-01 美里町議会 平成30年度11月第2回会議(第1号) 本文 本件については、債務者が平成26年度以降の幼稚園保育料5万6,600円及び学校給食費3万8,611円を滞納しておりました。  支払督促の申し立ての経緯につきましては、別紙資料のとおりでございます。   もっと読む
2018-10-01 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年10月01日 (4)原告及び市は、本件に関し、この和解条項に定めるもののほかに、何ら債権債務がないことを相互に確認する。  (5)訴訟費用は各自の負担とする。  説明は以上でありますので、よろしくお願いいたします。 ◎議長(菅原清喜君) これより報告第11号専決処分の報告についてに対する質疑に入ります。6番及川善賢君。 もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 また、船舶の関係の「海来」に関してでございますが、「海来」につきましては「たつまい」の代替船ということで、ずっと債務負担で補助は出してきておりますが、その債務負担の執行については昨年度で終わりまして、所有権もしっかりと移転をしているということでございますので、それ以降の処分、あるいはその使い方については、基本的には会社の考え方ということかなとは思っております。 もっと読む
2018-09-14 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年09月14日 ◎9番(秋山善治郎君) 1つだけお伺いしたいんですけれども、金子線について債務負担を組んできたと思いますけれども、今回の変更する形で最初から債務負担を組んだ形で、これまで進めてきていたんでしょうか。その辺の考え方はどんなふうにして整理されているか、お聞かせください。 ◎議長(菅原清喜君) 土木課長菅原通任君。 ◎土木課長(菅原通任君) お答えします。   もっと読む
2018-09-12 角田市議会 平成30年第394回定例会(第2号) 本文 2018-09-12 37ページ、平成30年度角田市一般会計補正予算(第2号)、第2表、債務負担行為補正であります。  学校管理等業務委託料の説明にて、平成31年4月より学校業務員を配置しないとのことですが、現在の市内小・中学校の学校業務員の配置について説明を求めます。  次、議案第61号、46、47ページ。平成30年度角田市一般会計補正予算(第2号)、歳入18款1項4目教育費寄附金であります。   もっと読む
2018-09-07 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年09月07日 議案第43号の平成30年度気仙沼市集落排水特別会計補正予算については、債務負担行為などの補正を行うものでありますが、予算総額に変更はありません。  議案第44号の平成30年度気仙沼市簡易水道特別会計補正予算については、歳入歳出予算からそれぞれ157万6,000円を減額し、予算総額を1億1,051万4,000円とするもので、事業費などを補正するものであります。   もっと読む
2018-09-04 角田市議会 平成30年第394回定例会(第1号) 本文 2018-09-04 次に、議案第61号 平成30年度角田市一般会計補正予算(第2号)でありますが、今回の補正は、事業執行に伴う事業費の追加及び変更、国・県支出金の過年度分の精算等の補正、債務負担行為、地方債の補正をいたすものであります。  36ページになります。  歳出の主なものでありますが、戸籍住民基本台帳費にマイナンバーカード等に旧姓併記が可能となるよう、行政情報システム改修業務委託料を追加いたしております。   もっと読む
2018-09-03 白石市議会 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.09.03 第2表債務負担行為補正でありますが、給与計算システムにつきましては、元号改定に伴う改修が必要であり、本年度中から準備を進め、平成31年度まで業務期間が見込まれることから、給与計算システム改修業務委託料について追加いたそうとするものであります。   もっと読む