運営者 Bitlet 姉妹サービス
609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 角田市議会 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21 次に、「保育確保のための」と書いてありますがこの検討についても子育て支援課と教育総務課で検討していきますということかとの質疑に、人材育成型の庁内の検討をしたときにウエルパークの3課、子育て支援課、社会福祉課、健康推進課のほうで採用困難職種と言われる保育、保健師などについて制度設計ができないか意見交換をしたことがあって、定住促進型の部分は企画財政課、採用困難職種部分はウエルパーク3課で意見交換をしていましたとの もっと読む
2018-12-20 角田市議会 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20 実は障害児の保育に関しましては、やはりなかなか難しい、特に現場サイドで保育がどうやって対応していこうかというようなところが非常に悩ましい問題として出てきております。   もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 ◎市長(大友喜助) 私も、個別にちょっとお話をする機会もあったり、あるいは最終の説明会のときには、児童館、児童センター、幼稚園の保育、教諭も参加していましたから、個別にいろいろお話を聞く機会はありました。 もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 保育等の流出を防ぐ対策についてでございます。  保育所の非正規保育及び支援員の労働条件改善についてでございます。  現在、気仙沼市立保育所職員配置の実態は、非正規の保育、支援員などで全職員の半数を占めている状況にあります。非正規職員がいなければ保育所運営が不可能な状況であります。特に、保育は正規職員と同様の仕事をこなしながら低賃金のままに置かれております。 もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 そして最後(6)番として、今までの議論を踏まえて、無償化よりも保育園をふやすことや保育などの処遇改善を求める関係者の意見も多い、また財源や事務の地方負担、待機児童の問題、保育の質の問題、今回の無償化には課題が実にさまざま多いと考えております。  そこで、今回の幼児教育・保育の無償化に対する所見をお伺いいたします。 ◯志村新一郎議長 山田市長。     もっと読む
2018-12-07 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会 目次 開催日:2018年12月07日  清 男 君    1.災害復旧について…………………………………………………………………… 216    2.教育行政について…………………………………………………………………… 222    3.建設行政について…………………………………………………………………… 227   小野寺 俊 朗 君    1.小学校・中学校の不登校等に対するサポートについて………………………… 230    2.保育もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文 それと、20人ずつ多くなっているということは、それだけ保育も確保されてのことだと思うんですが、保育の不足は今なお全国的に深刻になっていますけれども、もし保母さんが確保できればもう少し人数、入所者はふえるというふうに捉えていいのかどうか伺います。   もっと読む
2018-09-14 大河原町議会 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文 それと、85ページの成果の中に、保育事業として真ん中あたりに、今聞いてるのは公立ですけれども、公立・民間ともに十分な保育の数が確保できなかったためにということありますけど、仮にこれが確保できたら、児童はどのぐらいふえることができたんでしょうかね。 169:◯委員長 ◯委員長 万波委員、今ので4つ目になります。 もっと読む
2018-09-13 大河原町議会 2018年9月13日 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 病院職員のお子さんだけを扱っておりまして、運営のほうは委託となっておりますので、保育不足とかはないと思われます。はい。(「はい、わかりました」の声あり) 184:◯委員長 ◯委員長 町民生活課長。 185:◯町民生活課長(佐藤京子君) ◯町民生活課長(佐藤京子君) はい。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第4号) 本文 (3)保育、調理師は資格を有する専門職員であります。しかし、正職員をふやさず、嘱託職員等で対応している傾向がありますが、なぜなのか、理由をお示しいただきたい。29年度の職員配置状況もあわせて示していただきたいと思います。専門性と継続性が求められていることから、できるだけ正職員をふやすことが保育環境をよくするためにも不可欠だと思いますが、この点についてどのように検討されたのか。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 今、保育のね、なかなか確保も全国的に非常に大変になっているというのがありますけれども、60人、今度定員になるので、その辺は大丈夫なのかどうか、ちょっとここであわせて伺っておきたいと思います。  それから、その下の学校施設の整備交付金、DBOのわかりましたけど、今回採択にならないということは、今後、何、採択のまた見通しもあるということでいいんですか。 もっと読む
2018-06-27 角田市議会 平成30年第393回定例会(第4号) 本文 2018-06-27 この計画における定員減については、角田保育所の民営化による保育の減少が主な要因でありますが、一方で、中島保育所については引き続き本市で運営していくことになりますから、必要な職員数は確保しているという計画になっております。  なお、第5次定員適正化計画における職員数に会計年度任用職員は入ってはおりません。 もっと読む
2018-06-20 白石市議会 平成30年第431回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.06.20 市で示しました運営事業者の募集時に、館長のほか職員7名を置くこととしておりまして、うち4名は保育、幼稚園教諭等、児童と接する資格を有しており、それらの方々で曜日ごとにシフトを組むようなことで予定しております。  イベント等につきましては、現時点でこじゅうろうキッズランドの室内の壁に、子供たちが絵本作家と一緒に絵を描くワークショップの開催を予定しております。 もっと読む
2018-06-19 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月19日 私は、今、市役所で言えば、事務職員の方々、それから保育所の保育とか、あと学校調理員とか図書館職員とか、それから清掃作業員とか、消費生活相談員とか、いっぱい今まで特別職だったんだけれども、今度は一般会計任用制度に移行するんだなと思っていまして、その特別職と一般職というのはどう、職種でいくと分けられるのかについて、少し説明をいただければなと思います。 もっと読む
2018-06-14 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月14日 1の改正の趣旨でありますが、放課後児童健全育成事業(学童保育)に従事する放課後児童支援員の資格要件につきましては、国の基準省令に基づき市町村が条例で定めることとされており、保育や社会福祉士、学校の教諭となる資格を有する者などの基礎資格のいずれかに該当する者で、都道府県知事が行う研修を修了した者でなければならないとされております。   もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文 (2)現在の桜保育所の定員は120名であることから、1)現在、桜保育所の保育に欠員は生じているのか伺います。  2)今の施設よりも面積がふえることから、定員数を拡大し待機児童の解消を図るべきと考えますがいかがでしょうか。  3)そのためにも、正規職員の保育採用数をふやすべきと考えますがいかがでしょうか。   もっと読む
2018-03-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号 この2名につきましては、現在養成学校とか、あと市職員を退職された保育等に声がけをして、御協力いただくようにお願いしているところでございます。 ◆5番(千葉眞良議員) 2名しか不足はないというふうなことですけれども、実は保育の状況、特に自治体だけではなくて、保育所で保育を採用していくに当たって、劇的な変化が今この間も変化もし続けなのですけれども、不足だ、不足だということで。 もっと読む
2018-03-13 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−08号 さらに、私立認可保育所等に新しく就職する方に対して就職支度金を渡すとのことでありましたが、私立の就職に対してのみですので、偏った支援をすることによって公立の保育所の保育不足に拍車がかかり、負担がふえるのではないか、保育が異動するだけで保育不足の解決にはなっていないのではないかと、そういう気がします。保育確保について改めて伺います。 もっと読む
2018-03-13 大河原町議会 2018年3月13日 平成30年予算審査特別委員会(第2号) 本文 新しく民間保育所ができるということで大変明るい、うれしいニュースだというふうに思いますのでお伺いしたいと思いますけれども、先ほどのご説明の中で、町独自の支援についてはこれから検討ということでありますけれども、できる限りですね、応援をしていただきたいということで、どういったことを考えているのかお伺いするとともに、一つ心配なのは保育の確保でありますけれども、その辺について何らか支援ができるものがあれば もっと読む
2018-03-05 石巻市議会 平成30年  環境教育委員会-03月05日−01号 ただ、待遇面的に、身分保障も含めてなかなか厳しいということであれば、こちらで必要とするときに確保できるのかどうか、そういった心配も出てくるのだと思うのですけれども、当市だけではないのだと思うのですが、全国的に見てその辺の状況というのですかね、心配ないものなのかどうだか、ちょっとやはり保育さんと同じように上げていかなければならないというふうな形なのかどうか、その辺の見通しも含めてちょっとお聞かせいただきたいと もっと読む