運営者 Bitlet 姉妹サービス
340件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日 それで、保健所でも調査はされているということでございます。これにつきましては、保健所から、7月になりますが、産業課にこういう案件があったのではないかということで調査に来られた経緯がございます。来られましたので、調査中であるということは認識いたした次第であります。そのようなことは、現在、調査は行われていると伺っております。 ◎議長(菅原清喜君) 22番熊谷伸一君。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 そうすると、むき身の処理場が必要だということになると思うんですが、それもやはり保健所の許可がなかなか難しくて、滅菌装置、殺菌装置、かなり高額な機械を入れないと処理ができないというような状況でございますので、そういったむき身の処理場にはある程度の補助を考えていただきたいということでございます。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 398:◯健康推進課長(川村ふじ子君) ◯健康推進課長(川村ふじ子君) 健康づくり推進協議会委員につきましては、健康づくりに関する各種団体の委員さんで構成されておりまして、医師や保健所職員も入っておりますので、その上、あと年に2回の定期的な健康づくりに関する会議を開催しておりますので、改めて研修をする予定は今のところないところでございます。 もっと読む
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文 出店の関係でのというお話でございますけれども、出店に関しましても、まだ準備中でありまして、もし保健所の検査が4月1日に行うんであれば可能だったんですが、まだ4月3日ぐらいでないと、まだ出店がそろってなかったいうことで、検査ができないっていう状況は、河川敷でそろってる部分て、まだ中途半端だったというところを把握しておりました。以上です。 もっと読む
2018-03-14 大河原町議会 2018年3月14日 平成30年予算審査特別委員会(第3号) 本文 あとは保健所である環境Gメンとかがパトロールをして見つけてくるというふうな形ですね。あとは郵便局の配達の人も探してご報告いただいてるような形でございます。(「はい、了解」の声あり) 69:◯委員長 ◯委員長 よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかにございませんか。伊勢委員。 もっと読む
2018-03-06 石巻市議会 平成30年  保健福祉委員会-03月06日−01号 石巻保健所が毎年公表している数字でございます。厚生労働省から出された数字ですが、平成23年度は石巻市では36人の方が自殺されております。以降、平成24年度は35人、それから平成25年度……すみません、度じゃなくて年です。平成25年が42人、平成26年が31人、それから平成27年が29人、平成28年が30人、それから平成29年は11月現在の暫定値でございますが32人というふうになっております。 もっと読む
2018-02-22 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年02月22日 不法投棄については、気仙沼警察署や気仙沼保健所等と連携し、パトロールのほか、不法投棄多発箇所に監視カメラや不法投棄防止啓発看板を設置するなど防止に努めてきたところであり、昨年と比較し回収量は減少傾向にあります。今後とも広報や講習会を通じて、不法投棄は犯罪であることもあわせ、広く市民に周知してまいります。   もっと読む
2017-12-22 角田市議会 平成29年第391回定例会(第4号) 本文 2017-12-22 今回の異臭発生の事案については、保健所を通じて県にも報告が上がっている状況にあります。改善の指導等については、今のところございません。 ◎議長(柄目孝治) 日下議員。 もっと読む
2017-12-20 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第5日) 本文 開催日:2017年12月20日 不法投棄については、回収した多くが粗大ごみであり、資源ごみの分別徹底が直接影響するとは考えておりませんが、不法投棄は依然として後を絶たないことから、気仙沼警察署や気仙沼保健所、気仙沼土木事務所などにより構成する気仙沼地域廃棄物不法投棄防止対策連絡会議に本市も参加し、不法投棄防止に向けた連携や情報共有を図っているところであります。   もっと読む
2017-12-18 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月18日−一般質問−03号 アスベストの除去につきましては、本年5月の環境省からの通知に基づき、保健所及び労働基準監督署と十分な協議を行い、生徒等への安全を第一に工法を選定し、作業の実施に当たりましては、学校関係者や保護者の皆様 全員に説明を通知し、御理解をいただいた上で除去作業を実施いたしました。   もっと読む
2017-12-13 石巻市議会 平成29年  産業建設委員会-12月13日−07号 クライアントの安心・安全を担保するため、民泊ができる農家は全て消防の許可、保健所の許可、簡易旅館業法の許可をクリアしているとのことでございました。  政策提言といたしましては、石巻市は2005年に1市6町が合併し面積が広い。観光資源も海のものから山のものまでさまざまある。 もっと読む
2017-10-03 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月03日−04号 御質問の大崎市の対応についてですが、まず宮城県におきましては、難病対策としてドナー登録の促進に取り組まれており、県内の献血ルームや保健所においてドナー登録の窓口が設置されているとともに、大友文司議員には献血ボランティアで御協力いただいておりますが、移動献血車においても登録の機会が設けられております。 もっと読む
2017-07-04 大崎市議会 平成29年  総務常任委員会-07月04日−01号 ただ、5月に県の保健所のほうに提出したものがございます。 ○委員長(佐藤仁一君) 小沢委員。 ◆小沢和悦委員 県に出されたのは、こっちはそれを持っているのか、持っていないのか。前のやつはあるのですか、ないのですか。 ○委員長(佐藤仁一君) 八木総合支所長。 ◎鳴子総合支所長(八木文孝君) 24年当時に出されたものもございます。 もっと読む
2017-06-26 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月26日−04号 その後、4月20日に現地を調査すると県の保健所のほうからお聞きしておりましたので、市のほうからは報告はありませんでしたが、保健所を確認しました。4月20日に大崎保健所は現地に行った、鳴子総合支所や環境保全課からも職員が立ち会ったそうでありますが、その際、保健所からのお答えは掘っていないということでありました。しかし、契約は既に更新されております。   もっと読む
2017-06-05 大崎市議会 平成29年  産業常任委員会-06月05日−01号 今後の流れとしては、まずもって既存の源泉があるのですけれども、そちらのほうに混湯して、それを利用開始するために保健所のほうに利用開始のほうの手続をとらなければならないということが1点。ただ、その前に何よりもこの硫化水素の問題、あと温度の問題をクリアしなければならない。 もっと読む
2017-05-31 大崎市議会 平成29年  総務常任委員会-05月31日−01号 4月20日、県大崎保健所によりまして現地調査が行われ、市からも環境保全課、それから鳴子総合支所からも立ち会いをしております。調査の結果、投書に書かれていたような内容は確認されませんでした。その場で大崎保健所からクレー射撃場に対して環境衛生等指導票が手渡されまして、廃棄物の処理方法について報告書の提出が求められました。  5月8日、クレー射撃場から県大崎保健所に対して、その報告書を提出しております。 もっと読む
2017-03-14 大河原町議会 2017年3月14日 平成29年予算審査特別委員会(第3号) 本文 健康づくり推進協議会につきましては、お医者さんあと歯科医師の先生、それから保健所の方と各種団体の、国保の運協の会長さんや、あと民生委員さんの会長さん、それから食改さんの代表の方とかということで構成されておりまして、町の保健事業の諮問機関というか、ことしこういうことをやりたいのでご審議くださいということで審議していただいている機関であります。よろしいですか、はい。 もっと読む
2017-03-07 大崎市議会 平成29年 第1回定例会(2月)-03月07日−04号 今回の補正は、昨年11月から12月にかけて大崎管内で感染性胃腸炎が流行し、大崎保健所の感染症情報を参照いたしますと、通常の5倍から10倍ほどになっておりました。また、12月末から1月、2月にかけましてインフルエンザが大流行し、過去の流行時の数値等を参考に補正を計上したところでございます。  しかしながら、昨日、今年度の最終支払いとなります請求書が届きまして、扶助費の額が決定いたしました。 もっと読む
2017-03-01 大崎市議会 平成29年度 予算特別委員会(2月)-03月01日−04号 それで、休日につきましては、実は大崎保健所を事務局とする地域医療対策委員会で大崎の地区の在宅当番医制として行っているところでございます。御質問内容が小児科が大変であるということでございます。実は、この診療科につきましては、内科系と外科系の2つで回しておりまして、小児科の部分の区分としては、改めて持ってございません。 もっと読む
2017-02-27 大崎市議会 平成29年度 予算特別委員会(2月)-02月27日−02号 また、現場の確認はこれは必要だということで、雪解け後に行いたいと思っておりますが、今問題となっておりますものは一般の廃棄物ということで、家庭に持ち帰れば分別して普通にごみとして出せるもの、ただし業者の場合ですと業務用のごみということになりますので、産業廃棄物扱いになりますので、管轄としては保健所の管轄になるということで、保健所のほうにも相談しまして、現地のほうは一緒に確認をさせていただきたいと思っております もっと読む