45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2016-03-04 平成28年度 予算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2016-03-04

229: ◯教育長  竜の口渓谷は高い崖の地層観察することができ、また沢の底で約500万年前に仙台平野が海だったことを示す古代貝類やクジラなど多くの化石を見つけることができる学術的に貴重な場であると認識しております。 230: ◯相沢和紀委員  500万年前の地層があるということでございます。

大河原町議会 2014-03-01 平成26年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

全国的には8割というぐあいに言われていたもののプラス1割というようなことで、その辺については農地面積仙台平野とかですかね、そういったところでの面積のほうが多うございます。なので、ああいったところはもうどんどん基盤整備が進んで担い手への集約化というのがこう進んでいくんだろうなと。

仙台市議会 2013-09-13 平成25年第3回定例会(第6日目) 本文 2013-09-13

仙台平野に広がる水田とそこに浮かぶ居久根集落は、杜の都を構成する大切な景観であり、環境資源であります。仙台市の東部沿岸に位置する田園集落は、津波によって壊滅的な被害を受けたわけでありますが、東部沿岸地域の最大の魅力は豊かな自然環境であります。田園と居久根のある伝統的な風景、海岸林や貞山堀は長い歴史をかけて形づくられてきました。復興には、これらの再生を通じてまちづくりを考えることが不可欠であります。

仙台市議会 2013-05-09 権限と財源のあり方調査特別委員会 本文 2013-05-09

最後に、仙台の役割ということについてですが、私自身、十数年、仙台都市圏で暮らさせていただき、それからその後も大学その他の関係で折に触れこちらにお伺いしていて、やはりこの仙台平野の中心部分で一つの都市圏というのが成立をしているということについて、これはもう大方の皆さん方の御意見は同じだろうというふうに思っています。

仙台市議会 2013-04-19 経済環境協議会 本文 2013-04-19

19: ◯庄司あかり委員  米、麦、大豆、相当程度の影響があり、特に、仙台平野の本当に大事な食料品であります米について大きな影響があるということですけれども、国に配慮をしていただきたいというふうに御答弁いただきましたが、どういう配慮を求めていかれるのか伺います。 20: ◯農林部長  国に対する配慮でございますが、私どものほうの農業生産額の約4割を占めるのが米でございます。

仙台市議会 2013-02-20 平成25年第1回定例会(第2日目) 本文 2013-02-20

方針では、沿岸部の幹線道路をかさ上げする、また、避難道路も整備することになっておりますが、この地域仙台平野の中心を占める田園地帯であり、食料生産の重要な基地であります。であるがゆえに、早期に道路のかさ上げを実現させ、食料生産に向け、安心して農業に従事できるよう取り組まなければと思います。この具体的な見通しについて、お尋ねいたします。  

仙台市議会 2012-09-28 平成23年度 決算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2012-09-28

213: ◯花木則彰委員  もう少しシミュレーションの中身についてお話をしたいと思うんですが、つまり、今回のシミュレーションというのは、仙台について見れば、仙台平野というこういった地形から言うと、余り南でも、あるいは北でも、発生源は余り変わりないというか、今回発生したところが一番ひどいということで、このデータでいいんだということなんだと思うんです。

仙台市議会 2012-09-14 平成24年第3回定例会(第5日目) 本文 2012-09-14

しかし、昔からあって、この仙台平野の叙情をつくってきた居久根を再生するという意味では、もう少し力を込めて検討すべきですし、この再生プロジェクトにも、きちっと居久根の再生ということが書かれているわけでありますから、この件について、単に事業費がどうのこうのではなくて、もう少し力を入れて検討していただきたい。そのことを求めて質問いたします。

岩沼市議会 2012-09-10 平成24年第6回定例会(2日目) 本文 2012.09.10

そうした中で、検討委員会の中では、特に仙台平野全体ではありますが、岩沼で言いますと玉浦地区の特色である居久根とか、そういったものを少しでも生かしたいということでありまして、これにつきましては具体的にどのような居久根にしたらいいのかとか、あるいはまた、これまでの居久根というのは御承知のとおり北風・西風よけだったわけでありますが、今回例えば津波とかなんかそういったものをよけるんだとすれば、どちらかといいますと

仙台市議会 2012-06-20 総務財政委員会 本文 2012-06-20

2枚目の方は、そのさらに南側にあります井土浦川といって、貞山堀の井土浦のところから西側に向かって流れている川で、ほとんど仙台平野、六郷地区の雨水を集水するというか、そういう役目の堀です。その下も同じ井土浦川で、住宅と隣接したその部分を写したものです。  同じく3枚目の上の方も井土浦川にかかる橋の、南側と北側というふうなことで見ていただければと思います。  

仙台市議会 2012-06-19 平成24年第2回定例会(第6日目) 本文 2012-06-19

仙台市内東部地区の海岸線は、仙台平野にも面しているため高台がありません。そのため、今後の復興プロジェクトの中で、県道塩釜亘理線のかさ上げ、また、防潮堤建設も行われるとのことです。しかし、突発的に来るやもわからない津波に対し、逃げ場が全くないのは、住民の方々はもちろん、海岸部の公園遊びに来ている市民の方々にとって不安は拭い切れません。  

仙台市議会 2012-03-13 平成24年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2012-03-13

次に、震災後の活動の特色についてでございますけれども、被災しましたさまざまな歴史的資料のレスキュー活動を行いますとともに、仙台平野におけます地震やあるいは津波歴史とレスキュー活動の成果をまとめました震災パネル展を開催したことなどが挙げられるところでございます。  

仙台市議会 2012-02-28 平成24年第1回定例会(第6日目) 本文 2012-02-28

ビジターセンターからの仙台平野の南東部を一望できる眺望につきましては、南入り口の地盤高さとパーク・アンド・ライド駐車場屋上の高さを同じとし、眺望を極力損ねない設計にいたしますとともに、パーク・アンド・ライド駐車場の屋上には十分な広さの緑化スペースを確保いたし、そこから眺望を堪能できますよう配慮してまいる考えでございます。  以上でございます。

仙台市議会 2012-01-20 市民教育委員会 本文 2012-01-20

博物館では仙台平野歴史地震津波をテーマにパネル展示を行い、その内容をパンフレットにまとめて配付をしております。また、科学館でも東北大学仙台管区気象台海洋研究開発機構などの専門機関より資料の提供を受けて、ガイドツアーつきの地震パネル展を実施いたしました。これらのパネルは学校市民センター等に貸し出しを行い、活用されているところでございます。  

仙台市議会 2011-06-21 平成23年第2回定例会(第4日目) 本文 2011-06-21

歩いてみればだれもがわかることは、仙台平野の平地は豊かな地質で農作によく適した土壌であることであります。畑作によし、水田によし、申し分のない土壌であるが、工場立地となるとそれでは通らない。砂壌土が深く、ふだんでも地震の揺れが大きく、いざとなれば液状化現象建築物が傾くなど、取り返しのつかない被害が発生する。深井戸で水を大量にくみ上げたため地盤沈下を起こし、付近一帯に被害を与えたことも記憶に新しい。

仙台市議会 2011-06-17 平成23年第2回定例会(第2日目) 本文 2011-06-17

建物の耐震化などこれまで進めてきました防災対策の多くは確かに機能したわけでありますが、しかし、千年以上前に仙台平野に大きな被害をもたらした貞観地震を初め、一七九三年の寛政地震など過去にマグニチュード八クラスの地震も数回発生していることを踏まえた津波被害を想定した対策については、我が会派の一般質問でも池田議員からあると思いますが、避難のあり方の見直しが必要である、そういった提言も行ってきたものであります