運営者 Bitlet 姉妹サービス
1414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日 だとしたら、なおさらに学習意欲や学習態度が積極的になり子供たちの人間形成、人間関係にとっても効果的であることが実証されている小さな学校、小さなクラス運営にかじを切るべきではないでしょうか。  新年度まで3カ月余の時期になって議会への説明もなく、強引に統廃合を進め、地域の対立を先鋭化させる教育委員会の進め方は到底受け入れることはできません。   もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 さっき言ったとおり、子鹿でもあり、大きい鹿であり、イノシシであり、いろいろな動物が、わながこれぐらいですから人間が足を踏み入れることはまずないと思いますけれども、半分生きた鹿等をとどめを刺して殺して、軽トラに積んでいって穴に埋めるという作業は、ちょっと過酷な作業に思えます。   もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 生徒は「無気力」「不安」に加え、「学校における人間関係に課題を抱えている」が挙げられております。  不登校の要因としては、児童・生徒ともに主として、いじめを除く友人関係をめぐる問題、学業不振、家庭に係る状況が挙げられます。   もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 そういうふうにして職員の意識というものは改革をしつつあって、またこれは少し離れるように見えるかもしれませんけれども、東急ホテルズに行った人間が、間もなく8人目が行きますけれども、ここの場でもお話をしましたけれども、先回りした気配りをするということを学んできてほしいということで、そのように個人個人はなりつつあります。   もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 東北生活文化大学の出前授業ですが、中心的な役割を担っている南中学校の校長は、芸術教科は人間の感性を高めるだけでなく、学習意欲を向上させる教科という認識を持っておりまして、平成29年度、仙台向山高校校長による特別授業を高校との連携という形で研究実践してきたところです。   もっと読む
2018-12-13 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月13日 生活面では、児童・生徒相互の人間関係が深まりやすい。異学年間の縦の交流が生まれやすい。生徒一人一人に目が届きやすく、きめ細やかな生活指導が行いやすい。また、学校運営面、財政面では、全職員間の意思疎通が図りやすく、相互の連携が密になりやすい。学校が一体となって活動しやすい。また、施設・設備の利用時間等の調整がしやすいなどが挙げられます。以上でございます。 もっと読む
2018-12-12 白石市議会 平成30年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.12.12 これは、人間ドッグ費用助成事業に不足が見込まれるために増額いたそうとするものであります。  8款諸支出金1項償還金及び還付加算金5目償還金23節償還金利子及び割引料に151万円を計上いたしております。これは、平成29年度高額医療費共同事業負担金の額の確定に伴い、超過分を返還するため増額いたそうとするものであります。  以上が国民健康保険特別会計の主な補正予算でございます。   もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 小さな学校、小さなクラスほど、学習意欲や学習態度が積極的になり、子供たちの人間形成、人間関係にとっても効果的であることがもう既に実証されている。世界保健機構は、1つの学校の単位を100人規模以下にしなさいと。1つのクラスにすると、16人ですよ。こういう考え方を、もっと気仙沼市教育委員会が受け入れたらいいのではないですか。いかがでしょうか。 ◎議長(菅原清喜君) 教育長齋藤益男君。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 人間は、体や精神が疲れると冷静な決断ができないと思っています。そういうこともひっくるめて、これは市長にお願いするしかないですけれども、棚卸しという点では、協力すればほかの部局の仕事がふえると思っていただかないで、効果的に仕事をシェアすれば、学校の子供たちに好影響を与えると思っていただいて、ぜひ議論していただきたいなと思っています。   もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 インターネット依存については、厚生労働省の研究によると、「ネットに夢中になっていると感じる」「予定よりも長時間使用する」「ネットのせいで人間関係などを台なしにした、またはしそうになった」など、インターネット依存に関する8項目の質問に5個以上当てはまる人を、インターネットの病的使用と位置づけております。 もっと読む
2018-09-03 白石市議会 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.09.03 まず、第1章「豊かな感性と人間性を育み、伝統文化を継承するまちづくり」では、市内小中学校に任期つき教員を採用し、1学級35人以下の少人数学級を実施することにより、きめ細やかな教育活動を推進するとともに、市独自に小学校全学年を対象とした学力調査を引き続き実施し、教育効果の向上と学力の全体的な底上げに努めました。   もっと読む
2018-06-20 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年06月20日 開通して1年というのは、商売をする人間にとっては勝負だと思うんです。それを、県事業あるいは市の事業のおくれから、みすみすその機会を逃すわけです。これは、その1年で建設資金その他を回収できる期間だと思うんですが、それがなくなるわけです。本当に大きなことだと思うんです。これから1年、混乱の中で物販施設もない島に来て、リピーターとしてまた来るかというと、非常に難しいものがあると思うんです。 もっと読む
2018-06-19 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月19日 小さな学校では、良好な人間関係を結ぶ力や他人を思いやる心、規範意識やモラルなど、社会性は育たないのでしょうか。豊かな人間関係を育むことは、小さな学校ではできないと、気仙沼市教育委員会では繰り返してきましたが、公文書改ざんや虚偽答弁書を作成した財務省の官僚は、小さな学校の出身者なのでしょうか。  通告した最初の質問は、子育て支援の視点から、義務教育環境整備計画について伺うものであります。   もっと読む
2018-06-18 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月18日 ある意味徹底的に住民の皆さんが参加できる環境を、行政が置かれた人間を使って環境づくりをしていると。そのことが非常に私としては心に残っておりまして、そこにすぐいけるわけではありませんけれども、例えば先ほどの答弁の中で言えば、第2次総合計画において市民が100人以上参加したと言いましたけれども、市の職員も20人ぐらい参加しているんですね。この人たちは、市民の対等としての立場。 もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 このことから、人材育成基本方針を早期に策定し、ダイバーシティーの確保や個人の潜在能力の発掘など、戦略的な人材育成を推進し、市民に寄り添う人間力あふれる職員を育てることで、スリムながらも柔軟かつ筋肉質な行政体へと転換を図ってまいります。   もっと読む
2018-05-08 石巻市議会 平成30年 第1回 臨時会-05月08日−議案説明・質疑・討論・採決−01号 したがって、市長自身が決めるに際しても、市の意思決定機関という意思決定の過程においては、プロセスにおいては、市長はさまざまな人間から意見を聞いて、そして熟慮の上、市長判断というふうなことでございますので、先ほど石巻市が決めたということではなくて、市長そのものは石巻市の代表する機関ですから、市長という機関ですから、市長が石巻市の代表者として決めたということは、これは法律的にそのようになりますので、御理解 もっと読む
2018-03-16 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月16日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−11号 私は、システムは補助的な道具であり、基本は職員の経験から培う人間力、行動力が大事だと思います。サイレンなどは、時報に合わせて職員が手動でスイッチを押せば済むことなのであります。庁議を初め、市政運営に当たり、システムではなく、市民、議会、職員とのスクラムが大切だと私は常々思っています。市長、いかがですか。 ◎亀山紘市長 お答えいたします。   もっと読む
2018-03-15 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月15日−一般質問−10号 我々の判断材料としては、今回の汚染稲わらの処分によって得られる400ベクレルの値というのは極めて微量な、人間に与える影響から考えると、年間を通せば年間その400ベクレルの場所にいれば、確かにミリシーベルトまでいきますけれども、1日当たりでいくと4.2マイクロシーベルトという値となりますので、そういう意味では人間に対する影響はないというふうに判断しておりますけれども、今後専門家にもその辺の知見は聞いていきたいというふうに もっと読む
2018-03-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号 また、浄化槽は微生物の力で機能するもので、人間の体調が日々変化するように、浄化槽の状況も同じように日々変化します。それに合わせて必要な調整や機器のメンテナンス、消毒剤の補充や清掃等を行わなければならないというようなことでございますので、御理解をお願いいたします。 ◆13番(渡辺拓朗議員) それはわかるのです。ですから、その内容が余りにも密度が濃い状況があるのでないかなと思っているのです。 もっと読む
2018-03-12 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月12日−一般質問−07号 一般的に人口減少のような社会課題を押しつけられると、責任は持てないと引いてしまうのが人間のさがですので、やらされ仕事ではなくて、やらなければ損と思ってもらえることが重要だし、単なるマンパワーとしてではなくて、モチベーションを持って進めていってもらうということは、これは財政効果以上の地域力になるのだろうというふうに思っています。   もっと読む