運営者 Bitlet 姉妹サービス
1894件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 角田市議会 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21 債権放棄は債権放棄として、せっかく篤志家とか寄附者が人材育成のために使ってくださいと、こういうことになれば、債権放棄はそれはやらなければいけない。しかし、それの穴埋めとしてはやはり新年度においてこの条例に基づいて基金に積み立てていくということで、寄附者やこういう方々をしていただいたものをやはり尊重して人材育成のためにやっていくというのが非常に大切かと思うんです。 もっと読む
2018-12-20 角田市議会 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20 しかしながら、角田のまちの観光というとやはり郷土資料館、台山公園ということ、郊外では高蔵寺があって、道の駅ができて、そして、鳩原の毘沙門さん、もっとほかにもあるんですけれども、そういうことで拠点的な観光、それを大きく大きな観光ということに進めていくためには、やはり拠点的な整備、人材の配置というものがどうしても必要になってきますので、随時、やっぱり一番欠けていると言われていた角田の観光、それを少し大きく もっと読む
2018-12-19 白石市議会 平成30年第433回定例会(第5号) 本文 開催日:2018.12.19 現在、超高齢化を迎える中で、介護の人材確保、離職防止対策は喫緊の課題となっております。  これまで政府は、数次にわたって人材確保対策として処遇改善を実施してきました。しかし、平成29年度介護従事者処遇状況等調査では、給与表の改定を行った事業所は2割にとどまっており、現行の処遇改善策だけでは介護従事者全体の賃金水準を引き上げる効果は不十分となっていることが結果となってあらわれております。 もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 しかしながら、平成27年度から29年度の3年間の第6期介護保険事業計画期間においては、小規模特別養護老人ホームや介護付有料老人ホームの整備が、4カ所の計画に対し2カ所の実績と、計画の5割にとどまっており、介護人材の不足などを背景に施設整備が進まない状況となっております。   もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 御指摘のとおりでありまして、人材の育成、技術の継承は大変重要なことであると考えております。また、国による財政支援、特に老朽管の更新事業の補助要件の拡充につきまして、宮城県市長会を通じて国へ要望しているところであります。今後の進むべき方向性についてでありますが、人口減少などによる水道料金収入の減少や老朽管更新事業などの費用の増加により、水道事業を取り巻く環境は厳しいものがあります。 もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 そういった意味では、新たな仕事場ということで、私は近隣と言ったのは、県境を越えての、岩手県の市の部分でありますので、そういうところに優秀な人材が行くということについて心配しています。  その辺も含めて、対応をきちんとしてほしいなと思います。 もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 水道事業は極めて公共的な事業ですが、水需要の減少、施設の老朽化、人材不足等の今後ますます厳しくなる経営環境の中、持続可能な水道事業とするためには、経営基盤の強化が必要であり、民間のノウハウも最大限生かしながら対処していかなければならないと思われ、そのための水道法改正であると認識をしております。   もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 そのため、これまで経営人材の育成、女性やシニア層、高校生、若者などのまちづくり人材の育成に力を注ぐとともに、市各種計画策定におけるワークショップなどを通じて、参加者相互が交流する機会を創出し、まちの進むべきベクトル、将来像の共有化に努めてきたところであり、まち大学構想の中核をなすものであります。   もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 使途についてはいろいろなことが言われていますが、間伐や路網といった森林整備に加えて、森林整備を促進するための人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発に充てなければならないとなっております。  平成36年度からは、個人に対して住民税が均等割で課税されます。本市も私有林面積も多いと思いますので、災害防止の観点からも今後の対応を注視していきたいと思っております。   もっと読む
2018-12-12 白石市議会 平成30年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.12.12 これは、平成31年度採用職員について、まだ予定していた人材が確保できていないことから、これから追加採用試験を実施するために職員採用試験委託料を補正いたそうとするものでございます。  同じく6目財産管理費15節工事請負費に181万1,000円を計上いたしております。 もっと読む
2018-12-11 白石市議会 平成30年第433回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.12.11 平成27年度の介護保険法改正以降、国が推し進める介護予防は、広く地域全体で取り組むことができるものへと変わってきており、本市におきましても、介護予防普及啓発事業や介護予防に関する指導的役割を担う人材を養成し、地域において活躍していただき、住民の通いの場を充実していくよう取り組む地域介護予防活動支援事業などを展開しているところでございます。 もっと読む
2018-12-07 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年12月07日 次に、地方創生の取り組みについては、技術革新や市場環境の変化などを背景に、変革を迫られる経営者を支援し、より一層の産業振興を促すため、次の時代を担う若手経営者向けの人材育成プログラムを展開しており、平成25年度から28年度までの経営未来塾に引き続き、昨年度からは有限責任監査法人トーマツの協力のもと、気仙沼経営人材育成塾を開催しております。 もっと読む
2018-12-04 角田市議会 平成30年第395回定例会(第1号) 本文 2018-12-04 向学心のある優秀な学生であって、経済的な理由で修学が困難な者に奨学金を貸し付け、有能な人材を育成する角田市育英会の理念にのっとり、角田市奨学金貸付条例に基づく奨学金の貸し付け等に要する経費に充てるため、基金を設置する旨を規定しております。  第2条は、積み立てに関する規定であります。基金に積み立てる額は予算で定める額の範囲内の額と規定するものであります。  第3条は、管理に関する規定であります。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 その背景として、日本において2020年度までに37万人もの人材が不足するという。地域活性化のためにも、産業就労につながるIT人材を育成することは、本町においても重要な取り組みであると考える。以下、質問いたします。  未来の学びコンソーシアムのサイトにおいて、小学校プログラム教育の円滑な実施に向けた工程が示されている。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文 次の負担金補助及び交付金につきましては、2つとも農業次世代人材投資事業補助金及びみやぎ仙南農業協同組合災害対策緊急資金利子補給金の2つとも対象者、申請者がなかったということの減額でございます。  続きまして、6目農地費でございます。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 157:◯町長(齋 清志君) ◯町長(齋 清志君) 人材についてのコメントについては控えさせていただきたいというふうに思いますけれども、いずれ法人化に向けて具体的な歩みを求めてまいりたいというふうに考えております。その流れに沿って、例えば、インターネット販売にどう取り組むのか、具体的な仕事量がさまざまに見えてくると思います。 もっと読む
2018-09-28 角田市議会 平成30年第394回定例会(第5号) 本文 2018-09-28 総務省、第三セクター等のあり方に関する研究会報告書には、「地方公共団体は、第三セクター等の役職員の選任については、職務権限や責任にふさわしい人材を民間を含めて広く求め、民間の経営ノウハウを含めた適切な知見を有する人材が積極的に登用されることに努めることが必要である。 もっと読む
2018-09-27 角田市議会 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27 シルバー人材センターでも取り組んでおりますし、それが地域に広まっていく、老人クラブとして、地域の例えば畑を借りて、そこで何らかの農作物を生産、販売していくというような取り組みなんかも考えられると思うんですよね。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 一方、本市が実施している人材育成事業では、女性を対象とした事業を初め、若者やシニア層等を対象とした事業においても、多くの女性が受講し、卒業後は地域やまちづくり活動、さらには起業するなど、活躍されており、昨年実施した第2次総合計画市民ワークショップでも女性の参加者が多く見られたところであります。   もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 また、平成28年1月には、県、本市、南三陸町、気仙沼介護サービス法人連絡協議会、ハローワーク気仙沼が参画する気仙沼圏域介護人材確保協議会が設立され、毎年度、新入職者を対象とした合同入職式や就職3年以内の若手職員の交流会を開催するとともに、合同就職説明会の実施などにより、新人職員の離職防止と人材確保などに取り組んでおります。   もっと読む