運営者 Bitlet 姉妹サービス
561件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 2)元気な高齢者が多いことはありがたく、高齢者というくくりも見直さなければならないと思うほどでございますが、一方で大小問わず交通事故が多いのもこの年代の方々でもございます。一定年齢以上の方々に運転免許証の返納を促すも、またその一方では高齢者の交通手段が充実されていないという矛盾もあり、高齢者の生活の足をどう考えるかは喫緊の課題かと思うのですがいかがでしょうか。   もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 あそこは頻繁に交通事故が起きる場所ですよ。だから、日門の地区で交通事故と、ああ、そこだなと、みんながすぐわかるわけですね、交通渋滞していたと。  ですから、この機会という表現は悪いけれども、機会に直してほしいなと思うのでね。ぜひその辺を、地元の要望をかなえると。地元の方々は、私はむちゃ、無理は言っていないと思うんですね。これは正直言って、本吉町時代以来の懸案の場所でもあったんですよ。 もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 今回の事案を受けまして、庁内に対しまして、「飲酒運転撲滅及び交通事故防止について」ということで通知文書を1つ出してございます。その中に、1つにつきましては、「飲酒運転は重大な事故につながる極めて悪質な違法行為であり」ということで、飲酒運転撲滅も含めて、自覚を持って飲酒運転防止のための行動をとっていただきたいということをまず1つ述べてございます。   もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 市街地の道路が整備され、交通事故が増加することを踏まえ、私も改めて宮城県警察本部並びに気仙沼警察署交通課へ早期設置について申し入れを行ってまいりました。特に優先する箇所につきましては、事故の発生の危険性や安全な交通誘導などの見識を踏まえ、気仙沼警察署にお願いをしているところです。 もっと読む
2018-09-07 白石市議会 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.09.07 ◯管野恭子委員 成果等に関する説明書の11ページなんですけれども、交通安全活動の状況の中で、平成29年は件数がちょっと多くなっておりますが、この中で高齢者と言われる方々が、車もしくは交通事故にカウントされるものに運転とかをして起こしている件数が何件あるのか。  それからもう一つ、自転車事故はこのうち何件なのかお伺いいたします。 もっと読む
2018-06-20 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年06月20日 1、交通渋滞、交通事故が多発すると考えられます。市は、その対策をどのように考えているのか、具体策を尋ねます。  2、盗難、密漁、ごみの不法投棄の対策を市はどのように考えているのかを尋ねます。 ◎議長(菅原清喜君) 17番熊谷雅裕君の質問に対し、当局の答弁を求めます。市長菅原 茂君。 ◎市長(菅原 茂君) 気仙沼大島大橋の開通後の対策についてお答えいたします。   もっと読む
2018-03-16 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月16日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−11号 整備不良の車であることを注意されていながら運転をし、事故を起こした交通事故加害者が、車があるから悪いのだとメーカーにかけ合うようなお話です。自覚が足りません。  第3に、多様な専門家の知見を石巻市の市政に生かすこと、この視点の欠落がある点です。担当部の説明は、多様な意見、見解がある学者、専門家の方々の一方の側だけの意見に寄っていることも明らかになりました。   もっと読む
2018-03-06 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第7日) 本文 開催日:2018年03月06日 交通事故ですと損害賠償責任ではいっぱいそれこそありますから、事故発生した状況だけ届ければ、その段階で過失割合はすぐ判断、出されてくるというのが今実態だと思うんですね。ただ、今回のような事例はそんなにいっぱい事故があるわけでないので、今いろいろな説明されましたが、それが今回の事故事例にどれだけ当てはまるかということの前例が過去の部分が当てはまるかというと、簡単な話ではないと思うんですよ。 もっと読む
2018-02-22 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号 (2)、ニホンジカの内陸部への進出が進み、各地で交通事故や農林業への被害が報告されております。毎年のように捕獲活動を強めておりますが、一旦生息域を拡大したニホンジカの捕獲は容易ではなく、人との知恵比べの様相を呈してきております。農林業への対策を行うとのことでありますが、その具体について伺います。  (3)、新たな行政課題として、一般廃棄物最終処分場の建設とのことでございます。 もっと読む
2018-02-15 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年02月15日 市道の部分についてはそれなりにちゃんとしていますけれども、病院についてちょっと不十分ではないかという思いがしていますので、そこについてもぜひ全体として協議して、道路標識といいますか、矢印は大分ふえてきたんですけれども、それでも戸惑うような状況になっておりますので、しっかりとした対応を、交通事故が出ないような立場で配慮する必要があるのではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。 もっと読む
2017-12-22 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月22日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 ◆2番(髙橋憲悦議員) 稲井地区では、鹿の被害が大変深刻な問題であり、農業のみならず、林業、交通事故、鹿に寄生するヤマヒル等の環境被害など、のどかな稲井地区の市民生活を脅かしております。早急に市として所管する産業部の問題にとどめず、市役所全庁一丸となって対応していただきたいと思います。  環境部長、復興政策部長、そして市長の所見を伺います。 もっと読む
2017-12-20 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月20日−一般質問−05号 高齢者への交通安全の啓発といたしましては、交通安全母の会による高齢者交通安全ふれあい訪問事業として、高齢者世帯を訪問し、LEDライト、反射材の活用などによる交通事故防止の指導を行っております。  今後も継続した交通安全教室の開催を初め、交通安全意識の啓発を図り、交通死亡事故ゼロを実現したいと考えておりますので、御理解を賜りたいと存じます。 もっと読む
2017-12-19 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月19日−一般質問−04号 3点目は、全国的に高齢者の運転による交通事故がふえております。事故を未然に防ぐために運転免許を返納していただくという方法がありますが、当事者にとってメリットがなければなかなか進むものではありません。当市ではどのような取り組みがされているか、以上3点を伺います。 ◎庄司勝彦福祉部長 私から、高齢者の生活についてお答えします。   もっと読む
2017-12-19 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年12月19日 また、隣の山形県でも平成20年3月、鶴岡市で中学生3人が保護者会の主催する野球練習会へ移動する際、保護者が運転する乗用車で交通事故に遭い、1人の中学生が死亡するという痛ましい事故が発生しました。  このことを受けて、山形県中学校長会や同県PTA連合会などから各中学校長宛てに生徒の移動については、公的機関を利用すること。保護者の自家用車には他の生徒は同乗させないこと。 もっと読む
2017-12-18 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月18日−一般質問−03号 年末年始が来るということですから、私心配事が去年のような交通事故とか飲酒の問題とか、こういうことが起きなければいいなと思っているのですが、そういう点についての対応はどういうふうになっているかお伺いします。 ◎和泉博章総務部長 お答えいたします。   もっと読む
2017-12-12 石巻市議会 平成29年  環境教育委員会-12月12日−07号 ◎佐々木貞義教育総務課長 交通事故等、その辺につきましては、安全に通学できる体制ということで今お話あったように、ルールづくりとかその辺の交通安全に配慮した形での送迎というのは、今後検討していかなければというふうに考えてございます。 ○櫻田誠子委員長 ほかにございませんか。           〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○櫻田誠子委員長 それでは、これより委員相互の自由討議に入ります。   もっと読む
2017-10-05 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月05日−06号 そのためか何かわかりませんが、やっぱり市民の交通事故への意識が薄められ、だんだんと行事、講習会などに市民が集まって勉強するという機会が少なくなりました。これも広報の減ではないかと思いますので、できるならこういう昔の、合併以前のような形で春と秋の交通安全をやりたいものと思いますがいかがなものか、これも御返答お願いいたします。  最後、鳥獣による農林業被害防止対策についてです。   もっと読む
2017-10-03 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月03日−04号 小学校6年生まで、水の事故だとか交通事故で亡くなる人よりも、この種の病気で亡くなる人ははるかに多いのです。そういう人を何とか助けたいと思って始まったのがこの骨髄バンクでございます。  そういうことで、提供者をドナーと言いますが、ドナーがずっと無報酬で、大体4日入院しなければならないのです。検査に1日、取るのに1日、あと2日休んでいただく、それで4日入院しなければいけないのです。 もっと読む
2017-09-15 石巻市議会 平成29年  産業建設委員会-09月15日−04号 最近は、いつもそうなのですけれども、あそこの雄勝の交差点、信号機のところでもつい2週間前にも子鹿が交通事故でそのまま置かれていた状態も私も確認しているのですけれども、その捕獲方法というものは、今現在、猟銃だけで多くやっているのか、その辺、ちょっと詳しく教えていただきたいのですけれども、どうなのでしょうね。 ◎佐藤一博産業部農林課長兼農業復興推進室長 お答えいたします。   もっと読む
2017-09-13 岩沼市議会 平成29年第3回定例会(4日目) 本文 2017.09.13 市民経済部長(菅井秀一)70歳にした理由につきましてはですね、まず、高齢者の交通事故の動向、70歳以上の方が事故当事者となる状況が非常に多く見られる。それから、現在の市民バスの料金の減免、2分の1に減免してますけれども、それを70歳以上というふうにしております。ということで、無料パスを今回70歳以上というふうに設定しております。   もっと読む