195件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美里町議会 2018-09-01 平成30年度9月会議(第2号) 本文

平成28年9月の私の一般質問において、町長は国際交流協会とウィノナ市との交流は本町の強みであり、これをしっかりと生かす方策を考え、若い人をバックアップする体制を構築し、国際化時代に対応した人づくりなどしっかり検討していくとありました。  また、翌年29年3月の一般質問で町長は、中学生の交換留学も含めて英語教育の充実など、教育委員会と検討したい。

大崎市議会 2018-06-27 平成30年 第2回定例会(6月)-06月27日−06号

また、都市交流事業では、市の姉妹都市、友好都市のほか、国際交流協会が交流している都市との都市交流事業を支援し、間接的に人材育成に取り組んでおります。人材は市の一番の宝であり、未来へ続く「宝の都(くに)・大崎」の実現に向けて、今後も人材育成にしっかり取り組んでまいりたいと考えております。  

栗原市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年06月12日

また、市内に在住する外国人生活支援目的に、市国際交流協会及び国際交流員の協力のもと、栗原市生活ガイドブックを作成いたしました。  このガイドブックは、英語中国語、韓国語日本語の4カ国語版があり、栗原市国際交流協会などを通じて、市内在住の外国人へ配布するほか、市公式ウェブサイトへの掲載、さらには各総合支所窓口に配置し、外国人の転入時などに提供してまいりたいと思います。  

大崎市議会 2018-01-24 平成30年  産業常任委員会-01月24日−01号

@からCまで4つの事業を挙げておりますが、特にBの国際交流協会などへの拡充支援につきましては、青少年海外派遣に係る補助制度について、最少人数の制限を撤廃、対象経費の上限の引き上げを行うなど、青少年育成に重点を置いた内容に見直しを行い、事業を推進することとしております。  次に、教育旅行・グリーンツーリズム推進事業でございます。  

大崎市議会 2017-12-18 平成29年 第4回定例会(12月)-12月18日−04号

あわせまして、年明けに予定をしております三本木国際交流協会アメリカへの交流事業というおただしがございました。この今回の補助金の見直しにつきましては、実は新年度、30年度のほうから実施をしたいというふうに考えております。と申しますのも、ことし8月に鳴子国際交流協会ドイツへの派遣事業を行っております。

美里町議会 2017-09-01 平成29年度9月会議(第4号) 本文

続きましては、80ページの国際交流事業におきましては、美里町国際交流協会20周年記念事業補助金としまして200万円を支出しております。財団法人自治総合センターの補助金を活用し、昨年12月にウィノナ市民訪問団の招聘事業を実施しております。  続きまして、82ページ、住宅取得支援事業につきまして申し上げます。

大崎市議会 2017-08-30 平成29年  総務常任委員会-08月30日−01号

小牛田の海外国際交流事業は国際交流協会主体でやっておりますけれども、やっぱり美里町のほうから人材育成基金としてかなりの額をいただいているものをもとに20回国際交流やっているようでありまして、約3分の2補助しているのですよね。今度行く子供たちの事前研修をこの間やったということを聞きましたので、ぜひ進めていってほしいなと、こう思います。  

大崎市議会 2017-06-21 平成29年 第2回定例会(6月)-06月21日−03号

こちらの補正のお願いでございますけれども、こちらは鳴子の国際交流協会が8月9日から25日までドイツのほうに国際交流の親善団を送るという補助金の経費となってございます。 ○議長(門間忠君) 佐藤弘樹議員。 ◆5番(佐藤弘樹君) 済みません、三本木のダブリンのほうは当初のほうにございますので、観光交流課のほうだったのですね。  そのドイツのほうというのは、なぜドイツに行く必要があるのでしょうか。

大崎市議会 2017-06-05 平成29年  産業常任委員会-06月05日−01号

あと、この③番でありますけれども、国際交流協会などの支援ということで記されてございます。こちらのほう、本6月議会のほうに補正予算のほうで要求させていただく予定となっておりますけれども、鳴子温泉地域にあります国際交流協会が対象を大崎市全域に呼びかけまして、ドイツのほうに派遣する経費のほうを補正予算で要求させていただく予定となってございます。  次のページをごらんいただきたいというふうに思います。  

栗原市議会 2017-03-02 平成29年予算特別委員会 本文 開催日:2017年03月02日

国際交流協会補助金でありますが、90万になっていますが、しばらくこの予算は変わらなかったと思っておりますが、多分外国から来た方は相当数ふえていると思います。この国際交流協会でやっている事業の内容ですね、それと人数とどれぐらい比較してふえているか、その2点まずお聞きいたします。

大崎市議会 2017-02-02 平成29年  産業常任委員会-02月02日−01号

まず、国内交流事業でございますが、横浜港南区ひまわり交流協会と三本木ひまわり交流協会の民間交流を支援するものでございまして、双方交互に訪問交流を行っているところでございます。29年度につきましては、大崎市の小学生、4年生から6年生約20名を募りまして、港南区のほうへ訪問して交流を図ってまいりたいと思っております。

栗原市議会 2016-12-19 平成28年総務常任委員会 本文 開催日:2016年12月19日

そのため平成27年11月26日に、両国の民間レベルである日本側の公益財団法人交流協会台湾側の亜東関係協会との間で、二重課税の回避や脱税防止を盛り込んだ租税の取り決めがなされ、この民間団体による日台租税協定の内容を国家間の合意である租税条約と同様の効果を持たせるため、外国人等の国際運輸業に係る所得に対する相互主義による所得税等の非課税に関する法律の題名を、外国居住者等の所得に対する相互主義による所得税等

大崎市議会 2016-12-19 平成28年 第4回定例会(12月)-12月19日−03号

また、鳴子国際交流協会が主催している日独青少年相互交流事業でも、青少年の派遣受け入れを継続し、交流を深めております。  しかしながら、これらの交流事業に当たりましては、児童生徒数の減少、あるいは学校行事や部活などの関係で事業を行うことが困難な状況も見受けられている一面もございます。

岩沼市議会 2016-12-12 平成28年第5回定例会(2日目) 本文 2016.12.12

また、1日には先ほどの修学旅行の視察団がやってきまして、社団法人の台南市対日友好交流協会の郭理事長は日本文化も非常に詳しくて、茶道の礼儀その他も非常にわかっておりまして、校長先生たちに率先して通訳を通さずに説明されておりました。せっかく岩沼市に来ていただいて、そこまで好意を示してもらっているところだけにでも行ってみてはいかがかなと思います。

大河原町議会 2016-12-01 平成28年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文

現在、日本につきましては台湾を国として認めていない、地域として認めているという立場でございますので、租税条約を結べないということとなりますので、これを日本台湾の民間窓口機関であります日本側の公益財団法人交流協会台湾側の亜東関係協会という窓口、民間の窓口同士の協議が調いましたことに伴いまして、このような民間の取り決めの取り結びを国税として承認するというような形になったものでございます。