448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2019-06-26 令和元年第102回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年06月26日

全ての児童生徒に対して確実に指導しなければならない内容を示す学習指導要領においては、「公民的分野」の「1、目標」の(3)に「現代社会的事象について、現代社会に見られる課題の解決を視野に主体的に社会にかかわろうとする態度を養うとともに、多面的・多角的な考察や深い理解を通して涵養される、国民主権を担う公民として、自国を愛し、その平和と繁栄を図ることや、各国が相互に主権を尊重し、各国民協力し合うことの

仙台市議会 2019-04-19 総務財政委員会 本文 2019-04-19

関連して、平成28年に18歳選挙権施行されまして、本市では特に若年層に重点を置いた選挙啓発、主権教育を拡充してきております。ことし行われる選挙の中では、市議会議員選挙投票率が回ごとに低下しているという状況ですので、少しでも投票率を上げられるように、啓発の取り組みと投票環境の向上をしっかりと進めてまいりたいと存じます。  

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2018-09-19

それから、選挙啓発、主権教育につきましては、18歳選挙権施行されて2年目、初めての地方選挙ということで、若者向けの啓発に重点的に取り組んだところでございます。  選挙費の歳出決算額の内訳でございますけれども、まず、選挙管理委員会費が1億4613万9000円、それから選挙啓発費、こちらのほうは181万円、それから市長選挙費ですね、こちらのほうは3億1044万8000円です。

大河原町議会 2018-09-01 平成30年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文

まず、本計画は前長期総合計画で主要コンセプトとしておりました住民主権、住民が主役のまちづくりを継承し、基盤としております。この基盤の上に東日本大震災の経験と教訓、そして近年多発する異常気象による自然災害への対応を踏まえ、住民の生命(いのち)と安全を守る取り組みが町行政基本的使命であることを再確認するとともに、医療介護福祉施策の強化を図り、暮らしの安心が実感できることを目指しております。  

仙台市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日目) 本文 2018-06-15

本市では、生徒たちが主権者として社会の中で自立し、他者と連携、協働しながら、社会を生き抜く力を育む主権教育に取り組んでいるところでございます。  今後は、法の趣旨を踏まえ、生徒たちが政治分野における男女共同参画についても理解を深められるよう努めてまいります。  次に、児童生徒がケアを担うことにより、欠席等の原因となることについてでございます。  

大河原町議会 2018-06-01 平成30年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文

主な学習内容は、小学校では日本国憲法国家の理想や天皇地位国民としての権利義務などの国家国民生活の基本を定めていることや、日本の民主政治日本国憲法基本的な考えに基づき、三権分立により成り立っていること、国民主権の考えのもとに国や地方公共団体政治は、国民生活の安定と向上を図る働きをしていることなどを学びます。  

白石市議会 2018-03-07 平成30年第430回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-03-07

少子高齢化人口減少社会を迎える中で、日本の未来をつくり、担う存在である10代をより早く政治に参画させることで主体的に政治にかかわる若者をふやしていく方針で、これまで以上に早い時期から体系的な主権教育を行うことを求めております。また、先月には高校指導要領改定案で、公民の必修科目に「公共」を新設して、主権教育に注力することを公表しました。  

栗原市議会 2017-12-05 平成29年第6回定例会(第1号) 本文 開催日:2017年12月05日

条例制定後においては、定期的に検証を行い、議会改革推進会議、議会モニターや議会サポーターなどの新たな制度を導入し、議会の権能を最大限に発揮することに努めながら、主権者である住民を常に意識した議会活動を展開しております。  一方、本市議会では平成23年12月に議会基本条例を制定し、その後条例目的が達成されているかなどの具体的な検証が実行されないまま現在に至っております。

大河原町議会 2017-12-01 平成29年第5回定例会(12月会議)(第2号) 本文

また、住民満足度調査、中学生未来会議、そして、先月実施いたしました地区別懇談会でいただきましたご意見や町の課題等につきまして、計画策定の指針としております、1つ目の住民自治、住民主権、2つ目の「生命(いのち)と安全を守る」、そして、3つ目の大河原らしい人口減少への挑戦の3つのまちづくりコンセプトに沿って計画に取り入れるために整理と調整を進めているところでございます。  

気仙沼市議会 2017-09-25 平成29年第92回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年09月25日

それは、いつでも言う住民対話、住民主権の中でやっているんですから。  ただ問題は、先ほど委員会の話が出ましたね。私は趣旨採択に対して、実は御案内のとおり、議長に対して動議を出しまして、趣旨採択に対する、ちょっと同じ採択でも、趣旨採択はよくないから、すぐに採択してけねかと動議を出して、そのとき多数決をとって、たしか3人差で……14対8か。

岩沼市議会 2017-06-21 平成29年第2回定例会(4日目) 本文 2017.06.21

住民主権という形で行政は運営してきているわけですから当然なんですが、住民のニーズも本当に変わりますし、住民の方々に提供する福祉関連事業でもどんどん変わってきます。財源も思うように入ってきていないという部分がありまして、いろいろ財政的な負担がどんどんのしかかってきているというのも現実でございます。

栗原市議会 2017-06-20 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年06月20日

今こそ憲法基本理念であります平和主義基本的人権国民主権政治にまた日々の暮らしに生かすべきであると考えます。  そこで、1、安倍政権の憲法9条の改正の動きについてどのように感じておられますか。  2、市の平和行政平和教育の現状と今後の取り組みについてお伺いをいたします。  大綱3、公共施設等総合管理計画についてであります。  

美里町議会 2017-06-01 平成29年度6月会議(第1号) 本文

教育勅語」は、国民が「臣民」とされた時代の教えであり、戦後できた日本国憲法国民主権です。よって、国民主権憲法とは相入れません。  そこで、伺います。  答弁書には、教育勅語授業で使う場合、憲法教育基本法に反しているか否かは「学校の設置者や教育委員会において判断されるべきもの」とし、反していた場合は「学校の設置者や教育委員会において適切に対応すべきだ」とありますが、考えを伺います。  

大河原町議会 2017-06-01 平成29年第3回定例会(6月会議)(第3号) 本文

それから町民の声にしっかりと耳を傾けず、住民主権地方主権改革に逆行する政治姿勢も明らかになりました。そこで再質問を行います。  5月9日、一斉焼却に反対する放射能汚染廃棄物の焼却を考える県南の会は町長に要望を提出いたしました。その際、県南の会の長谷川会長は化学的なこと、専門的なことをしっかり研究した上で答えてもらいたいという発言がありました。環境省安全性を疑問視する多くの論文があります。

角田市議会 2017-03-21 平成29年第386回定例会(第6号) 本文 2017-03-21

よって、国においては、JA組織が自主・自立の協同組合組織として、組合員が運営権を持つ組合主権組織であり、組織としての経営判断は尊重されるべきであることを十分に踏まえ、地域農業地域経済の発展に資する農業・農協改革となるよう、今後は慎重に対応するよう要望します。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。