196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2020-03-03 03月03日-04号

24番  氏家善男君        25番  山村康治君   26番  木内知子君        27番  小沢和悦君   28番  佐藤 勝君        29番  氷室勝好君   30番  佐藤和好君5 欠席議員(なし)6 欠員(1名)    7番7 説明員   市長        伊藤康志君    副市長       高橋英文君   副市長       三保木悦幸君   病院事業管理者   並木健二君

大崎市議会 2020-02-19 02月19日-03号

25番  山村康治君        26番  木内知子君   27番  小沢和悦君        28番  佐藤 勝君   29番  氷室勝好君        30番  佐藤和好君5 欠席議員(1名)    9番  佐藤講英君6 欠員(1名)    7番7 説明員   市長        伊藤康志君    副市長       高橋英文君   副市長       三保木悦幸君   病院事業管理者   並木健二君

大崎市議会 2020-02-18 02月18日-02号

25番  山村康治君        26番  木内知子君   27番  小沢和悦君        28番  佐藤 勝君   29番  氷室勝好君        30番  佐藤和好君5 欠席議員(1名)   20番  相澤孝弘君6 欠員(1名)    7番7 説明員   市長        伊藤康志君    副市長       高橋英文君   副市長       三保木悦幸君   病院事業管理者   並木健二君

大崎市議会 2020-02-14 02月14日-01号

24番  氏家善男君        25番  山村康治君   26番  木内知子君        27番  小沢和悦君   28番  佐藤 勝君        29番  氷室勝好君   30番  佐藤和好君5 欠席議員(なし)6 欠員(1名)    7番7 説明員   市長        伊藤康志君    副市長       高橋英文君   副市長       三保木悦幸君   病院事業管理者   並木健二君

大崎市議会 2019-12-20 12月20日-08号

24番  氏家善男君        25番  山村康治君   26番  木内知子君        27番  小沢和悦君   28番  佐藤 勝君        29番  氷室勝好君5 欠席議員(1名)   30番  佐藤和好君6 欠員(1名)    7番7 説明員   市長        伊藤康志君    副市長       高橋英文君   副市長       三保木悦幸君   病院事業管理者   並木健二君

大崎市議会 2019-12-06 12月06日-01号

25番  山村康治君        26番  木内知子君   27番  小沢和悦君        28番  佐藤 勝君   29番  氷室勝好君5 欠席議員(2名)    8番  八木吉夫君        30番  佐藤和好君6 欠員(1名)    7番7 説明員   市長        伊藤康志君    副市長       高橋英文君   副市長       三保木悦幸君   病院事業管理者   並木健二君

大崎市議会 2019-10-04 10月04日-07号

24番  氏家善男君        25番  山村康治君   26番  木内知子君        27番  小沢和悦君   28番  佐藤 勝君        29番  氷室勝好君   30番  佐藤和好君5 欠席議員(なし)6 欠員(1名)    7番7 説明員   市長        伊藤康志君    副市長       高橋英文君   副市長       三保木悦幸君   病院事業管理者   並木健二君

仙台市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会(第6日目) 本文 2019-10-02

仙台市にとって街路樹は、杜の都を構成する重要な要素であり、青葉通、定禅寺通のケヤキ並木や広瀬通のイチョウ並木の例を出すまでもなく、市民が自分の宝物のように大切に考えている共有財産であります。もちろん老木化に伴う倒木の危険や、以前も指摘した根上がりの問題もありますので、長い目で見て適切に管理し、更新していくことも必要となります。  

仙台市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会(第6日目) 本文 2019-10-02

仙台市にとって街路樹は、杜の都を構成する重要な要素であり、青葉通、定禅寺通のケヤキ並木や広瀬通のイチョウ並木の例を出すまでもなく、市民が自分の宝物のように大切に考えている共有財産であります。もちろん老木化に伴う倒木の危険や、以前も指摘した根上がりの問題もありますので、長い目で見て適切に管理し、更新していくことも必要となります。