448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2020-03-13 令和2年第401回定例会(第5号) 本文 2020-03-13

そういった意味では、情報発信、高校生とか中学生ともワークショップをやりましたが、いろいろ情報発信なんかもして、角田のことをいろいろ宣伝していきたいんだという、そういった生徒からも意見をもらっておりますので、ぜひ、やはりそういった角田駅にも設置すべきと思いますが、この点について考えを伺います。

角田市議会 2020-03-11 令和2年第401回定例会(第4号) 本文 2020-03-11

本来、今年度の議会報告会は従来の懇談会形式からワークショップ形式で行うこととし、その目的は、広い年代の市民の皆様と豊かなコミュニケーションをとりながら、地域の課題に対してともに解決方法を探り、議会政策提案につなげるというものでありました。しかしながら、台風第19号によってもたらされた甚大な被害を鑑み、従来の懇談会形式で市民の皆様の御意見、御要望を伺うこととして実施いたしました。  

栗原市議会 2020-03-04 令和2年予算特別委員会 本文 開催日:2020年03月04日

また、その委員会のほかにその下にワークショップも設置させていただくこととしまして、令和2年度にあっては2回から4回程度ワークショップを重ねながら、こちらの策定検討委員会で協議を行いながら、栗原市が目指すべき方向性を指針となる観光振興ビジョンを策定しようと考えているところでございます。

気仙沼市議会 2020-02-28 令和2年第107回定例会(第7日) 本文 開催日:2020年02月28日

県において、陸閘等を設置する際に地区住民や関係者に随時説明会を実施し、操作や避難方法などの周知をしているところでありますが、市といたしましても陸閘等の閉鎖後に防潮堤の海側から安全な場所に円滑な避難行動ができるよう、防災講座や防災ワークショップなどの機会を捉え、避難経路を確認する津波避難訓練を行うよう促してまいります。  

仙台市議会 2020-02-27 令和2年度 予算等審査特別委員会(第4日目) 本文 2020-02-27

例えば、仮称遊び場づくり子供会議など、そういったワークショップや意見を表出する機会をつくるなどしながら、一緒に遊び場を考えていくことができれば、市民協働仙台らしいいい遊び場ができるのではないかと考えております。施政方針の中でも、子どもたちが健やかに成長し、自らの能力をいかんなく発揮できる仙台づくりを進めていくということでありますので、どうぞ市長の御見解をお伺いいたします。

仙台市議会 2020-02-27 令和2年度 予算等審査特別委員会(第4日目) 本文 2020-02-27

例えば、仮称遊び場づくり子供会議など、そういったワークショップや意見を表出する機会をつくるなどしながら、一緒に遊び場を考えていくことができれば、市民協働仙台らしいいい遊び場ができるのではないかと考えております。施政方針の中でも、子どもたちが健やかに成長し、自らの能力をいかんなく発揮できる仙台づくりを進めていくということでありますので、どうぞ市長の御見解をお伺いいたします。

仙台市議会 2020-02-25 令和2年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2020-02-25

また、飲食に関する経費について、研修会を行う講師等へのお茶などは補助対象として認めておりますが、地域が開催するイベントや、ワークショップ後の懇親会などでの経費も補助対象として認めてほしいという御要望などもあったところでございます。 205: ◯高見のり子委員  私もそういった声を伺っております。領収書が、必ず宛て名が書いていないもので書いてなければ、コピー代や印刷代なども認められないのですね。

仙台市議会 2020-02-25 令和2年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2020-02-25

また、飲食に関する経費について、研修会を行う講師等へのお茶などは補助対象として認めておりますが、地域が開催するイベントや、ワークショップ後の懇親会などでの経費も補助対象として認めてほしいという御要望などもあったところでございます。 205: ◯高見のり子委員  私もそういった声を伺っております。領収書が、必ず宛て名が書いていないもので書いてなければ、コピー代や印刷代なども認められないのですね。

気仙沼市議会 2020-02-20 令和2年第107回定例会(第4日) 本文 開催日:2020年02月20日

ちょうど市長の子育てのミーティングの前だったと思いますが、市議会において議会報告会を、いわゆるワークショップ形式でやった際も、参加したお母さん方から、「なかなかこういうことを議員さんたちと言う機会もないし」ということで、我々のやった結果ですけれども、「いや、こういうふうに話せるなら、市長が今度やると言っているから、そっちにも行って、やっぱり言いたいこと言わないとね」なんていうことにもなりましたので、

仙台市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第6日目) 本文 2020-02-20

その内容は、気象庁日本気象予報士協会の支援を受け、大雨被害の対処法という名称で、気象予報士という天候のプロを招いてワークショップ形式での実践の訓練を行いました。  このように、住民がみずから考え、早目に準備を行う取り組みは重要であります。住民の自助力向上と災害時要配慮者対策には、さらに高齢化が進んでいる本市の実情から、住民の気づきこそ重要なテーマであります。  

仙台市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第6日目) 本文 2020-02-20

その内容は、気象庁日本気象予報士協会の支援を受け、大雨被害の対処法という名称で、気象予報士という天候のプロを招いてワークショップ形式での実践の訓練を行いました。  このように、住民がみずから考え、早目に準備を行う取り組みは重要であります。住民の自助力向上と災害時要配慮者対策には、さらに高齢化が進んでいる本市の実情から、住民の気づきこそ重要なテーマであります。  

大崎市議会 2020-02-19 02月19日-03号

これからの志田谷地地区のまちづくりにつきましては、地区の住民皆様の意向を最大限に生かすため、広い世代層や地元企業などとのさまざまな立場からの住民参加によるワークショップなどを重ねながら、安全で住みよい住民皆様と一体となった協働によるまちづくりを目指してまいります。 

栗原市議会 2020-02-19 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年02月19日

次に、市民の新たな公園整備についての受けとめ方についてでありますが、中核機能地域の整備の基本構想は、市内全地区の若手起業家や農業者などから参画をいただいた若者ワークショップや、市内各種団体代表などで構成する市民等検討会議で意見等を伺ったほか、総合計画に関するアンケート結果や、高校生のアイデアから生活創造拠点のエリアにおいては、10地区が集える公園として、市民のニーズを捉え、広場公園機能などを導入

大崎市議会 2020-02-18 02月18日-02号

今後は研修会の実施や職員同士のワークショップなど意見交換の場を設け、職員全体のICTやIoTに関する理解を高め、新たな時代に対応できる職員育成するよう努めてまいります。 次に、大綱6点目、新年度予算編成と財政健全化についてですが、議員から新年度予算を一言で例えればとお尋ねがございました。なかなか一言では言い切れませんが、あえて一言で整理いたしますと課題完遂予算としたいと思います。

栗原市議会 2020-02-12 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年02月12日

広聴広報活動の特徴として、各種団体とのワークショップ形式での懇談会を行い、市民の本音を聞くことができて、非常に効果的でありました。若年層の意見や市民のより細かい意見を集め、懇談会での意見は議会だよりに特集記事として掲載し、効果的な広聴広報活動を可能としています。  次に訪問した岩手県久慈市の議会だよりは、「かだってタイムズ」として発行され、市民参加型を強く意識した議会広報となっていました。