運営者 Bitlet 姉妹サービス
868件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日 ◎総務課長(鈴木哲則君) 繰り返しになるかもしれませんが、市といたしましてと申しますか、まず法律の規定といたしましては、今、御質問にございましたとおり土地を買った場合、そこに隠れた瑕疵があったとき、買ったほうか売ったほうか、どちらが負担、責任、リスクを負うかということであると思います。 もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 面会時間については、旧病院と同様、患者さんの安静保持や感染リスクを避けるため、診療上の理由から設定しているものでありますが、時間帯や長さなど適正な面会時間について、11月20日に行った患者満足度調査の質問項目としておりますので、その結果をもとに検討していくこととしております。   もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 また、医学や高齢者福祉などのエキスパートが集まるJAGESというものがあるそうですけれども、これは日本老年学的評価研究機構でありますが、現在調査中の研究では、何と図書館が近くにある人は要介護リスクが低いというデータがあるとのことです。図書館長、よく聞いてくださいね。   もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 なお、指定避難所全体の見直しについては、現在、基礎資料とするための施設調査を行っており、各施設の資機材などの保有状況、立地条件や災害リスクなどを整理した台帳を本年度内に作成することとしております。  また、指定避難所のほか、地域の避難所として活用可能な施設の調査も行っており、これらの検討を踏まえ、平成31年度に気仙沼市防災会議に諮り、指定の見直しを行う予定としております。   もっと読む
2018-12-13 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月13日 次に、4の事業計画ですが、(1)管理業務の内容、1)運営方針につきましては、震災の記憶や教訓を後世と災害リスクの高い地域に伝え、防災・減災の知恵や復旧・復興の経験をもとに学びの場を提供するとともに、多様な交流を促進する拠点とするとしております。   もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 全日本に同じようなリスクがあるのではないか。結果そうなっているのではないかということを関係大臣等にお話をしてきた経緯があります。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 無償で譲渡するということなのかどうかと、それからリスクが大きいという話ですが、それは校舎のほうは活用する案が今のところ全くないということなんでしょうか。 ◎議長(菅原清喜君) 教育部長金野政義君。 ◎教育部長(金野政義君) お答えいたします。  校舎も含めた全体の譲渡は無償であるか有償であるかということは、明言はございませんでした。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 次に、避難所の適切な運用について、市長の施政方針並びに第2次総合計画の中に「復興事業により整備された施設の活用を含め、エリアや災害リスク、さらには避難者に配慮した指定の見直しを行う」とありますが、具体的にどのように行うのか、見直しのプロセスと進捗状況を市長にお伺いします。   もっと読む
2018-06-20 白石市議会 平成30年第431回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.06.20 指針は、部活動の長時間化による生徒の負傷リスクを避ける狙いがあり、また多忙な教員の働き方改革につながることを見込んでおります。  学期中は1日の活動時間を平日2時間、休日3時間程度までとして、週2日以上の休養を設けること。週末が大会で休めない場合は、ほかの日に休養日を振りかえること。長期休暇の際には、長いオフシーズンを設けることも求めております。 もっと読む
2018-06-19 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月19日 ◎20番(小野寺俊朗君) 女性もポイントが高かったということでございまして、この高ストレスの職員は、心身の健康にリスクが高い状況にあると考えます。鬱病発症リスク等も考えられることから、早期の対処が必要と考えます。委託業者である方と連携して、高ストレス者に対してのアプローチする手法も検討してみてはどうなのかなと思うんですが、検討してみてはどうかということについて伺いたいと思います。 もっと読む
2018-06-18 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月18日 また、過日、知事が女川町のホタテガイ養殖の現場を視察し、県漁協の検査において、貝柱から貝毒が検出されなかったことを踏まえ、出荷時の一部規制基準の見直しやへい死リスクを減らす取り組みへの財政支援を検討する旨を伝えておりますことから、本市といたしましても県及び県漁協と連携し、情報の共有化を図りながら、地域の主要な漁業種であるホタテガイ養殖の安定化に努めてまいります。   もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 なお、避難所の適切な運用を図るため、復興事業により整備された施設の活用を含め、エリアや災害リスク、さらには避難者に配慮した指定の見直しを行うとともに、必要に応じた資機材等の整備により、避難所の環境整備と機能向上を図ってまいります。   もっと読む
2018-05-08 石巻市議会 平成30年 第1回 臨時会-05月08日−議案説明・質疑・討論・採決−01号 では、大綱3、リスクについてに移らせていただきますが、(1)、今回の上告について決めたのは市長なのか、あるいは庁議などの意思決定機関の結果なのか、1点お聞かせください。  (2)、「上告するにせよ、しないにせよ、リスクがある」と市長は発言しておられますが、それぞれのリスクについてどのような認識でいるのかお聞かせください。 ◎亀山紘市長 リスクについてお答えいたします。   もっと読む
2018-03-16 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月16日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−11号 庁議にかけずに議題となった問題に、孤軍奮闘して、福田生活環境部長が背負うリスクを皆さん考えてみてください。福田生活環境部長が気の毒でなりません。庁議メンバーが多方面から情報と対策を議論し、サポートしながら市の重要な施策を推し進めるべきであります。この問題は、とてもとても一人の部長で対応できる問題ではないと思います。 もっと読む
2018-03-15 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月15日−一般質問−10号 ④、低平地造成工事によって災害リスクが高まっているのではないか。  ⑤、女川牡鹿線と大原浜仲通りとの接合点冠水リスクについて。  ⑥、県道2号線及び女川牡鹿線の接合点が高台にかわることによる旧道の管理について。  6点、お願いいたします。 もっと読む
2018-03-13 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−08号 なお、現在進めている施設整備においては、適正な飼育が可能となる飼育池の整備を進めており、疾病の発生リスクとストレスを低減し、健康な種苗を生産、放流することにより、回帰率の向上を図ってまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-03-08 石巻市議会 平成30年  議会運営委員会-03月08日−03号 通知書へのマイナンバー記載は、そもそも給料から住民税を天引きして納付する手続において不要である上、この取り扱いについては、①個人情報の自己コントロール権などを侵害し、憲法に違反する問題、②特別徴収義務者(事業者)に重い負担を負わせ、経営を圧迫する問題、③マイナンバー漏えいリスクが高まり、コストもふえる問題があることから、1つ目として、住民税の特別徴収税額の通知、提供に当たり、書面、電子媒体等を問わず もっと読む
2018-03-06 石巻市議会 平成30年  保健福祉委員会-03月06日−01号 自殺総合対策の基本方針といたしましては、生きることの包括的な支援が必要だよということで、社会全体としての自殺のリスクを低下させるというふうな重点施策もございます。それを背景といたしまして、当市におきましても今後、全庁的な体制をとってこの自殺対策を推進していければというふうに考えております。 ○阿部正春委員長 ほかに御質疑ございませんか。 もっと読む
2018-03-05 石巻市議会 平成30年  環境教育委員会-03月05日−01号 その中でいわゆるあえてレントゲンを撮るリスクという部分で、お医者さんなのですけれどもリスクという表現していましたけれども、レントゲンであってもやはりリスクがあると。 もっと読む
2018-03-02 石巻市議会 平成30年  総務企画委員会-03月02日−01号 ちょっとした油断や事務ミスが市民の方からの信頼を失いかねないということを、繰り返し研修などそういったところを通じまして当局でも対策を講じて、職員に周知徹底、リスク管理の意識づけをさせる必要があるというふうに考えてございます。 ◆山口荘一郎委員 危機管理の欠如ということで今答弁がありまして、対策を講じていくということでございました。 もっと読む