2397件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年02月20日

13番(沼倉猛議員) この件についてもう一点お聞きしますけれども、私は850人の方々を30人で、短期間であれ対応するのは非常に大変だろうと思うんですけれども、地元の例えばボランティア団体であるとか、それからさまざまありますよね。既成の団体が。そうした団体などにも支援といいますか、避難者に対する支援の要請なんていうのはする計画はないんですか。

栗原市議会 2020-02-12 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年02月12日

審査の結果、グランプリは自治会行事に参加できない方々の参加を促すため、民家の庭先での出前ガーデンサロンの開催が評価された金成地区の沢辺上自治会が、準グランプリは世代間のコミュニケーション不足解消のためのPTA・自治会合同事業や男性ボランティアの会による未舗装生活道路への砂利敷の取り組みが評価されました若柳並柳自治会が、優秀賞は栗駒地区の菱沼自治会と猿飛来下自治会が受賞をいたしました。

白石市議会 2019-12-18 令和元年第438回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-12-18

関係人口の拡大に向けた事業の検討ということで、これから総合計画並びに総合戦略の具体的な検討になっていって、その中で決まるということになると思いますが、現時点で考えられ得る事業といたしましては、各種の情報発信に加え、地域におけるボランティア活動や地域イベントの参加、自然体験や農業体験、若者世代を対象としたインターンシップなどのファンづくりや、都会と都市の2地域を目指した副業、兼業の紹介、サテライトオフィス

気仙沼市議会 2019-12-18 令和元年第105回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年12月18日

この取り組みは大変有意義なものと考えますので、今後、自治会学校消防団社会福祉議会ボランティア団体などを対象とした防災意見交換会や防災ワークショップなどの機会を捉え、階上、鹿折地区の組織の取り組みを紹介させていただきながら、防災委員会結成の促進を図ってまいります。

栗原市議会 2019-12-17 令和元年第5回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年12月17日

現行の定数26人は、現在の3常任委員会、各調査特別委員会の設置と活動、また、人口規模や町並み形成、地域の広さなど、栗原市の特性を考慮したとき、議員は若者から高齢者、女性、障害者ボランティア、各種市民団体等から幅広く選任されることが望ましく、広く門戸は開放しておくべきと思います。  そういう立場から、現状維持とすべきであり、定数の削減は行うべきではありません。よって反対でございます。  

角田市議会 2019-12-17 令和元年第400回定例会(第3号) 本文 2019-12-17

これは、災害対策本部としても何とかこの道路情報をつかみたいということで、いろんなことをしてきたわけでありますが、ボランティア活動で災害時に情報収集していただきます伊具建友会、土木の事業所の方々からの報告をいただきましたし、行政区長に職員から電話をさせていただいて状況の把握をしてみました。

白石市議会 2019-12-17 令和元年第438回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-17

学校地域がともに協働して子供たちを育てるコミュニティスクールということを来年4月から導入するということは先ほど答弁したところですけれども、地域の方々との連携をより一層深め、地域の方についてはボランティアとしての協力をお願いしたいと考えております。  地域外の方につきましては、ほかの学校と同様に、講師謝礼等を予算化して要望していきたいと考えております。

角田市議会 2019-12-12 令和元年第400回定例会(第2号) 本文 2019-12-12

社会教育法改正、2008年の改正のときにこの方が国会参考人として呼ばれて、学習成果の活用論のもと住民がボランティア活動に動員される危惧を表明したということが書いてあるわけです。つまり、市民の自主的、自発的意志が大事なんだというところを語っているわけですね。国もそこは押さえておかないとだめだと、こう附帯決議でも言っているわけです。  

気仙沼市議会 2019-12-12 令和元年第105回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月12日

第3条は組織についてであり、第1項で委員20人以内で組織する旨を、第2項で地域住民組織に属する者や市民団体またはボランティア団体に属する者などから、市長が委員を委嘱、任命する旨、規定するものであります。  第4条は任期についてであり、委員の任期は2年とするものであります。  第5条は委員長及び副委員長について規定するものであります。  7ページをごらん願います。  

栗原市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月12日

また、花山地区では、高齢者等の雪かき困難な世帯には栗原市社会福祉議会が主宰し、ボランティアが除雪を行う寝雪バスターズ事業が行われておりますけれども、近年降雪量が少なくなってきており、昨年度の実績はございませんでした。  市では、自助・共助、さらに近助の支え合いのほか、こうした支援制度を活用し、補完し合いながら除雪をお願いしているところでございます。  

栗原市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月11日

教育長(佐藤新一) 今いろいろな高校で地域へのボランティアということで、高校生 が小学生を相手に授業というか、勉強を教えたりとか、そういうことをしていますので、その延長で中学生に教えるということも可能だと思いますので、今後検討してまいりたいと思います。以上です。

美里町議会 2019-11-01 令和元年度11月会議(第1号) 本文

特別職の厳格化に伴いまして、特別職として整理してきた職で法改正後に一般職として整理された会計年度任用職員となる部分として、消費生活相談員、さらに特別職という位置づけではなく有償ボランティアといった形でお願いするものとして、今回整理いたしましたスポーツ普及員及び消費生活モニター、現在選任しておらず、近い将来も選任する予定がない社会教育指導員、企業誘致推進専門員、国際交流員について、本表から削除するものでございます

仙台市議会 2019-10-18 平成30年度 決算・一般会計補正予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-10-18

ボランティアから有償の仕事、また働く時間についても、個々に合ったサポートが必要ですけれども、庁内連携やNPOなどとの協働も大切です。御所見を伺います。 256: ◯保護自立支援課長  本市では、自立相談支援や就労準備支援につきまして、仙台市生活自立・仕事相談センター、わんすてっぷを設置して、実施しているところでございます。  

気仙沼市議会 2019-09-26 令和元年第104回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年09月26日

そして、ほとんどボランティアというか無償で、市の土地であろうが、県の土地であろうが、本当にきれいにしているわけで、それが夏に2回行われましたか、一斉清掃のときなんかも顕著にあらわれるわけなんだけれども、ここにもやっぱり人口減少といいますか高齢化の波が如実にあらわれておりまして、これまではできていたんだけれども、なかなかできなくなってきているんだというのが現状なわけなんです。

気仙沼市議会 2019-09-25 令和元年第104回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月25日

3)少子化の中、陸前高田市のように、教育委員会小学校環境整備などを手伝う有償ボランティアを募集して成果を上げている例もありますが、本市でも学校の維持・管理、放課後活動にボランティアを募集する考えはありませんか。 ◎議長(菅原清喜君) 1番今川 悟君の質問に対し、当局の答弁を求めます。