12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

栗原市議会 2017-12-19 平成29年第6回定例会(第6号) 本文 開催日:2017年12月19日

しかしながら、事実上の核保有国であるインドパキスタンイスラエルは未加盟、北朝鮮は一方的に脱退した経緯があります。  ここで、SIPRI発表の世界主要国の軍事費2016を見ておきます。その額は1位アメリカ、GDP2,000兆円、軍事費70兆円。2位中国、24.1兆円。3位ロシア、以下サウジアラビアインドフランス6.2兆円、7位イギリス5.2兆円、8位日本で5.1兆円となっています。  

角田市議会 2016-06-30 平成28年第383回定例会(第5号) 本文 2016-06-30

核兵器   禁止条約交渉開始を求める非同盟諸国やマレーシア決議に、ASEAN全加盟国をはじめ、中国、北朝鮮、   インドパキスタンが賛成していることを踏まえ、アジアにおいて核兵器全面禁止の新たな対話と協力を求め   るため、イニシアチブを発揮すること。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。   

岩沼市議会 2016-06-23 平成28年第3回定例会(5日目) 本文 2016.06.23

3 核兵器全面禁止条約交渉開始を求める非同盟諸国やマレーシア決議に、ASEAN全加盟   国を初め、中国、北朝鮮インドパキスタンが賛成していることを踏まえ、アジアにおいて   核兵器全面禁止の新たな対話と協力を開くイニシアチブを発揮すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。     

大崎市議会 2010-12-14 平成22年 第4回定例会(12月)-12月14日−03号

例えば、ボタンはパキスタンとか服地はモーリシャスとか、何かそういうビジネスを既に20年近く前からやっているのだ。そういう波が今来ていると思います。そういうのを乗り越えていく、農業の分野も。そういう時代を乗り越えるためにも、やはり地域農業をきちっと強くしておかないと私はだめだなというふうに思っておりますので、ぜひこういう、今度は振りかえてやるということでございますが、ぜひお願いしたいと思います。  

栗原市議会 2010-03-10 平成22年第1回定例会(第8号) 本文 開催日:2010年03月10日

核兵器は世界に2万発以上が今なお存在していると言われ、アメリカロシアイギリスフランス中国の核保有5カ国に加え、核拡散防止条約未加盟のインドパキスタン核兵器を保有し、核兵器開発につながるウラン濃縮を進めるイラン核実験を強行した北朝鮮など、危険な状況が続いていると認識しているところであります。  このような中で、我が国は被爆65年を迎えます。

白石市議会 2010-03-02 平成22年第385回定例会(第5号) 本文 開催日:2010-03-02

米国、ロシア、英国、フランス中国の核保有5カ国に加え、NPT未加盟のイン ド、パキスタン核兵器を保有し、さらに事実上の保有国であるイスラエル、核兵 器開発につながるウランを濃縮・拡大するイラン核実験をした北朝鮮の動向など は核不拡散体制を大きく揺るがしている。  

栗原市議会 2009-06-30 平成21年第5回定例会(第6号) 本文 開催日:2009年06月30日

それと、今はまさに意に反しまして中国インドパキスタン、北朝鮮、核の脅威が拡散されまして、非常に脅威が強くなってきた。何のために行っているのかわかりませんが、きょうも大分自衛隊が隊列を組んで北の方へ行くのを先ほど議会から見ました。何かおっしゃるところによればミサイル防衛のためのということかなという話をする人もありましたので、そうかなという思いで聞きました。  

美里町議会 2006-10-26 平成18年第8回臨時会(第1号) 本文 2006-10-26

朝鮮だから核実験がだめだということではないと思いますが、アメリカ中国パキスタンインドロシア等々核実験を行っている、そういったものに対しても一応基本的には非難する立場でこの決議案が提案されたのかどうか、それだけ1点確認させてください。 ◯議長(沼津敬太郎君) 11番相澤議員

仙台市議会 2005-09-14 平成17年第3回定例会(第4日目) 本文 2005-09-14

確かにNPT未加入国のインドパキスタンイスラエルなどの核保有国の動きを初め、北朝鮮核兵器保有を表明したこと、イラン核兵器開発の懸念なども大変な問題であります。しかし、最も問題なのは、包括的核実験禁止条約(CTBT)を形骸化しようとする動きや、小型核兵器の開発を進め、自国だけが突出してパワーを持とうとするアメリカ態度こそが問題であります。

  • 1