運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-02-27 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月27日−議案説明・質疑・委員会付託−05号 226ページ、1目保健衛生総務費の4医療対策費では、医療用ウィッグや乳房補正具購入のほか、骨髄バンクドナーへの助成金などとして2億9,523万4,000円を措置しております。  次に、252ページ、4目廃棄物処理施設建設事業費では、次期最終処分場の調査計画策定に要する経費として5,840万円を措置しております。   もっと読む
2018-02-13 石巻市議会 平成30年  議会運営委員会-02月13日−01号 また、その下になりますが、骨髄バンクドナー支援助成金で98万円を措置してございますが、これにつきましては、ドナーとなる方につきましては、移植が可能となった場合でも検査や5日程度の入院が必要となりますことから、ドナーの方の負担軽減を図ることで、骨髄移植とドナー登録の推進を図るものでございます。  なお、1日2万円、それから最大7日間を上限に助成する内容になってございます。   もっと読む
2017-10-03 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月03日−04号 私は、骨髄移植を伴うドナー助成制度の取り組みについてお伺いいたします。  さきの6月の宮城県議会定例会の一般質問で、骨髄移植の提供者、いわゆるドナーに対して宮城県知事はドナーの助成制度として来年度から休業補償をすると、1日2万円を支給したいという答弁をいたしました。最大7日間を上限とした制度を導入すると答弁しておりました。 もっと読む
2017-09-25 角田市議会 平成29年第390回定例会(第4号) 本文 2017-09-25 こうした背景には、ドナーが骨髄等の提供に必要な検査・入院等で休業した場合に経済的な補填がないことや勤務先の理解が得にくいこと、健康不安を感じる年代のドナーがふえていることなどが挙げられています。一人でも多くの患者が移植を受けられるようにするため、ドナーが安心して骨髄等を提供できる仕組みをつくることが全国的に喫緊の課題となっています。   もっと読む
2016-06-24 石巻市議会 平成28年 第2回 定例会-06月24日−一般質問−06号 それは、ドナーの健康上の問題や一方で検査や移植の際に仕事を休まなければならない場合の休暇を求めるか否かは、ドナーを雇用している事業者ごとに対応が異なるなど、さまざまな要因になると思われます。   もっと読む
2016-06-10 石巻市議会 平成28年 第2回 定例会-目次 遊楽館周辺の有機的活用について  庄 司 慈 明 議員………………………………………………………………………………288   1 被災地ゆえの被災地への発信      ― 熊本地震の被災地へ私たちのなすべきは何か ―   2 待機児童の解消めざし      ― 人口減・少子化社会とどう向き合うのか ―  櫻 田 誠 子 議員………………………………………………………………………………304   1 骨髄ドナー もっと読む
2012-04-17 石巻市議会 平成24年  東日本大震災復興促進特別委員会-04月17日−03号 ◆阿部和芳委員 加えて、私のところに匿名の内部告発するような文書も届いているのですが、これによりますと、藤久が市に工事完了を提出された写真も使い回しとかお話があったのですけれども、実はボランティア団体へドナーから集まったお金をきちっと報告する際に、ボランティアが撮った写真を流用されているというようなことの告発もあるわけですよ。 もっと読む
2011-08-11 石巻市議会 平成23年  保健福祉委員会-08月11日−06号 5月上旬には、日本赤十字社より海外救援金提供者に対するドナー会議におきまして、その支援について特に異議はなく承認されたと、計画は進めるという旨の連絡がございました。 もっと読む
2011-06-24 石巻市議会 平成23年  東日本大震災対策特別委員会-06月24日−03号 しかしながらその中では特に5月9日にドナー会議がありまして、それが1つのポイントというふうなことで、その承認をいただければ進められるというふうな御提案をいただいた中で進んできておりました。 もっと読む
2011-06-24 石巻市議会 平成23年 第3回 臨時会-06月24日−議案説明・質疑・討論・採決−01号 そういったことを実は日本赤十字社医療班の提言を受けた方々に4月25日に計画案を説明いたしまして、そうした中でほぼ了解をしていただきながら、その案を責任者の方から海外の救援金の方々が使用の可否について決めます、5月9日にドナー会議が開催されましたので、その中で提案をしていただいて、ほぼ了承を得られたというふうなことで連絡を事務的にいただいたというふうな経緯がございました。   もっと読む
  • 1