662件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-03-10 令和2年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2020-03-10

69: ◯協働まちづくり推進部長  国では、デジタル社会の早期実現を目指し、その基盤であるマイナンバーカードの普及と利便性の向上等を図ることとしており、その一環としてマイナポイント制度を本年9月から開始するほか、令和3年3月から健康保険証としても利用できるようにするなど用途の拡大を進めております。  

白石市議会 2020-03-05 令和2年第439回定例会(第4号) 本文 開催日:2020-03-05

ICT環境整備がハード面だとして、ソフト面ではデジタル教科書デジタル教材なども、指導体制のあり方として、またその役割を構築するためのICT指導者研修など、民間企業からの支援、協力もいただいて、ハード・ソフト指導体制のトリニティーでさらなる充実との政策パッケージですが、ここで(4)のこのGIGAスクール構想を受けまして、市長と教育長の所見をお伺いいたします。

大崎市議会 2020-03-05 03月05日-05号

さらに、慶應大学の石戸教授、この方も政府のさまざまな審議会デジタル化の審議会に入っている先生でありますけれども、そのような先生のお話を伺ってまいりまして、例えば、かなり表現としては極端かもしれませんけれども、150年前の外科医の先生が今のオペ室に入ったらちんぷんかんぷんで何もできないでしょうと、ただ、国語の先生に関しては、150年前の先生でも何とか授業ができるかもしれないと、それぐらい教育現場というのはなかなかこれまで

栗原市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2020年03月02日

私が質問したいのはこのGIGAスクール構想にかかわる学校ICT環境整備事業ですが、このいわゆる事業目的、事業概要の中で、今後デジタル教科書プログラミン教育の推進を図るとありますが、もう少し具体的にこのデジタル教科書プログラミン教育というのはいかなるものなのか、ある程度わかる範囲内で結構ですので、お教えいただきたいと思います。

大河原町議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

その後、去年の9月に政府のほうからですね、デジタルガバメント会議においてマイナンバーカードの普及促進ということで計画が打ち出されまして、それに伴って動画統合端末1台増設が必要だということで、こちらにつきましては、12月の議会で4万9,000円増額で増設の予算措置をお認めいただいたということになっております。

栗原市議会 2020-02-27 令和2年文教民生常任委員会 本文 開催日:2020年02月27日

これ、要は時計の分だと私は思っていたので、これを機会にデジタル表示でない、例えば必ずしもデジタル表示しなければならないということはないでしょうから、改めて何でしょう、アナログの時計とか、そういうことで保守管理を簡単にするようなこともこれを機会に考えるべきだと思うんですけれども、いかがですか。

白石市議会 2020-02-26 令和2年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2020-02-26

これは現在、アナログで使用している防災行政無線の電波が令和4年11月30日で停止することから、デジタル化に当たり国の緊急防災・減債事業債を活用して、19台の防災行政無線をデジタルMCA無線機に切りかえようとするものでございます。  以上が総務部所管に係る主な予算でございます。  

栗原市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年02月21日

そこから10年たったらば、これでもう「デジタルネイティブ」という世代になりまして、生まれたときからそれがあるのが普通だという時代が20年の間に起こったわけですね。その前までは、そういったものは一切考えられなかったわけです。ただ、非常に速いスピードでそういった技術革新が起こっていると。  「Society5.0」っていうのは、じゃあどんな時代なのか。

気仙沼市議会 2020-02-20 令和2年第107回定例会(第4日) 本文 開催日:2020年02月20日

これらのことから、令和2年度においては、復興事業の総仕上げとしての「復興の完遂」、出生数の増加や、移住・定住促進を含む「人口減少対策の強化」、デジタル手続や事務効率化を進める「行財政改革の推進」を市政運営の軸とし、引き続き人材育成基本とし、市民との対話・共創・協働を進めながら、市民が主役のまちづくりを展開してまいります。  次に、令和2年度の主な施策についてお答えいたします。  

白石市議会 2020-02-19 令和2年第439回定例会(第1号) 本文 開催日:2020-02-19

さらに、現在アナログで使用している防災行政無線の電波が令和4年11月30日で停止することから、デジタル化に当たり、国の「緊急防災減災事業債」を活用して整備を進めます。  加えて、令和元年度の国の補正予算予算化された「防災安全社会資本整備交付金」を活用し、令和2年度への繰越事業として、災害時の避難施設の機能強化を図ることを目的に、市内2つの小学校マンホールトイレを整備します。  

大崎市議会 2020-02-18 02月18日-02号

また、本市では身体障害者手帳所持していない難聴児に対し、医師の意見書に基づき、その言語取得などの社会参加支援として、県と市で基準額の3分の2を助成し、補聴器の購入を支援しており、補聴器の価格は従来のアナログ補聴器からデジタル補聴器が主流となったことにより、機能も格段と向上したことで価格も高くなっており、補聴器が安価な装置でないことも認識し事業を行っております。 

大崎市議会 2019-12-19 12月19日-07号

1990年代にはデジタル方式の第2世代携帯電話デジタル化し、メールが登場したのがこの世代になります。そして、2000年代には世界共通のデジタル方式の第3世代携帯電話写真を撮って送れるようになったのがこの世代であります。そして、静止画から動画へ発展をし、2010年ごろからはLTEの第4世代となり、解像度が高い、つまりきれいな動画がデータ通信できるようになりました。

気仙沼市議会 2019-12-18 令和元年第105回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年12月18日

このアナログ戸別受信機は、電波法の改正により令和4年12月以降使用できなくなることから、今後デジタル戸別受信機に置きかえる必要があります。  デジタル戸別受信機は、1台当たりの価格が現在約6万円であり、現在貸し出しをしているものを置きかえるだけで1億6,000万円弱の予算が必要となります。これが本市の全世帯分となると、約16億円になることから、全世帯への貸し出しは難しいものと考えております。  

気仙沼市議会 2019-12-17 令和元年第105回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月17日

◎9番(秋山善治郎君) 原発事故が起きてしまうと、デジタル機器が使えなくなるんですよ。ですから、今課長が答弁したような形で情報がやりとりできるというのも保証できない。まさに防災無線も使えないかもしれない。そういう中でいち早く市民避難をどうしていくのか。特に、気仙沼市内から6万人全部避難するという行動についても、計画をつくっていかなければならない。

大崎市議会 2019-12-16 12月16日-05号

選考過程における専門委員会の意見につきましては、国が定める学習指導要領や、それから宮城県学校教育の方針と重点、これに沿った内容であることはもちろんのことですが、新しい機能として、例えばQRコードによる動画や音声が再生できるなど、デジタルコンテンツを活用できるものであることや、それから挿絵や写真、グラフなど、児童の理解の助けになるよう適切な配置等の工夫がなされていることなどの意見が出されております。

仙台市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019-12-11

現在は、IoT、AI、ロボティクスなどのデジタルテクノロジーの発展に伴い、モビリティー、医療介護健康食料交通、移動、教育福祉防災減災行政金融といった都市における人々の生活のほぼ全ての領域テクノロジーにより最適化し、イノベーションを通じて都市を丸ごとスマート化することにより、住民の生活の質を向上させることに主眼が置かれています。  

大河原町議会 2019-12-01 令和元年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文

2目上谷団地費15節工事請負費の地上デジタル放送の無線共聴施設光ケーブル移設工事につきましては、上谷見城前団地地上デジタル放送無線共聴施設に支障を来しておりましたNTT電柱の移転に伴い、公聴施設のケーブルを移設するためのものでございます。  9款消防費1項4目水防費11節需用費の消耗品につきましては、水害に備えたA型バリケードを購入するものでございます。