70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2019-09-25 令和元年第104回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月25日

その間に、多分いろいろなテクノロジーというものが発達して、気仙沼市水道のあり方、また唐桑はどうするんだ、本吉はどうするんだということも含めて、トータルの考え方というのができると思いますし、その間に、もしかすると水源が違っているので容易ではありませんけれども、より広域的な事業というものも当然起こってくるんだろうなと思っています。

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

次に、エドテックとは、エデュケーション(教育)とテクノロジー科学技術)をかけ合わせた言葉で、インターネットなどの情報通信技術を活用した教育サービスと言われています。世界各国で第4次産業改革の時代に対応した教育改革が進み、エドテックを軸とする学びの改革が進んでいます。  

仙台市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 2019-06-18

人口減少やテクノロジーの進歩など、社会が大きく変化する中にあっても、未来に向けて仙台が輝き続けるためには、先達によって築き上げられてきたこのまちの歴史文化都市個性、これをしっかりと認識し、そこに立脚したまちづくりを進めることが肝要であると、このように認識をしております。  

仙台市議会 2019-05-21 市民教育協議会 本文 2019-05-21

24: ◯平井みどり委員  コールセンターはある意味人を介してやっていくということですが、今日本に限らず世界中、テクノロジーを使ってやっていこうということであります。同じく、総務省の資料によるもので、平成30年なので若干1年ぐらい前ですが、政令都市に限ってですが、チャットボットによる行政サービスの案内というのを九つの都市でやっているのですね。

仙台市議会 2019-03-06 平成31年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2019-03-06

148: ◯学びの連携推進室長  今後の社会におきましては、テクノロジーの急速な発達により、これまでの教育現場でICTを活用するといった次元にとどまらず、AI等のさまざまな学習ツールの活用や良質で安価な教育コンテンツ等の利用などによる新たな学びの場が生まれることが期待され、このようなシステムを未来の教室と呼んでいると認識してございます。

仙台市議会 2019-02-27 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27

テクノロジーを使って、行政の業務もコンパクトになっていくものと思います。チャットボット、対話をするロボット行政に問い合わせた市民と市役所をつなぐコミュニケーションツールになり得るのではないかと言われています。  将来、私たちの働き方はどうなっていくのでしょうか。最終的には本当に人間が担うべき仕事、言いかえれば人間しかできない仕事だけが残っていくのではないかと考えます。

仙台市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 2019-02-20

テクノロジーの進化と市場規模の拡大により、消費者向けドローンがより手ごろな値段になり、規制対象外となる機体重量二百グラム未満のドローンがふえていけば、より普及に拍車がかかることでありましょう。ダブルドッグイヤーとも言われるドローン業界の進歩の速さを考えると、数年後には一家に一台ドローンが普及するとも言われています。  

気仙沼市議会 2018-12-18 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日

RPAについては、職員がキーボードやマウスを操作して行う定型的で処理時間のかかる単純作業の操作手順をコンピューターに覚えさせ、当該作業を自動化させるソフトウエアであり、導入によって、職員が単純作業や反復作業の業務から解放され、政策的業務に携わる時間が増すことで、住民サービスの向上や働き方改革にもつながる効果が期待されるテクノロジーであると認識しております。  

仙台市議会 2018-09-21 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-21

196: ◯わたなべ拓委員  この事業団の事業員の配置ですけれども、キャリアの特性上、専門性を磨くために一つの部署への長期配置が望ましいと言えるわけですけれども、現状、三、四年の配置が一般的なようですけれども、これもうちょっと長いスパンの配置が必要ではないかと考えるんですが、また同時に、視野を広げ、専門性を向上させるためにも、例えばベンチャーキャピタルであるとか、あるいはテクノロジーライセンシングオフィス

仙台市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 2018-09-13

ITを介護現場に導入し、本当に役立つソリューションを提供しようというケアテック、介護とIT、テクノロジーを融合させて、IT事業者の介護分野への新規事業展開を推進するとともに、介護現場の労働負担の軽減や生産性の向上、高齢者の自立につながるIT製品、サービスの開発支援が注力されています。  

仙台市議会 2018-08-22 地域経済活性化調査特別委員会 本文 2018-08-22

これから来る産業は何かとよく聞かれるので、私はライフサポートテクノロジーだと言っています。我々の生活や健康、命に密着する産業でございます。薬事法の縛りのある厚生労働省の商品だけではありません。もっと広く見て、我々が健康で快適な生活をできるために、新しい技術をどんどん入れていくと。それを田舎からどんどん発信していけば、どこでも売れると思っております。

大河原町議会 2017-12-01 平成29年第5回定例会(12月会議)(第2号) 本文

ICTのCは、コミュニケーション情報伝達技術、Tはテクノロジー、つまり科学技術工業技術、これを称してICTと言います。ICT機器の準備環境は急務であると捉えております。特に、次期学習指導要領では、ICTによる情報活用能力を「言語能力、問題発見・解決能力等」と並ぶ「学習の基盤となる資質・能力」と押さえていることから、その効果検証しながら、着実に配備を進めてまいります。  

大河原町議会 2017-12-01 平成29年第5回定例会(12月会議)(第3号) 本文

日本人代表を務めるスウェーデンのビジネスコンサルタント・MIRAIOFFICE ABが昨年10月4日に発表したフィンテック、すなわちファイナンス・テクノロジー金融技術先進国のスウエーデンのマイナンバー制度によりますと、世界で一番進んだキャッシュレス社会スウエーデンのスウィッシュを支えているのがモバイルバンクIDという個人認証セキュリティアプリとこのアプリを根底で支えているマイナンバー制度であると

仙台市議会 2017-09-22 平成29年第3回定例会(第6日目) 本文 2017-09-22

AI、IoTなどの技術というのは、日々急速な進化を続けておりまして、行政事務の効率化はもとより、複雑化する行政の課題に的確に対応し、また、御指摘のあった都市間の競争に打ち勝つためには、こうしたテクノロジーを先駆的に活用していくことが不可欠となっているわけでございます。  

仙台市議会 2016-10-18 環境・エネルギー政策調査特別委員会 本文 2016-10-18

途中に何かしらのプロセッシング、テクノロジーが入ると、これがいわゆるリサイクルになります。では、製品のリユースというのはどういうものかというと、そのまま使うということであります。部品というのはそのうちの全部ではないけれども、部品をもう一回使うということなので、製品設計するときに非常に考えないといけないというのが、この部品のリユースの部分になります。