32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

仙台市議会 2020-02-25 令和2年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2020-02-25

一方で、間もなく到来します人口減少テクノロジー進化などが社会経済情勢にもたらす影響現時点で見通すということは難しい面もあろうかと存じますけれども、このような中にあっても、まちづくりの大きな方向性というのは変わらないものと認識しておりまして、実施計画でありますとか、各年度予算編成によりまして、目指す都市像実現に向けて、そこは柔軟に対応してまいりたいと考えております。

仙台市議会 2020-02-25 令和2年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2020-02-25

一方で、間もなく到来します人口減少テクノロジー進化などが社会経済情勢にもたらす影響現時点で見通すということは難しい面もあろうかと存じますけれども、このような中にあっても、まちづくりの大きな方向性というのは変わらないものと認識しておりまして、実施計画でありますとか、各年度予算編成によりまして、目指す都市像実現に向けて、そこは柔軟に対応してまいりたいと考えております。

栗原市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年02月21日

いきなり5GとかIoTという言葉が出まして「何じゃいな」ということもあるかと思いますが、今世界テクノロジーの発達でITからICT、とにかく目まぐるしいわけですね。私はですから、栗原市もいずれきょうこの後同僚の高橋将議員がSociety5.0という、これも「一体何じゃいな」となりますが、きっちり多分質問させていただきます。

栗原市議会 2020-02-12 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年02月12日

そして「経済再生なくして財政健全化なし」の基本方針のもと、デフレ脱却経済再生財政健全化に一体的に取り組みつつ、賃上げの流れと消費拡大の好循環、外需の取り込み、設備投資拡大を含めた事業拡大に向けた取り組みやSociety5.0時代テクノロジー活用した社会仕組みづくりに向けた人材技術などへの投資、そのイノベーションの促進、次世代型行政サービス等抜本強化といった、生産性向上に向けた取り組

仙台市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019-12-11

現在は、IoTAI、ロボティクスなどのデジタルテクノロジーの発展に伴い、モビリティー、医療、介護、健康、食料、交通、移動、教育、福祉、防災・減災行政、金融といった都市における人々の生活のほぼ全ての領域をテクノロジーにより最適化し、イノベーションを通じて都市を丸ごとスマート化することにより、住民生活の質を向上させることに主眼が置かれています。  

気仙沼市議会 2019-09-25 令和元年第104回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月25日

その間に、多分いろいろなテクノロジーというものが発達して、気仙沼市の水道のあり方、また唐桑はどうするんだ、本吉はどうするんだということも含めて、トータルの考え方というのができると思いますし、その間に、もしかすると水源が違っているので容易ではありませんけれども、より広域的な事業というものも当然起こってくるんだろうなと思っています。

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

次に、エドテックとは、エデュケーション(教育)とテクノロジー(科学技術)をかけ合わせた言葉で、インターネットなどの情報通信技術活用した教育サービスと言われています。世界各国で第4次産業改革時代に対応した教育改革が進み、エドテックを軸とする学びの改革が進んでいます。  

仙台市議会 2019-05-21 市民教育協議会 本文 2019-05-21

24: ◯平井みどり委員  コールセンターはある意味人を介してやっていくということですが、今日本に限らず世界中、テクノロジーを使ってやっていこうということであります。同じく、総務省の資料によるもので、平成30年なので若干1年ぐらい前ですが、政令都市に限ってですが、チャットボットによる行政サービスの案内というのを九つの都市でやっているのですね。

大崎市議会 2019-02-19 02月19日-02号

最新テクノロジー活用により、最終的には少子高齢化地域格差、貧富の差などの課題を解決し、一人一人が快適に暮らせる社会実現することがソサエティー5.0の真の目的としております。ソサエティー5.0を実現していく中において、大崎市民生活に及ぼす影響をどのように考えておるか、また本市としていかに取り組む考えか、職員仕事における影響はどう考えておるかなどについてお伺いいたします。 

気仙沼市議会 2018-12-18 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日

RPAについては、職員がキーボードやマウスを操作して行う定型的で処理時間のかかる単純作業操作手順をコンピューターに覚えさせ、当該作業を自動化させるソフトウエアであり、導入によって、職員単純作業反復作業業務から解放され、政策的業務に携わる時間が増すことで、住民サービス向上や働き方改革にもつながる効果が期待されるテクノロジーであると認識しております。  

大崎市議会 2018-10-02 10月02日-05号

また、若い方のIターンとかというふうな話になりますと、現在テクノロジー活用というふうなものがございまして、ICT活用ですとか、介護ロボット導入というふうなものの補助金も十分に活用しながら、事業者の魅力を高めていく、そのことによりまして、若者の方が広く介護を理解していただく、さらに介護というものを好きになっていただくというふうなことに資するものだというふうに考えてございます。

東松島市議会 2018-09-12 09月12日-04号

この背景には、グローバル化テクノロジー化が急激に進展する変化の激しい時代に、起業文化を育成しないと日本は生き残れないという危機感があると思われる。また、AI時代を迎えて、今後は現在ある職業の何割かはAIに取ってかわられるという論争も起きている。現在ある多くの仕事が姿を消して入れかわると予想されています。

大崎市議会 2016-10-07 10月07日-07号

3つ目といたしまして、生産性を高めるということで、介護に携わっている方に対して人材教育テクノロジー活用などを通じまして、介護を行っている方一人一人が生み出す生産性、価値を高めるというふうなものでございまして、ICT情報通信技術活用ですとか、それから介護ロボット導入とかがそれに当たりまして、介護ロボット導入するということを対面的に発信しますと、そのことによって介護職になろうと思う方もふえていくのではないかというふうなことも

  • 1
  • 2