19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

仙台市議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第6日目) 本文 2016-12-15

専門医などの医療提供体制や治療の実績、さらには多職種チーム医療による緩和ケアの支援体制などがその要因になるものと思われますが、市立病院はどのような点が足りないのでしょうか。その役割を考えたとき、体制を整え、拠点病院の位置づけを得て、がん患者さんに対するより高度で専門的、先進的な医療を提供していただきたいと願うものであります。  

大崎市議会 2015-09-10 平成27年 第3回定例会(9月)-09月10日−01号

市民病院では、妊娠、出産及び新生児に対する専門的な医療を提供するため周産期センターを整備し、地域周産期母子医療センターとして、高度で最新のチーム医療を提供しております。このような中、小児がん医療や重度心身障害児への外科的な医療を提供し、さらなる医療サービスの充実を図るため、本定例会に小児外科を新設する条例案を提案させていただいております。  

大崎市議会 2014-12-17 平成26年 第4回定例会(12月)-12月17日−04号

議員の提案を含め、今後も患者の苦痛を理解し、多面的な視点から必要なサポートを検討し、実践できるようチーム医療を推進してまいります。  以上であります。      〔「ありがとうございました」と呼ぶ者あり〕 ○副議長(佐藤和好君) この際申し上げます。  質問者各位におかれましては、答弁時間も十分考慮の上、御質問をお願いしたいと思います。  次に進みます。  7番相澤久義議員。      

大崎市議会 2014-12-01 平成26年  民生常任委員会-12月01日−01号

これからは、最も重要とされる高度なチーム医療の充実も図ってまいりますので、委員皆様のこれまで以上の御支援を賜りますようお願い申し上げ、私からの概要説明とさせていただきます。  なお、資料に基づきますポイント等につきましては、担当課長のほうから説明させていただきますのでよろしくお願いしたいというふうに思います。  以上です。 ○委員長(豊嶋正人君) 病院経営管理総務課長

大崎市議会 2014-10-01 平成26年 第3回定例会(9月)-10月01日−04号

このような中で、大崎市民病院は、医療設備、高度医療機器の整備とともに、新たに臓器別、疾患別センター制を導入し、患者を内科的、外科的の両面から切れ目のない効率的な診療を行える体制を構築し、患者中心の医療、高度なチーム医療、そして合理的、統括的な取り組みを行うチーム医療を充実することといたしました。  

大崎市議会 2014-02-13 平成26年 第1回定例会(2月)-02月13日−02号

新本院においては、新たに臓器別、疾患別センター制を導入し、1人の患者様を内科的、外科的観点から効果的な治療を行うチーム医療体制を図ってまいります。これらセンターのうち、循環器センター、呼吸器センターなどの新設に伴う心臓血管外科、呼吸器外科などの診療に対応するため、医師の招聘につきましては、新病院が開院する7月を軸に東北大学と現在調整中であります。

仙台市議会 2013-02-21 平成25年第1回定例会(第3日目) 本文 2013-02-21

また、一人一人の患者さんに対し、関係する専門職が集まり、チームとしてケアに当たるチーム医療を推進してございまして、多職種が共同で医療を提供できるよう、情報共有の徹底や各部署の緊密な連携を図ってきております。  さらに、新病院に向けまして、先進的な取り組みを行っている医療機関への派遣研修を行うなど、職員人材育成を図り、医療の質の向上につなげてまいりたいと存じます。  

仙台市議会 2012-02-22 平成24年第1回定例会(第2日目) 本文 2012-02-22

そして、また、今現在は医療チーム医療をしておりますので、優秀な医師を雇うというだけではなくて、一緒に働く数々の人たちのこれから研修も進めていかなければならない。そして、毎日、その医療に関して報道されない日はないくらい、大変な勢いで医療が進歩しておりますので、それをフォローするのは大変ではありますけれども、十分新病院では準備をさせていただきたいというふうに思ったことが二点目です。  

仙台市議会 2011-02-24 平成23年第1回定例会(第6日目) 本文 2011-02-24

さらに、厚生労働省で設置してきているチーム医療推進会議による議論も無視できない状況にあると思っております。特に、限られた医療人材有効的な活用議論は、各資格職域の連携強化を求めていることから、おのおの関連する職域の業務内容の検証を行いながら、よりよい職種間連携に取り組むべきと思っているところであります。  

大崎市議会 2008-09-29 平成20年度 決算特別委員会(民生分科会)-09月29日−02号

少なくとも、大多数といいますか、ほとんどの職員は使命感に燃えて一つ一つの業務に従事しておるわけですし、また私どものほうもそういったチーム医療、一丸となった患者様への医療サービスの提供に日々努めることで指導もしておるところでございますが、しかしながら公の場におきましてそういった発言がなされたということは非常に遺憾に思うところですし、また今後そのようなことがないよう、なお一層職員指導に当たってまいりたいというふうに

栗原市議会 2007-06-18 平成19年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2007年06月18日

三つ目に「保健福祉医療の連携を図り、チーム医療の一員として地域に根ざした看護活動を実践します」を掲げております。  これらの理念、基本方針につきましては、2年に1回見直しを図っているところであります。  次に、栗原地域医療体制検討専門委員会の最終報告をどのように生かすのかについてでありますが、現在、事務局である栗原保健所で最終調整を行っているところであります。

仙台市議会 2003-03-14 平成15年第1回定例会(第9日目) 本文 2003-03-14

という質疑があり、これに対しまして、「現在の医療は、チーム医療として行われており、その手術を行ったチームとして責任があるものと考える。」という答弁がありました。  また、「今回のケースの場合、術後の血圧の低下に気づくのがおくれたとのことであるが、この患者はどのような管理をされていたのか。」

仙台市議会 2002-12-09 平成14年第4回定例会(第3日目) 本文 2002-12-09

病院で働く人たちの医療事故防止への要求は、ゆとりある人員体制、労働安全衛生委員会リスクマネジメントの活性化、チーム医療の改善、業務改善・チェック体制の機能強化、情報公開への法整備とインフォームド・コンセントの一般化、人権学習の強化、新薬、使用薬品の取り扱いに対する統一的な対応の教育体制の整備、医療機器、器具の規格化などと伺っております。この点についても御所見を伺うものであります。  

仙台市議会 2002-09-19 平成13年度 決算等審査特別委員会(第3日目) 本文 2002-09-19

チーム医療が必要でございますので、そういう意識を高めるものと考えております。このようなことの積み重ねが市立病院職員として一層の意識の醸成につながるものと考えてございます。 81: ◯小池純夫委員  質問で私が申し上げましたとおり、若手のお医者さんは方々の病院を回って腕を上げるということは、これは当然行われていることです。

  • 1