運営者 Bitlet 姉妹サービス
340件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 そのことを、例えば気仙沼市は自己完結で水源を持って、上水をもって配水をして、蛇口をひねっているわけでありますが、例えば仙台圏で言うとダムがあって、水を買うわけですよね。それが広域水道なんです。あるいは工業用水道も同じようにダムから、宮城県という設置者から経費に換算してお金を払って、プラス水量でコンセッションするわけですよね。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 しかし、西日本豪雨においては、例えばダムの放流放送や避難の呼びかけなどが「雨音によって聞こえなかった」との声も聞こえてきています。情報が伝わらなかったがゆえに被害が拡大したとも言えるでしょう。市はもちろんさまざまな手段を用いて情報発信を行っていると思いますが、現状の認識と分析、そして今後のあり方について伺います。 ◎議長(菅原清喜君) 市長菅原 茂君。 もっと読む
2017-12-22 角田市議会 平成29年第391回定例会(第4号) 本文 2017-12-22 また、黒荷田林道沿いに排水路を設置する方法を提案させていただいたのですが、「大雨が降ったときには、それは相当な水量になりますから、ダムでもつくらない限り何ともならないと思いますし、大きな治山事業になっていくことも予想されますことから、少なくとも、そういう日常を流れている沢の水を側溝に回すことができないかどうか、そういったことも少し検討をさせていただきたいと思います」という回答でございました。 もっと読む
2017-12-13 石巻市議会 平成29年  産業建設委員会-12月13日−07号 視察概要といたしましては、沖縄県大宜味村の村役場庁舎において、宮城功光村長、島袋幸俊副村長、平良嗣男議長から歓迎の御挨拶とお話を伺った後、芭蕉布会館、道の駅おおぎみ、宮城新昌記念のいしぶみ、六田原展望台、押川地区のシークヮーサー畑、大保ダムを見学した。 もっと読む
2017-10-04 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月04日−05号 御案内のとおり、鳴子温泉は全国屈指の観光地でもあり、土木遺産にも認定され、ことし60周年を迎えた鳴子ダムのすぐ下流域にもある区域を現在のこのような鬱蒼とした立木が茂る景観でいいのでしょうか。このごろは熊やイノシシも楽しんでいると聞いております。 もっと読む
2017-09-20 白石市議会 平成29年第427回定例会(第4号) 本文 開催日:2017.09.20 仙台市を含む仙南・仙塩地域は、高度成長期の市街地の発展及び生活様式の変化などにより急速に水需要が増大しており、水源の確保が急務となっていたことから、その不足する水源を国が当時、調査中であった七ヶ宿ダムに求めることとなりました。   もっと読む
2017-09-19 大崎市議会 平成29年  建設常任委員会-09月19日−01号 なお、12月定例会に向けて、相澤委員、それから山田委員からありました筒砂子ダム等々に対しての要望書については今後の委員会の中で議論し、その対応をしていきたいと思います。それで御異議ございませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(加藤善市君) それでは、御異議ないようですのでそのように対応させていただきますし、それぞれの賛否はそれぞれの委員個々に御判断をお願いいたします。   もっと読む
2017-08-28 大崎市議会 平成29年  建設常任委員会-08月28日−01号 ただ、私例えばこの前の9・11の水害等々に関しましても、いわゆる本線といわれる鳴瀬、江合、吉田川の一番の根拠は何なのかなというふうに思ったときに、例えば前から計画されています筒砂子のダムができれば、50センチとか70センチ水位を下げることができた。 もっと読む
2017-06-28 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月28日−06号 第3点目といたしまして、嘉太神ダムを水量調節ができるダムに整備することの重要性についてであります。  嘉太神ダムは、ダムという名称こそついておりますが、農業用水用のダムとして昭和初期に建設されたものであり、いわばため池であります。水量調節の機能は全くありません。私も現地を視察してまいりましたが、堤防はコンクリートで舗装されておりますが、常時水が堤防の上を流れている状況です。 もっと読む
2017-06-27 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月27日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−07号 いわゆる一定的なダムの役割も果たし得る管でございまして、こういったところのルートにほとんどこの山下地域の水というのが落ちていくのかなというふうに思うのですが、その辺の御確認をさせていただきます。 ◎木村芳夫建設部長 お答えいたします。  議員御紹介のとおり、そういった形にはなるかと思います。   もっと読む
2017-06-15 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月15日−01号 今後は、整備予定であります筒砂子ダムと漆沢ダムの完成による洪水調整が行われますと、9・11豪雨の洪水と比較して、三本木地点でダムがなかった場合に対し、最大で洪水の最高水位を約70センチメートル下げる効果があると期待されております。  今後も、9・11豪雨災害を教訓とし、早期に治水安全度の向上が図られるよう関係者皆様と連携しながら、国・県の関係機関に強力に要望をしてまいります。   もっと読む
2017-06-05 大崎市議会 平成29年  産業常任委員会-06月05日−01号 なお、28年度、昨年につきましては、港南区の子供さん方20名が大崎市のほうに来訪いただきまして、キャンプファイア、鳴子ダムの見学等を行ったところでございました。  次に、国際交流事業でございますが、YKKのアメリカダブリン工場を縁といたしまして、姉妹都市ダブリン市との訪問交流を行っているものでございます。   もっと読む
2017-05-31 大崎市議会 平成29年  総務常任委員会-05月31日−01号 それから、気象観測システムの活用ですけれども、これも9・11のときは、下流のものは上流でどれくらい今雨が降っているのかということ、なかなかわからないところがありましたので、各総合支所あるいは鬼首、ダムの上流の降りぐあいもわかりますので、これもかなり私は有効だと思います。   もっと読む
2017-03-02 大崎市議会 平成29年度 予算特別委員会(2月)-03月02日−05号 ◎産業経済部農林振興課長(千葉秀基君) 水田の有する、特に多面的機能、先ほどお話ありましたように、洪水の防止ということについては当然やはりこの制度の中の大きな柱でもあるということで、特に中山間については上流部のダム機能ということで、この辺については当然、重要な位置づけになっているということでの、この事業で保全をしていこうということでの直接支払ということで理解をしております。   もっと読む
2017-02-22 大崎市議会 平成29年 第1回定例会(2月)-02月22日−03号 あとは筒砂子ダムです。30年ぐらいかかりますと、こう言っています。   もっと読む
2017-02-16 大崎市議会 平成29年 第1回定例会(2月)-02月16日−01号 また、公益社団法人土木学会から、選奨土木遺産として、鳴子ダムが東北地方のダムとして初の認定となりました。  また、大崎市消防団におかれましては、災害時における防災活動の顕著な活動実績が認められ、今月7日、国土交通省において平成28年度水防功労者国土交通大臣表彰を受賞されました。 もっと読む
2017-02-03 大崎市議会 平成29年  建設常任委員会-02月03日−01号 その対策に当たっては、何といいましても、大もととなる国土交通省直轄河川の改修でございましたり、上流のダム建設促進、県直轄河川の整備など、多岐にわたることから、議員皆様のお力添えをいただきながら強く要望していくことが大切というふうに考えてございます。  そのほか、住宅整備にしましても、道路整備にしましても、予算的な部分においては、ほとんど国の補助金や交付金が重要というふうな形になります。 もっと読む
2017-02-02 大崎市議会 平成29年  産業常任委員会-02月02日−01号 鳴子温泉郷につきましては、昨年、国民保養温泉地の指定ですとか、鳴子ダムの選奨土木遺産の認定を受けました。また、平成29年度からは「TRAIN SUITE四季島」が鳴子温泉駅まで運行するということになってございます。 もっと読む
2016-12-22 大崎市議会 平成28年 第4回定例会(12月)-12月22日−06号 やっぱり、鳴子の一番いい露天風呂だとか、そういったものに御案内をするということで、お金をいっぱい持っているわけですから、ぜひそこで使っていただくということでもいいでしょうし、あとやっぱり、これもきのうあたり氏家議員が言っていましたけど、鳴子ダムに連れていってもいいと思うのです。 もっと読む
2016-12-21 大崎市議会 平成28年 第4回定例会(12月)-12月21日−05号 鳴子ダム下の遊歩道の整備について伺います。  実は、昨年10月末に鳴子ダム水源地域ビジョン幹事会、それからみやぎ大崎観光公社が主催した「紅葉の渓谷から、鳴子ダムを下から見上げてみよう!」と銘打ったモニターツアーに参加いたしました。この日はモニターは36名ということで募集したようであります。   もっと読む