運営者 Bitlet 姉妹サービス
380件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 斎川小学校との統合記念植樹といたしまして、全校集会で南高梅の植樹を行い、統合のシンボルとしたとも報告を受けております。  スクールバスでの通学につきましては、教員が乗車中及び降車後の指導を行うなど安全指導を繰り返し行っております。また、地域の方々に停留所での安全確保にご協力をいただいており、安全に運行されていると認識しております。   もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 唐桑御殿につきましても、多くが被災した中で現存するものも複数あり、その重厚な姿は観光客も目を見張るものと思われますが、漁師の誇りと意気込みのシンボルであるといった背景を知り、そのことに思いをはせて鑑賞できれば、観光商品としての価値もさらに高まるものと考えます。  御指摘のように、観光ガイドの存在は観光地の価値を高めるためには重要であります。 もっと読む
2018-09-07 白石市議会 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.09.07 成果等に関する説明書の14ページ、白石城関連事業ということで、白石市のシンボルである白石城を核として、その周辺の入り込み人数が書いてありますけれども、白石城、ミュージアム、武家屋敷、小十郎プラザ、合わせると10万966名ぐらいになっているということで、これは平成28年度よりも約1万5,000人ぐらい減っているわけです。 もっと読む
2018-06-18 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月18日 次に、全国豊かな海づくり大会についてでありますが、平成32年に宮城県で開催される第40回大会については、東日本大震災から10年目の復興期間最終年に当たり、本市としても平成23年10月の段階で気仙沼市震災復興市民委員会プロジェクトにおいて、復興シンボルイベントの一つの例として示しておりました。   もっと読む
2018-03-15 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月15日−一般質問−10号 完成すれば、それをまた日和山から見るものと思いますので、一回来た人は石巻市の被災状況はどのようになっているのか、もうでき上がったのかなという心配もございますので、石巻市の復興のシンボルとなる南浜津波復興祈念公園が平成32年度までに完結するように取り組むべきでありますが、市長の完結に向けた思いを伺います。 ◎亀山紘市長 お答えいたします。   もっと読む
2018-03-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号 震災復興祈念公園は、石巻市の新たなシンボルとして未知なる可能性を秘めております。その可能性を引き出すために、東京オリンピック・パラリンピックは絶好のチャンスであります。最大の被災地の復興は、東京オリンピック・パラリンピックへ来る外国人にとっても関心のある場所に違いありません。しかしながら、この公園の完成は平成32年度内とされております。 もっと読む
2018-03-13 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−08号 複合文化施設整備事業は、亀山市長が復興の集大成の一つのシンボルにしたいとの熱い思いを持って進めていますが、この事業は130億円という公金を投入する石巻市にとってはビッグプロジェクトであり、失敗は許されない事業でありますが、この施設に対する熱意が感じられません。   もっと読む
2018-02-22 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号 また、北限のオリーブとして栽培実証実験がなされておりますが、復興のシンボルとして各種競技の勝者にオリーブ冠を提供したいという機運もありますが、オリーブ冠の提供への参加に対する考えを伺います。  以上、この項の質疑とさせていただきます。 ◎亀山紘市長 ただいまの御質疑にお答えいたします。  政治姿勢についてお答えいたします。 もっと読む
2018-02-22 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年02月22日 同大会の誘致については、気仙沼市震災復興市民委員会が復興のシンボルイベントとして提案しており、開催地誘致に向けての当局の考えを伺います。  当初予算の考え方について。  平成30年度当初財政規模は、一般会計約855億円、復旧・復興事業に約558億円、一般会計予算の約6割を占めています。 もっと読む
2017-12-22 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月22日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 ◆27番(庄司慈明議員) そのほか小島や巻石を再生する、あるいは石巻市の歴史、文化を伝える案内看板やサインを設置、中瀬は石巻、北上川観光の重要ポイントで、プロムナードの拠点であることから石巻市の文化、歴史のシンボル的なモニュメント設置や史跡を解説する施設や案内、サインの設置を検討するであるとか、歴史、文化の伝承を推進する、あるいは石巻市の産業を学ぶエリアとして位置づけて、そういうものを伝承していくということも もっと読む
2017-12-21 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月21日−一般質問−06号 ですから、3,812人の定住人口目標、これに向かってしっかりまちづくりを進めていくという市長の強い思いをお聞かせいただきながら、またあとは中瀬公園、復興事業部長、平成37年まで重機が入っているようでは、これは中瀬公園というのは南浜地区復興祈念公園と一緒で、石巻市の復興のシンボルです。これ気の遠くなるような話だよ、平成37年。 もっと読む
2017-12-20 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月20日−一般質問−05号 石巻市のシンボルは、何といっても石巻南浜津波復興祈念公園です。世界に誇れる復興モデル都市石巻市を世界にアピールする最高の場所ではないでしょうか。  平成32年はスポーツの祭典、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。また、天皇皇后両陛下が行幸啓なされる3大行事の一つである豊かな海づくりが宮城県で開催されます。 もっと読む
2017-12-18 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年12月18日 次に、安波山へのロープウエー整備についてでありますが、安波山は市民及び観光客にも親しまれる港町気仙沼のシンボルであり、内湾エリアはもとより気仙沼大島大橋や(仮称)気仙沼湾横断橋を望むことができる魅力の高い観光スポットであると認識しております。 もっと読む
2017-12-13 石巻市議会 平成29年  産業建設委員会-12月13日−07号 なかなか趣のある立派な建物で、これから北上地域の復興のシンボル的な存在にぜひなってほしいなというような期待を込めております。   もっと読む
2017-10-06 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月06日−07号 今、建てているところはもともと旧鳴子中学校の敷地なので、あそこが閉校するときに川沿いというか、道路沿いというかに桜の木が、あれがやっぱり旧鳴子中学校の在校生からは学校の象徴というかシンボル的なものなので残したいという話がありました。それはどのような配慮をされていますか。 ○議長(門間忠君) 飯田住宅課長。 ◎建設部建築住宅課長(飯田幸弘君) 今回の事業、工事で伐採するようなことはございません。 もっと読む
2017-10-03 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月03日−04号 現在も水稲についてはシンボル米のささ結などは米卸業者等の販路を特定して流通していることや、業者からの需要が拡大している露地野菜などの量がまだまだ不足している状況で、水田を活用したネギ等の露地野菜の生産推進に可能性があると考えております。園芸の推進については、園芸特産重点強化事業をフル活用し、各地域ごとに施設や機械の導入を一層推進してまいります。 もっと読む
2017-09-27 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月27日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 水辺の交流空間ということで、地域の皆様に親しんでいただけるような形ということで、橋の設計等につきましても、そのかわまちの検討の会議、有識者等、国・県・市を交えて、その川縁にマッチした、そういうデザインでありますとか使い方ということでずっと協議を進めておりまして、またプロムナードにつきましても地元の皆様に部会等を開いて、いろいろ意見をいただいてということで、親しみやすい石巻の顔としてのかわまちづくりのシンボル もっと読む
2017-09-25 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月25日−一般質問−05号 学区再編計画を進めるに当たって、学校の統廃合ということも避けられない話題として出てくると思いますが、学校は地域住民にとっても地域のシンボルとなっているので、説明会の開催については慎重な対応が必要ではと思いますが、いかがでしょうか。 ◎草刈敏雄教育委員会事務局長 お答えいたします。   もっと読む
2017-06-28 角田市議会 平成29年第388回定例会(第4号) 本文 2017-06-28 また、学校は単なる教育施設ではなく、地域のシンボルだと。地域のコミュニティーのあり方とも密接に結びついていると思っております。本市においては、通学区域を単位とした組織づくりが行われており、さまざまな活動の中心に学校が位置づけられていると思っております。 もっと読む
2017-06-27 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月27日−05号 「大いちょう賛歌」という歌もつくられ、大イチョウは学校のシンボルとなっています。学校の大イチョウも長生きすると思います。卒業してからも、大イチョウを見て友達や家族と思い出話ができるといいなと思います。残り少ない小学校生活、大変なことがあると思いますが、負けずに頑張りたいと思います。   もっと読む