863件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-27 仙台市議会 平成31年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2019-02-27 チャットボット、対話をするロボットは行政に問い合わせた市民と市役所をつなぐコミュニケーションツールになり得るのではないかと言われています。  将来、私たちの働き方はどうなっていくのでしょうか。最終的には本当に人間が担うべき仕事、言いかえれば人間しかできない仕事だけが残っていくのではないかと考えます。ディープラーニングもその一つと言ってよいと思います。   もっと読む
2019-02-21 仙台市議会 市民教育委員会 本文 2019-02-21 それだけに、よりソーシャルワーカーサイドなりカウンセラーサイド、両方の専門家同士のやはり切磋琢磨なり相互連携というものがすごく大切でありますし、その辺の補完ということが気になるところでありますけれども、果たして保護者とのコミュニケーション、今回のような低学年児童のケースの場合は特にそうなわけですが、保護者とのコミュニケーションがこれら2専門職のもとでいかにとれているか、とれるかということが非常に肝心 もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 いずれにしましても、少ない子どもたちで過ごす機会をできるだけ少なくしたかったということに、あわせて、このことを説明しながらそういったことを保護者の方とコミュニケーションといいますか、意見交換をさせていただきながら子どもの健全育成を一緒に考えていただければなというような思いもございました。 もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 この1年間、小原木地区全体のコミュニケーション行事がなかったという現実を、担当課は衝撃を持って受けとめなければなりません。小・中学校があれば、少なくとも4回は地域住民が顔を合わせる行事が存在します。自動的に地域コミュニケーションの機会が提供されていたからです。自動的に提供されていたのですから、学校がなくなって、突然住民が主体的に行事を肩がわりできるとは思いません。 もっと読む
2018-12-13 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月13日 ただ、それをまさに解決することが、我々大事なことだと思っていますし、また、子供たちは今後このことが進めば、毎朝、行きも帰りも、学年が同じであれば、ほぼ同じバスに乗って同じ学校に通うという中で、子供たちのコミュニケーションというのはできてくるのではないかと。それによって、保護者の方々の思いも同じ方向に向いていくものと考えるというようなことをお答えしたところでございます。以上です。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 (3)設計者より利用者が喜んでもらえる施設であれば、別のものになっても基本計画から提案させてほしいとの回答があるようだが、設計者が大河原町や近隣の地域柄を理解してもらえるようなコミュニケーションがとれているのか。白石川右岸河川敷工事がスタートした今こそ、著作権を町へ譲渡することを検討する時期に来ているがどうか質問いたします。  答弁により再質問させていただきます。 もっと読む
2018-10-02 仙台市議会 平成29年度 決算等審査特別委員会(第4日目) 本文 2018-10-02 8: ◯教育指導課長  自死予防教育推進事業においては、発達の段階に応じて児童生徒に命の大切さ、とうとさを改めて指導するとともに、温かい人間関係を築くコミュニケーションスキルを身につけさせ、たくましく生き抜く力を育むといった命の教育を行うこととしております。   もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 1)健康寿命の延伸につながるコミュニケーションづくりと生きがいづくりの場につながる各自治会の交流サロンとか趣味の集い等が盛んに自治会館とか公会堂で行われておりますが、高齢者の集いは突然何が起こるかわかりません。いざというときの緊急対応の備えが絶対必要であります。 もっと読む
2018-09-03 白石市議会 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018.09.03 英語教育では、ALT6名を中学校区を基本に小学校にも配置し、児童・生徒のコミュニケーション能力の向上と国際感覚の醸成に努めました。さらに、保育園や幼稚園にも派遣することにより、幼児期から英語に触れ親しむ活動を推進しました。  生涯学習の推進においては、「城花町しろいし事業」を推進し、個人の庭や団体が管理している花壇等をオープンガーデンとして広報紙、ホームページ、冊子で紹介しました。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 「私は目が見えず、耳も聞こえないため、介助者なしでは歩くこともコミュニケーションもできない。そんな人間が大学で教員になっている。役所でも障がい者がいるのが当たり前になってほしい」というような記事もありますので、やはり少し間口を広げてですね、そういった方も就業できるような体制にしていただければと思うんですけども。   もっと読む
2018-06-28 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月28日−07号 そのようなことを考えていく上で、私どもも管理上の課題であったりとか、そういうようなところ、まだまだ分析が十分ではございませんので、今回補正予算で計上させていただいた事業をもちまして、そのあたりの分析をしっかりしまして、地域の方とコミュニケーションをしっかりとって、いぐねの保全に向けて取り組んでまいりたいというふうに考えております。 ○議長(佐藤和好君) 加藤議員。 もっと読む
2018-06-27 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月27日−06号 具体的には、第7期計画に基づき、日常生活において必要な筋力をつけるいきいき百歳体操、スマートフォンを活用してコミュニケーションの拡大や生活の質の向上を図る脳の健康教室、さらには高齢者の自立支援に向けた地域ケア会議や、専門職が高齢者宅を訪問し、運動、栄養改善、口腔機能の改善などの指導を行うアセスメント訪問事業などに多面的に取り組み、介護予防と重度化防止に向け、介護保険制度の持続性の確保に配慮してまいります もっと読む
2018-06-27 角田市議会 平成30年第393回定例会(第4号) 本文 2018-06-27 岩佐ヘッドコーチにつきましては、やはり角田市は、人とのつながりという意味で、コミュニケーションという意味で非常にすばらしいものを持っておりますので、気兼ねなく相談していただける方ですので、それなんかを十分に踏まえまして検討してまいりたいと思います。必要があれば対応してまいりたいと思っております。 もっと読む
2018-06-26 角田市議会 平成30年第393回定例会(第3号) 本文 2018-06-26 主として、簡単な英語を用いたコミュニケーション活動が主になります。5・6年生では、これまでの外国語活動の内容に加え、アルファベットの書き方や読み方、自己紹介を聞いてその概要を大まかに捉えるなど、外国語科の内容が追加され、中学校との円滑な接続を図ることとなっております。 もっと読む
2018-06-20 白石市議会 平成30年第431回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.06.20 そのほか、育児関連のニュース配信や自治体のイベント情報、医療相談の受け付けなどを提供している自治体もあり、自治体と子育て世代をつなぐコミュニケーションツールとしての役割も期待されています。   もっと読む
2018-06-19 大崎市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月19日−02号 やっぱり、子供だけでなくて親を通してこういった単語なりこういった会話を今教えようとしていますよとかという部分で、いわゆる家庭内で親子でやっぱりそういった会話の中からコミュニケーションを深めてもらって興味を持ってもらう。 もっと読む
2018-06-18 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年06月18日 次に、職員の人材育成基本方針の目指す職員像についてでありますが、議論はこれから深めていく必要があるものの、幾つか挙げれば、1つ、十分な社会知識と行政知識、2つ、キャリアパスを踏んだ後の専門性の追求もしくはジェネラリストを貫く努力、3つ、市民の立場で物を考える姿勢と人間性の涵養、4つ、高いコミュニケーション能力、5つ、粘り強さと転換の速さとエネルギッシュな行動力、6つ、コスト意識と経営感覚を持ち、みずから もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 また、ALT(外国語指導助手)の増員により、平成32年度から本格実施となる小学校英語の指導体制を整え、英語によるコミュニケーションを図るための素地となる、聞くこと、読むこと、話すこと、書くことの基礎的能力の育成を目指してまいります。  さらには、国際化社会に対応する人材を育成するため、英語力の向上に努めてまいります。   もっと読む
2018-06-07 仙台市議会 平成30年第2回定例会(第1日目) 本文 2018-06-07 児童生徒が、豊かな情操と道徳心を培い、心通う豊かな人間性を育むためには、学校や家庭といった限られた人間関係だけではなく、さまざまな世代とのコミュニケーションの機会を創出することが重要です。   もっと読む
2018-03-16 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月16日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−11号 輝きを増す行政運営の具体策、良好な職場環境と活発な職員同士の意見交換、綿密な連携に向けての対応についてでありますが、良好な職場環境をつくるためには職場内のコミュニケーションが重要であり、管理職の意識やコミュニケーション能力の向上を図ることが重要と考えております。   もっと読む