552件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2019-07-24 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年07月24日

佐々木嘉郎委員 例えば窓ガラスを二重にするとかというのは、いろいろな基地なんかのやつでやっているのを思い浮かべたので、実は私も思ったんです。ただ今回のやつは3年間の、しかも1日2本で年間70日ぐらい。非常に限定されたところで、これがその人たちだけ対象になるとなればほかの人もおもしろくないから、当然埼玉から栃木、福島、宮城、岩手と沿線の人たちが全部要望することも考えられると思うんですよね。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  新たな本庁舎・議会棟の整備調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

・議場の周囲は展望ロビーとなっており、ガラス窓から議場を見ることができる。  ・議場内に60V型液晶ディスプレイを4台設置し、出席議員数や発言残時間、採   決結果が表示される。傍聴者席のディスプレイには、傍聴者への注意事項や甲府   市からのお知らせ、手話映像を表示。  ・採決は、当初は起立採決との併用としていたが、現在は併用を終了し、押しボタ   ン式投票を正式導入している。  

大河原町議会 2019-03-18 2019年3月18日 平成31年予算審査特別委員会(第4号) 本文

次の修繕料の関係でございますが、各学校のほうには窓ガラスが壊れた、あるいは軽微な修繕については30万ほどの予算を各学校のほうに持っていただきながら、そちらのほうはそれぞれ学校のほうが頼んで、そして修繕するのが早いですので、そのようにできる予算として設けてあります。

大河原町議会 2018-12-01 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文

そのほかの部屋の部分、1階の会議室等々につきましては、ガラスの部分がスモークっていいますか、外から見えない、それから光も半分、50%ぐらい遮光ができてるということで、光によってまぶしかったり暑過ぎたりっていうところは解消されておりますので、これで全部かなというふうに判断しておるところでございます。

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-19

6: ◯事業ごみ減量課長  環境省が示している太陽光発電設備リサイクル等の推進に向けたガイドラインにおいて、太陽光パネルには鉛、カドミウムヒ素、セレンといった有害物質が含有している場合があり、ガラスの破損による雨水などの水ぬれによりまして有害物質が流出する可能性があるとされております。  

仙台市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日目) 本文 2018-06-15

名古屋市では、現在の名古屋城天守閣について、戦後市民の多大な寄附により再建された鉄骨鉄筋コンクリートづくりの建造物でありますが、再建から半世紀が経過し、設備の老朽化や耐震性の確保の理由から、特別史跡名古屋城跡の本質的価値の理解を促進するため、金城温故録や昭和実測図、ガラス乾板写真など、現代に残された豊富な資料に基づき、天守閣の木造復元を進めています。

仙台市議会 2018-05-21 都市整備建設委員会 本文 2018-05-21

このうちバス車内の広告でございますが、主なものとしては車内放送のほか、座席上部の車内ポスターや窓ガラスステッカー、また中扉両面ステッカー、車内側づりなどがございます。営業所の運行エリアを中心とした地域密着型の広告が多く、例えば地域診療所や飲食店などの案内広告に利用されております。  

石巻市議会 2018-03-15 平成30年 第1回 定例会-03月15日−一般質問−10号

生活環境部長にお伺いしますが、このセシウムボールが体内に入っていった場合と、いわばセシウムボールってセシウムガラス状態で包むわけですから、それは溶けないわけですよね、セシウムボールは。でも、普通のセシウムは溶けます。その違いを前提に、セシウムボールとセシウムが内部被曝において私たち人体に与える影響、それを御説明ください。

大河原町議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

絵本と学びのへやの学びのへやのほうなんですけども、今の職員の巡回の状況でございますけれども、ご承知のように事務の座っている場所といいますか、デスクの前からですね、透明のガラスに、防音ガラスになっておりますことからですね、常に常時見える状況にあります。ほとんど見えるんですけれども、状況によりまして、これは不定期的です、中についても状況を見て歩いていると。時間が決まっているわけではございません。

石巻市議会 2018-02-27 平成30年 第1回 定例会-02月27日−議案説明・質疑・委員会付託−05号

セシウムボールにつきましては、炉心の中でセシウムと断熱材のガラス、グラスウールがまじってしまって、それで原子力建屋が壊れたものですから、一気にセシウムが飛散した、それと同時にガラス材、いわゆるケイ素が一緒になってまじって出たので、それで建屋の外に出たので、小さなボール状になってセシウムがその中に封じ込められているというようなことで、それは水には溶けないのではないかというような内容だったと思います、水溶性

石巻市議会 2018-02-23 平成30年 第1回 定例会-02月23日−施政方針に対する質疑−03号

地震などによる、また廃棄物の重さで処分場の底が不均等に沈み、水が漏れるおそれがある、また焼却について言えば福島事故で過去の事故では見つかっていない微細なガラス玉に放射性セシウムが閉じ込められている、水に溶けないため体内や環境中に長時間残留する懸念がある。また、バグフィルターを通り抜けるという学者もいる。新しい知見が次々と出てきています。

栗原市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年02月21日

その市民の中からもガラス化しろとか、いろんな鉛の石棺に埋めてとりあえず保管しろとか、いろんなこれはベースに載っていない話でありますけれども、さまざまなお話をさせていただきましたが、関係機関とも協議しながらよりよい方法が見つかるように努力してまいりたいと思います。

大崎市議会 2018-02-09 平成30年 第1回定例会(2月)-02月09日−03号

この微粒子は、核燃料がメルトダウンした格納容器の中で生成されたもので、より微小な無数の亜鉛、鉄酸化物粒子が石英ガラスで固められていて、セシウムはその中に閉じ込められているという。このように、セシウム存在状態を誤認していたことが判明した今、汚染廃棄物の処分法を全面的に見直さなければならない。そして、塩化セシウム分子は電荷を帯びているので、焼却炉の中ではばいじんに付着しやすい。