22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

栗原市議会 2016-12-06 平成28年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2016年12月06日

次に、野鳥における鳥インフルエンザウイルスの確認についてでありますが、11月21日に、登米市においてマガン1羽の死骸が発見され、県の簡易検査で陰性でありましたが、24日に国立環境研究所で遺伝子検査を実施したところ、A型鳥インフルエンザウイルス陽性が確認されたことから、環境省は、発見現場から栗原市を含む半径10キロメートルの範囲を野鳥監視重点区域に指定し、監視のパトロールを強化するとともに、北海道大学

気仙沼市議会 2015-02-19 平成27年第69回定例会(第2日) 本文 開催日:2015年02月19日

それから、新型インフルエンザの考え方なんですが、今までの季節性のインフルエンザとは全く違いまして、新たなインフルエンザウイルスができ、世界的な大流行になった場合のそういう大きな危機的なインフルエンザが発生した場合、または今までにない感染症、新しい感染症ができたことによって、世界的、または国内的にかなりの流行が見られる、病原性が高いものというふうに考えております。

大河原町議会 2014-12-01 平成26年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文

インフルエンザウイルスは野生のカモ類を自然宿主、宿の主として存在しており、腸管で増殖し、水中のふんを媒介して白鳥等に感染するようであります。そのことから、餌づけをすれば白鳥やカモ類が多く集まり、感染の確率が高くなるものと考えております。  次に、2点目及び3点目の白鳥を守る会のことにつきましては一括してお答えいたします。  

仙台市議会 2011-10-04 平成23年第3回定例会(第6日目) 本文 2011-10-04

鳥や豚、そして人を介して新型インフルエンザウイルスなどの感染症がある周期で大流行するようです。仙台市への人口集中、バスや電車、航空機などのさまざまな交通機関発達から、短期間で全体に蔓延、甚大な被害をもたらすことが予想されております。  アメリカ疾病予防管理センターの予想では、日本において医療機関を受診する患者は最大二千五百万人以上、日本人の約四分の一が感染すると推測されております。

栗原市議会 2011-02-15 平成23年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2011年02月15日

次に、高病原性鳥インフルエンザ対策についてでありますが、日本各地で高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出を受け、市内での発生予防に万全を期するための緊急的な措置として宮城県栗原市は昨年12月2日から市内養鶏農家6戸、9農場、63万6,761羽を対象に野鳥の侵入防止の徹底の周知を兼ねて緊急立入調査、健康調査を行い、さらには1月28日から2月4日までの間に2回目の調査を行った結果、それぞれ異常のないことを

仙台市議会 2009-12-09 平成21年第4回定例会(第2日目) 本文 2009-12-09

また、今後についてでございますけれども、例年、これから本格的な冬を迎えますが、この冬期につきましては季節性インフルエンザが流行している時期でもありますことに加えまして、御指摘のような新型インフルエンザウイルスの変異などによります状況の変化にも十分留意する必要があるということを思っておりますので、今後、本市ホームページあるいはマスコミ等、さまざまな方法を活用いたしまして、市民の皆様への迅速かつ的確な情報提供

栗原市議会 2009-09-15 平成21年第6回定例会(第1号) 本文 開催日:2009年09月15日

また、抗インフルエンザウイルス薬(タミフル)でありますが、これらについては、業務に従事する職員の予防投与として確保しております。  栗原市学校等におけるインフルエンザ対策については、新聞等での報道にもありましたが、8月に栗原市内の学校の部活動においてインフルエンザの集団感染があり、PCR(詳細)の検査の結果、新型インフルエンザが確認されました。

栗原市議会 2009-06-29 平成21年文教民生常任委員会 本文 開催日:2009年06月29日

11節需要費 327万円は予防用抗インフルエンザウイルス薬タミフルや消毒薬を購入するものです。また、19節負担金、補助及び交付金は平成21年度の大崎市民病院救命救急センター運営費負担金として 2,000万円を予算措置したものでございます。7目精神保健費につきましては補正の前の額に16万 6,000円を追加し1億 2,534万 3,000円とするものです。

白石市議会 2009-06-25 平成21年第380回定例会(第5号) 本文 開催日:2009-06-25

国での施策ということになりますが、県としては抗インフルエンザウイルス薬、タミフルとかリレンザの備蓄対応ということになります。  特に、先ほどのワクチンについては優先して病院医療機関等の医療関係従事者に先に優先して接種されるということに聞いております。以上でございます。

白石市議会 2009-06-24 平成21年第380回定例会(第4号) 本文 開催日:2009-06-24

タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザウイルス薬の確保については、県が流通分8,400人分と合わせ、19万6,000人分を備蓄しており、現在のところ不足する状況にはないとしております。  しかしながら、万が一県内で蔓延し、県備蓄の抗インフルエンザウイルス薬が供給された後においても在庫が不足すると判断された場合は、県は国に対し、国の備蓄分を供給するよう要請することとなっております。  

美里町議会 2009-05-25 平成21年第3回臨時会(第1号) 本文 2009-05-25

その後、アメリカ合衆国デトロイト経由で帰国した3名から新型インフルエンザウイルスが、5月8日に検出されたことを受け、翌5月9日、美里町新型インフルエンザ対策本部を設置いたしました。町長を本部長に、副本部長に副町長及び教育長を、本部員に課長職を、事務局健康福祉課といたしました。  本部会議の内容は発生の経緯と今後の対応で、臨時課長会議で確認した事項を再度確認いたしております。  

白石市議会 2009-02-26 平成21年第377回定例会(第3号) 本文 開催日:2009-02-26

1997年に香港で高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1のヒトへの感染が初めて確認されて以来、アジアを中心に高病原性鳥インフルエンザヒトへの感染が断続的に報告されており、2003年12月から2009年1月までの間で発症者403名、うち死亡者254名となっており、中でも2006年春にインドネシアにおいて家族8人が集団感染、7名が亡くなるなど、ヒトからヒトへの感染が2回連鎖したことが報告されております

仙台市議会 2009-02-20 平成21年第1回定例会(第2日目) 本文 2009-02-20

このインフルエンザウイルスヒトからヒトへ、新型インフルエンザウイルスへと変化する可能性が高まっているということが推測されております。とりわけ交通機関発達している現代社会では、一たん新型インフルエンザが発生しましたら、世界じゅうあっという間に広がるということはもう周知の事実でありまして、これは地球規模で感染症対策をやる必要があるということはすべての国々では認識されております。

栗原市議会 2008-12-09 平成20年第9回定例会(第2号) 本文 開催日:2008年12月09日

インフルエンザウイルス薬タミフルでありますが、タミフルの備蓄につきましては、国全体で備蓄目標を 2,800万人分とし、内訳は、予防薬として 300万人分、通常の流通分を 400万人分、残り 2,100万人分について国と都道府県でそれぞれ 1,050万人分を備蓄する計画であり、宮城県では平成18、19年の2カ年で19万 6,000人分を備蓄しているところであります。

栗原市議会 2008-09-25 平成20年第8回定例会(第3号) 本文 開催日:2008年09月25日

そうした中、本年4月21日、秋田県十和田湖畔で発見されたハクチョウの死骸等からH5-NI型のインフルエンザウイルスが検出されたと4月29日に発表がありました。この検出されたウイルスを鶏8羽に接種したところ、翌日にかけて7羽が死亡し毒性が強いことがわかりました。秋田県は周辺住民に対する感染予防に関する注意喚起及び当該ハクチョウとの接触者に対する健康観察を実施しました。

白石市議会 2007-02-28 平成19年第365回定例会(第4号) 本文 開催日:2007-02-28

次に、第3点目といたしまして、鳥インフルエンザについてお伺いしますが、鳥インフルエンザウイルスの自然宿主は、シベリア等で繁殖するカモなどの水鳥と考えられておるわけです。  我々の身近のところに、カモ、ガン、白鳥などの渡り鳥の越冬場所があり、渡り鳥のコースとなっているため、鳥インフルエンザウイルスが持ち込まれやすい環境にあります。  

  • 1
  • 2