10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

仙台市議会 2014-10-17 次世代育成調査特別委員会 本文 2014-10-17

立派なイスから下向いて、おまえ行ってこいよ、集めてこいよばかりでなくて、みずから歩いて、職員に範を示して。こういう、これは議員にも言えますけれども、きょうの市長が何を学んだかはわかりませんけれども、しかし、歩いて確認をしたということがすごいなと私は思いました。見ている大人も学ぶ機会になるかもしれないです。そんなことを思いましたね。学ばせるばかりではなくて。

仙台市議会 2012-10-05 平成24年第3回定例会〔  地域経済活性化調査特別委員会報告書 〕 2012-10-05

また、ほ場整備完了後の営 農形態を考えた場合、効率的な経営を行うためには、法人設立などによる集団 化も有効ですが、法人化を進めるに当たっては、農業者同士の意思統一の難し さなど、解決すべき課題も様々あることから、法人設立のための助言やアドバ イスを行える組織や窓口も必要と考えました。  2点目としては、農業が収益性の高い産業へと再生するための、六次産業化 や、産学官連携の取り組みについてです。  

岩沼市議会 2012-09-25 平成24年第6回定例会(6日目) 本文 2012.09.25

│ │  │    │   【駐車場】立体駐車場 127台、平面駐車場28台、車イス・おもいや│ │  │    │       りスペース3台、大型バス2台、マイクロバス3台   │ │  │    │      ※ 建築は、プロポーザルによる民間のノウハウを採用し │ │  │    │       た。                        

大河原町議会 2012-06-12 2012年6月12日 平成24年第2回定例会(第2号) 本文

あるいは、会議室ももう少しあった方がいいんじゃないかとかですね、それにあわせて備品、イス、テーブルもこんなものがあればより使い勝手がいいんですがと。さらには、土日の利用というのは考えられますよねというようなこと。そのほか、建物につきましてはバリアフリー化、それから耐震性、そしてもう一つが地震等の経験を踏まえた避難所としての活用ができるのかと。

大河原町議会 2012-03-08 2012年3月8日 平成24年第1回定例会(第3号) 本文

34、35ページに移りまして、上から二つ目の2款1項6目18節の庁舎用机・イス等の備品購入費101万1,000円につきましては、課の再編に伴う表示の変更や職員の増加に伴うもので、その下の7目19節のバス運行対策補助金71万3,000円につきましては震災による運休や燃料費高騰の影響などによるものであります。  

仙台市議会 2011-03-15 平成23年第1回定例会〔  防災・危機対策調査特別委員会報告書 〕 2011-03-15

○ 備蓄品、あるいは一時避難場所などについて地域で具体的に相談、アドバ  イスをするということにおいては、職員だけではなく、消防団地震防災ア  ドバイザーをもっと活用することも必要なのではないか。 ○ 静岡県では各家庭災害発生時に対応できるような取り組みに主眼をおい  ているように感じたが、これからは家庭避難所の両方を考えていかなくて  はならない。

仙台市議会 2006-06-08 平成18年第2回定例会〔  地域経済活性化調査特別委員会報告書 〕 2006-06-08

    市内          375     市外          62     未記入         77 7 その他の記載欄の内訳(回答総数130)    普段も営業して欲しい     45    おいしい           8    楽しかった          4    天気への不満         7    メニューへの要望       9 ※年配へのメニューの配慮等    イス

仙台市議会 1990-03-16 平成2年第1回定例会(第6日目) 本文 1990-03-16

また、「ホームと電車乗り口に四、五センチの段差があるが、車イス利用者が乗りおりしやすいように、ホームの一、二カ所にゴムマット等を敷くなど改善措置が必要ではないか。」という質疑があり、これに対しまして、「運輸省設計時の審査基準では、ホーム上に部分的に段差を設けることが難しい点があるが、なお今後ともいろいろと検討していきたい。」という答弁がありました。  

  • 1