大河原町議会 > 2019-03-19 >
2019年3月19日 平成31年予算審査特別委員会(第5号) 本文
2019年3月19日 平成31年予算審査特別委員会(第5号) 名簿

ツイート シェア
  1. 大河原町議会 2019-03-19
    2019年3月19日 平成31年予算審査特別委員会(第5号) 本文


    取得元: 大河原町議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-17
    ▼最初のヒット発言へ(全 0 ヒット) 1:◯委員長      午後1時00分  開 議 ◯委員長 皆さん、こんにちは。  午前中は卒業式、お疲れさまでございました。  これから、予算審査特別委員会5日目の会議を開きます。  議員数14名、定足数7名、本日は全議員が出席しております。  議案第22号平成31年度大河原町地方卸売市場特別会計予算の審査を行います。  これらの詳細説明を求めます。商工観光課長。 2:◯商工観光課長(長谷川一正君) ◯商工観光課長(長谷川一正君) それでは、平成31年度大河原町地方卸売市場事業特別会計の予算についてご説明いたします。  平成31年度予算額は、歳入歳出それぞれ410万2,000円といたしました。  概要につきましては、事項別明細書にてご説明させていただきます。  346、347ページをお開き願います。  初めに、歳入でございます。  1款1項1目1節市場使用料310万円につきましては、昨年同様、市場の年間売上高を6億2,000万円と想定いたしまして、その0.5%を計上しております。  2款1項1目1節繰越金、こちらは100万2,000円を計上してございます。  次に、348、349ページをお開き願います。  歳出でございます。  1款1項1目1節報酬につきましては、市場運営協議会委員10名の1回分の会議分でございます。  11節需用費の修繕料につきまして、こちらにつきましては、修繕料につきましてはシャッター改修を優先するため、通常の施設修繕を45万円減額いたしまして50万円にいたしました。  13節委託料、こちらはアスベスト飛散調査委託料になりますが、例年どおり、年2回分の委託料でございます。  15節工事請負費になります。老朽化しておりますことで支障が出ているシャッター2基分の改修工事を計上しております。
     最後に、28節一般会計への繰出金としまして135万円を見込んでおります。  以上、詳細説明とさせていただきます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。 3:◯委員長 ◯委員長 これから質疑を行います。質疑はありませんか。岡崎委員。 4:◯岡崎 隆委員 ◯岡崎 隆委員 修繕料95万円から50万円と、シャッターがかかる分ということで抑えたという話なんですけど、これで修繕というのがちょっとおろそかになるということはないんでしょうか。無理に抑えたような言い方に聞こえたので実際、毎年、このぐらいかかってるんであれば修繕しなきゃない箇所あるんじゃないですか、大丈夫なんですか。 5:◯委員長 ◯委員長 商工観光課長。 6:◯商工観光課長(長谷川一正君) ◯商工観光課長(長谷川一正君) 修繕料、こちらにつきましては、その都度その都度の修繕としまして95万円を確保していた内容でございます。水道の漏水修理、また照明修理、また壁のはがれ、その都度、起きた部分について対応しておりますので、今回50万円で対応できるものと考えております。 7:◯委員長 ◯委員長 ほかにありませんか。万波委員。 8:◯万波孝子委員 ◯万波孝子委員 ちょっとあえてお伺いしたいんですが、1の報酬、えっとですね、1回分ですけれども、31年度というのは、協議、課題、いろいろあると思うんですけど、協議する、大体こういうことで31年度は協議するというものあれば、お示しいただきたい。 9:◯委員長 ◯委員長 商工観光課長。 10:◯商工観光課長(長谷川一正君) ◯商工観光課長(長谷川一正君) こちら年1回、市場の状況を運営協議会の委員さんに諮っていただくというか、見ていただくものでございまして、市場の業務状況、取扱数量、金額など、またアスベスト関係、その施設の状況、そのようなものを見ていただきながらご意見をいただいております。数量、取扱金額が低い部分につきましてはこのような手段があるんではないかという部分もご意見をいただいております。以上です。 11:◯委員長 ◯委員長 万波委員。 12:◯万波孝子委員 ◯万波孝子委員 そうしますと、通常の協議会で協議する中身と変わらないということですか。今後のありようとか、そういうことについてはどうなんでしょうか、議題になるのは、それは協議会の中ででしょうけども、その辺、もう一回確認です。 13:◯委員長 ◯委員長 商工観光課長。 14:◯商工観光課長(長谷川一正君) ◯商工観光課長(長谷川一正君) 市場の今後のありよう、見通しみたいな部分につきましては、その運営している仙南青果、また施設の状況、こちらのほうで課題、問題が上がった際にこの運営協議会のほうに諮るという形にしておりますので、まだそこまでの議題にはなってございません。 15:◯委員長 ◯委員長 ほかにありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 16:◯委員長 ◯委員長 これで質疑を終わります。  これで、議案第22号平成31年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算についての質疑を終わります。  これから、委員間討議を行います。意見はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 17:◯委員長 ◯委員長 意見なしと認めます。  説明員の入れかえを行います。  次に、議案第23号平成31年度大河原町公共下水道事業特別会計予算の審査を行います。  これらの詳細説明を求めます。上下水道課長。 18:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) それでは、平成31年度大河原町公共下水道事業特別会計予算の詳細説明を申し上げます。  本会計は、歳入歳出予算総額をそれぞれ9億9,150万5,000円といたすもので、前年度比8,522万9,000円の増となるものでございます。  それでは、事項別明細書により主なものについてご説明いたしますので、358、359ページをお開き願います。  初めに歳入でございますが、ページ上段の1節下水道事業受益者負担金現年度分は、平成27年度から平成31年度までの63件の賦課見込みにより予算計上しております。  3節公共下水道相互利用負担金は、柴田町、村田町両町の平成30年度の実績により、年間、柴田町分が汚水量14万6,000トン、村田町分が3,900トンとして阿武隈川下流流域下水道の維持管理負担金と同じ1トン当たり46.8円で算出いたしております。  次に、中段1節の下水道使用料現年度分につきましては、対前年度比262万4,000円増の予算計上となっております。  2節の滞納繰越分は、滞納繰越調定見込み額1,650万円に対し、収納率25%と見込みまして予算計上をいたしております。  360、361ページをお開き願います。  ページ上段の国庫補助金につきましては、平成30年度に管渠整備を行った新南地区等の舗装復旧、本年度施行予定の新南地区における汚水整備、中島マンホールポンプ場ポンプ更新工事の補助事業費の合計5,000万円に補助交付率2分の1を乗じて得た額2,500万円を公共下水道事業汚水分として鷺沼1号幹線に対する補助事業費1億3,020万円に補助率2分の1を乗じて得た額5,660万円、さらに長寿命化のための下水道管渠の更新計画及び更新の実施設計委託分として2,700万円に補助交付率2分の1を乗じて得た金額1,350万円、合計9,510万円を計上しております。  次に、一般会計からの繰り入れにつきましては、歳出、2款の委託事業費及び支払い利息の減により、前年度比4,076万1,000円の減となっております。  362、363ページをお開き願います。  7款町債の1目公共下水道事業債につきましては、資本費平準化債及び特別措置分の借換債によりまして、前年度比8,360万円の増となっており、内訳につきましては説明記載欄のとおりでございます。  また、起債の目的、限度額、利率償還の方法につきましては、354ページ、第3表の地方債のとおりでございます。なお、地方債の限度額2億3,100万円と下水道事業債3億5,090万円の差、1億1,990万円が借換債の金額となっております。  次に、歳出に入りますので、364、365ページをお開き願います。  1款総務費2節給料から4節共済費につきましては、2名分の人件費などでございます。  13節委託料の説明欄の4段目、公営企業会計移行業務委託料につきましては、昨年に引き続き平成32年度からの地方公営企業化に向けた資産整理、条例制定、予算作成等の業務を行うものでございます。5段目の下水道使用料徴収事務委託料につきましては、年間11万2,200件、1件当たり税込みで174.4円で水道事業へ委託するものでございます。6段目の水質検査委託料につきましては、流域下水道への接続点9カ所と特定事業所等19、スーパー、飲食店の水質検査を行うものでございます。8段目の管渠清掃委託費につきましては、平成31年度は錦町から住吉、稗田地区で約5キロメートルの下水道管渠清掃業務を委託する予定でございます。汚水処理ポンプ場保守点検委託料は、町内7カ所の汚水マンホールポンプの保守点検を行うものでございます。  次に、366、367ページをお開き願います。  15節工事請負費につきましては、下水道管渠埋設部の舗装の傷みの激しい箇所の舗装復旧工事と下水管渠及びマンホール等の補修工事を行うものでございます。  19節負担金補助及び交付金につきましては、各種協会の会費、阿武隈川下流流域下水道維持管理負担金等でございます。なお、説明欄中段の流域下水道維持管理負担金につきましては、平成30年度の実績を勘案いたしまして汚水量を算定し、年間183万8,000トンで、1トン当たり48.5円の単価で算出したものでございます。  27節の公課費につきましては、平成31年度における消費税の納税見込み額でございます。  368、369ページをお開き願います。  2款の下水道事業費2節給料から4節共済費につきましては、3名分の人件費となっております。  13節委託料の内訳につきましては、公共下水道事業改築更新に向けた計画及び実施設計で2,700万円となっております。  15節工事請負費につきましては、通常分の汚水の補助事業、単独事業でございまして、工事予定箇所はお手元にお配りしております説明資料ナンバー1の下水道の工事箇所をごらんください。のとおりとなっております。内訳を申しますと、補助事業では新南地区等での汚水管渠築造工事、同じく新南地区での舗装復旧工事、中島マンホールポンプ場のポンプの取りかえ工事を予定しております。単独事業では、新南地区での汚水管渠築造工事、新南地区及び金ケ瀬原地区では舗装復旧工事を予定しております。なお、平成31年度末の工事完了した末の耐震化率は12.9%となる見込みでございます。  次に、19節負担金及び交付金の阿武隈川下水道につきましては、阿武隈川流域幹線の管渠改築や処理場のポンプ設備の改築等をする建設負担金でございます。  370、371ページをお開き願います。  鷺沼排水区公共下水道雨水事業負担金につきましては、説明資料ナンバー2の図面をごらんください。図面の中の上の1カ所、鷺沼1号幹線の上流部分が平成31年度分の工事費1億1,489万8,000円でございます。さらに、一番下の鷺沼5号調整池につきましては、今回3月の補正予算で設定いたしました繰越明許費の繰越額4億5,846万円が工事費となっております。さらに、鷺沼1号幹線の下流部分と6号幹線につきましては、平成30年度繰越明許費分1億9,017万6,000円のうち、1億2,018万円ほどが事故繰越となる見込みであることから、実質平成31年度の鷺沼の工事費は、全て合わせて6億9,350万円ほどになる予定でございます。  3款公債費、元利償還については説明欄記載のとおりでございます。(「課長、もう少しゆっくりお願いします。済みませんけども、ゆっくりお願いします」の声あり)  3款公債費の元利償還の内訳につきましては、説明欄記載のとおりでございます。  次に、4款災害給付費につきましては、名目計上となっております。  以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。 19:◯委員長 ◯委員長 数字とか、どこか確認するとこありますか。数字、聞き漏らしたところ、大丈夫ですか。(「6目350」の声あり)(「ナンバー2」の声あり)(「ナンバー2、もう一回するんですか」の声あり)(「数字ちょっと、早かったんで」の声あり) 20:◯委員長 ◯委員長 お願いします。 21:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) それでは、鷺沼排水区公共下水道事業負担金について申し上げます。説明資料ナンバー2の図面をごらんください。  ナンバー2の図面の上、1カ所、鷺沼1号幹線の上流部分が31年度の予算に入っております1億1,489万8,000円の部分でございます。さらに、一番下の鷺沼5号調整池につきましては、今回3月の補正で設定いたしました繰越明許費の繰越額4億5,846万円、4億5,846万円が工事費です。さらに、鷺沼1号幹線の下流部分と6号幹線につきましては、平成30年度で繰越明許費分1億9,017万6,000円のうち、1億2,018万円ほどが事故繰越となる見込みですので、全て合わせまして鷺沼の31年度の工事負担金は6億9,350万円ほどになる予定でございます。  3款公債費の元利償還につきましては、説明欄記載のとおりでございます。  あと、災害復旧費につきましては名目計上ということです。  以上、説明を終わらせていただきます。 22:◯委員長 ◯委員長 よろしいですか。大丈夫ですか。  これから質疑を行います。質疑はありませんか。大沼委員。 23:◯大沼忠弘委員 ◯大沼忠弘委員 369ページ、15節の工事請負費の部分で別添の資料、ナンバー1、こちらのほうで1)の新南に汚水が新設されるということなんで、まあ、新設なんでそのとおり、新しくということだど思うんですけども、今までここに汚水管というのは、やっぱり全然なくて今までどういう状況になって今回こういう新設、結構な総延長距離だと思うんですけども、どういう状況で新設なるかという経緯だけお示しいただければと思います。 24:◯委員長 ◯委員長 上下水道課長。 25:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) 新南、新東地区につきましては、旧4号線のバイパス部分、国道の部分だったがために汚水管が入れることができなかったと。最近になって国のほうから許可が出てやったと。して、一括利用ということで店舗とかなんとか張りついてるもんですから1本後ろの道路から汚水管をとってたんですけども、実際受益者負担金もらっているもんですから今度、4号線部分も工事が可能になったことからその部分の新南、新東地区についても毎年、少しずつ更新計画立てまして新設ということで作業を進めております。以上でございます。 26:◯委員長 ◯委員長 大沼委員。 27:◯大沼忠弘委員 ◯大沼忠弘委員 ということは、新たにまた新設されることによって従来よりも、何というんですかね、下水の流れが改善されるというような考え方でいいんでしょうか、違うのかな。 28:◯委員長 ◯委員長 上下水道課長。 29:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) というわけではなくて、あの、今まで店舗として全体で利用してたもんですから中の筆数はいっぱい、何十筆もあるわけなんです。後ろからというか、道路1本後ろからとっていて何の異常もなかったんですけども、仮に店舗が倒産したとか何かがあった場合に、下水道管が入っていないと実際受益者負担金の関係でお金はもらっているもんですからその分は入れておかなければいけないということで、新たに入れ直しているものでございます。 30:◯委員長 ◯委員長 ほかにありません。枡委員。 31:◯枡 和也委員 ◯枡 和也委員 365ページの12役務費の上から3段目の手数料の30万円についてと、あと13節委託料の一番下と一番下の総合振込システム設定委託料、あと次ページにも出てくんですけどもその辺関連のどういった内容なのかと、あとは先ほど説明がございました371ページの公共下水道事業ということで鷺沼排水関連、トータルで今まで6億9,350万円ということだったんですけども、例えば調整池とかは掘ってみないとなかなかわがんないという部分、あるんですけども、この当初予定した6億9,350万円をかけて予定したでき上がりぐあいと、今、どれぐらい、何というか、例えば言っている意味わがんない、わかります、わがらない。(「どれぐらい進捗しているか」の声あり)例えば当初予定、6億9,350万をかけてでき上がっている施設、予定した施設がちゃんとでき上がっていんのか、当初予定してた6億9,350万かけてつくるものを実際はもっとかかってるというか、予定しなかったことでふえていって事業費、かさんでんのがどうなのか、その辺のことをお聞かせください。以上です。 32:◯委員長 ◯委員長 上下水道課長。 33:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) まず、手数料と委託料、あとは使用料関係につきましては32年度から公営企業になるもんですから、そのための、例えば七十七のこのシステム総合振込というのは、下水道が公益企業化するために今、水道がとっているような単独で振り込みとかなんとかになるもんですから企業出納員を置くような形になると思うんです。それで、今、水道がとっているシステムを下水道単独でも今度、振り込みとかなんとか全てやるようになんで、そのための導入費用としてことし、新たに計上したものと考えてください。  あとは、鷺沼については、ことし6億じゃなくて、今までの事故繰とかあと明繰とかでその分が工事ができなかったというか、延びたという段階の金が全部集まってきて、31年度にする工事費として6億幾らという金になったということで、31年度の事業費ということで、31年度の総事業費が6億幾らという金でやらせていただくということでございます。中身的にはおくれているというか、それだけいろんな中身であれすんで、その辺は経費は若干ずつふえているのと、あと工期がおくれているのと両方でございます。 34:◯委員長 ◯委員長 枡委員。 35:◯枡 和也委員 ◯枡 和也委員 システムについてはわかりました。  工期がおくれているとか、そういうことを聞いているんでなくて、本当は、例えば10億をかけてできていない施設、最初の予定の設計では。ところが、10億をかけてできてなくてない施設が10億かけてもまだ8億円分ぐらいしかできでねというか、何というんだべ、事業費を余計にかかってるんでねえがということを言いたかったんです。だから、今の時点で、例えば当初予定していた管渠の分でも調整池の分でもいいんですけども、そこを押し上げるために、例えば10億なら10億見越していたんだけんども、やって今、12億かかっているんだどが、言っている意味わがるすか、わがんねのが、後からゆっくり聞きますから。(「そういう聞き方すっとわがんねぐなる」の声あり)んだから、当初予定していた事業費よりも余計にかかっているんだがということを聞きたいんです。 36:◯委員長 ◯委員長 上下水道課長。 37:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) 上下水道課長補佐高橋補佐に中身について説明いたさせます。 38:◯上下水道課長補佐(高橋正志君) ◯上下水道課長補佐(高橋正志君) 枡議員さんからのご質問についてお答えしたいと思います。  鷺沼の5号調整池につきましては、当初、平成26年時点での総事業費、一応30億円を見越しておりましたが、人件費とあと資材の高騰、それらを合わせまして一応今のところ、概算なんですけど仮設工も含めて38億円ほどに一応なる、一応見通しております。以上でございます。 39:◯委員長 ◯委員長 枡委員。 40:◯枡 和也委員 ◯枡 和也委員 いや、まあ、結局30億円で仕上がるものを38億円かがっているということなんですけど、こいづ、いや、今の時点でそうなんで、今後、進めていったら、最初50億、60億という事業だったんでしょうけども、これとんでもねぐなるんですかね、その辺、どう読んでいるのか、計画の変更とかもあり得るのかどうなのか、その辺、今後の見通しについてお伺いいたします。 41:◯委員長 ◯委員長 高橋補佐。 42:◯上下水道課長補佐(高橋正志君) ◯上下水道課長補佐(高橋正志君) 現在、調整池につきましては、工事が約70%ぐらい一応工事が進捗、76%ですか、になっておりますので、ここで設計の見直し等は一応今のところ、ありませんが、ただ、今後、また人件費とかまた土工関係で変更が生じた場合は、それらに対応して実施していきたいと思っております。以上です。 43:◯委員長 ◯委員長 ほかにありませんか。岡崎委員。 44:◯岡崎 隆委員 ◯岡崎 隆委員 これも委員長判断でとめてもらっていいんですけど。(「そういう質問、やめてください」の声あり)369万、下段の19節の阿武隈川とかの1トン当たり46.8円とか、そういうのはいいんですけど、副町長に聞きたいんですけど、あと企業会計残すだけになって一般会計からここまで終わったんですけども、広域的な行政の取り組みだと今後、いろんな形で人口割って出てくると、我が町の人口の減り方、柴田はちょっとがくんと減ってきているですけど、我が町、減っていかないんですね。市町村間の交渉ごとで余りにも人口割に比率が大きいような交渉は今後、得ではないような気がするんです。その点について最近の人口動態から見て町としてそのようなこと、どのようにお考えかだけお示しください。 45:◯委員長 ◯委員長 副町長。 46:◯副町長(藤田秀明君) ◯副町長(藤田秀明君) 例えば仙南広域の負担金につきましては、均等割、人口割っていうのは必ずあります。実は今回も広域の予算の説明の中で、私の隣に柴田町の副町長さんがいまして、基本的に目立っているのが、ふえているのが大河原と柴田だと。極端な話、人口割の分で伸びているという状況は、隣の町としてお話をしておりました。だからといって、今すぐ見直してくださいという話もしておりませんけれども、どこかの段階でうちもだんだん減っていくような形になれば、ある程度、均衡がとれるのかなという気はしないでもないんですけど、1つの負担割合の基準の取り方、決め方としては、やむを得ない部分はあるのではないかなというふうに思っておりますけども、大河原町がどんどん突出するようなことであれば、一言ちょっとお話をさせていただきたいなというふうには思っていたところでございます。一応気にはなっているところです。(「はい、わかりました」の声あり) 47:◯委員長 ◯委員長 ほかにありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 48:◯委員長 ◯委員長 これで質疑を終わります。これで議案第23号平成31年度大河原町公共下水道事業特別会計予算についての質疑を終わります。  これから委員間討議を行います。意見はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 49:◯委員長 ◯委員長 意見なしと認めます。  説明員の入れかえを行います。  次に、議案第24号平成31年度大河原町水道事業会計予算の審査を行います。  これらの詳細説明を求めます。上下水道課長。
    50:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) それでは、平成31年度大河原町水道事業会計予算の詳細説明を申し上げます。  379ページをお開き願います。  第2条業務予定量は、給水戸数が1万580戸、年間総給水量は269万6,700トンで、1日平均給水量を7,368トンとしております。また、主な建設事業は、南原町地区、新桜町における配水管布設がえ工事、さらには前年度で水道工事を行った箇所の舗装復旧工事などでございます。  第3条収益的収入及び支出でございますが、収入の第1款水道使用収益は前年度より1,045万5,000円減の6億6,187万1,000円とし、支出の第1款水道事業費用は前年より4,072万9,000円減の6億1,578万6,000円といたしました。  第4条の資本的収入及び支出でございますが、収入の第1款水道事業資本的収入は前年度と同額の7,000万円とし、支出、第1款水道事業資本的支出は前年度より616万1,000円増の2億4,017万3,000円を予算計上し、収支差引不足額1億7,017万3,000円につきましては当年度分消費税資本的支出調整額1,177万9,000円、当年度分損益勘定留保資金1億5,839万4,000円で補填するものでございます。  380ページをごらん願います。  第6条の企業債につきましては、381ページの第1表のとおり7,000万円を予定しております。  それでは、詳細につきまして予算説明書により主なものについてご説明いたしますので、397ページをごらん願います。  まず初めに、収益的収入でございますが、1目の給水収益水道使用料につきましては、前年度比60万1,000円増の5億9,926万3,000円の予算計上となっております。  2目の受託工事収益は一般会計からの消火栓設置工事の受託工事であり、平成31年度は新設及び移設で新桜町、南原町地区において6カ所を予定しております。  3目の加入金は、水道メーター設置口径の13ミリ50件、20ミリ50件、増改築等により口径変更を13ミリから20ミリの差額25件ほどを見込んで2,084万4,000円の計上となっております。  4目その他の営業収益の雑収益下水道使用料徴収受託料につきましては、年間11万2,200件を見込みまして、1件当たり160掛ける消費税額で予算計上を行っております。  第2項の営業外収益の3目長期前受金戻入につきましては1,760万2,000円を予定しており、建設改良費の財源とした補助金の30年度における減価償却分を収益化し、予算計上したものでございます。なお、この戻入につきましては、事業の経費として補助金を既に使用しておりますので現金収入を伴わないことを申し添えます。  次に、収益的支出に入りますので、398ページ、399ページをごらん願います。  第1項営業費用の原水及び浄水費につきましては、前年度比3,349万円減の2億7,449万2,000円の予算計上となっております。減の要因につきましては、前年度、大河原配水池のPCタンクが補修が終了したことによるものでございます。なお、受水費につきましては、仙南・仙塩広域水道との年次契約受水量1日当たり6,600トンで予算計上しております。  2目の配水及び給水費につきましては、前年度比277万9,000円減の4,438万7,000円の予算計上となっております。  3目の受託工事費につきましては、収益的収入の2目受託工事費でもご説明いたしましたが、消火栓6カ所分の設置費用でございます。  4目の総係費につきましては、前年度比509万3,000円減の7,109万7,000円の予算計上となっております。主な理由といたしましては、職員の異動によるものでございます。  5目の減価償却費につきましては、30年度工事分の新桜町、住吉町地区の配水管布設工事等によりまして、前年度比234万4,000円増の1億7,588万3,000円の予算計上となっております。  401ページをごらん願います。  まず、資本的収入につきましては、企業債が7,000万円と前年と同額の予算計上になっております。  次に、資本的支出につきましては、前年度比616万1,000円増の1億4,638万4,000円となりますが、その主な要因は地域整備課の道路改良に合わせて南原前地区の配水管布設がえ工事に伴う工事請負費の増によるものでございます。  次に、1目営業設備費につきまして、新規取りつけの水道メーターの購入費用を予算計上しております。  次に、工事請負費につきましては、平成31年度の予定箇所としており、お手元にお配りしました説明資料をごらんください。  まず、配水管布設がえ工事が南原町地区、新桜町地区、新寺地区の3件、前年度工事の配水管布設がえ工事箇所の補正復旧工事が2件の施行予定となっております。なお、平成31年度末の水道配水管の耐震化率は前年度より1.18%増の20.97%となる見込みでございます。  次に、委託料につきましては、平成32年度施行予定の布設がえ、あるいは舗装復旧工事の実施設計委託料となっております。  最後に、水道事業収益的収入の消費税抜き合計額6億1,406万9,000円から収益的支出の消費税額抜きの5億8,020万7,000円を差し引いた額3,386万2,000円は31年度の純利益となる見込みでございます。  以上、詳細説明とさせていただきますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。 51:◯委員長 ◯委員長 これから質疑を行います。質疑はありませんか。堀江委員。 52:◯堀江一男委員 ◯堀江一男委員 えっとですね、397ページの収益的収入及び支出の部分ですけども、これの加入金なんですが、30年度よりも随分減っているんですね。ただ、30年度を見ますと、当初で2,400万円ほどとってで、さらに補正で544万9,000円、足して2,900万、2,966万2,000円ほどになってるんですけども、このごろ、大河原町でも住宅が多く建っているようなんですけども、何かそっから見っとちょっと加入金の見積もりがちょっと低いのかなという気がしているんですけども、せめて前年と同額ぐらいなのかなと思ったら前年度よりも大分低いんですけども、その住宅の新しい新築状況というのをどのように見ているのか、その辺も含めてお答え願います。 53:◯委員長 ◯委員長 上下水道課長。 54:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) 確かに30年度は今回補正いたしまして約3,000万近い金になってますけども、消費税、来年から上がる予定ですので駆け込み需要が大きいんだと思うんです。ですから、今回、ことしも11月、12月、1月、2月と来てるんですけども、最近になって加入金というか、その申請が大きくなっていると。逆に言うと、来年になれば、来年の10月まで家が完成しないと消費税も何も加入金も全部高くなってしまうもんですからその前倒しの影響で多分上がっているものと思われるので、逆にその分を勘案して来年度予算は引かせていただきました。 55:◯委員長 ◯委員長 ほかにありませんか。枡委員。 56:◯枡 和也委員 ◯枡 和也委員 379ページです。この業務の予定量ということで給水戸数が前年度より210戸ふえてるんですけども、年間総給水量と1日平均給水量が前年度より下がっている。理由は、みんなこう節水してるから下がっているのか、その辺、どういった読みなのか教えてほしい。公共施設の漏水が少なく見ているのか、その辺と。  あともう一つが、399ページです。の総係費の委託料が前年度より35万円ぐらいふえているのと、あと負担金の庁舎利用料負担金が20万円ぐらい少なくなっていると思うんですけど、これが面積少なくなったんだか、その辺、お聞かせください。以上です。 57:◯委員長 ◯委員長 上下水道課長。 58:◯上下水道課長(佐藤 淳君) ◯上下水道課長(佐藤 淳君) まず、給水戸数と年間給水量の関係なんですけども、これは毎年毎年というか、節水型の住宅になりまして、例えばトイレ1カ所変えただけでも10%とか下がってくるもんですから、それの関係で新築家屋の全体の伸びから見て給水量が下がっているということでしました。(「いいことですね」の声あり)  あとは、あと委託料の関係なんですけども、これはコンビニ収納の件数が上がっているためにこの辺を使用料上げたということでございます。  あと、庁舎負担金につきましては、実績というか、少し、前、多目にとっていたのを実績に合わせて、実績というか、実際請求に合わせて下げたということでございます。実際の請求額に。420万、毎月とってたんですけども、実際400万ということで企画財政課と話があれなんで、その実額に合わせたということで、前年度までは少し多目にとっていたということでございます。 59:◯委員長 ◯委員長 ほかにありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 60:◯委員長 ◯委員長 これで質疑をおわります。これで議案24号平成31年度大河原町水道事業会計予算についての質疑を終わります。  これから委員間討議を行います。意見はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 61:◯委員長 ◯委員長 意見なしと認めます。  以上、議案第17号から議案第24号までの平成31年度各種会計予算の質疑及び委員間討議を終わります。  これから討論を行います。討論は一括で行います。      〔「討論省略」と呼ぶ者あり〕〔「賛成」と呼ぶ者あり〕 62:◯委員長 ◯委員長 ただいま、山崎委員から討論を省略すべきとの動議がありました。また、佐久間委員から賛成との声がありました。会議規則第15条の規定により、所定の賛成者がおりますので、この動議は成立いたしました。よって、討論省略の動議を議題とし直ちに採決します。  この採決は起立によって行います。起立しない者は反対と見なします。この動議のとおり決定することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 63:◯委員長 ◯委員長 起立多数です。討論省略の動議は可決されました。よって、討論を省略します。  これから採決を行います。採決は会計ごとに行います。  お諮りします。議案第17号平成31年度大河原町一般会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 64:◯委員長 ◯委員長 起立、総員起立です。よって、議案第17号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。  続きまして、お諮りします。議案第18号平成31年度大河原町後期高齢者医療特別会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 65:◯委員長 ◯委員長 総員起立です。よって議案第18号は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  続きまして、お諮りいたします。議案第19号平成31年度大河原町国民健康保険特別会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 66:◯委員長 ◯委員長 総員起立です。よって議案第19号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。  続きまして、お諮りします。議案第20号平成31年度大河原町介護保険特別会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 67:◯委員長 ◯委員長 総員起立です。よって議案第20号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。  続きまして、お諮りします。議案第21号平成31年度大河原町仙南夜間初期急患センター事業特別会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 68:◯委員長 ◯委員長 総員起立です。よって議案第21号は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  続きまして、お諮りします。議案第22号平成31年度大河原町地方卸売市場事業特別会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 69:◯委員長 ◯委員長 総員起立です。よって議案第22号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。  続きまして、お諮りします。議案第23号平成31年度大河原町公共下水道事業特別会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 70:◯委員長 ◯委員長 総員起立です。よって議案第23号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。  続きまして、お諮りします。議案第24号平成31年度大河原町水道事業会計予算について原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。      〔賛成者起立〕 71:◯委員長 ◯委員長 総員起立です。よって議案第24号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。  これから審査のまとめを行います。当委員会に付託されました案件は、議案第17号から議案第24号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。したがいまして、審査結果の報告は議長に次のとおり決定したことを報告します。議案17号から議案第24号までの平成31年度大河原町各種会計予算は、いずれも可決すべきものと決定したことをご報告申し上げます。  以上でまとめを終了します。なお、予算審査特別委員会の報告書は委員長から提出することとします。  お諮りします。予算審査特別委員会に付託された案件は全て終了しました。これで閉会することにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 72:◯委員長 ◯委員長 異議なしと認めます。これで予算審査特別委員会を閉会します。  お疲れさまでした。      午後1時50分  閉 会 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  地方自治法第123条第2項の規定に準じ、ここに署名する。  平成31年3月19日      委 員 長 このサイトの全ての著作権は大河原町議会が保有し、国内の法律または国際条約で保護されています。 Copyright (c) Ogawara Town Council, All rights reserved....