ツイート シェア
  1. 栗原市議会 2020-03-02
    令和2年文教民生常任委員会 本文 開催日:2020年03月02日


    取得元: 栗原市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-18
    ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット)      午前10時00分  開会 三浦善浩委員長 ご起立願います。  皆さん、おはようございます。  ご着席願います。  ただいまの出席委員数は8人であります。定足数に達しておりますので、ただいまから文教民生常任委員会を開会いたします。  本日の審査日程は、お手元に配付のとおりです。  直ちに会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────      日程第1  付託された議案の審査報告について 三浦善浩委員長 日程第1、付託された議案の審査報告についてを議題といたします。  お手元に配付しています資料1)は、議長に報告する審査報告書の案です。資料2)は、本会議での委員長報告の要旨の案となります。  内容については、副委員長から資料2)の朗読により説明いただきます。副委員長。 佐藤庄喜副委員長 それでは、文教民生常任委員会の審査報告を行います。  栗原市議会文教民生常任委員会委員長。  2月26日の令和2年第1回栗原市議会定例会において、本委員会に付託されました議案第1号 令和元年度栗原市一般会計補正予算(第6号)のうち、第1条第1表歳入歳出予算補正、歳出2款総務費3項戸籍住民基本台帳費、3款民生費1項社会福祉費、2項児童福祉費、4款衛生費、10款教育費、第2条第2表繰越明許費、4款衛生費、10款教育費、第3条第3表債務負担行為補正追加、若柳地区幼保連携型認定こども園整備事業(造成工事)について、2月27日に委員会を開催し、部長ほか関係職員の出席を求め、詳細な説明を受け、審査いたしましたので、その結果についてご報告申し上げます。  採決の結果、全会一致をもって、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上が、本委員会に付託されました議案第1号 令和元年度栗原市一般会計補正予算(第6号)の中の付託部分についての審査の結果であります。  文教民生常任委員会の審査報告を行います。  栗原市議会文教民生常任委員会委員長。  2月26日の令和2年第1回栗原市議会定例会において、本委員会に付託されました議案第2号 令和元年度栗原市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)、議案第3号 令和元年度栗原市介護保険特別会計補正予算(第4号)、議案第4号 令和元年度栗原市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第8号 令和元年度栗原市診療所特別会計補正予算(第2号)、議案第10号 令和元年度栗原市病院事業会計補正予算(第3号)、議案第24号 栗原市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例について、議案第25号 栗原市廃棄物の減量及び適正処理並びに環境美化の促進に関する条例の一部を改正する条例について、議案第29号 栗原市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第31号 栗原市放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例について、議案第34号 栗原市郷土資料館条例を廃止する条例について、議案第35号 訴えの提起について、以上11案件について、2月27日に委員会を開催し、部長局長ほか関係職員の出席を求め、詳細な説明を受け、審査いたしましたので、その結果について報告申し上げます。
     採決の結果、いずれも全会一致をもって、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上が、本委員会に付託されました11案件の審査の結果であります。 三浦善浩委員長 説明が終わりましたので、質疑、ご意見等があればご発言願います。ありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 三浦善浩委員長 ないようですので、お諮りいたします。本件については、ただいま協議したとおり決定することにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 三浦善浩委員長 ご異議なしと認めます。よって、日程第1、付託された議案の審査報告については、ただいま協議したとおり決定いたしました。 ───────────────────────────────────────────      日程第2  委員長報告に対する質疑の回答について 三浦善浩委員長 次に、日程第2、委員長報告に対する質疑の回答についてを議題といたします。  本委員会に対する質疑の通告はありませんでしたので、ご報告いたします。  よって、この報告をもって、日程第2、委員長報告に対する質疑の回答については終了いたします。 ───────────────────────────────────────────      日程第3  「介護職員労働環境改善及び処遇改善」を求める意見書について 三浦善浩委員長 次に、日程第3、「介護職員労働環境改善及び処遇改善」を求める意見書についてを議題といたします。  内容について事務局から説明させます。事務局事務局主査(三村洋) それでは、資料3)をごらんください。  資料3)をめくっていただいて、資料の中の案1、上に「案1」と書いているほうですけれども、こちらが前回の委員会で協議しました意見書の内容でございます。私が読み上げますので、確認いただきたいと思います。  「介護職員労働環境改善及び処遇改善」を求める意見書。  超高齢化社会を迎え、介護職員人材確保・離職防止策は喫緊の課題になっている。厚生労働省が発表した介護人材需給推計では、団塊の世代が75歳以上となる2025年には37.7万人、こちら、先日38万人というご意見はありましたけれども、それがこの数字から来ているもののようですので、37.7万人と記載しております、の介護職員が不足するとしている。  人材不足は地域介護施設にも深刻な影響を与えるため、自治体としても看過できない問題となっている。介護職員人材確保・離職防止を進めていく上で「労働環境の整備」が重要であることは、2007年に改定された「社会福祉事業に従事する者の確保を図るための措置に関する基本的な指針」、こちらも改定されたのは2007年が最新であるということは確認しました、において示されている。2015年度には介護報酬が改定され、その中で介護職員処遇改善加算も実施されているが、依然として介護職員労働環境が改善されているとは言いがたい。  人材不足の解消・介護制度の充実を図るために、次のとおり強く要請する。  1、介護職員の処遇改善を国の責任において行うこと。  2、介護保険施設の人員配置基準を見直すとともに、夜間の人員配置については、一人夜勤を解消すること。  以上が前回協議した内容でございます。  それで、隣に案2というものもつけておりますけれども、前文の2行目、3行目あたりの37.7万人というのが今、最新で使われているものなのかどうかということで、こちらも念のため国の担当の方にちょっと聞いてみました。そうしたら、別添に参考資料としてホームページからとっているものをお渡ししていますけれども、その内容によると平成30年5月に発表されたもののようですけれども、その内容で書きかえてみたものが案2ということになります。  その案2の書き方としては、厚生労働省が発表した「第7期介護保険事業に基づく介護人材の必要数」では、2016年度の約190万人に加え、団塊の世代が75歳以上となる2025年度末までに約55万人の介護人材を確保する必要があるとしている。37.7万人というのは、需給のギャップの数ということで、この案2のほうの55万人とはちょっと意味合いが違う部分はありますけれども、この数字が発表した一番新しいものだということで、どちらも間違いではないのかとは思いますが、意見書としてどちらをこの中に入れるのかということで協議いただいたほうがよろしいのかなということで案を2つ入れたものでございます。  以上です。 三浦善浩委員長 説明が終わりましたので、ご意見等があればご発言願います。ありませんか。  暫時休憩します。      午前10時10分  休憩 ───────────────────────────────────────────      午前10時13分  再開 三浦善浩委員長 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいま休憩中に確認した内容ですけれども、案2のほうが厚生労働省の数字に基づいているということで、そちらがいいのではないかということが意見としてありました。  お諮りいたします。本件については、ただいま協議したとおり決定することにご異議ありませんか、案2ということで。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 三浦善浩委員長 ご異議なしと認めます。よって、日程第3、「介護職員労働環境改善及び処遇改善」を求める意見書については、ただいま協議したとおり決定いたしました。(「ちょっと教えてほしいんだけれども……」の声あり)  暫時休憩いたします。      午前10時14分  休憩 ───────────────────────────────────────────      午前10時20分  再開 三浦善浩委員長 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────      日程第4  閉会中の継続調査の申し出について 三浦善浩委員長 次に、日程第4、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。  内容について、事務局に説明させます。 事務局主査(三村洋) それでは、資料4)をごらんください。  先日の委員会で協議しましたのは、正副委員長一任ということでした。それで、正副委員長が協議した結果の案でございますけれども、資料4)の1、事件ということで2つ記載しています。1つが、埋蔵文化財に関する調査、これは入の沢遺跡の関係を想定しているということです。2番が、民俗資料館整備に関する調査ということの2本立てという形としております。  以上です。 三浦善浩委員長 暫時休憩します。      午前10時21分  休憩 ───────────────────────────────────────────      午前10時27分  再開 三浦善浩委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいま休憩中に皆さんから出されました案を参考に進めていきたいと思いますけれども、それでよろしいですか。(「はい」の声あり)  お諮りいたします。閉会中の継続調査の申し出については、ただいま協議したとおり決定することにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 三浦善浩委員長 ご異議なしと認めます。よって、日程第4、閉会中の継続調査の申し出については、ただいま協議したとおり決定いたしました。  ほかに各委員から何かありませんか。高橋義雄委員。 高橋義雄委員 その調査はいつごろするのか。 三浦善浩委員長 では、ちょっと暫時休憩します。      午前10時27分  休憩 ───────────────────────────────────────────      午前10時40分  再開 三浦善浩委員長 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいま休憩中に決定したことについて、ご異議はありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 三浦善浩委員長 ないですね。  事務局から何かありませんか。(「ありません」の声あり)ないですね。  お諮りいたします。本日の日程は全て終了しましたので、これをもって閉会したいと思いますが、これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 三浦善浩委員長 ご異議なしと認めます。よって、本日はこれをもって閉会することに決定いたしました。  ご起立願います。  ご苦労さまでした。      午前10時40分  閉会 Copyright (c) KURIHARA CITY ASSEMBLY, All rights reserved....