気仙沼市議会 > 2019-09-30 >
令和元年第104回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年09月30日
令和元年第104回定例会(第6日) 名簿 開催日:2019年09月30日

ツイート シェア
  1. 気仙沼市議会 2019-09-30
    令和元年第104回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年09月30日


    取得元: 気仙沼市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-12-16
    ▼最初のヒット発言へ(全 0 ヒット)      午前10時00分  開 議 ◎議長(菅原清喜君) ただいまの出席議員数は23名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。 ◎議長(菅原清喜君) 本日の欠席届け出議員は、22番熊谷伸一君。遅参届け出委員はございません。以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において、23番小山和廣君、1番今川 悟君を指名いたします。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、地方自治法第121条の規定により説明のため出席を求めましたところ、お手元に配付の名簿のとおりでございます。  なお、震災復興・企画部長小野寺憲一君から欠席の届け出がありましたので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、報道機関から写真撮影等の申し出があり、議長はこれを許可しておりますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) これより、各常任委員会及び各特別委員会に付託いたしました議案及び請願について、審査の経過及び結果の報告を求めます。  初めに、総務教育常任委員長の報告を求めます。総務教育常任委員長三浦由喜君。 ◎総務教育常任委員長(三浦由喜君) 本議会において、総務教育常任委員会に付託されました議案について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第2号 字の区域の変更について は、当局より説明を徴し、審査の結果、原案を可決すべきものと決しました。  ○議案第4号 復興祈念公園造成工事請負契約締結について は、当局より説明を徴し、審査の結果、同意すべきものと決しました。  ○議案第10号 崎浜集会所の指定管理者の指定について  ○議案第11号 中井老人憩の家の指定管理者の指定について  ○議案第12号 小鯖集会所の指定管理者の指定について  ○議案第13号 中集会所の指定管理者の指定について  ○議案第14号 鮪立老人憩の家の指定管理者の指定について  ○議案第15号 舞根集会所の指定管理者の指定について  ○議案第16号 東舞根集会所の指定管理者の指定について
     ○議案第17号 石浜集会所の指定管理者の指定について  ○議案第18号 只越集会所の指定管理者の指定について  ○議案第19号 舘老人憩の家の指定管理者の指定について  ○議案第20号 大沢集会所の指定管理者の指定について  ○議案第22号 気仙沼市復興産業集積区域における固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第26号 気仙沼市幼稚園授業料徴収条例の一部を改正する条例制定について 及び  ○議案第27号 成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも原案を可決すべきものと決しました。  ○議案第28号 気仙沼市会計年度任用職員給与等に関する条例制定について は、当局より説明を徴し、会計年度任用職員の導入に係る全庁的な取り組み姿勢を論点として委員の自由討議を行い、審査の結果、原案を可決すべきものと決しました。  ○議案第29号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定について  ○議案第32号 気仙沼市ワン・テン駐車場条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第33号 気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第34号 気仙沼市大島開発総合センター条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第36号 気仙沼市鹿折ふれあいセンター条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第49号 気仙沼市民会館条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第50号 気仙沼市公民館条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第51号 気仙沼市はまなすの館条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第52号 気仙沼市体育施設条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第53号 気仙沼市総合体育条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第54号 気仙沼市唐桑体育条例の一部を改正する条例制定について 及び  ○議案第55号 気仙沼市本吉総合体育条例の一部を改正する条例制定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも原案を可決すべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。(「なし」の声あり)これにて質疑を終結いたします。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの総務教育常任委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、委員長報告のとおり決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、民生常任委員長の報告を求めます。民生常任委員長公明村上 進君。 ◎民生常任委員長(村上 進(公)君) 本議会において、当委員会に付託されました議案及び請願について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第21号 気仙沼市印鑑条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第23号 気仙沼市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第24号 気仙沼市保育所条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第25号 気仙沼市認定こども園条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第35号 気仙沼市地域交流センター条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第37号 気仙沼市保健福祉センター条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第38号 気仙沼市火葬場条例の一部を改正する条例制定について 及び  ○議案第62号 気仙沼市病院事業使用料及び手数条例の一部を改正する条例制定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも原案を可決すべきものと決しました。  ○議案第65号 平成30年度気仙沼市国民健康保険特別会計決算認定について  ○議案第66号 平成30年度気仙沼市後期高齢者医療特別会計決算認定について 及び  ○議案第67号 平成30年度気仙沼市介護保険特別会計決算認定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも認定すべきものと決しました。  ○議案第77号 令和元年度気仙沼市国民健康保険特別会計補正予算  ○議案第78号 令和元年度気仙沼市後期高齢者医療特別会計補正予算  ○議案第79号 令和元年度気仙沼市介護保険特別会計補正予算 及び  ○議案第86号 令和元年度気仙沼市病院事業会計補正予算 は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも原案を可決すべきものと決しました。  次に、請願について申し上げます。  ○請願第1号 一般廃棄物収集運搬業に係る許可申請の受付を再開して頂く請願 は、紹介議員及び当局より説明を徴し、審査の結果、継続審査にすべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。  なお、継続審査に決した請願については、閉会中も審査できますよう、議長においてよろしくお取り計らい願います。 ◎議長(菅原清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。9番秋山善治郎君。 ◎9番(秋山善治郎君) 委員長にお伺いします。  私は請願第1号を継続審査にされた経緯について少しお伺いしたいと思います。  この請願は、もとより廃棄物の処理及び清掃に関する法律の第7条の第5号において、市町村等は許可するときの条件が定められておりまして、今、気仙沼市の新しく一般廃棄物の処理業者を認定するという経過になっていません。それで、今回の請願の理由にも書かれておりますが、自力で片づけやごみ出しが困難になる場合、特にごみ屋敷化になったところを片づける、個人が片づける場合、産業廃棄物許可を持っていても一般廃棄物の許可を持っていないと、その処理ができないという現実があるわけでありまして、そこは少し改善をする余地があるのではないかと思って請願を出したようであります。  市が収集している一般廃棄物の収集とは別に、個人の片づけの問題、いわゆるごみ屋敷化した問題について、しっかりと片づけていく方向についても対応すべきではないかと思っておりましたけれども、そこについての検討経緯についてお伺いしたいと思います。 ◎議長(菅原清喜君) 民生常任委員長公明村上 進君。 ◎民生常任委員長(村上 進(公)君) 秋山議員の御質問にお答えいたします。  委員会の中では、近所の高齢者のごみ出しについてはということでの委員の質問に、当局より、高齢者のごみ出しについて、去年ケアマネジャー対象にアンケートをとっていると。1,733世帯の利用者のうち、ごみ出しに困っている世帯は152世帯、その中の96%が介護福祉サービス等、支援を受けられている方が大半であるというので、今のところ困ってはいないという現状であるとの議論がありました。以上です。 ◎議長(菅原清喜君) 9番秋山善治郎君。 ◎9番(秋山善治郎君) 委員会においても、今後継続審査するよう議長に対してお取り計らいをお願いする報告もされておりますが、個人のいわゆるおうち1軒丸々片づけるとか、そのようなケースも含めてあるようでありますので、ぜひその辺を御検討お願いしたいと思います。終わります。(「なし」の声あり) ◎議長(菅原清喜君) これにて質疑を終結いたします。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの民生常任委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、委員長報告のとおり決しました。  なお、継続審査に決した請願は、閉会中の審査に付することといたします。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、産業経済常任委員長の報告を求めます。産業経済常任委員長秋山善治郎君。 ◎産業経済常任委員長(秋山善治郎君) 本議会において、産業経済常任委員会に付託されました議案について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第30号 気仙沼市森林環境譲与税基金条例制定について  ○議案第31号 気仙沼市市民農園条例制定について  ○議案第39号 気仙沼市本吉農村環境改善センター条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第40号 気仙沼市本吉放牧場条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第41号 気仙沼市水産振興センター条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第42号 気仙沼市漁港管理条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第43号 気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第44号 気仙沼市気仙沼駅前駐車場条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第45号 気仙沼市内湾地区駐車場条例の一部を改正する条例制定について 及び  ○議案第46号 気仙沼市市場条例の一部を改正する条例制定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも原案を可決すべきものと決しました。  ○議案第68号 平成30年度気仙沼市市場特別会計決算認定について 及び  ○議案第69号 平成30年度気仙沼市唐桑半島ビジターセンター事業特別会計決算認定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも認定すべきものと決しました。  ○議案第80号 令和元年度気仙沼市市場特別会計補正予算 は、当局より説明を徴し、審査の結果、原案を可決すべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。(「なし」の声あり)これにて質疑を終結いたします。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの産業経済常任委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、委員長報告のとおり決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、建設常任委員長の報告を求めます。建設常任委員長村上佳市君。 ◎建設常任委員長(村上佳市君) 本議会において、当委員会に付託されました議案について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第3号 市道魚町栄町線の路線変更について  ○議案第5号 道路舗装補修工事(その4)請負契約締結について  ○議案第6号 道路舗装補修工事(その5)請負契約締結について  ○議案第7号 道路舗装補修工事(その6)請負契約締結について  ○議案第8号 道路舗装補修工事(その7)請負契約締結について 及び  ○議案第9号 公共下水道雨水幹線(松崎片浜地区)函渠築造工事(その1)請負契約締結について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも同意すべきものと決しました。  ○議案第47号 気仙沼市下水道条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第48号 気仙沼市集落排水処理施設条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第56号 気仙沼市給水条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第57号 気仙沼市簡易水道給水条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第58号 気仙沼市簡易給水施設条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第59号 気仙沼市一般ガス供給条例の一部を改正する条例制定について  ○議案第60号 気仙沼市簡易ガス供給条例の一部を改正する条例制定について 及び  ○議案第61号 気仙沼市プロパンガス供給条例の一部を改正する条例制定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも原案を可決すべきものと決しました。
     ○議案第64号 平成30年度気仙沼市土地特別会計決算認定について  ○議案第70号 平成30年度気仙沼市公共下水道特別会計決算認定について  ○議案第71号 平成30年度気仙沼市集落排水特別会計決算認定について 及び  ○議案第72号 平成30年度気仙沼市簡易水道特別会計決算認定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも認定すべきものと決しました。  ○議案第81号 令和元年度気仙沼市公共下水道特別会計補正予算  ○議案第82号 令和元年度気仙沼市集落排水特別会計補正予算  ○議案第83号 令和元年度気仙沼市簡易水道特別会計補正予算  ○議案第84号 令和元年度気仙沼市水道事業会計補正予算 及び  ○議案第85号 令和元年度気仙沼市ガス事業会計補正予算 は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも原案を可決すべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。(「なし」の声あり)これにて質疑を終結いたします。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの建設常任委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、委員長報告のとおり決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、一般会計決算審査特別委員長の報告を求めます。一般会計決算審査特別委員長秋山善治郎君。 ◎一般会計決算審査特別委員長(秋山善治郎君) 本議会において、一般会計決算審査特別委員会に付託されました議案について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第63号 平成30年度気仙沼市一般会計決算認定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、認定すべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) お諮りいたします。ただいまの特別委員長の報告に対する質疑は、省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、質疑は省略することに決しました。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの特別委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、特別委員長報告のとおり決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、企業会計決算審査特別委員長の報告を求めます。企業会計決算審査特別委員長三浦由喜君。 ◎企業会計決算審査特別委員長(三浦由喜君) 本議会において、企業会計決算審査特別委員会に付託されました議案について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第73号 平成30年度気仙沼市水道事業会計決算認定について  ○議案第74号 平成30年度気仙沼市ガス事業会計決算認定について 及び  ○議案第75号 平成30年度気仙沼市病院事業会計決算認定について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも認定すべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) お諮りいたします。ただいまの特別委員長の報告に対する質疑は、省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、質疑は省略することに決しました。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの特別委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、特別委員長報告のとおり決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、一般会計予算審査特別委員長の報告を求めます。一般会計予算審査特別委員長村上佳市君。 ◎一般会計予算審査特別委員長(村上佳市君) 本議会において、当委員会に付託されました議案について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第76号 令和元年度気仙沼市一般会計補正予算 は、当局より説明を徴し、審査の結果、原案を可決すべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) お諮りいたします。ただいまの特別委員長の報告に対する質疑は、省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、質疑は省略することに決しました。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの特別委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、特別委員長報告のとおり決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、議案の上程でありますが、議案第87号から議案第89号の3カ件を一括して上程いたします。     ○議案第87号 都市計画道路市場中谷地線旧橋撤去工事請負契約締結について     ○議案第88号 都市計画道路潮見町赤岩五駄鱈線道路改良工事(その3)請負契約の             締結について     ○議案第89号 財産の取得について ◎議長(菅原清喜君) 提案理由の説明を求めます。市長菅原 茂君。 ◎市長(菅原 茂君) 本議会に追加議案を提案し、御審議をお願いするに当たり、その概要について御説明申し上げます。  議案第87号の都市計画道路市場中谷地線旧橋撤去工事請負契約締結については、当該路線の整備に伴い、旧気仙沼大橋の撤去などを行うことから工事請負契約締結するもので、制限付一般競争入札により決定した株式会社田名部組仙台支店を相手方とし、契約金額を7億4,520万円とする仮契約を今月25日に締結しております。  議案第88号の都市計画道路潮見町赤岩五駄鱈線道路改良工事(その3)請負契約締結については、被災した当該路線を拡幅改良することから工事請負契約締結するもので、制限付一般競争入札により決定した有限会社宮手舗装工業を相手方とし、契約金額を2億701万4,400円とする仮契約を今月25日に締結しております。  議案第89号の財産の取得については、市道菖蒲沢線外1路線の整備に伴い、事業用地として必要となる本吉町菖蒲沢、本吉町土樋下及び本吉町道貫地内の土地7,094.69平方メートルを取得するもので、同地所有者を相手方とし、取得価格を3,733万502円とする仮契約を今月12日に締結しております。  以上、提出議案について御説明申し上げましたが、御審議の上、御賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ◎議長(菅原清喜君) 議案精読のため、暫時休憩いたします。再開を午前10時40分といたします。      午前10時31分  休 憩 ───────────────────────────────────────────      午前10時40分  再 開 ◎議長(菅原清喜君) 再開いたします。  休憩前に引き続き会議を開きます。  これより議案の審議に入ります。  初めに、議案第87号都市計画道路市場中谷地線旧橋撤去工事請負契約締結についてを議題といたします。     ○議案第87号 都市計画道路市場中谷地線旧橋撤去工事請負契約締結について ◎議長(菅原清喜君) 本案は、建設常任委員会へ付託の予定であります。  補足説明を求めます。総務部長畠山 修君。 ◎総務部長(畠山 修君) それでは、議案書の1ページをごらん願います。  議案第87号都市計画道路市場中谷地線旧橋撤去工事請負契約締結について補足説明を申し上げます。  2ページをお開き願います。  あわせまして、別紙議案第87号参考資料(その1)工事請負契約書、(その2)入札調書を御参照願います。  議案書2ページでございます。  1、工事名は、都市計画道路市場中谷地線旧橋撤去工事であります。  2、工事場所は、気仙沼市本郷外1地内であります。  3、請負金額は、7億4,520万円であります。  4、受注者は、宮城県仙台市若林区伊在二丁目22番12号、株式会社田名部組仙台支店、取締役支店長鈴木 宏氏で、今月19日、制限付一般競争入札により決定したものであります。  5、仮契約年月日は、令和元年9月25日であります。  入札参加条件といたしましては、土木一式工事のAランクで、県内に本店または支店があり、特定建設業許可を有する業者とし、専任の主任技術者または監理技術者の配置を義務づけ、さらに過去10年以内に橋梁下部の撤去工事または整備工事を元請で受注し完了した実績を付したところであります。これらの条件により、入札に参加した業者は6社でありました。  3ページをごらん願います。  資料(1)工事概要であります。  1、工事内容は、復興に向けた都市計画道路の整備に伴い、旧気仙沼大橋の撤去工事などを行うものであります。  主な内容といたしましては、1)旧橋撤去工は、施工延長82.3メートル、上部工3径間、下部工4基、仮設工一式、2)護岸工は、施工延長28.2メートルコンクリートロック張り工220平方メートル、3)市道復旧工は、施工延長55.9メートル、排水工78メートル舗装工458平方メートルを施工するものであります。  2、竣工期限は、令和3年3月31日であります。  4ページは、資料(2)位置図で、丸で囲んだ範囲が施工箇所であります。  5ページは、資料(3)平面図であります。  6ページは、資料(4)旧橋撤去工の側面図及び断面図。  7ページは、資料(5)仮設工の平面図。  8ページは、資料(6)護岸工の断面図。  9ページは、資料(7)市道復旧工の標準断面図であります。  説明は以上でありますので、よろしくお願いを申し上げます。 ◎議長(菅原清喜君) これより質疑に入ります。9番秋山善治郎君。 ◎9番(秋山善治郎君) 2点についてお伺いしたいと思います。  1つは、入札参加条件の中に、県内に本店または支店があるということで今回も提案されておりますけれども、県内に本店、支店があるという意味するところはどこにあって、こういう条件をつけているのか。最近ですと、支店を気仙沼につくったばかりで、それは支店あるとなったりしているところもありますけれども、県内に本店また支店があるという条件の本来求めている意味って、一体何なのかについてお伺いしたいと思います。  それから、もう一つは、竣工期限なんですが、令和3年3月31日ということで、今回期限を設定してありますが、ここは河川堤防の場所とダブる場所でありますので、そういうほかの工事との調整という関係はどのようになっているのか、不思議に思っているんですけれどもね。こういうことでここの工事が令和3年3月31日であると、それが終わらないと進めない、河川堤防工事との調整というのは難しいのではないかと思うんですけれども、その調整はどのようになさったのかもお答えください。 ◎議長(菅原清喜君) 9番秋山善治郎君の質問に対し、当局の答弁を求めます。参事財政課長瀬戸洋幸君。
    総務部参事財政課長(瀬戸洋幸君) お答えいたします。  県内に本店または支店がある業者ということの意図するところなんですけれども、まず本来は市内に本店または支店という条件を付すべきところなんですけれども、そうすると業者がすごく限られてしまう。競争性を保つために少し県内という枠に広げるというようなこと、あとは入札の不落を防ぐために広げているということで、県内に本店、支店という条件を付しております。以上です。 ◎議長(菅原清喜君) 都市計画課長三浦永司君。 ◎都市計画課長(三浦永司君) お答えいたします。  周辺他工事との調整状況ということでございますが、こちらにつきましては、まず左岸側で南気仙沼地区の土地区画整理事業を実施しておりますので、それの関係で左岸側をまず陸の部分をURにおいて現在撤去済みとなってございます。それでもって気仙沼大橋の新橋を完成させまして、現在そちらを通行させながら、南郷側の高さへおりる調整の工事を幅員20メートル都市計画道路の範囲内でもって切り返しをしながら工事をしております。  そうした中で、今回旧橋撤去をするわけですが、県の河川堤防との調整につきましては、この工事に係る部分は旧橋撤去と一緒に市が護岸工を行うということで調整済みとなっておるところでございます。 ◎議長(菅原清喜君) 9番秋山善治郎君。 ◎9番(秋山善治郎君) そういたしますと、竣工期限との関係で再度質問いたしますが、県の河川堤防に支障のないようにこの工事は進めるということで理解したいと思います。  それから、先ほど最初に質問した県内に本店、支店、それは市内に本店、支店よりも幅を広げる、それはわかりました。ただ、その本店、支店を設置してから何カ月間たたなきゃならないとか、そういう条件というのはこれなくていいのかどうか、少し検討していかないといけないのではないかと思うんですが、そういうことは全く配慮しなくていい問題なんでしょうか。支店が県内に設置されれば、すぐにそれは契約条件に合うということで私たちが判断していいのか、それとも一定程度の市民権といいますか、そこに支店を置いて活動した、事業をしたという実績を見なきゃならないのか、その辺の御判断はどのようにしているか、お伺いします。 ◎議長(菅原清喜君) 参事財政課長瀬戸洋幸君。 ◎総務部参事財政課長(瀬戸洋幸君) お答えいたします。  支店を置いたときからすぐにでもいいのかという御質問だと思うんですけれども、1つは、創業してから1年以上というルールがあります。そして、支店をどこに置いたというのは、そういう何年とかというルールはございません。ただし、指名登録業者として届け出があって、こちらで審査して基準に合っていれば登録するということでありますので、いつまで、何年間必要というルールはございません。以上です。 ◎議長(菅原清喜君) 市長菅原 茂君。 ◎市長(菅原 茂君) 本来、市内本支店だとか、県内本支店というのは、なるたけ公共工事地域内の経済循環につなげようという考え方があるんだと思います。技術が十分であれば、なるたけ域内にお金を回していくということだと思います。そういう意味で、今回は工事の規模から県内ということにしました。その折に、旧来から県内を中心に育ってきた企業と、外から来て東北支店または仙台支店等の名前で宮城県を中心の仕事も手がけているというケースがあると思いますけれども、手がけているということにつきましては、支店を持つ前から手がけているケースと支店を最初につくって、それから頑張るという両方のケースがあるんだと思います。そこの線引きというものがなかなかできないという中で、本市では形の上では店があるということで基準とせざるを得ないと考えておりますけれども、基本とする考え方としては、ほかから来た企業であっても登録をベースにすることによって、結果的に地域経済循環に寄与しているだろう、また、するだろうということを期待しているものであります。 ◎議長(菅原清喜君) よろしいですか。20番小野寺俊朗君。 ◎20番(小野寺俊朗君) 旧気仙沼大橋の撤去工事ということであるんですが、図面を見て、平面図があって、この黒く網かけしたところが工事範囲ということであるんですが、川の中はわかるんですが、こちらの旧市道の部分のところが黒く塗られていて、2)′の断面図があるんですけれども、そこはわかるんですが、この川のほうに近づいたところの道路が広くなるのかなと思いながら見ているんですけれども、どういうふうになるのか、この図面だけでよくわからなくてお聞きしたいと思います。この2)-2)′のところの道路幅員と、この1)と書かれているところの幅員が随分違うのではないかなと思うんですが、その辺どういう工事になるのか、教えていただきたいと思います。 ◎議長(菅原清喜君) 20番小野寺俊朗君の質問に対し、当局の答弁を求めます。都市計画課長三浦永司君。 ◎都市計画課長(三浦永司君) お答えいたします。  こちら、アーバン様前の市道のところの直角に曲がるところでございますが、こちらについては、4メートルほどの市道でございますが、直角に曲がるところにつきましては、若干広がるような形で今回整備を進めるものでございます。 ◎議長(菅原清喜君) 20番小野寺俊朗君。 ◎20番(小野寺俊朗君) 若干というお話なのですが、よくわからないので、断面図、この1)のところの、今、1)-1)′のやる断面図と直角になる、要するに川に並行になるところの断面図も今ので少しだけ広くなるというイメージでお話ししているので、そのイメージがわかるような断面図を示してもらいたいなと思うんですけれども、いかがでしょうか。 ◎議長(菅原清喜君) 当局は出せますか。都市計画課長三浦永司君。 ◎都市計画課長(三浦永司君) お時間を少しいただいて、準備させていただきたいと考えております。 ◎議長(菅原清喜君) よろしいですか。20番小野寺俊朗君。 ◎20番(小野寺俊朗君) いずれよくわからないので、委員会審査にお任せしますけれども、よくわからない図面になっているので、いつの時点でもいいのでぜひ教えていただきたいと思います。 ◎議長(菅原清喜君) これにて質疑を終結いたします。  議案第87号は、建設常任委員会に付託いたします。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、議案第88号都市計画道路潮見町赤岩五駄鱈線道路改良工事(その3)請負契約締結についてを議題といたします。     ○議案第88号 都市計画道路潮見町赤岩五駄鱈線道路改良工事(その3)請負契約の             締結について ◎議長(菅原清喜君) 本案は、建設常任委員会へ付託の予定であります。  補足説明を求めます。総務部長畠山 修君。 ◎総務部長(畠山 修君) それでは、議案書の10ページをお開き願います。  議案第88号都市計画道路潮見町赤岩五駄鱈線道路改良工事(その3)請負契約締結について補足説明を申し上げます。  11ページをごらん願います。  あわせて、別紙議案第88号参考資料(その1)工事請負契約書、(その2)入札調書を御参照いただきたいと思います。  11ページで御説明をいたします。  1、工事名は、都市計画道路潮見町赤岩五駄鱈線道路改良工事(その3)であります。  2、工事場所は、気仙沼市赤岩港外2地内であります。  3、請負金額は、2億701万4,400円であります。  4、受注者は、宮城県気仙沼市岩月箒沢36番地3、有限会社宮手舗装工業代表取締役吉田信雄氏で、今月19日、制限付一般競争入札により決定をしたものであります。  5、仮契約年月日は、令和元年9月25日であります。  入札参加条件といたしまして、土木一式工事のAランクで、県内に本店または支店があり、特定建設業許可を有する業者とし、専任の主任技術者または監理技術者の配置を義務づけたところであります。これらの条件により、入札に参加した業者は3者でありました。  12ページをお開き願います。  資料(1)工事概要であります。  1、工事内容は、復興に向けた産業経済活動の活性化を図るため、被災地域都市計画道路を拡幅改良するものであります。  主な内容といたしましては、施工延長280メートル、幅員20メートル。1)道路土工は、盛り土工9,600立方メートル、2)地盤改良工6,932平方メートル、3)排水構造物工は、側溝工1,099メートル、管渠工118メートル、集水桝43基、4)舗装工は、車道部2,996平方メートル、歩道部2,172平方メートル、5)迂回路工一式、6)市道取付工一式であります。  2、竣工期限は、令和3年3月31日であります。  13ページは、資料(2)位置図で、丸で囲んだ範囲が施工箇所であります。  14ページは、資料(3)平面図。  15ページは、資料(4)標準断面図であります。  説明は以上でありますので、よろしくお願いいたします。 ◎議長(菅原清喜君) これより質疑に入ります。(「なし」の声あり)これにて質疑を終結いたします。  議案第88号は、建設常任委員会に付託いたします。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、議案第89号財産の取得についてを議題といたします。     ○議案第89号 財産の取得について ◎議長(菅原清喜君) 本案は、建設常任委員会へ付託の予定であります。  補足説明を求めます。建設部長佐々木 守君。 ◎建設部長(佐々木 守君) それでは、議案書の16ページをお開き願います。  議案第89号財産の取得について補足説明を申し上げます。  本案は、予定価格が2,000万円以上で面積が5,000平方メートル以上の土地の取得に該当いたしますことから、地方自治法第96条第1項第8号及び気仙沼市議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会議決を必要とするため、御提案申し上げるものです。  17ページをごらん願います。  あわせて、議案第89号参考資料をごらん願います。  1、取得の目的は、市道菖蒲沢線外1路線道路整備であります。  2、土地の所在は、気仙沼市本吉町菖蒲沢165番、171番3の各一部、気仙沼市本吉町土樋下226番、227番1、235番、239番1、239番2の各一部、気仙沼市本吉町道貫18番4、18番5、47番1、54番1の各一部で、3、取得面積は、7,094.69平方メートルであります。  4、取得金額は、3,733万502円で、5、取得の相手方は、記載のとおりであります。  6、仮契約年月日は、令和元年9月12日であります。  18ページをごらん願います。  資料(1)位置図であり、19ページは資料(2)平面図であります。  以上のとおりでございますので、よろしくお願い申し上げます。 ◎議長(菅原清喜君) これより質疑に入ります。9番秋山善治郎君。 ◎9番(秋山善治郎君) 1点だけお伺いします。  今回のこの市道の整備に当たって、土地を購入するということはわかりました。ただ、地番の一部を取得するということで提案されておりますが、そういたしますと、分割登記の手続が出てくると思います。その分割登記の手続の費用は、この3,700万円の中に入っているんでしょうか。それはまた別な形で費用は負担するということになるんでしょうか。そこについてお伺いしたいと思います。 ◎議長(菅原清喜君) 9番秋山善治郎君の質問に対し、当局の答弁を求めます。用地課長伊藤隆元君。 ◎用地課長(伊藤隆元君) お答えいたします。  土地の一部ということで、用地課で分筆を行いまして、費用等はかかりません。地権者さんの費用はかかりません。以上でございます。 ◎議長(菅原清喜君) 9番秋山善治郎君。 ◎9番(秋山善治郎君) いわゆる法務局に対する登記の手続も全部市役所の用地課で行うということでよろしいんですか。 ◎議長(菅原清喜君) 用地課長伊藤隆元君。 ◎用地課長(伊藤隆元君) そのとおりでございます。 ◎議長(菅原清喜君) 7番熊谷一平君。 ◎7番(熊谷一平君) それでは、私からは、1点、土地の価格についてお伺いします。  3,700万円で7,000平米ということですから、地目の差はありますけれども、ざっくりしても1平米当たり5,200円くらいという水準は、これはやはり本市の地価水準から比べれば高いものだと言わざるを得ないと思っておりますけれども、ほかの工事についてもやはり土地の買収価格、あとは工事費の増額というのはあるかと思いますが、今回のこの買収の件について、どのように土地の金額、単価を設定したのか、その手続をどのようにやっているのかという点と、あとは高くなっているとは私は考えておりますけれども、このような単価水準になった背景というのを分析なさっているのであれば、考えをお聞かせ願います。 ◎議長(菅原清喜君) 7番熊谷一平君の質問に対し、当局の答弁を求めます。用地課長伊藤隆元君。 ◎用地課長(伊藤隆元君) お答えいたします。  今回の評価につきましては、宅地、農地、それから林地という格好で不動産鑑定をかけまして、その不動産鑑定というのが、今回算定したものは平成29年3月1日時点のものでありまして、そこから平成31年1月1日現在の時点修正というものを行いまして、評価を見直したところでございます。  それから、今回の土地に関しましては、農地がほとんどであります。それから、宅地につきましても、288.18平米ほどありますし、その中で、先ほど申し上げましたとおり、宅地、農地、林地という格好での評価となってございまして、その鑑定に基づきまして単価を設定しているところでございます。以上です。 ◎議長(菅原清喜君) 7番熊谷一平君。 ◎7番(熊谷一平君) もう1点お聞きしたかったのが、その単価水準になっていると。幾らかは多分お答えできないと思いますけれども、その水準になった背景というものをどう分析なさっているかというのは御説明いただけますでしょうか。 ◎議長(菅原清喜君) 用地課長伊藤隆元君。 ◎用地課長(伊藤隆元君) お答えいたします。  この単価につきまして、平成29年時点でございまして、それを1年10カ月ほどたった時点での金額というものを出させていただきまして評価を行ったところですし、分析ということでございますけれども、この評価した土地に対しましては、横ばいから……、失礼いたしました。宅地については102%、それから……。失礼いたしました。周辺の取引事例に基づいて取得しております。土地の単価については、先ほど話したとおりで、平成29年の評価をもとに時点修正を行ったという考えでございます。平成29年時点と現在の時点修正を行ったところは同水準であると評価しております。失礼いたしました。 ◎議長(菅原清喜君) 7番熊谷一平君。 ◎7番(熊谷一平君) 時点修正も考慮した上での金額ということで承知いたしました。  どうしても周りに高い取引事例があると、それに引っ張られてしまうのはやむを得ないといことなのかなと理解しておりますけれども、手法としては不動産鑑定をかけたということで私はある程度の客観性が保てたのかなと考えております。高い金額、市民の方にも御協力いただいたということですので、道路建設と今後の維持管理、しっかりお願いしたいと思います。以上です。 ◎議長(菅原清喜君) 建設部長佐々木 守君。 ◎建設部長(佐々木 守君) 今、高い売買事例によって、それに影響を受けるのではないかというお話をいただきましたけれども、不動産鑑定につきましては、専門の鑑定士さんにお願いをして、鑑定士さんが売買事例等を周辺からもしあればそれは参考にしております。  それで、今回のその震災によりまして、売り急ぎ、買い急ぎということで、通常の価格よりも著しく価格が違っていた場合につきましては、それらについても鑑定士さんのほうで、では適正な値段は幾らかというところ、そこを導き出しまして、それらを参考にして鑑定をしておりますので、どうしても震災後、いろいろな形で土地の取引があったものですから、それらによってまちまちな価格というのはどうしても出てしまっておりますので、そこは専門家の鑑定士さんにお願いをして、こういう事情があったのではないかというところを踏まえて、適切な価格を導き出していただいておりますので、そのような形で交渉には臨んで御理解をいただいているところであります。以上です。 ◎議長(菅原清喜君) 用地課長伊藤隆元君。 ◎用地課長(伊藤隆元君) 先ほど宅地について、面積を「170平米」と申しましたけれども、2筆で「288.18平米」ということで訂正させていただきたいと思います。失礼いたしました。
    議長(菅原清喜君) よろしいですね。(「承知しました」の声あり)6番及川善賢君。 ◎6番(及川善賢君) これは震災後、農道の混雑とかいろいろ拡幅をお願いした経過がありますけれども、岩井崎のほうに抜けると、参考資料で通りはわかりました。  19ページ目の道貫54の1、一部取得するんですけれども、この空白、何と表現したらいいんですかね。空白、菖蒲沢のため池の下の空白の土地ありますよね。これはどういうことですかね。農道の拡幅、それとも橋をかける関係上、橋も五、六十メートルの橋になるのかな。この空白はどういうことでしょうか。 ◎議長(菅原清喜君) 6番及川善賢君の質問に対し、当局の答弁を求めます。土木課長菅原通任君。 ◎土木課長(菅原通任君) お答えします。  19ページの平面図でございますけれども、この空白の部分なんですが、ここにつきましては買収を行わないということで御相談させていただいております。 ◎議長(菅原清喜君) 6番及川善賢君。 ◎6番(及川善賢君) 買収を行わないって、買収をしなくても橋はできると。そして、農道近辺は買収するんですけれども、この農道の拡幅も考えているんですか。何だか空白の上の部分は買って、どうしてですか。本人が売らないのか、うちは買う必要がないということなんですか。 ◎議長(菅原清喜君) 土木課長菅原通任君。 ◎土木課長(菅原通任君) お答えします。  本人と御相談をさせていただきまして、一部岩尻縦貫の拡幅もございますし、橋梁の部分の拡幅もございます。そうした場合に、ここの部分につきましては、一応用地的には残すというような形で進めております。 ◎議長(菅原清喜君) これにて質疑を終結いたします。  議案第89号は、建設常任委員会に付託いたします。  常任委員会開催のため、暫時休憩いたします。再開を常任委員会終了後といたします。      午前11時12分  休 憩 ───────────────────────────────────────────      午前11時50分  再 開 ◎議長(菅原清喜君) 再開いたします。  休憩前に引き続き会議を開きます。 ◎議長(菅原清喜君) これより常任委員会に付託しておりました議案について、審査の経過及び結果の報告を求めます。  建設常任委員長の報告を求めます。建設常任委員長村上佳市君。 ◎建設常任委員長(村上佳市君) 本議会において、当委員会に付託されました議案について、その審査の結果を御報告いたします。  ○議案第87号 都市計画道路市場中谷地線旧橋撤去工事請負契約締結について  ○議案第88号 都市計画道路潮見町赤岩五駄鱈線道路改良工事(その3)請負契約締結について 及び  ○議案第89号 財産の取得について は、当局より説明を徴し、審査の結果、いずれも同意すべきものと決しました。  以上のとおりでありますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。(「なし」の声あり)これにて質疑を終結いたします。  これより討論に入ります。(「なし」の声あり)これにて討論を終結いたします。  これより採決いたします。ただいまの建設常任委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、委員長報告のとおり決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、総務教育、民生、産業経済の各常任委員会及び議会運営委員会から、閉会中の所管事務調査報告書が提出されており、お手元に配付いたしておりますので、御報告いたします。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、総務教育、民生、産業経済建設の各常任委員会及び議会運営委員会から、お手元に配付のとおり閉会中の所管事務調査付託の申し出があります。  お諮りいたします。申し出のとおりこれを承認することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、申し出のとおりこれを承認することに決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 次に、議員派遣の件を議題といたします。  お諮りいたします。宮城県議会議長会秋季定期総会出席に係る議員派遣について、お手元に配付のとおり承認することに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◎議長(菅原清喜君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣の件は承認することに決しました。 ◎議長(菅原清喜君) 以上で、提出されました議案の全部を議了いたしましたので、これをもちまして第104回気仙沼市議会定例会閉会いたします。  大変御苦労さまでした。      午前11時53分  閉 会 ───────────────────────────────────────────   地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。  令和元年9月30日                    気仙沼市議会議長  菅 原 清 喜                    署 名 議 員   小 山 和 廣                    署 名 議 員   今 川   悟 このサイトの全ての著作権気仙沼市議会が保有し、国内の法律または国際条約保護されています。 Copyright (c) KESENNUMA CITY ASSEMBLY MINUTES, All rights reserved....