327件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

志摩市議会 2019-03-27 平成31年議会運営委員会( 3月27日)

平成30年度においては、議会のICT化によりますタブレットを活用したデモ開催を行いましたし、また、新年度においては、先進地視察のほうも計画をされております。今回のような指摘がありますと、当初から心配されていたとおり、使い方の問題が生じてきます。  携帯品の議場内の持ち込みは、議会の秩序の問題でありますので、議長は秩序の保持権を有していることから、持ち込みを許可することも難しくなってきます。

亀山市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第6日 3月12日)

ちなみに昨年度でございますが、税務研修とICTのエクセル研修をそれぞれ1名ずつ受講いただいているところでございます。 ○議長(小坂直親君)  中島議員。 ○2番(中島雅代君)(登壇)  非常勤職員、臨時職員でも受けられる研修があったんですね。  私、市役所と学校で臨時職員と非常勤職員、両方経験いたしましたけれども、どちらも特に研修はなく、引き継ぎがあっただけでした。

亀山市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第2日 3月 6日)

平成の30年間、市長の施政方針にもありましたが、経験したことのないような大規模災害が各地で起こり、少子・高齢化の進展やICTの普及など、私たちの生活は大きな変化を余儀なくされました。  また、亀山市は合併から15年目を迎えます。

川越町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1日 3月 4日)

当事業により、学習用端末、いわゆるタブレット端末を一定数整備するとともに、各教室に電子黒板等を整備し、あわせて、通信設備の無線化及び高速化を行い、また、利用環境の整備だけではなく、ICT支援員を配置するなど、小・中学校における総合的なICT環境を整備し、学習意欲の向上、基礎学力の向上に取り組んでまいります。  

志摩市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2号 2月28日)

(9)学校ICT環境整備事業では、小・中学校においてICTによる学習活動の充実を図るため、普通教室の無線LAN環境の整備、及びタブレット端末購入経費として、9,656万2,000円を計上いたしました。  3、教育財産管理費(1)学校施設等解体撤去事業では、用途廃止となった旧片田小学校の解体撤去に伴う実施設計や旧的矢小学校の解体撤去工事の経費として、1億3,196万3,000円計上しております。  

志摩市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1号 2月27日)

学校教育の推進につきましては、新学習指導要領に「各学校において、情報通信ネットワークなどを活用するために必要な環境を整え、これらを活用した学習活動の充実を図ること」が明記されるとともに、小学校から、プログラミング教育が必修化されるなど、ICTを活用することが想定されております。

志摩市議会 2019-02-18 平成31年全員協議会( 2月18日)

ナンバー3、学校ICT環境整備事業では、今後さらなる小中学校の教育における積極的なICTの活用が求められることから、各学校の普通教室等の無線LAN環境の整備及びタブレット端末の整備を実施するため、9,656万2,000円計上しています。  

桑名市議会 2019-01-07 平成31年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2019-01-07

4、効率的な業務体制の推進と改善につきましては、継続的に業務改善に取り組む組織風土を醸成するとともに、ICTなどの活用による効率的な業務の執行に当たることや、病院機能評価の受審などの外部評価に基づき業務運営の改善に努めること。5、収入の確保につきましては、質の高い医療を安定的に提供できる経営基盤を確立するため、収入の確保に取り組むこと。

桑名市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26

また、ICTを活用した多言語対応の検討の一環として、一部の窓口業務において総務省が推奨します多言語翻訳アプリを活用し、窓口対応への有用性を検証しているところでございますが、多言語翻訳アプリでの対応が困難な場面もございます。これらを補完する手法について検討する必要があると考えております。  

伊賀市議会 2018-12-25 平成30年第 5回定例会(第6日12月25日)

以上の理由から、議会制民主主義の議員定数削減は議会の進化を示していないものの、IT化やICT化、また近隣市議会及び全国の市議会の動向からも減員の方向は否めず、議会基本条例に基づく改正が行われるまでの間、激変緩和的措置の意味からも3人を減じ21人に改正しようとするものであります。  以上、よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(岩田佐俊君)  説明が終わりました。

桑名市議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25

私ども教育委員会といたしましては、新学習指導要領の実施に向け、今後、従来行ってまいりましたパソコンルームの整備などに加えまして、タブレット端末や、大型提示装置、校内LAN、プログラミングロボットなどといったICTの環境整備を一層進めてまいりたいと考えておるところでございます。  

桑名市議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-12-19

日々、目まぐるしい速さで進化している技術革新のAI、RPAやICT等を効率的に業務に取りこむことで働き方改革にもつなげることができ、また、単純手作業に携わる職員の負担を軽減し、政策の企画立案など、職員でなければできない業務に注力できるようにすることが重要になってくると考えます。

伊賀市議会 2018-12-13 平成30年予算常任委員会(12月13日)

第4項児童福祉費、第2目児童措置費の市立保育所等補助金では75万円を増額していますが、国の保育対策総合支援事業費補助金を財源に、保育士の業務負担軽減を図るため、府中保育園のICT化推進を支援する業務効率化推進事業費補助金を計上しています。  46、47ページをごらんください。  

亀山市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会(第5日12月13日)

確かにオープンデータとかというふうになってきますと、かなりの人的労力、いろんな面で大変だなと思いますので、今回ICTのことについて質問させていただいたことにつきましては、特にその中でもICTの活用に優先順位をつけて、これだけはやっておいたほうがいいのではないかということについて質問をさせていただきたいと思います。  

菰野町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4日目12月12日)

そこで、提案したいのが、農業のICT化補助です。  先ほどの質問でも少しふれましたけども、どの分野でも本当に人手不足です。ほかにもれず、農業も人手不足の中、離農者がふえれば、農地の集約がどんどん進んでいきます。農業者の方は農地がふえた分だけ人手も必要になりますが、そこをICTの力を借りて、効率化、高品質化を考えることができてます。  

亀山市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会一般質問一覧

地域予算制度について  (1)地域活性化支援事業補助金について  2 地域まちづくり研修について  3 地域担当職員制度について  4 地域担い手研修について  5 今後のまちづくり協議会と行政との関係について 亀山市ICT利活用計画について  1 これまでの亀山市の取り組み状況について  2 大規模災害に備えたICT

四日市市議会 2018-11-01 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文

認知症の本人や家族にとっては当然ですが、支える側にとっても早期に発見できる仕組みを整えることができれば大きな安心につながることは間違いなく、以前にもお聞きしましたが、全国的に導入が進んでいるICTの活用による捜索機能を本市も充実させるべきであります。  

四日市市議会 2018-11-01 平成30年11月定例月議会〔附録〕

13    小林博次       無会派(無所属クラブ) 25分        1.中心市街地の活性化について  14    森川 慎       リベラル21       60分        1.小中学校の通学かばん等の現状、対応について        2.市職員の働き方について  15    藤田真信       リベラル21       45分        1.プログラミング教育及びICT