254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-09-10 令和元年第 5回定例会(第3日 9月10日)

時間がありませんので、最後の公共施設への磁気ループ設置推進についてですけども、この磁気ループというのは、平成30年5月から、ヒアリングループと改称しているという御指摘を当局にいただきましたので、ヒアリングループという名称を使うことにして、この議場にはヒアリングループにかわるFM補聴システム設備が常設されておりますので、難聴の方々を初め聴覚障がいのある方々にも補聴器で対応できる方についてはぜひお越しいただけたらと

いなべ市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日 6月 6日)

また、かなり前になりますが、いなべFMの問題がメディアを大いに揺るがしたことがございました。あれに関しては、問題が起こってから後、いろいろな改善が行われていますので、ここで大きく取り上げませんが、ただ、あの問題があってか、一説によると、指定管理者というか、業務受託者が委託金の積算根拠に関して東海通信局から指導があったと、一種の虚偽めいたことがバックにあったことがささやかれております。

四日市市議会 2019-02-05 平成31年2月定例月議会(第5日) 本文

その他、いろいろな出前講座、市の広報誌、ホームページ、FMラジオ等のいろんな広報媒体を使っておりますけれども、この必要性については、周知を図っていくとともに協力を求めてまいりたいと思っております。  それから、議員からご紹介のありましたスマートフォン用アプリのさんあ~る、これは平成29年9月から配信しておりますが、現在の登録者数は6482件という状況でございます。

菰野町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4日目12月12日)

おしらせ版や広報、あるいは回覧、FM防災ラジオなど、さまざまな手段を通じてですね、周知徹底を図るように求めておきます。  次に、窓口の無料化の実施についてでございます。  資料の4を出してもらえますか。  これは、医師会のホームページ、資料4の2出してもらえますか。資料4の2。ちょっと上のほう。  これ、ちょっと右へ行ってもらえますか。  平成30年9月1日現在であります。  

いなべ市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第3日 6月 8日)

一時期のFM放送の件やにぎわいの森より、この調整区域の相談が多いのです。  調整区域に係る土地を持っている住民にとっては、本当に切実な問題で、土地保有者自身もだんだん高齢になり、調整区域の土地を一体どうしたらよいのか。子孫にはこのまま残せない。一生固定資産税だけを払い続け、利用できないのでは、本当に情けない。不動産屋に相談しても十分な解決案は得られず、ちっとも動いてもらえない。

いなべ市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2日 6月 7日)

大規模災害が起こりますと、臨時災害FM放送局を立ち上げることができます。いなべ市の場合は今のFMがそのまま臨時災害局に移行するわけですけども、そういった場合には、今のコミュニティーに使っている送信機では無理がございますが、送信機を変え、東海総通に申請することにより、最大100ワットの出力アップをいただけると聞いております。  

四日市市議会 2018-02-01 平成30年2月定例月議会〔附録〕

FM三重に配信を依頼した避難   情報等を自動起動・最大音量にて放送する。三重県内に震度5強以上の揺れが予想され   る場合は、緊急地震速報に連動して放送を行う。  ・CATV    危機管理室からの情報に基づきCTYの放送に乗せて広報を行う。データ放送につい   ては、危機管理室内のパソコンから情報発信を行うことが可能。  

菰野町議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2日目 9月11日)

当町と四日市市は、双方とも、CTY―FM電波を活用して、災害時の緊急情報の発信を行っております。  また、当町の防災ラジオはJアラートからの情報を受信した際に、自動的に電源が入り、最大音量で緊急情報放送する仕組みとなっているため、四日市市が行ったJアラートの機器操作の影響を受けました。  

菰野町議会 2017-09-04 平成29年第3回定例会(第1日目 9月 4日)

義務的経費では、臨時福祉及び年金生活者支援給付金の給付及び障害者自立支援給付に係る扶助費の増加並びにコミュニティFM緊急割込放送設備整備事業に係る緊急防災減災事業債及び平成24年度借り入れの臨時財政対策債に係る元金償還の開始による公債費の増加等により、前年度と比較し、4.1%の増となっております。  

鈴鹿市議会 2017-08-17 平成29年広報広聴会議( 8月17日)

最後に報告会の広報,周知方法ですけれども,前回同様,チラシ・ポスターの配布,広報すずか・議会ホームページ・市のホームページでの告知,ケーブルネット鈴鹿での告知,鈴鹿ヴォイスFMでの告知,記者クラブへの資料提供などにて周知を行います。また今回,チラシの設置箇所の拡大といたしまして,子育て世代にも参加をお願いしていくために市内の市立保育所(開催地区)で配布してはどうかと考えております。  

鈴鹿市議会 2017-03-21 平成29年各派代表者会議( 3月21日)

○後藤議長  コカ・コーラボトラーズジャパン自動販売機に同報無線を取りつけて,それを展開していくというFMヴォイス鈴鹿がやり始めた事業をプレス向けに――まだ置いてありましたか,もう撤去したかな,1週間ぐらい展示するというものがあったんです,プレス向けの。そこに参加させていただきました。挨拶はと言われたんですけど,そんな必要はないと言って断りました。  

いなべ市議会 2017-03-14 平成29年第1回定例会(第5日 3月14日)

総務部長(瀬古忠光君)  それでは、私からは、(3)FM放送運営補助金3,200万円の内訳でございます。  コミュニティFM事業が防災伝達情報システムとして機能を維持するために必要な運営費として平成29年度は3,200万円の予算を計上させていただいております。  この3,200万円の内訳としては、6名のスタッフ及びパーソナリティーの人件費が約2,400万円で補助金の大半を占めております。

菰野町議会 2017-03-13 平成29年第1回定例会(第5日目 3月13日)

学校施設耐震化やコミュニティFM緊急割込放送設備の整備といった町民の安全・安心の確保に係る取り組みや幼保園の整備など、各種課題への対応から、年々、基金残高は減少し、町債残高は増加している状況となっております。  ただし、平成23年度以降、町債残高の過半を占めるのは、地方財政収支の不足額を補てんする臨時財政対策債であります。  

いなべ市議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第4日 3月 9日)

避難準備情報などの生命にかかわる防災情報伝達につきましては、エリアメールの配信やホームページへの掲載、また、いなべFMを活用した周知を行っております。  しかし、気象庁が発表する警報については、このような方法による情報の提供は行っておりません。  三重県防災対策部では、気象庁の発表とシステム連動した地震速報や警報などの防災情報をリアルタイムでメール配信するサービスが行われております。