運営者 Bitlet 姉妹サービス
304件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 亀山市議会 平成31年 3月定例会(第6日 3月12日) ○総合政策部長(山本伸治君)(登壇)  非常勤職員の研修につきましては、職場研修としまして、配属先において業務を遂行する中で必要な知識を習得していただいているほかに、職場外研修といたしまして、本人の申し出に応じて、IC情報処理研修など、三重県市町総合事務組合の実施する研修を受講していただいております。   もっと読む
2019-02-18 志摩市議会 平成31年全員協議会( 2月18日) ナンバー3、学校IC環境整備事業では、今後さらなる小中学校の教育における積極的なICTの活用が求められることから、各学校の普通教室等の無線LAN環境の整備及びタブレット端末の整備を実施するため、9,656万2,000円計上しています。   もっと読む
2018-12-26 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26 これから行っていくIC、プログラミング教育の中身、そのデメリット、これをどのように考えているのか。また、その克服方法、これを教育方針の中でどのように補っていこうとしているかということで、これは名指しで済みませんが、教育長の熱い答弁を期待しております。よろしくお願いします。 もっと読む
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 プログラミング教育実施には、IC環境の充実とか、教員の研修とか、指導体制の充実などの準備が必要となっておりますけれども、移行期間もあと1年となりました。そこで、進捗状況をお聞かせいただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-13 亀山市議会 平成30年12月定例会(第5日12月13日) 亀山市IC利活用計画について、これまでの亀山市の取り組み状況についてということですが、まずICTの利活用計画というのが29年4月から実施されております。これまでのIC利活用に関する亀山市の取り組みについて、まずお聞きしたいと思います。 ○議長(小坂直親君)  山本総合政策部長。 もっと読む
2018-12-01 亀山市議会 平成30年12月定例会一般質問一覧 人事評価について 3 豊田 恵理 地域まちづくり協議会について  1 地域予算制度について  (1)地域活性化支援事業補助金について  2 地域まちづくり研修について  3 地域担当職員制度について  4 地域担い手研修について  5 今後のまちづくり協議会と行政との関係について 亀山市IC もっと読む
2018-11-19 志摩市議会 平成30年全員協議会(11月19日) この広くなろうが、狭くなろうが、この逆の擁壁は必ず要るんですよ、これは。そやで、狭めようが、狭めても、土量が安くなるだけのことやで、何にもそんなに変わりませんよ。そやで、ソメイヨシノ8本、そこら、サザンカ5本、切ってもらったら、それらもきちんとこの雑工の中で植えてもらわないかん。  そういう中で、それだけ費用対効果があるんかということですよ。駐車場拡張。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第3日) 本文 企業の次の投資が北上市に移りました。また、他市に移転する企業も散見をされております。既存企業へのアプローチが不足をしているんじゃないかなというふうに思います。  企業誘致の市の考え方、どのような取り組みを行っているのか。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第4日) 本文 音楽では、創作用のICツールを活用しながら、音の長さや高さの組み合わせなどを試行錯誤し、音楽をつくる学び、図画工作では、表現しているものをプログラミングを通じて動かすことにより、新たな発想や構想を生み出す学び、特別活動やクラブ活動において実施と、そういったものを想定しています。   もっと読む
2018-09-27 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月27日) 最低限必要とされ、かつ優先的に整備すべきIC環境を示した教育のICT化に向けた教育環境整備5か年計画(2018年〜2022年)で、学習者用コンピュータを3クラスに1クラス分程度整備することなどを目標としていますが、志摩市は目標値に届くのが厳しい状況です。  文科省では、整備に必要な経費については、2017年から2022年度まで、単年度1,805億円の措置を講ずるとしています。 もっと読む
2018-09-26 志摩市議会 平成30年議会改革特別委員会( 9月26日) ○議長(中村和晃) その連絡のところで、今度、10月15日にICタブレットの研修ということでお願いしているのですけれども、それ、事前に僕と副委員長のほうで研修に行かせていただいたのですが、そのタブレットのシステムの中に、連絡とかっていう部分もありまして、ラインみたいに、この連絡を事務局が送って、それを見たかどうかという部分も把握できるようなシステムが一つ、その中に組み込まれています。   もっと読む
2018-09-12 いなべ市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月12日) 授業中の支援では、教員とともに実際の授業に入り、教員のIC機器の操作を支援します。  また、時には児童のIC機器の操作を支援する場合もあるかと思います。  研修会等の支援については、IC機器の操作方法や各教科におけるIC機器の効果的な活用方法など、教員を対象とした研修会を行う予定でございます。   もっと読む
2018-09-11 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-11 まず初めに、子供たちの学習環境の充実のため、学校のIC環境を整備するための事業を進めているところです。  また、子供たちが安全・安心な学校生活を送るため、地震対策として、校舎や体育館の耐震工事を初め、窓ガラス飛散防止フィルムの設置工事を進めてきたところでございます。  さらに、子供たちの快適な環境整備のためのトイレ改修工事を、国の補助を受けて順次整備を進めてきております。   もっと読む
2018-09-10 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-09-10 IC環境下での教育が本格稼働となるため、その整備が求められています。また、学校をめぐる災害対策も急がれます。  加えて、ことしの夏以降の異常とも言える気候に備えることも強力に求められています。  そこで、桑名市として直近の教育施策での優先順位について所見をお聞かせいただきたいというふうに思います。 もっと読む
2018-09-06 いなべ市議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月 6日) なお、いなべ市では全小学校に電子黒板とタブレット端末が整備され、あわせてIC企業からICT教育専門の支援員(ICT支援員)を確保できましたので、コンピュータを使ったプログラミング教育をより一層進めることができます。  次に、④本年度から先行実施となった特別活動や総合的な学習の時間の授業についての位置づけ、その修正や課題についてお尋ねいただきました。   もっと読む
2018-09-06 亀山市議会 平成30年 9月定例会(第3日 9月 6日) 現在、亀山市ではIC利活用計画の推進に当たりまして、各所属における技術的支援員を担うICリーダー、これを所属長の推薦によりまして、各グループごとに配置をいたしておる状況でございます。こうした職員は、ICT活用に秀でた職員でございますので、議員ご提案のツイッターに詳しい職員にも、一定該当してくるものと考えているところでございます。   もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第5日) 本文 そこで、第1回の農商工業者の異業種交流会というのを開催する予定でございますけれども、ここにおきましても、県のラボの取り組みを紹介いたしまして、今後、農家の抱える課題をIC技術で解決につなげることができないかと、こうした情報交換もただいま始めたところでございます。   もっと読む
2018-07-03 桑名市議会 平成30年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2018-07-03 特に、今回の議会でもよく話が出ましたが、学校のエアコン関係であるとか、あとはまちづくり拠点施設、今後、まちづくり協議会をつくっていく中で、やはり拠点施設をリノベーションして、もっと使いやすくしていこうというような動きもあっていいですし、また今後お金がよくかかる学校のIC環境ですね。 もっと読む
2018-07-02 伊勢市議会 伊勢市 平成30年  6月 定例会-07月02日−02号 IC技術の活用については、事業の利用者である市民にとっては利便性の向上、また行政事務の効率化、高度化につながり、市民サービスの向上が図られるものと認識をしております。一方で、個人情報保護におけるセキュリティーの確保や費用対効果についても十分考慮した上で活用してまいりたいと思います。   もっと読む
2018-06-22 桑名市議会 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-06-22 っている、自動化された家電と会話しながら生活する、家庭にロボットがいると、いろいろ書いてあるんですが、高校入試も大学入試もいろいろ変わっていく中で、社会の中で、世界の中で生きていくためには、やっぱりいやが応でもそれに負けないように、一番にならなくても、出ていったときにはそれに対応できる子供たちをつくっていかないかんというような話だと思うんですが、市長も職員の事務事業も、仕事の量を減らすために、やっぱりIもっと読む