38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

亀山市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会(第1日 6月 1日)

また、土壌汚染対策法に規定する特定有害物質の排出、または飛散の抑制に資する施設に係るわがまち特例は、特例期間が終了したことから、関係する規定を削除するとともに、平成30年4月1日から平成33年3月31日までの間に取得された雨水貯留浸透施設の償却資産に係る固定資産税の課税標準の特例割合は4分の3といたします。  

亀山市議会 2018-03-14 平成30年予算決算委員会( 3月14日 産業建設分科会)

上段の繰越明許費の追加、第8款土木費、第4項、都市下水路費40万円は、水道事業会計への工事負担金でありますが、みどり町地内において、上水道室発注の舗装復旧工事の中でマンホールぶたの取りかえを行う予定でありましたが、その前に施行する下水道工事の施工方法に関する地元調整に時間を要したことで、舗装復旧工事が年度内に完成できなくなったため、やむを得ず繰り越しを行うものでございます。  

桑名市議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-12-14

次に、雨水排水対策について。  さきの質問でも、雨水排水関係の課題を指摘しました。  12月3日の年末自治会集会での市政報告で、長島地内でも、豪雨時にたびたび冠水する蓮花寺地区のように20センチ以上の冠水となり、車を移動させ、数時間、10軒以上の方が家から出られない状態であったことを知ることになりました。  私にとっては驚きでありました。

松阪市議会 2017-12-08 松阪市 平成29年 11月 定例会(第5回)-12月08日−05号

その時点におきましては、浸水対策の手法として、市の上下水道部におきまして、単独で雨水貯留施設の事業実施を想定しておりましたが、その後詳細な検討に入りまして、市が単独で雨水貯留施設による事業を実施するという部分につきまして、検討いたしましたところ、市が単独で河川への雨水放流を抑制する雨水貯留施設建設する場合においては、大規模な建設が必要となりまして、事業用地、また事業費用等の課題が生じてまいりました

松阪市議会 2017-12-06 松阪市 平成29年 11月 定例会(第5回)-12月06日−04号

医療的ケアとは、病院以外の場所で気管にたまったたんを吸引するたん吸引や、口から食事がとれない子どもに対し、チューブを使って鼻やおなかの皮膚を通じて胃に直接栄養を送る経栄養などがあり、生活していく中で必要な医療的援助のことを言います。  医療的ケアができるのは、医師看護師家族のほか、一定の研修を受けた教員介護職員に限られております。

桑名市議会 2017-09-20 平成29年決算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2017-09-20

除塩用水事業費1億97万6,340円につきましては、市単事業として、長良川河口堰建設により揖斐川河口部左岸の農地の塩害が予想されるため、その対策として除塩用水路整備を行ったものでございます。財源につきましては、全額、土地改良施設の整備及び維持管理基金でございます。  

桑名市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017-09-12

最近は、短時間で一気に降ってくるゲリラ豪雨等多くなってきており、総合医療センターの完成や桑名駅周辺のまちづくりや、これまで以上に雨水浸水対策が必要になっていると思います。  岡崎市では、雨水貯留浸透施設の設置推進、あと、貯留浸透能力の高い土地の保全及び活用、森林の水源涵養機能の強化、水害リスク見える化等、市民、事業者、市と協力し、対策を行っております。  そこでお伺いします。

志摩市議会 2017-03-23 平成29年予算特別委員会( 3月23日)

今回の舗装の内容についてなんですけども、ちょうど上下水道部が市道昭和通り線の水道布設工事をするという計画を持っておりますので、その計画によりますと、恐らく半分は原因者負担ということで復旧してもらうと。ですから、残り半分をこの工事に合わせて舗装をやりかえたいというふうに考えております。  

松阪市議会 2017-02-28 松阪市 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月28日−05号

次に、区域に配置する浸水対策施設を検討していきますが、具体的には区域に降る大量の雨を一時的に貯留するための調整池公共用地等の地下に設置する貯留施設、効率的に雨水を排水するための雨水バイパス、低い土地に降った雨を強制的に排水する雨水ポンプ施設などが考えられます。

松阪市議会 2017-02-10 松阪市 平成29年  2月 当初予算説明会-02月10日−01号

次に、説明欄4の篠田山墓地管理事業費989万1000円は、篠田山墓苑内の草刈りや樹木の伐採などの業務委託や墓苑内道路舗装水道等の修繕費等でございます。  同じく、説明欄5の斎場・火葬場施設整備事業費273万3000円は、嬉野斎場の小型合併処理浄化槽の漏水補修工事に係る経費でございます。  

桑名市議会 2016-03-10 平成28年予算特別委員会都市経済分科会 本文 開催日:2016-03-10

この図面の黄緑色に着色しましたエリアが水が入ってくるエリア、流域となりますけれども、この流域から浸水常襲地域に流下してきました雨水が、ここに──地図で描いてあります──排水ポンプが設置されておりまして、排水ポンプによって位置図の中の赤線に示しております国道421号の歩道内の雨水へ排水されておりますけれども、排水ポンプや雨水能力が現在不足しておりまして、集中豪雨の際は浸水被害が発生しているというのが

桑名市議会 2014-12-17 平成26年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2014-12-17

蓮花寺地内は、これまでも道路の改修や、北勢線の下をくぐっている排水の設置など、てこ入れはしていただいていますが、それでも解決していないのが現状なのです。水の動きやどこから集まってくるのか調査されたのであれば、解決策も検討されているのではないかと思います。ぜひ安全・安心と言うならしっかりと手だてをとっていただき、対策をとってください。一旦水をプールするような対策はとれるのでしょうか、お尋ねします。

伊勢市議会 2014-09-17 伊勢市 平成26年  9月 定例会-09月17日−03号

この恵みを農業農村の多面的機能と呼んでいますが、例えば、水田は雨水を一時的に貯留し、洪水や土砂崩れを防いだり、多様な生き物を育み、また、美しい農村の風景は私たちの心を和ませてくれるなど、大きな役割を果たしていただいております。その多面的機能をこれまでのように農家が保全していくことには限りがあります。これからは、農家と消費者都市農村の共生を可能とする施策が必要です。  

亀山市議会 2014-09-12 平成26年産業建設委員会( 9月12日)

○谷口廃棄物対策室長  それでは、まず資料1、溶融施設ボイラー3次過熱器更新及び1パス水冷壁補修工事の工程について、ご説明申し上げます。  本工事につきましては、工期を本年6月20日から平成28年3月11日までとして2カ年継続事業として着手したところでございます。  4番の工程図表をごらんいただきたいと思います。  

松阪市議会 2014-07-03 松阪市 平成26年  6月 定例会(第2回)-07月03日−05号

5月1日に施行されました同法では、雨水貯留する施設家庭や事業所、公共施設に設置することを通じ、トイレの洗浄水や散水等に有効活用すると規定をされてございます。また、国や独立行政法人等が建築物を整備する場合は、雨水利用施設の設置目標を定めるとしております。そして、国は雨水貯留タンクを新設する家庭等を対象に、地方自治体が実施する助成制度に対し財政支援を行うとなっております。

松阪市議会 2014-06-27 松阪市 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月27日−03号

こういった形の中で現在策定中の整備基本計画の中でも城跡の中の通路につきましては、現状を維持保全するものの、雨水排水とか維持管理等を考慮しまして、またもとの状態に近い形で復旧するというような方向も検討しておりますが、御指摘の表門からの部分でございます。やはりほかに進入路を新たに設けることが難しいというような状況も想定されます。

桑名市議会 2013-09-13 平成25年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2013-09-13

それで、0.3ヘクタール以上1ヘクタール未満の開発行為についても、雨水等の流出量を調整するための一時貯留遊水地、その他適当な施設を設置するものと、こう書いてあるんですけれども、今まであった地域に、開発することによって、それより下流に、今まであった地域に対して雨水の量がふえたりして洪水になりやすくなるということがないように、きちっと指導していただいているということでしょうか。

  • 1
  • 2