5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鈴鹿市議会 2014-09-12 平成26年総務委員会( 9月12日)

この閣議決定に対しては,自衛隊の元陸将や元自衛隊員からも疑問視する声が上がっていますし,元官房長官野中広務さんや加藤紘一さん,そして法の番人である歴代の内閣法制局長官が次々に立憲主義に反する閣議決定として強く反対の意を表明しています。その1人である坂田雅裕さんはこう言います。現政権がやろうとしてることは,国民投票なしに憲法九条を削除するのに等しいと。

菰野町議会 2014-03-10 平成26年第1回定例会(第2日目 3月10日)

これ、安倍首相の集団的自衛権の行使容認をめぐる国会答弁で、いちいち紹介できませんけれども、先ほどいった村上誠一郎さん、河野洋平さん、古賀 誠さん、野中広務さん、それから公明党の国対委員長、ちょっと紹介してみますと、「国民の声を聞くという一番大切な部分が欠落しており、到底賛成できない。たった19人の閣僚だけで決定してしまうのはおかしい。というのは、いかにも乱暴に過ぎる。」

亀山市議会 2011-06-27 平成23年教育民生委員会( 6月27日)

この当時、官房長官であった野中広務官房長官がこのように言っています。「強制的ではなく、自然に哲学的にはぐくまれていく努力が必要である」、それから「人によって、式典等において起立する自由もあれば、また起立しない自由もあろうかと思うし、また斉唱する自由もあれば、斉唱しない自由もあろうかと思うわけで、この法制化は、それを画一的にしようというわけではない」、こういう答弁を官房長官がしています。  

桑名市議会 2006-07-03 平成18年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2006-07-03

また、同73号は、200万円以上、特に700万円以上の高額総所得、退職所得、山林所得に対しては、その税を2分の1や何分の1かに負担を軽減し、なおかつ利子税をおまけし、先物取引税をおまけ、株でも土地でもすべておまけし、逆にそれ以下の低額所得に対しては、その税額を2倍や何倍かに引き上げるという、税財源移譲を隠れみのにしたどさくさ紛れの所得格差の拡大、すなわち、野中広務元自民党幹事長の言う弱者切り捨てを図

桑名市議会 2005-12-07 平成17年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2005-12-07

さきのグローバリゼーションフォーラムでは、野中広務元自民党幹事長は、公共事業、電話の接続料、郵貯、簡保はすべてアメリカからの要請によるもので、地方切り捨て、弱い者が踏み倒されていくと証言されましたが、当委員会での郵政会社は金利が2%上がったら8兆円の損失になるのではないかとの質問に対する麻生、谷垣、また竹中大臣の答弁は、仮定の話にはお答えできないというもので、もし真珠湾攻撃を起こしたら一億総玉砕、また

  • 1