運営者 Bitlet 姉妹サービス
2496件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-01-16 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-01-16 続いて、民生費のうち障害自立支援費中、自立支援給付費及び児童福祉総務費中、児童福祉給付費について、増加の理由を問う質問があり、障害自立支援法及び児童福祉法の改正により事業所が増加したことに伴い、通所も増加したことが主な要因であるとの説明がありました。   もっと読む
2019-01-07 桑名市議会 平成31年総務安全常任委員会 本文 開催日:2019-01-07 (「異議なし」と呼ぶあり)  御異議なしと認め、現地視察を省略いたします。     もっと読む
2018-12-27 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-12-27 本年台風21号、24号等が接近しまして、避難準備情報、避難勧告が発令された年でもありました。そこで、避難準備情報、避難勧告発令時における台風ごとの避難所となった避難場所の箇所数、世帯数及び避難数を示していただきまして、災害対策本部として検証した諸課題についてお尋ねしたいと思います。   もっと読む
2018-12-26 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26 では、2番の災害時の避難所開設についてお話しさせていただきます。  今回は台風被害が多い年で、市内の各所で被害が出ました。台風被害のための補正予算がされるほど御苦労が多かったかと思います。実際に小学校に避難した方の声で、避難用の畳はわずかで、高齢の方から畳に座ってもらったが、足りずに多くの方は床にそのまま寝る状態だった。食料はなく、避難した方たちが持っているものを分け合った。 もっと読む
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 特に浸水への対応につきましては、募集要項において緊急時に施設への地域住民等の避難を可能とするなど、地域防災力の維持または向上につながる内容を提案に盛り込むことを求めておりますが、事業からの提案では、施設が指定緊急避難場所、福祉避難場所として、緊急時における地域住民の安心のよりどころとなる役割を担う提案がされていることを御説明させていただいております。   もっと読む
2018-12-19 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-12-19 三重県後期高齢医療広域連合議会議員に、私、渡邉清司を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました私を三重県後期高齢医療広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。                (「異議なし」と呼ぶあり)  御異議なしと認めます。 もっと読む
2018-12-10 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日) 一つ、高齢などの災害時に配慮が必要な人たちが安全に避難できる体制づくりの要望がありました。また、住民に身近な自治会が災害弱の存在を把握し、災害リスクを可視化するハザードマップに沿ったきめ細かな避難計画を作成することで、適切に避難できるよう国や自治体による支援の強化が必要です。   もっと読む
2018-12-07 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日) 早く解決できる方法はどのようなことがあるのかという中から出てきた代替案でありますから、緊急避難的な代替案でありますから、もっと今度はそれがだめな場合には、本来に返ってやるというのが当然でありますし、そうしたことをやっていかなければいけないのではないかというふうに思っております。  御指摘のことは私もそのように理解をしております。 ○議長(岩田佐俊君)  中谷君。 もっと読む
2018-12-06 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) (危機管理監 吉川 泉君登壇) ○危機管理監(吉川 泉君)  災害弱者、高齢等、また避難に支援の必要な方等の把握ということでございますが、市から住民自治協議会や民生委員児童委員さん等に提供しております災害時要援護名簿について、現在伊賀市では、災害時要援護避難支援等推進委員会を開催しまして、避難支援プランの見直しを行い、日ごろから地域と連携し、見守りやコミュニティーに入る人が実効性のある避難行動支援 もっと読む
2018-12-01 鈴鹿市議会 平成30年12月定例議会一般質問一覧 についての市の基本的な考え方と土地利用について  (2) 地域共生社会の実現に向けた取り組みについて 11 藤 浪 清 司 (所要時間45分) 公  明  党 1 認知症対策について  (1) 本市の現状と課題について  (2) 介護への もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第3日) 本文 本市といたしましても、市民の命を守ることを最優先といたしまして早期避難を促すために、被害想定が複数存在する中にあって、より厳しい理論上最大クラスの想定のもと、津波避難マップを作成しているところでございます。  この津波避難マップは全戸配布いたしまして、想定されるハザードを市民の皆さんに正しく伝えて、避難行動に結びつけていただくよう啓発をしてまいったところでございます。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 そんな中、やはり避難をされるとなると、地区市民センターをご利用される方が大変多かったのではないでしょうか。そのたび、関係の職員の皆さんは、本当にご苦労な思いをされたと思います。そういった件に関しては、本当に心から感謝を申し上げたい、そんな思いでおります。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 2 避難支援等関係(法第49条の11第2項に規定する避難支援等関係をいう。  以下同じ。)は、市と連携し、要配慮のうち、避難行動要支援(法第49条の  10第1項に規定する避難行動要支援をいう。以下同じ。)に対し、災害時にお  ける避難の支援、安否の確認、救助等(以下この条において「避難支援等」という。  )を円滑に行うための体制を整備するよう努めなければならない。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第7日) 本文 議案第84号四日市市歯科医療センターの指定管理の指定についてないし議案第88号四日市市障害自立支援施設あさけワークスの指定管理の指定につきまして、これらの議案を審査するに当たり、委員からは、いずれも指定管理を特定して選定しており、かつ、これまでと同一の団体を指定しているが、指定管理選定委員会の適格審査による評価点が100点満点中60点台である。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第4日) 本文 マイカー離れでありますとか、テレビ離れ、ラジオ離れとか、飲み会離れや腕時計離れ、ブランド離れ、いろんなものから若者が離れているそうでありまして、わけのわからんものになりますと、避難訓練離れとか、ピノ離れ──ピノというのはアイスクリームなんですけれども──なんていうのもありまして、離れていないものないんじゃないかなというぐらい、いろんなものから若者が離れていると。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第6日) 本文 次に、避難所の環境改善と機能強化についてお聞きをしたいと思います。  全国での大規模災害に対して被災地では、発災直後には多くの皆さんが避難所に身を寄せております。その後も避難所で日々を過ごすケースも多く見られます。また、避難所生活が長引くほどに疲労が蓄積しており、行政は避難の心身の健康に十分目配りする必要があると考えております。   もっと読む
2018-10-02 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2018-10-02 そのため、9月30日午前8時に22地区、3万3,649世帯、7万8,890人を対象に避難準備情報、高齢避難開始を発令いたしました。また、高潮による洪水の危険性が高まったことから、同日午後2時に同地区を対象に避難勧告を発令いたしました。避難の状況につきましては、最大372世帯、614名の方が38カ所の避難所に避難をされたところでございます。   もっと読む
2018-09-27 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月27日) 南海トラフ巨大地震の被害想定(第2次報告)を受けて、三重県防災対策部が出した三重県地震被害想定結果(2014年3月)では、鳥羽志摩が大きく被災した場合、志摩市内の避難数は、地震発生翌日で約2万3,000人にのぼり、1カ月後においても、約1万3,000人が避難所生活を続けることになると推計されています。   もっと読む
2018-09-20 伊賀市議会 平成30年教育民生常任委員会( 9月20日) そうやって改善されてるってことは、大変喜ばしいんではないかと思いますが、最後に特に昨年から災害というか、避難準備、避難勧告、避難指示っていうのがありまして、特に学校施設が避難所になってるのが多いんですね。伊賀市の場合。その場合は校長先生なり、教頭先生なりが出てきていただいて、ほとんど寝ておられないかと思うんですが、今回、頻繁に出ていっていただいてるんですね。 もっと読む
2018-09-19 桑名市議会 平成30年都市経済常任委員会 本文 開催日:2018-09-19 款8.土木費、項1.土木管理費、目1.土木総務費、25ページの説明欄、耐震改修促進事業費のうち、避難路沿道建築物耐震支援事業費1,702万5,000円の増につきましては、建築物の耐震改修の促進に関する法律で補助の実施が義務づけられた建築物の耐震診断に係る費用の補助金でございます。 もっと読む