1851件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-07-02

同じく、教育振興費中、要保護、準要保護就学援助費増について、要保護世帯と準要保護世帯補助金支給の内訳を問う質問があり、要保護世帯へは修学旅行費と医療費を、準要保護世帯へは修学旅行費、医療費、学用品費、入学準備金、給食費、校外活動費を支給し、今回の増額の主なものは入学準備金で、小学校費、中学校費ともに1人1万円の増となるとの説明がありました。  

菰野町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6日目 6月26日)

そのような中で、まず教育課について、中学校給食事業、デリバリー方式についてですが、まず学校給食のあり方と中学校給食がこれから先どのようになるのか、計画性、そしてまた給食のあり方や事業実施に当たる根拠など、軸ぶれが目立ちました。今回の行政の説明や聞き取りの中では、デリバリー方式の提案は今回、時期尚早ではなかったのか、学校給食がどのようになるかわからないという委員からの意見が出ました。  

桑名市議会 2019-06-24 令和元年教育福祉常任委員会 名簿 開催日:2019-06-24

 監 兼  教 育 部 長      後 藤 政 志    学校支援課長           高 木 達 成                          教育委員会政策監  教育総務課長       山 下 範 昭    (政策立案担当)         梅 山 靖 洋  教育総務課                   教育総務課主幹  教育環境整備室長     満 仲   弘    (保健給食担当

桑名市議会 2019-06-24 令和元年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2019-06-24

一方、生活保護に準ずる準要保護世帯といいますのは、要保護世帯に支給している修学旅行費と医療費のほかに学用品費と入学準備金、それから、給食費、校外活動費を支給しております。支給する額については国の基準額に合わせて支給しております。今の要保護修学旅行費と医療費の2分の1、これが国庫補助金になっております。そのほかの準要保護の部分につきましては、交付税措置をされているということになっております。  

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

特に食事に戒律のある宗教家庭子供に対して、給食の対応推進を検討することも視野に入れたいというコメントがなされておりました。  現在、保育料に給食費が含まれていると思いますが、桑名市においても社会情勢により外国にルーツを持つ移住者がふえ、それと同様に宗教の種類もふえて、特にこの給食問題は、今までとは違った対応が必要かと思われます。

桑名市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-06-18

園、学校に対して、県教育委員会作成の児童虐待気づきリストに基づきまして、衣服が季節に適さない、あるいは給食を異常なほどがつがつと食べる、あるいは家に帰りたがらないなど、子供が見せる虐待のサインを確実に把握するように指示をしております。  加えまして、全校に配置しているスクールカウンセラーによる聞き取りやアンケートにより子供から直接情報を入手するようにも努めております。

菰野町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目 6月17日)

○町長(柴田孝之君) 順次お答えいたしますが、まずデリバリー給食はなぜか、センター方式じゃなくてということですが、予算的な観点では、センター方式は実現はできると考えております。  現在、例えば小学校では、自校給食っていうふうなものが実施されており、この自校給食っていうふうな、このまま進めていくってなりますと、かなりの予算と費用がかかることは、もう間違いありません。

菰野町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目 6月14日)

教育長(北口幸弘君) 私のほうからは、大きな3番の中学校給食につきまして、御答弁させていただきます。  まず、1点目の給食をどのように考えていますかの御質問に対し、答弁させていただきます。  中学校給食につきましては、出口議員にも答弁させていただきましたように、生徒の心身の健全な発達に資するものであり、食育の観点からも、中学校給食につきましては、実施する必要があると考えております。  

亀山市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3日 6月14日)

内容は、みなみ保育園で1日勤務の給食調理員さん、和田保育園で半日勤務の給食調理員さん、そして給食調理員さんが休暇などをとる場合の待機の調理員をそれぞれ募集しています。  また、今度は教育委員会のホームページには給食調理員の募集という記事が、6月7日でしたかね、7時間勤務を2名、代替の調理員さん1名ということで募集をされています。賃金は時間給で870円だというように書いてある。  

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

さて、お尋ねの平成30年度における給食の量でありますけども、一日約3,400食の給食を調理しまして、年間の給食の総重量は24万5,263キログラムに対しまして、4万1,373キログラムの残飯があるということであります。割合といたしましては16.87%というふうになっております。  なお、詳細につきましては、教育部長から説明をさせますので、よろしくお願いをいたします。  

菰野町議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目 6月13日)

町長は、提案説明で、弁当給食を選択できるデリバリー方式の導入について、食育地産地消の理念など、給食実現の第一歩と発言をされています。学校給食法に定める学校給食は、すべての児童、生徒に実施されるものであり、自校方式か、もしくはセンター方式の二者択一であります。  町長は、中学校給食の実現を公約の第1に掲げています。しっかりとその公約を実現するように、守るように、改めて強く求めます。  

志摩市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第2号 6月10日)

まず、学校給食費無償化について、質問をいたします。  学校給食費無償化について、新しい教育長の見解を問います。  今、子育て支援、子どもの貧困対策などとして、学校給食費を無償にする自治体が全国的にふえてきています。志摩市においても、市全体の財政規模と児童生徒の人数から見て、実施可能ではないかと考えます。新教育長の見解を問います。  

菰野町議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第1日目 6月 6日)

さらに、中学校給食においては、学校給食弁当の選択によるデリバリー方式を採用するものとし、給食希望する生徒に対して、栄養バランスのよい昼食を提供します。  このデリバリー給食に係る委託につきましては、令和4年度にかけて複数年にわたる契約を予定していることから、中学校給食調理等業務委託として、債務負担行為を設定しております。  

川越町議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会(第1日 6月 4日)

私は、川越中学校の全員喫食を前提とした学校給食の実施を望んでおりますが、こちらの検討の余地があるのかないのかを質問させていただきたいと思います。  なお、先ほど使いました全員喫食を前提とした学校給食という表現ですが、意味合いは違うと理解しておりますけども、便宜上、これ以降は、完全給食と表現させていただきますので、御理解いただきますようお願いいたします。  

亀山市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会一般質問一覧

質問順 氏    名 質   疑   内   容 1 服部 孝規 (日本共産党会計年度任用職員制度について  1 地方公務員法及び地方自治法の改正内容と改正理由について  2 亀山市の会計年度任用職員制度制度設計について  3 「亀山市定員適正化計画」の見直しについて 学校保育園の給食調理員

亀山市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第1日 5月31日)

次に、井田川小学校校舎増築・給食室改修事業につきましては、工事設計業務委託契約締結に向けた事務を進めており、本年度、給食室の一部増築工事が実施できるよう取り組んでまいります。  このほか、亀山西小学校プール使用開始に向けて、プールサイドのシート張りかえ工事を実施するとともに、学校の夏季休業期間に実施予定の工事につきましても、その発注の事務を進めているところであります。  

志摩市議会 2019-05-21 令和元年全員協議会( 5月21日)

○18番(小河光昭) これがなくなるということは、多目的広場を利用するときの駐車場は、給食センターの駐車場使用できるんですか、できないんですか。 ○議長中村和晃) 教育部長。 ○教育部長(橋爪正敏) 今後の給食センターとの調整もちょっとありますが、できる限り利便性を高めるために、使用できないかというような検討にはなっております。

志摩市議会 2019-05-07 令和元年第1回臨時会(第1号 5月 7日)

一つ目、学校給食の問題を聞きました。学校給食の問題について、候補者は子どもの貧困の問題、あるいは、市の財政の問題、その点で述べられました。しかし、前教育長は、義務教育として、食育という教育として、学校給食の無償化は必要なんだということを言いました。この点から見ますと、大いに後退した考え方であります。私はこれには納得できません。