2251件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-12-25 令和元年第 6回定例会(第5日12月25日)

また、債務負担行為給食業務委託経費について、昼の給食も含めて保育士と正規調理員が一体となって業務をすべきで、民間事業者が入ってくることは反対であるとの意見があり、審査の結果、本案は賛成多数で可決すべきものと決しました。  次に、議案第132号及び議案第138号について、特に意見はなく、審査の結果、いずれも全会一致で可決すべきものと決しました。  

伊賀市議会 2019-12-18 令和元年教育民生常任委員会(12月18日)

柘植歴史民俗資料館設置及び管理に関する条例の廃止                について        4.議案第151号 伊賀市障がい者支援多機能型事業所の設置及び管理に                関する条例の一部改正について        5.議案第152号 伊賀市放課後児童クラブ設置及び管理に関する条例の                一部改正について        6.議案第153号 伊賀市給食

鈴鹿市議会 2019-12-17 令和元年予算決算委員会(12月17日)

事業費について,支援の必要がある児童生徒の増加数,また,小学校で支援の必要がある児童が多いのは5歳児健診による影響か,常勤講師の病気休暇・産前産後休暇取得者の内訳,同項第3目学校建設費の学校トイレ洋式化整備費について,学校トイレ洋式化の設計委託内容,小学校トイレの改修工事建築年数が古い順か,今回対象の小学校2校の改修工事完了予定はいつ頃か,また同様式の学校は何校あるのか,第6項保健体育費,第2目学校給食

亀山市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第4日12月11日)

実費徴収で給食をするということは、その徴収のありようで、滞納ぐあいによってその給食の質の低下もあり得るということになります。どの子にもひとしく豊かな保育をという観点で、今回の質問は通告にも書きましたとおり、この給食費の実費徴収をすべきではない、公が責任を持つべきとの立場で質問をさせていただきます。  

伊賀市議会 2019-12-09 令和元年第 6回定例会(第2日12月 9日)

現在、伊賀市では、一般事務はもとより保育給食調理、看護師学校用務員、さまざまな公務労働で非正規職員が頑張ってきていただいてきているわけですけれども、そういった方々がどういう役割を本当に果たしているのか、伊賀市行政にとってどのような存在として認識しているのか、まず、市長にお聞きしたいと思います。  あわせて、市の職員の総数、非正規職員の総数と会計年度に移行する人数をお聞きしたいと思います。

志摩市議会 2019-12-09 令和元年第3回定例会(第3号12月 9日)

市においては、子育て支援の充実をさらに図るため、学校給食費の無償化についても令和2年4月からの実施を見据えて、現在検討を進めているところでございます。  しかしながら、令和2年度の全児童生徒の給食徴収金は約1億3,000万円を見込んでおりまして、給食費に係る就学援助費の交付見込み額分を除いても約1億500万円となるということでございます。

鈴鹿市議会 2019-12-06 令和元年12月定例議会(第5日12月 6日)

まさにこの会議は,消費者庁の特命大臣を含め,農林水産省厚生労働省,それから環境省,また学校給食の関係もございますので,文部科学省等,あらゆる省庁が取り組んでいただいている,連携をする会議でございまして,先ほどの議員の御発言にもございましたとおり,国民運動として,この世界的課題に立ち向かっていかなければいけないという思いでございます。  

志摩市議会 2019-12-06 令和元年第3回定例会(第2号12月 6日)

福祉事務所長、質問1、現在利用の施設質問2、夏休み利用時の給食サービスについて、質問3、利用時間について、希望する時間帯、これ簡単に数字だけお答え願えますか。 ○議長(濵口三代和) 福祉事務所長。 ○福祉事務所長(米澤治司) アンケート総数を申し上げます。保護者数、対象者数が159名に対して、アンケート回収数が113、率として71.1%です。

鈴鹿市議会 2019-12-05 令和元年12月定例議会(第4日12月 5日)

これに学校給食センターや人権教育センターなどを加えた学校教育施設の総延べ床面積は市全体建築物の44.1%を占めることから,今後の施設の適正管理は大きな課題と捉えております。  これら施設の多くは,昭和40年代から昭和50年代にかけての児童生徒が急増する時期に建築され,整備後50年を経過する施設もあり,近年はこれらの施設の老朽化が顕著となってきていることは議員の御指摘のとおりでございます。  

鈴鹿市議会 2019-12-04 令和元年12月定例議会(第3日12月 4日)

次に,教育委員会事務局の人員体制についてでございますが,過去5年間の正規職員の体制といたしましては,平成27年度は59名,平成28年度は55名,平成29年度は,学校の適正規模,適正配置及び教育情報化の推進をする担当部署として教育政策課の新設及び教育総務課への学校給食事務の変更等により,前年度から9名を増員し64名,平成30年度は63名,本年度は64名の体制でございます。

鈴鹿市議会 2019-12-03 令和元年12月定例議会(第2日12月 3日)

施設の雨漏り対応というものが幾つか計上されているわけですけれども,所属委員会で鈴峰公民館がありますので,その部分は除いた上で,第10款教育費,第2項小学校費,第1目学校管理費での玉垣小学校給食調理室防水改修工事及び第5項社会教育費,第2目文化財保護費での資料館等,佐佐木信綱記念館改修費用について,まず前段階として,それぞれ,市民または現場から改修要望等が出ていたのか,確認でお聞きしたいと思います。

伊賀市議会 2019-12-02 令和元年第 6回定例会(第1日12月 2日)

て                              ──総務常任委員会付託         議案第151号 伊賀市障がい者支援多機能型事業所の設置及び管理に                 関する条例の一部改正について         議案第152号 伊賀市放課後児童クラブ設置及び管理に関する条例の                 一部改正について         議案第153号 伊賀市給食

亀山市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会一般質問一覧

であることについて  3 県内他市町の制度との違いについて  4 助成を申請する際のフローについて  5 対応する職員体制について 防犯カメラの設置について  1 市内の防犯カメラの設置数と設置目的について  2 市が主体となって防犯カメラを設置する責任や必要性について 4 福沢 美由紀 (日本共産党幼児教育保育の無償化について  1 給食

志摩市議会 2019-11-19 令和元年全員協議会(11月19日)

ですので、目標値である、理想値であるその合計特殊出生率を上げていく努力、それは子育て施策であるとか、あるいは今回、給食費の無償化、乳幼児のところもやりましたが、そういった施策を打ちながら、合計特殊出生率を上げていく、目標に向かって上げていくことによって、この上のところを維持していく、あるいはそこを上ぶれさせていくということができるかと思いますので、そういう大もとの考え方に沿ってやっているということでありまして