2689件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-07-02 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-07-02

同じく、教育振興費中、要保護、準要保護就学援助費増について、要保護世帯と準要保護世帯の補助金支給の内訳を問う質問があり、要保護世帯へは修学旅行費と医療費を、準要保護世帯へは修学旅行費、医療費、学用品費、入学準備金、給食費、校外活動費を支給し、今回の増額の主なものは入学準備金で、小学校費、中学校費ともに1人1万円の増となるとの説明がありました。  

伊賀市議会 2019-06-28 令和元年第 3回定例会(第6日 6月28日)

公社が保有していた土地は小学校給食センター用地で、30年度市へ売却しました。決算としましては、収益的収支については収入が3,052万4,597円、支出が3,026万2,568円で、差し引き26万2,029円の当期純利益を得ました。これに前年度繰越利益剰余金1億3,343万4,095円を合わせまして、合計1億3,369万6,124円を次期繰越利益剰余金としています。  

桑名市議会 2019-06-24 令和元年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2019-06-24

一方、生活保護に準ずる準要保護世帯といいますのは、要保護世帯に支給している修学旅行費と医療費のほかに学用品費と入学準備金、それから、給食費、校外活動費を支給しております。支給する額については国の基準額に合わせて支給しております。今の要保護の修学旅行費と医療費の2分の1、これが国庫補助金になっております。そのほかの準要保護の部分につきましては、交付税措置をされているということになっております。  

桑名市議会 2019-06-24 令和元年教育福祉常任委員会 名簿 開催日:2019-06-24

 監 兼  教 育 部 長      後 藤 政 志    学校支援課長           高 木 達 成                          教育委員会政策監  教育総務課長       山 下 範 昭    (政策立案担当)         梅 山 靖 洋  教育総務課                   教育総務課主幹  教育環境整備室長     満 仲   弘    (保健給食担当

伊賀市議会 2019-06-20 令和元年予算常任委員会( 6月20日)

第16款国庫支出金、第2項国庫補助金、第8目教育費国庫補助金では、学校施設環境改善交付金の内示があったことから、小学校給食センター整備事業などに対する補助金1億6,239万7,000円を計上しています。  14、15ページをごらんください。  第20款繰入金、第2項基金繰入金、第1目財政調整基金繰入金では、財源調整のため3,035万3,000円を計上しています。  

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

特に食事に戒律のある宗教の家庭の子供に対して、給食の対応推進を検討することも視野に入れたいというコメントがなされておりました。  現在、保育料に給食費が含まれていると思いますが、桑名市においても社会情勢により外国にルーツを持つ移住者がふえ、それと同様に宗教の種類もふえて、特にこの給食問題は、今までとは違った対応が必要かと思われます。

桑名市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-06-18

園、学校に対して、県教育委員会作成の児童虐待気づきリストに基づきまして、衣服が季節に適さない、あるいは給食を異常なほどがつがつと食べる、あるいは家に帰りたがらないなど、子供が見せる虐待のサインを確実に把握するように指示をしております。  加えまして、全校に配置しているスクールカウンセラーによる聞き取りやアンケートにより子供から直接情報を入手するようにも努めております。

伊賀市議会 2019-06-18 令和元年第 3回定例会(第5日 6月18日)

反対にデメリットとしましては、保育料の無償化に伴いまして、給食の副食費、これを徴収するということで、その徴収する事務が事業所のほうで徴収するということで言われておりますので、事業所側としては、そういった事務がふえること。

伊賀市議会 2019-06-17 令和元年第 3回定例会(第4日 6月17日)

給食に嫌いな食べ物が多いのですが、どうにかなりませんか。親同士の仲が悪いから子供を別のクラスにしてくれ。休んだ1週間分の給食費を返してほしい。宿題が難し過ぎる、親が見て理解できないような問題を宿題にすべきでない。つき合っている子がいるみたいですが、早く別れさせてください。これ実際にあった、これほんま笑い話みたいなんですけれども、実際にあった事例です。  

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

学校給食についての質問です。きょう私、給食の質問をするということで、自分の弁当をつくってきて伊賀米を入れておいしかったという、自分で自画自賛しているんですけど、本当に気合いが入って頑張っていきたいと思います。済みません。  この質問では、中学校給食、そして小学校給食での地産地消の取り組みについての確認、また提案をしていきたいと思います。  

伊賀市議会 2019-06-04 令和元年第 3回定例会(第1日 6月 4日)

また、債務負担行為の補正については、本年10月から見込まれる消費税率の引き上げに伴う限度額の設定や、(仮称)伊賀市汚泥再生処理センターの維持管理業務を長期継続契約するため、し尿処理及び施設維持管理経費について、期間及び限度額を設定し、地方債の補正では、道路橋梁整備事業、公園整備事業、給食センター整備事業及び、小学校施設整備事業について、それぞれ所要額を見込む補正を行っています。  

志摩市議会 2019-05-21 令和元年全員協議会( 5月21日)

○18番(小河光昭) これがなくなるということは、多目的広場を利用するときの駐車場は、給食センターの駐車場は使用できるんですか、できないんですか。 ○議長(中村和晃) 教育部長。 ○教育部長(橋爪正敏) 今後の給食センターとの調整もちょっとありますが、できる限り利便性を高めるために、使用できないかというような検討にはなっております。

志摩市議会 2019-05-07 令和元年第1回臨時会(第1号 5月 7日)

一つ目、学校給食の問題を聞きました。学校給食の問題について、候補者は子どもの貧困の問題、あるいは、市の財政の問題、その点で述べられました。しかし、前教育長は、義務教育として、食育という教育として、学校給食の無償化は必要なんだということを言いました。この点から見ますと、大いに後退した考え方であります。私はこれには納得できません。  

志摩市議会 2019-05-07 令和元年全員協議会( 5月 7日)

一つは、この間、議会の中で、私も含めて何人かの議員が提案している学校給食の無償化の問題があります。この学校給食の無償化について、前教育長は、給食というのは、やっぱり食育という教育であると。義務教育は無償というのが原則だから、学校給食を無償にするという意見はもっともだというふうに、前教育長はおっしゃっていました。これ、議会の場で言っています。今度の候補者は、この問題について、どう考えるのか。  

志摩市議会 2019-03-27 平成31年全員協議会( 3月27日)

給食の無料化とか、補助とかいうふうな話が出てますが、どのようにお考えですか。 ○議長(中村和晃) 教育長候補者。 ○教育長候補者(松井しおみ) 負担する保護者にとっては、それは大変、ありがたいことだと思っておりますけども、やはり、現実、先ほど中村孝司議員おっしゃいましたように、お金がかからない行政、そちらも考えなければならない、そのように考えております。 ○議長(中村和晃) 中村孝司議員。

亀山市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会(第8日 3月26日)

また、南小学校敷地内への放課後児童クラブ施設の整備や、新たに開設される民間の放課後児童クラブへの支援、加えて教育費における井田川小学校の教室不足や給食室のスペース不足を受けた改修事業など、子供の成長にふさわしい居場所づくり、教育環境の充実に必要不可欠の事業が計画的に予算計上されていることは評価すべきであります。  次に、亀山駅周辺整備事業についてでございます。  

桑名市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2019-03-25

まちづくりと称してまちづくり協議会を立ち上げ、地域の行政サービスの拠点として大きな役割があった地区市民センターを廃止し、公民館をコミュニティセンター化することにより生涯学習や社会教育のあり方が問われていること、小・中一貫教育の進め方や多世代共生施設の構想、整備事業等が地域住民の納得できるものになっていないこと、自衛隊募集事務、小・中一貫教育関連、英語教育プラン推進事業費、同和教育、同和関係事業費、学校給食

志摩市議会 2019-03-22 平成31年予算決算常任委員会( 3月22日)

○委員(中村孝司) 31ページの給食費、実際、児童・生徒が払っている金額を教えてください。 ○委員長(西﨑甚吾) 歳入の内容説明できますか。  教育委員会事務局調整監兼教育総務課長。 ○教育委員会事務局調整監兼教育総務課長(寺田一司) 教育総務課寺田です。  31年度の給食費徴収金は、小学生が9,408万4,980円、中学生が5,916万7,360円の計上をしております。以上です。

桑名市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-14

教育福祉部門につきましては、小・中一貫教育の進め方、多世代共生施設の構想、整備、いわゆる福祉ヴィレッジ構想の事業等、地域住民の皆さんからも納得できるものになっていないことや、小・中一貫教育関連、英語教育プラン推進事業費や同和関係事業費、そして、食育からそれる学校給食の業務委託化が進んでいること。PFI事業、指定管理者制度の導入など、一部見直しもありますが、業務運営管理の委託が進められていること。