196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桑名市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-06-20

次に、(2)空き家バンクについてに移らせていただきます。  1)、今後の体制づくりについてお伺いいたします。  市のホームページから空き家バンクにつながりますが、なかなか登録数が上がらない現状が見られます。  桑名市空き家数は、平成30年度末時点で1,689件となっており、桑名市空家等対策議会でも行政書士を初めとするたくさんの専門家の方々を招き、討議が繰り返されております。  

川越町議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会(第1日 6月 4日)

①実態調査によって把握した空き家の件数は。  ②実態調査によって判明した問題点は。  ③所有者は何に困っているのか。  ④空き家バンク制度を活用し、今後どのように利活用するのか。  ⑤空き家化の予防策について、今後の対応策は。  そして、「高齢者交通事故防止対策は」ということで、高齢者加害者となる交通事故がふえてきています。  

亀山市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第1日 5月31日)

次に、住環境の向上につきましては、空き家有効活用等を促進する取り組みといたしまして、先般、固定資産税等の納税通知書の郵送にあわせ、空き家対策に関するチラシを同封いたしました。  その結果、空き家所有者から多くのご相談をいただいておりますので、空き家情報バンク耐震性の低い家屋の除却制度紹介するなど、空き家対策につなげてまいります。  

志摩市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

ですので、そういう場を持っていくということは、大変、大事なことだというふうに思っておりまして、そこにその専門家を入れていくということで、野名議員おっしゃるように、空家にならないような制度づくり、贈与税の話もございましたが、そういったこともしっかりそういった組織の中で解決できるようなこと、それは、その空家バンクということから、もう少し進化させたような、今、山形県の鶴岡市とか上山町とかで、ランドバンクという

桑名市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-02-28

次に、(2)課題及び今後の施策について、1)空き家バンクの活用について、2)市街化区域と市街化調整区域の空き家対策について御質問させていただきます。  空き家の課題と今後の施策について。  空き家対策は国においても非常に重要な課題として捉えられています。対策の一環として、空き家の需要と供給をマッチングさせる空き家バンクがあり、桑名市も活用しています。

亀山市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第1日 2月25日)

また、空き家情報バンク制度を通じた移住者と空き家所有者のマッチングや、本年度に制度拡充した空き家リフォーム助成により、空き家の活用促進を図ってまいります。  次いで、上下水道の充実のうち、上水道事業につきましては、安全でおいしい水の安定供給を図るため、水道施設の計画的な耐震化を進め、地震発生時における被害の低減を図ってまいります。

桑名市議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25

今から質問させていただく空き家もそうです。  高齢者世帯の方の中で御逝去された場合とか、また、御存命でも子どもの家に引き取られていく、同居するためにお引っ越ししたり、施設に入られるなどで空き家になる場合もあります。地区のパトロールをしていますと、まだ私の住む大山田は比較的空き家の件数が少ないと言われているんですけれども、その団地でもかなり空き家が目立っております。

志摩市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日)

その中で、現在、金融の部分も、金融を取り巻く状況というのも、本当に大きな変化をしておるということでありまして、特に、先ほどペイオフの話をいたしましたが、現行においても、銀行の、特に地方銀行においての合従連衡が行われておるということでありまして、メガバンクにおいても、数千人規模の、いわば人員削減であるとか、大きな今後とも経営統合等についても動きがあるというふうに言われております。  

志摩市議会 2018-09-19 平成30年予算決算常任委員会( 9月19日)

総務省の顔色うかがうんであれば、墓地の清掃サービスとかいうようなことを、その墓地を管理している自治会なら自治会にお願いするなんなりして、その転出していった方々にその寄附をもらうといったようなサービスとか、あるいは空き家になった庭とかが草ぼうぼうになっておる、それに対して草引きをするなり、いろんな諸問題実はあるんですけど、そういったような形で、出ていった方を対象にしたサービスというのを総務省向けに出しておくという

桑名市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018-06-19

では、次に、空き家対策について、子育て世代の支援についてお伺いいたします。  少子高齢化の波は新しいと言われている団地にも押し寄せてきており、空き家もぼつぼつ見られるようになりました。空き家は放置すれば倒壊の危険衛生面、景観等、地域にとって問題となりますが、空き家を活用して子育て世帯を呼び込んだり、店舗とするなど、地域の活性化に生かした取り組みも多く聞くところでございます。

亀山市議会 2018-03-22 平成30年予算決算委員会( 3月22日)

まず1つ目の、亀山市移住促進のための空き家リフォーム支援事業でございますが、今年度までは県補助金を活用いたしました県外からの移住者に対する空き家等活用事業、いわゆる空き家リノベーション事業を行ってきましたが、平成30年度からは新たに市外からの移住者を対象に市独自の補助をこれまでの空き家対策事業に追加して実施するものでございます。

桑名市議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-03-08

本市においても、空き家対策を含め、各地域少子高齢化対策や、若い世代の移住、定住策に有効と考えられます。  そこで、1点目、本市の現状を含め、若い世代の移住・定住促進策について、2点目、空き家対策との連携について、本市の現状と今後の取り組みについてお尋ねをいたします。  質問の第2番目、危機管理体制についてであります。  質問の1項目め、Jアラートの運用について。  

志摩市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第3号 3月 5日)

空き家等に関する対策を総合的かつ計画的に実施するため、平成28年度に空き家等の実態調査を実施しました。その結果、本市の空き家棟数は、市全体で1,166棟が確認され、建物の老朽化による倒壊等の危険性、防犯、防火、衛生景観等のさまざまな面において、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼす可能性のある建物が65棟ありました。その実態調査の結果をもとに、平成29年度に志摩市空き家対策計画を作成しました。