運営者 Bitlet 姉妹サービス
620件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-01-08 桑名市議会 平成31年都市経済常任委員会 本文 開催日:2019-01-08 それから、もう1点、結局いろんな事業をやると当然改革をするには痛みが伴うんですが、そこをどうやってお互いが理解し合えるかというのが一番重要かと思うんですけれども、この事業に関しては行政組織として市長がかわろうとかわらまいと一定の関係は築けておるということで結末を迎えて、この条例、議案が出てきておると考えていいんでしょうか。お願いします。 もっと読む
2018-12-26 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-26 教育長が言われるように、人間ってやっぱりアナログだと思いますし、どれだけAIとかコンピューター、こういったものが進化していっても人間はアナログと、これは本当に変わらない普遍の事実だと思いますし、私はICT教育、プログラミング教育、これは本当に重要だというふうに思っておりますけれども、ただ、冒頭でも申し上げましたけれども、画面の向こうではやっぱり痛みがわからない、やっぱり大事なのは生きることの痛みとか もっと読む
2018-12-25 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第6日12月25日) 廃業に追い込まれている小規模事業者や先祖代々の田畑や山を守るだけで精一杯の農家の方々、少ない年金で病気になったらどうしようと不安に思っている市民の暮らしぶりや痛みが市長には見えているのだろうかと。伊賀市を全国に力強く発信されていますが、市民からは、合併後の地域間格差の解消や疲弊していく地域、市民の暮らしを支えることをもっとしてほしいという声があります。   もっと読む
2018-12-25 桑名市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-12-25 これに反対するものではございませんが、行財政改革には、市はもちろん、市民にも痛みを伴うこともあり、その手順を間違うと、市民感情への影響が大きいと考えます。  過去には、公共施設の休館、運営形態の見直しの際に何ら周辺住民、関係者、市議会にも知らされることなく、先行する形で文書が配布されたり、結論ありきで廃止が進められた場合も見受けられます。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 兵庫県のランドセルメーカー、セイバンが、ことし3月、全国の小学生と保護者2000組を対象にした調査では、1週間で最も重い日の持ち物は約4.7kg、ランドセルを含めると6kgで、3割が首等の痛みを感じていたといいます。  次のスライドを願いいたします。  この記事は、本年10月4日の読売新聞の記事でございます。 もっと読む
2018-06-01 名張市議会 平成30年第380回( 6月)定例会 改選後は、しっかりとそういうふうな報酬削減等も第三者委員会に任すのではなく、自分たちでしっかりと今回のように改革、痛みの伴わない改革はないと言われてますので、しっかりと改革をしていく。報酬が低くなれば、いい人材が集まらない、そんなふうなことも言われますけども、そうではないと思います。 もっと読む
2018-03-28 桑名市議会 平成30年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2018-03-28 行財政改革には痛みを伴うものですが、関係者との協議は、現場、傾聴、対話により、合意形成を図り、場合により、計画の中止、凍結、見直しを図るのが、本来の全員参加型市政のあるべき姿であり、本来の市民との協働による改革の具現化ができるものと考えます。   もっと読む
2018-03-13 伊賀市議会 平成30年予算常任委員会( 3月13日) 今まででしたら脳ドックを受けていただいて、それから特定健診も受けていただくということで、注射も2回しなければならなかったんですけども、脳ドックの際にそういう検査受けられるので、痛みも1回で済むということでございます。 ○委員長(嶋岡壯吉君)  御質疑ございませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(嶋岡壯吉君)  御質疑なしと認めます。  よって、討論に入ります。 もっと読む
2018-03-12 菰野町議会 平成30年第1回定例会(第3日目 3月12日) 「相手の気持ちを考えられない」「相手の痛みを知らない」「失敗した経験が少なく、それを乗り越える力が乏しい」「何でも人のせいにする」など、子どもたちの体験不足から来る未熟さが心配されています。それがさまざまな社会問題にもつながっています。遊びは大人の都合でコントロールするものではありません。汚したり、うるさくしたり、小さなけがはつきものです。 もっと読む
2018-03-09 菰野町議会 平成30年第1回定例会(第2日目 3月 9日) っていう中で、この外部監査の方がですね、舗装の痛みを放置すれば重大な事故になって、人命にかかわるということを含めた批判をここで挙げられておりました。ありがとうございます。  このようにですね、県の、これは県の話なんですけど、事業予算が24億円から15億円に削減されていくと。   もっと読む
2018-03-05 伊賀市議会 平成30年第 1回定例会(第2日 3月 5日) でもその治る病気なり、治療の必要な病にかかった場合は病院なり医院にお世話になることは、これ当たり前でございますが、いわば老衰とか私の母親のように末期のがんでもう治る見込みはないぞと言われたときに、在宅へ切りかえていただいて、痛みと体力を温存していれば人間らしい生活ができるんですね。 もっと読む
2018-03-02 いなべ市議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月 2日) ○7番(伊藤智子君)  野外体験には小さなけがとかつきものですし、けがとか痛みなどは成長過程にとっても大切であるという面もあります。私たち大人も野外体験不足という面、先ほど市長がおっしゃられたように、若い方たちには特にだんだん少なくなっているところがありますので、ぜひ教育現場の研修の充実に努めていただきたいと思います。   もっと読む
2017-12-07 伊賀市議会 平成29年第 6回定例会(第2日12月 7日) まずはそれぞれさまざまな公共施設というものがこの市内にはございますが、これがこれから持続可能な行財政をしていく上で本当に必要なものなのか、あるいは少々の痛みを伴っても統合し、あるいは違う主体が運営し、あるいは売却しというようなことでやっていかなければならないのではないかという、そうした方針の中から導き出されたものであります。 もっと読む
2017-10-03 松阪市議会 松阪市 平成29年  9月 定例会(第4回)-10月03日−05号 式場や火葬場は誰しもが避けることのできない、別れによる心の痛みや悲しみを和らげるための施設であると考えております。また、墓地や納骨堂は過去からの慣習による部分もございますが、残された御遺族が故人を忍び、弔う場所であるとともに、今を生きる自分につながる先祖への感謝など、思いをあらわす施設であり、多くの市民の皆様の心の安らぎにつながる重要な施設であるというふうに考えております。   もっと読む
2017-10-02 松阪市議会 松阪市 平成29年  9月 定例会(第4回)-10月02日−04号 現状ではしかが発生していますよという注意喚起の中で、発症が疑われる状況、いわゆる発熱であるとか、せきであるとか、のどの痛みとかがありましたら、電話をかけて受診してくださいという看板を設置いたしました。 もっと読む
2017-09-11 伊勢市議会 伊勢市 平成29年  9月 定例会-09月11日−02号 この間、各自治体が徹底した行財政改革をやって、市民にも痛みをお願いすることをやって節約に努めた結果、積み立てた基金について、勝手な解釈で、お金が余っているから、そういう市町村には交付税を減らしましょうということではないかと、暗にこれは言っていると思うんですが、こういった動向についても、伊勢市は説明責任を果たす中で対応が必要になってきていたと思うんですが、どのような手を打ってこられたのか。 もっと読む
2017-06-23 桑名市議会 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-06-23 例えば骨折をされたり、高齢者になると、背中の腰椎圧迫などで全く動けない状態になったり、痛みがひどい状態になったりします。 もっと読む
2017-06-20 桑名市議会 平成29年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2017-06-20 また、市民は改革が大切なことだと理解していても、サービス転換の影響を直接受けますと痛みを感じるわけであります。サービスを受ける市民の立場に立った行動にとるだけで痛みを和らげることができるのかと思います。  例えば以前小学校の先生からお聞きしたんですけれども、学校の設備がどんどん古くなって、大雨が降れば水たまりができると。 もっと読む
2017-06-13 松阪市議会 松阪市 平成29年  6月 建設水道委員会-06月13日−01号 その辺に対して職員を上下水道、減らしていない中で、自分たちの痛みを感じていない状態で、市民と使用者、従業員に対してそれだけの負担をかけるということに対して、やっぱり説明が足りていないんじゃないですかね。血も涙もないというふうな感じがしますよ、私は。その方々にとっては、誰も4万円くれないんですから。その世界で、その方々はお小遣いで遊んでいるわけじゃないんです。 もっと読む
2017-06-12 志摩市議会 平成29年第2回定例会(第3号 6月12日) また、いじめを行った児童生徒には、いじめの非人間性でありますとか、他者の人権を脅かす行為であることについて気づかせて、他人の痛みを理解できるように、粘り強く指導をしております。あわせていじめの被害者、加害者の保護者にも、いじめの事実を伝え、協力を依頼することによりまして、より効果的な指導となるよう努めております。   もっと読む